murmurbooks

リーダーシップがひとかけらもない社長日記
新米社長福太郎便り

40 今日はいい日になりそうだ

 

IMG_5185

 

Webショップ「マーマーなブックスアンドソックス」の商品撮影は

開店前の実店舗エムエム・ブックス みの で行うことが多く、

本日も開店前に撮影をしていたら、

太陽のひかりをいっぱいにあびて、風にはためくのれんやお店から

見える景色に、しばらく見とれてしまいました……

 

 

そして、ふいに……

「今日はいい日になりそうだ」と

周りのスタッフや自分自身の耳すら

聞こえないようなひとりごとが

思わず口からポロリと出てきました。

 

 

あのことばはなんだったんでしょう……

ぼくの声のような、そうでないような……

不思議な感覚がいまも残っています。

 

 

今日もいろいろなお客さまにご来店いただき(ありがとうございます!!)

ぼくも仕事でいろいろな人とやりとりをして

いろいろな電話や報告をしあったり、

いろいろなことがありましたが……

 

「やはり今日はいい日になりました」と

誰に報告するわけでもなく……

この場をかりてみなさまにご報告させていただく次第でございます。

 

みなさまはどんな1日を過ごされましたか?

 

どうぞ、よい週末を!!

 

 

追伸:昨日お知らせした「春のてのひらワークス コモンシューズの会 in 美濃」ですが

すぐに満員御礼となり、現在キャンセル待ちをお受けする状況となりました。

 

 

(福太郎)

新米社長福太郎便り

39 春のおしらせ

 

 

みなさん、こんにちは!

今日は小社のイベントなどの情報をご紹介させてください!

 

昨日、3月22日(水)より文禄堂荻窪店にて、服部みれいの選書フェアが開催!

約1か月間のフェアとなります。

文禄堂ご担当の大浦さんの熱いメッセージはコチラから!

 

そして4月15・16日にエムエム・ブックス みの にて開催予定の

「春のてのひらワークス コモンシューズの会 in 美濃」

本格的な靴づくりワークショップのため、7月の講座も参加必須……にもかかわらず

すでに15日は定員に達し、16日も残席1名さまとなっております!

ラスト1席!! ビビビッとこられた方はぜひ!

ちなみに4月も7月も美濃は、かなりおすすめの季節ですよ〜!

 

それから急きょ4月1日に

料理家なかしましほさんの東京国立のお店foodmoodにて

マーマーガールのみなさまにはおなじみのダンスコの展示会にあわせて

1日限定マーマーなブックスアンドソックス出店いたします!

foodmoodさんと聞いてぜひ! と

今回はぼくがお店に立ちます!

 

ダンスコに合う、そして春の冷えとりスタイルに欠かせない、

魅力的な商品の数々をお持ちいたします! もちろん正活絹の靴下も!

前の日までは元マーマーマガジン編集部のアマミヤアンナさん

主宰されている手編み靴下のamineの出店もあるようです!

こちらも要チェックですね〜!

 

 

そうそう

本日小社ウェブショップ「マーマーなブックスアンドソックス」にて

今から6月ぐらいまでに蒔ける、

たくさんの種類の種を販売スタートいたします!!

今年なにかひとつだけでも野菜を育てること、スタートしてみませんか!?

ぼくはゴボウ、エンドウ、枝豆、ブロッコリーなど5種類ぐらいの野菜に挑戦、

そして去年育ててとっても楽しかったスイカにも再挑戦したいと思います!

ことしは田んぼにも挑戦しようと意欲だけは満々!

あとは実行あるのみ! 楽しみです!

 

 

 

IMG_4625

 

 

写真はほぼ毎日履いているてのひらワークスのコモンシューズです!!

靴下を重ねばきをしていても、素足でも、

どちらでも不思議となじむマジカルシューズ!

 

 

(福太郎)

 

新米社長福太郎便り

38 diの救世主

 

このコーナーで熱い話題といえば

「リーダーシップを手放すこと」

そしてもうひとつ……

 

di・ヂ・ぢ・痔のこと!

 

マーマーマガジン編集部が

東京にあった頃のマーマースクールでも

アロマの教室の講師をしていただいた

aromatic botanyの松田純子さんから

diに効くアロマと、なんともすばらしいものをお送りいただきました!

(ブログをみてくださった純子さんがご提案してくださり、即注文しました!)

 

サイプレスを中心としたアロマの香りに

身もこころもdiもリラックス〜、開放〜って感じです。

いまでは、はっきりいってお風呂上がりの一番の楽しみです!

 

DSC04433

 

それにしても、このアロマオイルとスプレーの名まえ……

 

F-di spray と F-di oil って………

 

F-diって……

FUKUTARO-di……

日本語で書くと……

福太郎痔……

 

自分の名まえが製品の名まえになるのはうれしいけれど……

diに効くアロマの名まえにつかわれるとは……

 

うーん………複雑!

 

 

(福太郎)

 

 

 

 

新米社長福太郎便り

37 男のワッペン

 

 

先日、夕ご飯の食材を買いにお店に行ったら

身のこなし、立ち振る舞いもすてきな超ナイスガイなおじさまに遭遇しました。

 

この方、穴があいてしまったセーターの箇所に

ご自分でワッペンを縫っていて、それが最高にすてきでした!

 

 

すこし調べたら…、

ネットのお店なんかでもオリジナルのワッペンを少数からつくれたり、

すてきなワッペン作家さんがいらっしゃったり、

既成の服でも、こうして自分でカスタマイズしながら

ずっと着続けたら、その人なりの生活からくる味や特徴が追加されて

それは一点ものの服と変わらない魅力のある服に変わっていくんだなぁ、と

思いました。

 

 

そんなふうに今、裁縫に熱い思いをはせているのは……

murmur magazine フォーメン2号からはじまった

「裁縫的!」のコーナーを最新刊でも

担当したからかもしれません!

 

今回の「裁縫的!」のコーナーでも、

前々からぜひとも教えていただきたかった方から

フォーメンを読んでくださるようなニューボーイたちには

とっておきの某アイテムのつくり方を伝授していただきました!

 

フォーメン3号、特集はもちろん表紙から裏表紙まで

全ページ熱いです!!

4月下旬発売の予定です! どうぞお楽しみにっ!!

 

 

次の冬こそ薪ストーブの前で

ウィスキーをロックで飲みながら物思いにふける……、という

ダンディーな時間ではなく(ダンディー?)

 

その日、山や畑や野原を駆け巡り、ボロボロになってしまった野良着を

お気に入りの裁縫セットでいろいろなところから集めたかわいい布の切れ端を

あてて繕う……。あたたかいほうじ茶もしくは熱燗の日本酒を飲みながら……

というダンディーでラブリーな時間を過ごしたいッ!

こころからそう思います!

 

DSC04413

 

ダンディーでラブリーなオリジナルワッペンつくりたいッン!!

(三角のとおおかみのと2つのワッペンが……ンンッ……キュート!!)

 

(福太郎)

新米社長福太郎便り

35 さ・さ・再会はメッセージ

 

日曜日からの出張……

ようやく本日美濃に帰れますっ!!

 

ふぅっーーーー、最近の出張は

ほんとうに初日から美濃に帰りたくてしょうがなくなります笑

なんでしょう、なんか美濃に帰ったとき、

ちいさな山々がどこにいたって視界に入ってくる感じ

あれがすごく安心感につながっているんだなぁ、と実感しています。

 

でも、そんなことをいいながら

しっかり今回の出張はシンクロニシティーが満載で

毎日おもしろかったです。

 

とある日は、朝から夜7時までびっしり

打ち合わせが入っていたのですが……

夜7時に打ち合わせを終えて、ホテルに帰ろうとした

その瞬間…、ふと友人を映画にでも誘ってみようかと思い立ちました。

なぜその友人なのか……約1年ぶりの連絡をとりました。

すぐに返信が返ってきて、すぐにおちあうことになりました。

 

レイトショーを観ることになって、映画館近くで飲んでいたら

外を歩く一人の女性が目に入ってきました……

それは元・我が社のスタッフAさんでした。

 

ぼくはバッと席を立ち、Aさんを追いかけて

呼び止めました。

すこしの間でしたが、ひさしぶりにゆっくり話しました。

彼女はいまやイラストや絵の世界で活躍中!

その日も近くの場所で絵を描く仕事の帰りとのことでした。

 

Aさんは、マーマーマガジン編集部が東京にあった頃からの仲間、

美濃にも一緒に移ってきてくれて、

その働きぶりやキャラクターに何度救われてきたことか……

 

 

Aさんが美濃を去った直後……

「あんな純真なAさんがいなくなるなんて!

あなたの会社の運営が下手だ!」とある人からいわれました。

 

これはすごく応えた……。

なぜならそれはぼくのこころの声だったから。

 

その後、熱も出て、体調も悪くなってしまいました(笑)。

 

 

でも、再会したAさんは、

とっても輝いていて大活躍している!

(ぼくよりもインスタグラムのフォロワー数が多いし!)

それがほんとうに素直にうれしかったんです。

 

 

 

そして……なんと

 

Aさんに再会した二日後……

ぼくの前を通り過ぎていく自転車に乗った女性が

目に入りました。

なんと!

元・スタッフのBさん!

 

Bさんも輝いておりました!

すこし話をして、近況を交換しあいました。

 

Bさんがいなかったら出せなかったと思える本もあるぐらい

Bさんには編集という専門性でたくさん支えてもらいました。

 

Bさんが美濃を去ったときも……

たとえ去る理由が前向きであっても

スタッフが離れていくことに

それは、実は、自分を責めることに直結していました。

(今考えると AさんもBさんも、

後ろ向きな理由でうちの会社をやめたのではありませんでした)

 

 

なぜ、自分を責めていたか。

 

「会社が、ものすごく楽しい場所だったら、

自分たちから離れたりしないはずだ」

 

という思いがあったことに、今回ふたりに再会して気づきました。

 

そして、それは「完全なる思い上がり」だと思いました。

 

 

ふたりの輝きっぷりをみて、

「みんなやりたいようにやればいいんだ」

心底そう思いました。

 

 

みんながやりたいようにやる中で、

たまたま一時期、一緒の場所で働いて、

同じ空気を吸って、同じ釜の飯を食べて!

 

だからそんな一瞬一瞬が愛おしく、かけがえがない。

 

 

美濃で働いてくれていたスタッフで東京へ行ったスタッフは

AさんとBさんふたりだけなのに……

 

この短い出張中に、そのふたりにばったり会うのですから、

偶然というよりは……

ほんとうに必然なんだと思いました。

 

ふたりがくれたメッセージ……

しかと受けとめました!!

 

Aさん、Bさん

ありがとう!!

 

DSC04498

 

中学時代からの友人と観た映画は『ラ・ラ・ランド』。

 

今も一年に一回ぐらい会うのですが、

ふたりで映画に行ける唯一の友だちかもしれません。

 

彼とは2011年の震災後、

同じように一年ぶりぐらいに会って『モテキ』をふたりで観ました。

鑑賞後、勢い余って……

映画の舞台である下北沢に行くのではなく……

深夜の高速道路を走って、那須まで行きました。

そして、翌日行ったSHOZO CAFEで仕事を辞める決意を、

このときはじめて他人に話したような記憶があります。

 

そういえば前職(ゲーム・エンタメ関連の会社にいました)

を辞めるとき……

上司に泣きながら殴られたなぁ〜、と思い出しました。

今ならその上司の気持ちもわかるような気がします。

 

そして

「自分を責めないでねっ!」って

上司の肩をポンッと叩ける気がします(笑)

 

あの上司の方、元気かな?

今日ばったり会ったりして!?

 

(福太郎でした!)