murmurbooks

リーダーシップがひとかけらもない社長日記
新米社長福太郎便り

光をあてる by 萌

 

「いな暮らし」萌のみの暮らし日記

インターン3日目は

とにかくたくさんごはんをつくりました!

 

 

この日は不耕起田んぼのワークショップ。

50noen|五十野園

五十嵐武志さん、ひろこさんが

南房総から来てくださいました。

 

まさに夏!といった蒸し暑い日。

朝から田んぼへ出かけていったみんなのお昼ごはんづくり担当で

ちょうど同じ時期に滞在している

イラストレーターの平松モモコさん、AIさんと一緒に

12人分のおむすび、冷汁、夏野菜の揚げ浸し、カレーポテトサラダなど

大急ぎでつくりました!

 

熱々ごはんを握るのにあたふたしていたら

みれいさんがさっと寄ってきて

「こうしたらすばやく握れるから! 覚えておくといいよ!」

 

と、超特急で握るコツを教えてくださり

ぱっぱと一緒に握ってくれました。

(みれいさん、塩むすび握るのめちゃくちゃ早いです・・・)

 

たくさん握った塩むすび

おなかを空かせたみんなのおなかにおさまっていく様を見ながら

しみじみうれしく感じました。

 

 

 

午後はエムエム・ブックスみのへ行き

のれんの手当てのお手伝いをしていました。

日差しや雨風を受け止めて、傷みがでてきてしまった箇所を

さしこで修復していきます。

 

布をあてて、ちくちくと一針ずつ縫う間、

縫い方を教えてくれたスタッフのなかさんとお話したり、

ひとり布に向き合う時間があったり。

 

だんだんと気持ちがしんと

落ち着いていくのを感じていました。

 

コズミックワンダーの前田征紀さんのデザインをもとに

ていねいに、時間をかけてつくられたもの、

それをまたみんなの手で繕っていくのも

いい時間になりそうです。

 

 

夜は再び台所へ。

マーマーマガジンにもよく登場する作家Hさんファミリーも加わって

さながらお盆の親戚の集まりのような雰囲気に。

 

20人分のごはん!

編集部の畑で採れたお野菜もたっぷり使って

モモコさん、AIさん、ひろこさんも一緒に

夏野菜のカレーを大鍋いっぱいにつくりました。

 

編集部のみなさんも

それぞれおかずやデザートを持ち寄って

にぎやかな食卓になりました。

 

いな暮らしにいるときのように

こうして美濃に来てもごはんをつくり

みんなに食べてもらえるよろこびに

じんわり浸った一日でした。

 

 

 

夕飯を食べながら

「みんなの得意なことは何?」

という話になりました。

 

Hさんのお母さま、Rさん曰く

「不思議なことを見つけるのが好き」。

 

 

たとえば

偶然、わたしの高校の同級生と

Hさんファミリーが、幼馴染でとても仲がいいのですが、

そんな不思議なつながりがとっても好きだと

Rさんはおっしゃっていました。

 

「ここにいるみんな、そんな不思議なことが好きだと思いますよ!」

と、みれいさん。

 

本当にそうだなぁと。

 

その不思議さに光をあてたり、

見逃さずにキャッチして楽しんだり、

そんな力がここに集う人たちには

あるように感じています。

 

これもまた

見えないものへの意識なのかもしれません。

 

 

 

その夜モモコさんと話していたのは

「自分の好きなことで

ひとに必要とされるってうれしいよね」

ということです。

 

好きなことに正直でいられて

そこに光をあててくれるひとがいて

のびのびと発揮できる場がある。

 

ここにも気持ちよさのヒントがありそうです。

 

 

(鈴木萌|いな暮らし)

 

 

新米社長福太郎便り

見えないところで by 萌

 

エムエム・ブックスでのインターン2日目は、朝の掃除から始まりました。

美濃にある編集部の廊下は年を重ねて艶がでた

昔ながらの板張りの廊下で

うっとりするほど綺麗で気持ちがいいのです。

 

毎日スタッフの足元に用意する

湯たんぽのお湯で雑巾がけをします。

 

朝一番にこうしてからだを動かすと、

今日の仕事に向き合う前の準備運動のようで

なんだか気持ちがすっとします。

 

ふいに寄ってくるあたり君。

ごはんや打ち合わせの時にはちょこんと座って参加する、チームの一員です。

 

 

この日はコズミックワンダー新作の撮影日。

朝からアイロンがけ隊、撮影隊に分かれてせっせと準備をしていました。

撮影はその時間限りの真剣勝負。

福太郎さんがカメラマンでした。

 

その服に宿る“たましい”をどう伝えるか、

五感をフル回転させてシャッターを切っているように感じました。

美しく見せる、その服の魅力を伝えるだけではないなにか。

 

ぴりりと緊張感も漂う現場で

わたしはアイロンがけのお手伝いをしていたのですが

これがもうとっても難しい・・・!

 

ていねいに、真剣に、根気強く向き合わないと

いつまでたっても終わらない。

 

あたり前といえばそうかもしれないのですが、

慣れていない作業だったゆえに、

そんなことを、ひしひしと感じた瞬間でした。

 

お店に商品が到着し、販売がはじまるまでの過程は

ふだん買い物をしている場面では見えないところですが

手渡すまでの過程に、たくさんの人の真剣勝負が詰まっているのでした。

 

この日に撮影した服は

まもなくお店webショップで販売スタート予定です!

 

 

 

一日の終わりの終礼でのこと。

ひとりひとりが今日やったことと、

明日以降に行うことを報告していくのですが

今回仕入れたコズミックワンダーの新作についての話になりました。

 

エムエム・ブックスみのやmmbsにセレクトした服が

並んでいるのを見た時、手にした時、身につけた時、

目に見える表情の変化もあるかもしれないけれど、

目に見えない変化も、その人の内側に起こるかもしれない。

その体験を通して、その先の未来に少し変化が起きるような。

そんな体験も、お客さまにしていただきたいというお話でした。

 

エムエム・ブックスが伝えていきたいことは

見えないところの意識にもとてもヒントがあるように感じました。

 

 

わたしが今回インターンを希望してここに来た理由のひとつに

気持ちのいい表現のしかたを知りたい、というのがあります。

 

エムエム・ブックスが雑誌やお店、ウェブを通して発信しているものは

いつもお手紙をやりとりするような親しみがあり

風通しのいいところで、気持ちのいい景色を見ているような

そんな気分になるなぁと感じていました。

それはどこから滲み出てくるものなのだろうと。

 

この滞在期間中に、ぜひ探ってみたいと思います!

 

(鈴木萌|いな暮らし)

 

新米社長福太郎便り

いな暮らしから、みの暮らしへ by 萌

今日からしばらくの間、この福太郎社長日記の場で

インターン生の夏のレポートをお届けします!

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

みなさんこんにちは。

一昨日からインターンとして美濃に滞在している鈴木萌です。

ふだんは地元である東京の稲城市に暮らしながら

多摩川がそばを流れる昭和の古民家で

いな暮らし」という店を母と営んでいます。

 

美濃にはじめて訪れたのは2年前の夏。

到着した日にはもう、からだもこころもすっかりリラックスしていました。

昔ながらの家々が立ち並ぶ“うだつの上がる町並み”には

風鈴の音が響き、蝉は元気に鳴いていて

顔をあげればどーんとした山と、すっと晴れた空の青が目に飛び込んできます。

 

こうしてブログを書いている編集部の窓からも緑がよく見えて

とても気持ちがいいです。

 

 

 

せっかく滞在するなら、まずはご近所さんと顔見知りになれたらなぁと

昨日はあちこち歩いてみました。

 

文房具屋「さくら堂」でペンを買ったら

店主のおばあちゃんが2円おまけしてくれたり

手づくりパンも販売している商店「山高」へ行くと

お店の方が「どこに泊まってるん?」 と話しかけてくれました。

 

旅先で手紙を書くのが好きなわたしは

美濃和紙のお店「紙遊」さんで夏らしい便箋も買ってきました。

 

 

昨日の朝は、みれいさん、福太郎さんと

うだつの上がる町並みにある「&カフェ」でモーニングをいただきながら

インターン期間中にわたしが何を担当するか、お話しました。

 

マーマーマガジンのこれからについて

お二人の夢や未来の構想についても

いろいろ聞かせてもらいました!

 

美濃でのマーマーフェス開催

うだつの街並みでのオーガニックマルシェ

養生できるリトリート施設

農園つきのお家を週末貸し出すダーチャのこと・・・

 

お二人の話を聞くそばからわたしの頭の中でもまた

構想がふわぁ〜とふくらんでいきました。

 

滞在して今日で3日目。

実現に向けて今から準備できることも少しずつ見えてきました。

 

福太郎さん曰く、

全国のお取扱店さんが増えていき、ありがたい反面、

1対1のような密なやりとりをしたくてもできない、

もどかしい場面もあるのだとか。

 

フェスやマルシェの実現に向けて動きだす過程で

なにかたのしい工夫ができたらいいなぁと考えています。

 

インターン期間を終えたら、わたしは一度東京に戻ります。

 

美濃でのフェス実現に向けて

えいえいおー!と一緒につくる仲間を募るきっかけに

まずは、ちいさなマーマーフェスが東京でもできたらなぁとも考え中です。

 

わたしがマーマーマガジンと出会ったのは高校生の頃。

当時チアリーディング部に所属していたわたしは

朝から晩まで部活漬けでしたが、本が好きで

学校帰りによく立ち寄っていた下北沢の街で見つけたのでした。

 

以来、学校では教えてくれない、

毎日を気持ちよく生きるヒントが詰まった一冊を

教科書のように読んでいました。

 

からだからのメッセージを受け取ること

地球とともに暮らす知恵など

今の生き方につながるエッセンスをもらったと感じています。

 

大学で看護を学んだことをきっかけに

病院でも学校でもない、もうひとつの居場所について考えています。

 

からだのちょっとした不調や悩みを気軽に相談しに行ける場所

日常からちょっと離れてこころもからだもゆるめて休める場所が

街のなかにぽつぽつと明かりが灯るようにあればいいなぁと。

 

 

雑誌からはじまったマーマーマガジンの活動も

今では立ち寄りどころとしてお店ができて、すぐそばに編集部もあります。

 

場があると自然と人が集まってきて

集った人がまた、あたらしい種を運んできて

想像もしていなかった芽が出ます。

 

そんな循環がここでも、この夏の間に生まれていく予感がしています!

 

(鈴木萌|いな暮らし)

 

 

 

 

 

 

 

新米社長福太郎便り

67 喜んでいることはたしか

 

 

みなさま、こんにちは!

 

今朝の美濃は久しぶりに涼しくて・・・・

寝心地抜群!

窓から吹き込んでくる風が最高に気持ちいい!!

 

 

上の写真は散髪後の田んぼです。

こちらも気持ちのいい風が抜けていくことをイメージして

畦の草を鎌一本でザクザクいきました!

 

 

最近では田んぼの周辺にお住いのみなさまから

いろいろな情報をいただけるようになりました。

この前は

「美濃市中のスズメが福太郎くんの田んぼに集結してしまっている。

あっという間に稲穂が全部食べられてしまうよ」と電話をいただきました。

 

穂が出てから「妙にスズメの姿を見かけるようになったな」と思

っていたので「なんですとっ!!!」とカッとなってしまい、

(自然農の祖・福岡正信さんが最後までスズメを憎んでいたというお話を

どこかで聞いたのを思い出しました)

 

すぐに田んぼのことを教えてくれている50noenの五十嵐武志さんに

「美濃市中のスズメに狙われています!どうすればいいですか?」と

超大雑把で、自分のことしか考えていないご迷惑な相談メールをして

鎌を手に、軽トラに乗り込みました(鎌でなにをする気だ!?)

 

田んぼに着くと、

20羽ほどのスズメたちが田んぼちゃんから一斉に飛び立っていきます。

 

ぼくは鎌を手に軽トラから飛び出し

「このやろー」と叫びながら、スズメを追いかけました!

(こういうコテコテなことを自分がやるとは思ってもいませんでした)

 

スズメが飛び立っていく空を睨みながら

これからのことを考えました。

 

カカシを立てるか・・・

網や紐をはるか・・・

見張り小屋を作るか・・・

 

 

ふと携帯をのぞくと五十嵐さんから

先ほどのメールに対する返信が!

 

 

「うーん微妙。スズメたちが喜んでいることはたしか」

 

 

・・・・

 

・・・・

 

 

なにか対策を教えてくれるもんだと思っていたぼくは

五十嵐さんがなにをいっているかわからず、頭が真っ白になりました。

 

 

 

でもしばらくすると

「そうか」と

なんだか腑に落ちる瞬間が訪れたのです!

 

 

喜んでくれているんだ

なら、

まぁ、いいか

 

 

ほんとうにそんな感じでした。

 

 

じつはこの相談メールの前にも

カメムシがたくさん稲穂についているのを発見して

ギョッ! としたぼくは、五十嵐さんに

「カメムシが! コメツキムシが! どうしたらいい?」と

相談メールをしていたのです。

 

そのときも

「うーん微妙。福太郎さんはどんな田んぼにしたいんですか?」と

返信メールをいただいていたのです。

 

その時は意味がわかりませんでした。

 

でも今は腑に落ちています。

あえて言葉にすると

 

 

あわよくば・・・

カメムシに1畝、スズメに2畝、ぼくたちに4畝・・・

 

そんな田んぼにしたいんだと思います。

なぜなら

そう思うと、とっても楽でいい感じの自分でいられるからです。

 

 

田んぼ・・・・・

ほんとうに深い気づきと学びを与えてくれます!!

 

 

 

さてさて明日から、こちらのコーナーで新展開!!!!

 

実は本日からマーマーマガジンお取り扱い店でもある

東京都稲城市にある「いな暮らし」の鈴木萌さんが

インターンシップ生としてエムエム・ブックスで働いてくれています!

 

せっかくなので萌さんに

インターンシップの日々、美濃の暮らし、服部みれいや福太郎の暴露話!などなどを

みなさんに向けて発信していただけたら・・・、と思い

このコーナーを期間限定で明け渡すこととなりました!

 

 

 

題して『インターン生「いな暮らし」萌のみの暮らし日記』!!

 

 

 

さてさてどんな日記が展開されるのでしょうか!

こうご期待!!

 

 

 

 

「喜んでいることはたしか・・・・」って

ほんとうに名言だぷあ!

 

五十嵐さんとも、もう少ししたら会えるぷぷあ!!

 

(福太郎)

 

新米社長福太郎便り

66 やしゃぶし

 

 

先週末に今年のオリジナルオーガニックコットンTシャツの

草木染めバージョンをマーマーなブックスアンドソックスにて

数量限定で販売をスタートいたしました!

 

丁寧にひとつひとつ手染めしてくださるsolosoloさんの染色に惚れ込んでいます!

茜染絹の腹巻もsolosoloさんです!)

 

販売スタートこそ8月過ぎてからになってしまいましたが、

準備は1年前からはじまっていましたし、

3月にはやしゃぶしで染めていただくことを決めておりました!

 

というのも、

Tシャツを染める草木の相談をsolosoloさんにしたときに

メールで送っていただいたのが上記の写真です。

そして下記のような文章をお送りくださいました。

メールの文章を一部抜粋させていただきます。

 

————————————————————

長野県の北西部、大町。
夏の間、山は黒々とした緑に覆われ、
太陽のエネルギーをたくさんたくわえる。
秋に向かって日が短くなりはじめると
木々はだんだんと実をつけはじめる
冬になり、あんなに深く緑濃かった広葉樹の葉は落ち、
山は地面まで陽がよくあたる
そしてアルプスは真っ白になり、雪が3m以上積もる。
普段手の届かないやしゃぶしの木の実に手が届く。
今回のやしゃぶしは春先のまだ雪が残る頃に採ったもの。
山の恵みをいただく、感謝の気持ちで採取。
途中、熊やカモシカや鹿かなとおもわれる足跡がありました。
野生の領域の一歩手前までスノーシューで歩く、
これは緊張感と神々しさの共存体験でもあります。
遭遇してしまうことは
お互いに影響があるので
気を払いながら、すすみました。
来年もこの恵みがいただけるようにという想いもこめて。
染めている実には何種類かあります。
オオバヤシャブシ、ヤシャブシ、ヒメヤシャブシ
ハンノキも似たような果穂をつけます。
色としては似たようなものなので
総称して「やしゃぶし」とうちでは言っています。
solosoloの染めは北アルプスからのうつくしい水をつかっています。
この染めをきれいだなと思ってくださるとしたら
この土地と水がすばらしいのだとおもいます。
冬の間中、少しずつ集めたやしゃぶしの実を薪で煮だし
ひとつひとつ手染めしています。
工房の中はやしゃぶしのほのかな甘酸っぱい香りがたちこめています。
その土地にある植物で
その土地の水と木をつかって火を焚き、
色をいただく
そこには特別な調和があるように
思っています。
染めたての光り輝くような色も
時を重ねて落ち着いた色も
自然のように変化していくものとして
愛でていただけたらうれしいなと思います。

 

 

————————————————————————

 

やしゃぶし達が過ごした日々、

その場の清々しい空気が目一杯込められている気がしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

手前味噌ですが

とっても気持ちのよい素材のオーガニックコットン、そして

solosoloさんのやしゃぶし染め・・・・・、

ほんとうにいいものができたと思います!!

 

 

 

(福太郎)