murmurbooks

リーダーシップがひとかけらもない社長日記
新米社長福太郎便り

これぞ熱の効用!

 

 

 

みなさま、こんにちは!

 

出張から帰ってくると、寝込むことが多く

スタッフや周りの人にとって『福太郎の出張』と『出張帰りの体調不良』が

セットになりつつある、2018年春……。

 

つい最近の出張から帰ってきたときも熱が出てしまいました。

いつもは熱が出ても

めちゃくちゃ着込んで、掛け布団や毛布も多めにかけて

たくさん汗をかいて寝れば、翌日には熱も下がり、すっきりするので

約1日の休暇で仕事に復帰できていたのですが、

今回はそういうわけにはいきませんでした。

 

どれだけ着込んで、身動きがとれないぐらい掛け布団や毛布をかけて

着ている服がびしゃびしゃになるぐらい汗をかいても

体温は38度台をキープ……、すぐに39度近くまで熱があがってしまいます。

汗でびしゃびしゃになった服はベッドの横に蟻塚のように積まれていきました。

 

出張前からずっとお待たせしている仕事、出張帰りすぐに約束をしていた仕事、

待ったなしで成長していくお米の苗、そして田んぼの下準備を進めていかねばという

焦りとこれほど息が切れるほど熱い思いをしているのにいっこうに下がらない熱……

そんなのが重なって三日目に突入したあたりで

こころが折れそうになりました。

 

からだが休め、と言っているんじゃない? と

妻や周りもやさしくしてくれるのですが

からだが休め、と言っている、ということを

ぼくは全然わかっていませんでした。

 

そうしたらこころが(からだが?)

なぜ休んだ方がいいか理由をぼくに教えはじめました。

 

それは簡潔に言ってしまえば

「生活習慣、思考の癖を見直して!」ということなのですが

なぜ、今の生活習慣や思考の癖、ストレスがかかっているのかを

ぼくの今までの人生の場面場面を

夢のような感じで見せて教えてくれたのです。

それは

大学のできごと→中学のできごと→社会人になってからのできごと→

幼少期のできごと→美濃に来てからのできごと→浪人生のできごと→、と

時系列でいうとランダムなのですが、回を重ねるごとに

「……ん、そういうこと?」という具合にわかってきます。

 

自己責任

 

………………

 

自己責任ですよッ!

とはっきり教えてもらいました!!

 

そうなんです。

ぼくは毎回出張後に体調不良になることを完全に他へ責任転嫁していました。

スケジュールがタイトすぎる。接待が続いて、食べ過ぎ飲み過ぎ。

移動が多くて荷物が重い。慣れない場所で休めない。人酔いする。などなど

 

そしてさらなる発見は

その思い起こした過去の出来事たちが

ぼくの生活習慣、思考パターン、そして日々の言動に

多大に影響を与えているということです。

もっと深掘りしたら、もっと出てくると思いました。

 

これはインナーチャイルドケアの真髄かも……なんて思いました。

【インチャケアは『声のメルマガ』や

服部みれいの最新刊『うつくしい自分になる本』

(筑摩書房=刊、既に4刷が決定しています!)にて、より詳しく熱く語られております!】

 

 

自分の人生のハンドルは自分でにぎる

 

をうたっているマーマーマガジンの版元であるエムエム・ブックスの社長が

出張帰りの体調不良について、完全にハンドルをとられておりました。

ほんとうにお恥ずかしい……。

 

おそらくハンドルをとられていたのは

出張帰りの体調不良だけではないでしょう。

今一度、じぶんのことを振り返るおおきなきっかけとしたいです。

 

ハンドルをとられても生きていける人生ですが

ぼくは自分でハンドルを握って、

「起こることすべて自分の責任!」といいきって生きたいです。

 

 

夢なのか、高熱でもうろうとした頭がつくり出した幻想なのか……

高熱三日目に巡った過去のできごとたち、

途中で高校生の頃に落としてしまった、というか

生き別れた自分に再会したような、そしていまも一緒にいるような……

 

あたらしい自分(本来の自分)に戻っていけるように。

 

日々、生きていきます!!

 

 

これはあくまでぼく個人の話しです。

いい大人がいまさら自己責任と気づく……唖然ですよね……

個人的な話を長々と失礼いたしました〜!!

最後までお読みいただきありがとうござます!!

 

 

(福太郎)

 

 

 

 

 

 

 

新米社長福太郎便り

写真でご報告

 

 

みなさま、こんにちは!

こちらのコーナーだいぶご無沙汰をしております。

大変申し訳ございません……。

 

これだけ期間があいてしまいますと

何から書いていいのか、なにをお伝えすればいいのか

まったくわからなくなってしまいましたので

ここは写真の力をかりて、最近のいろいろをご報告させていただきます。

 

 

 

まずはなんといってもこれ!

松岡一哲写真集『マリイ』発売いたしました!!!

もうこのことは「今日の編集部」や「今、注目の……」や各SNS等で

たくさんお知らせさせていただいております。

現在も東京原宿のBOOKMARC

東京銀座の森岡書店で写真の展示を行なっております。

いずれも明日13日までの開催です。

 

そして5月18日〜は東京代官山蔦屋にてあらたな展示がはじまります。

 

8月に東京学芸大の流浪堂、9月には高松と名古屋で開催が決まりました。

また詳細が決まり次第、みなさまにご報告いたします。

 

 

 

18日〜の代官山蔦屋の展示では、

『マリイ』のポストカードとポスターの販売もいたします。

小社のネットショップでも販売をいたします!

 

ポストカードはそのまま額に入れれば、かなりいい感じになるぐらいきれいです!

ポスターは気軽な感じを楽しんでもらいたいと、あえてとても薄い紙で作りました。

どちらも一哲さんとデザイナーの佐々木暁さんが

写真集をつくるのと同じ熱量で作りました。

自信作です! 数に限りがありますので、氣になる方はぜひ!

 

 

 

 

 

編集部の裏庭にある小屋づくりもゆっくりですが進んでいます。

岡山県在住の左官職人カイル・ホルツヒューターさん

籾殻消石灰、竹木舞と藁、そして日干しレンガで

壁の断熱材をつくるワークショップをしてもらいました。

 

すべて自然に還るもの、畑にそのまままけるもの、そういったもので

小屋を構成していけることがなによりうれしいです。

 

 

カイルさんのワークショップは終始調和的、

そしてみんなやることがたくさんあるんだけれど

てきとうな雰囲気が流れていて、さぼるのも自由みたいな……。

 

参加者全員が適材適所で役割を得る感じ、作業工程や雰囲気が

小屋を構築する素材と同じぐらい、大事だと思いました。

 

上の写真は、掃除道具として使われた縄。

縄は材料を結ぶのにも使われたり、掃除道具として使われたり、

なんだかカイルさんのワークショップを物語っているな、と思いました。

 

 

6月に出来上がった断熱材の上に土壁を塗っていくワークショップをおこないます。

またご報告いたします!

 

 

 

そして今年もエムエム・ブックス みのの田んぼにてお米を育てます。

やはりそのためにはこのお二人のお力添えなしには成立しません。

50noenの五十嵐さんご夫婦。

ご自身たちの田んぼでお忙しいところ、今年も美濃まで来てくださいました。

 

今年は岐阜県東白川村の月とたねさんからわけていただいた

東白川村に伝わるもち米「かっぱもち」と五十嵐さんからわけていただいた

「亀の尾」の2種類を種から育てていきます。

去年は苗をいただいてのお米づくりだったため、あたらしい取り組みです。

 

またこの取り組みも、これからみなさまにご報告していきます!

 

 

 

こちらは大好評をいただいている『きんいろのアファメーション帖』。

現在2度目の完売中で、たくさんのお取引先やお客様にお待ちいただいております。

まことに申し訳ございません。5月22日以降に3刷が仕上がり、お届けいたします!

 

 

 

妻・服部みれいのSELF CLEANING BOOKシリーズ最終巻の

『うつくしい自分になる本』も一時版元在庫がなくなるほど

たくさんの方々に読んでいただけているようで、とてもうれしいです。

 

ぼく自身もこのシリーズ第1巻の『あたらしい自分になる本』で

妻のことを知り、この本に載っているあらゆることを実践してみたら……

みるみる人生が動き出しました。

 

このシリーズが最終巻を迎え、感慨深いものがあるのと同時に

今度はどんなことを書いていくのか

作家としての服部みれいの今後がとても楽しみです。

 

 

 

最後に最近読んだ本の中で、ずっと残っているのが

リチャード・バックの『イリュージョン』です。

 

 

それでは、みなさま、よい1日を!

次回は書きづらくなる前に書かせていただきます!!

 

(福太郎)

新米社長福太郎便り

草木萌え動く
不定期更新

 

みなさま、こんにちは!

今日から3月ですね。

3月1日は七十二候の「草木萌え動る(そうもくめばえいずる)」の頃。

美濃では昨晩から猛烈な雨が降ったり、かと思えば晴れ渡ったり

暖かいなぁと思っていると、冷たーい突風が吹いたり……

 

なんだか”季節”というおおきな生き物が

のそっのそっとお引っ越しをしているみたいだな、と思いました。

 

季節の移り変わり……

おそらくわたしたち人間にとっても少なからず影響はあるはず……

いや、影響大ですよね、きっと。

というのも、自分自身、今日はなんだかいまいち体調が良くなく

夕方に足湯を1時間ほどしました。

そして気持ち良すぎて、うとうと寝てしまいました。

 

足湯後はなんだか身も心もすっきり!

おなじく調子がいまいちな

わが家の猫ちゃんに

直伝霊気でお腹に手をあててあげたら

ぐるぐる言いながら、気持ちよさそうに

ぼくの腕の中で寝てしまいました。

 

 

うんうん、

だれもがあたたまって、うとうと眠りにつきたいよな、と

冬の間、動き続けてきた動物なんだもの……と思ったりしました。

 

今年の春はゆったりと過ごしたいなぁ〜。

 

 

明日からエムエム・ブックス みの では

『えみおわすの服 春展』がはじまります。

ぜひぜひ遊びにいらしてくださいねッ!

 

 

 

 

ゆるむなぁ〜、このメンツ!

 

 

(福太郎)

 

 

 

 

 

 

 

 

新米社長福太郎便り

ぎっくり☆
不定期更新

 

 

そう、それは『きんいろのアファメ−ション帖』発売日直前のことでした。

全スタッフが発送や自分の仕事がたくさんある時期で

猫の手もかりたいような、そんな時です。

ぼくもその時はなかなか頑張っていました。

前の日は遅くまで仕事をして、深夜3時まで仮眠。

そのままその日の仕事の準備をすすめて、

「よっしゃー今日もばりばり仕事したるでぇ〜」と言うときに・・・

 

ぐきっ・・・・・

 

あーやっちゃったな、これは・・・・

ぐっきり腰やっ!

 

そう思ったときから、すぐに自分の仕事の引き継ぎをして

なんとか家に帰った瞬間から、歩くこともままならなくなってしまいました。

 

それから約10日間、眠り続けました笑

 

 

妻が何から何まで世話をしてくれたり、

かかりつけの鍼灸の先生が2度も来てくれたり、

鍼灸の卵が親身にしてくれたり、両親やスタッフにもたくさん支えられました。

 

 

ほんとうにご迷惑をたくさんかけてしまったのですが

まさか自分が10日間休むなんて、夢にも思わず・・・

きっと約5年前にこの会社に入ったときから

日々はジェットコースターのように過ぎていき・・・

自分でもよくわからないまま、今ここに立っていたんだと思います。

 

そしてこの10日間を境に(なにも出来ないということがほんとうによかったです)

 

「もしかしたら・・・今ジェットコースターを降りたのかも?」と

 

「あたらしいステージに今いるのかな」と思うようになりました。

 

居る場所は物理的にはなにも変わっていないのですが

精神的には”自分の足”で立つ感が、なんとなく、なんとなくですが

むくむくと出てきました。

(このことは占星術のふぇみにゃんさんにも言われたことでした!)

 

旧暦も明けて新年に突入しましたし

今年はなにが起こるのか、

どんなことが起こっても

「どんとこいじゃー!!」といえるように

しっかり丹田に力入れて、もうぎっくり腰になんかならないぞ、と

はりきって(はりきりすぎないように)ぷあぷあしてまいります!

 

(なんだかこんな宣言してばかりだなぁ・・・、みなさま既読感ありですね・・・

毎度すみません!!)

 

 

 

最近、編集部で働くことになったちょも山さんから快気祝いをいただきました。

うれしいなぁ。

なんだか、潤うわッ!!

ちょもさんありがとう!!

 

 

飛び立ったら

もう巣には戻れない

 

 

 

(福太郎)

 

新米社長福太郎便り

ありがとうのシャワーを
不定期更新

 

 

 

みなさま、こんにちは!

本日2月4日は、『わたしの手帖 2018』によると

二四節気では立春、七十二候では「東風凍を解く(はるかぜこおりをとく)」です。

 

ぼくは、なんだか2018年になってからも、

なかなか年明け感(さぁ、あたらしい年だっ!みたいな感じです)がなくて

「立春の頃になんとなく今年がはじまっていく感じになるのかなぁ」

なんて思っていました。

ひょっとするとマーマーガール&ボーイのみなさまもそんな方が多いのでは?

(なんて勝手に思っています)

 

自分でそう予感していたからかもしれませんが

昨日あたりから、特になにがあったというわけではないのですが

なんだか新鮮な氣持ちに・・・

今まで頭上に見えない石が乗っかっていたのが急にはずれたような・・・

(実際にはまだまだこれから3年間は

頭上に石が乗っかりつづけるらしいですが・・・いや、これは

星読みの方から教えていただいた話しです。

詳しくは2月7日配信の『声のメルマガ』をぜひ!)

 

そんな1ヶ月ぐらい曇天が続いて、急に晴れ間がぱーーーっと

ひろがったようなまさしく晴れ晴れしい氣持ちで

『わたしの手帖 2018』の2月のエッセイを読んだら!!!

 

『ありがとうのシャワーを』という題名・・・

(あっだからこのブログの題名はマルシー服部みれいですね)

 

エッセイから少し抜粋させていただきますと

 

「人生最悪のときに感謝なんてできません!」という声も

もちろんあるはずです。でも、本当の「どん底」を味わった人は、

あるときから「ないものではなくあるもの」に感謝できる境地に至るようです。

そうして「感謝」が中心となった人生は、いつしか無敵になっていく───。

(『わたしの手帖 2018』服部みれい=著より抜粋)

 

ぼくは寒いより暑いほうがだんぜんすきです。

なので冬よりは夏のほうがすきだと、ずっと思ってきましたし

今もそうなのですが・・・・

 

まだまだ寒い、もしかしたらもっと寒くなるかも・・・

でもなんだかここまで来て・・・・・

 

冬にありがとう!

 

と言いたくなったのです。

 

これは自分でもびっくりです!!

 

 

今年の冬は、わが家に犬がやってきたことや小屋の改修をやっていることもあり

例年の冬とは比べものにならないぐらい外で過ごしているからでしょうか。

ほんとうにまだまだ寒い美濃ですが

木々や大地のそこかしこから、

むくむくと春の気配を感じられるようになりました。

 

裏庭で2年目の冬を越そうとしている南国育ちのアボカドちゃんたちに

「あともう少しだから、ここの山(寒い日)越えたらすぐだから!」と

毎朝声をかけるのが日課なのですが(これは自分に言っていたのかもしれません・・・)

 

明日の朝からは

「ありがとう! よく持ちこたえてくれているね

もう春がそこまで来ているよ! ありがとう!」と声をかけようかな、と思います。

 

ちなみに・・・

今年の旧暦の元旦は2月16日(金)だそうです!

この日は『きんいろのアファメ−ション帖』の発売日なんです!

なんだかいい日を発売日に出来てうれしいです。

ぜひみなさま旧暦元旦にアファメ−ション!

おすすめです!!

 

また昨日から小社ウェブショップ

「マーマーなブックスアンドソックス」にて

大感謝SALE』を開催させていただいております!

 

おかげさまで大反響をいただき、ほんとうに大感謝です!

ありがとうございます!!!!

 

みなさまの冷えとり生活をすこしでも応援できれば!

ほんとうにそんな氣持ちで開催させていただきました!

 

売り切れの商品も多数出てきて、来週の中頃にまたあたらしい商品などを

追加できないか、只今検討中でございます。

 

たくさんのご注文をいただいているため、

通常よりも少しお時間をいただいての発送になるかもしれません。

でもひとつひとつ心をこめて・・・

「ありがとうございます!!!」のシャワーをこめて、

しっかりとお届けいたします!!

 

(福太郎)