murmurbooks

今日の編集部

0623|これはやさしい|写真集|表現土壌改良

 

 

 

 

「どんな仕事にかかるときも、

つねに《これはやさしい》と考えなさい。《むずかしい》とか

《不可能だ》とか《だめだ》といった言葉は、

御自分の用語から抹消することです。

そのかわりに《これはやさしい、だいじょうぶだ》という言葉を

専用しましょう。他人がむずかしがるようなことでも、

自分でやさしいと考えれば、実際にやさしくなってきます。

あなたは、それをたやすく、労せずに成し遂げ、

しかも疲れを感じることすらないでしょう」

 

『自己暗示』(C.H.ブルックス、エミール・クーエ=著 河野徹=訳 法政大学出版局=刊)より抜粋

 

 

 

みなさん、こんにちは!

おかわりありませんか?

 

マーマーマガジン編集部では、今、

来年の手帖とカレンダーの制作に

いよいよ本格的にはいってまいりました。

 

一般的に手帖商戦って、9月からスタートなんです。

で、今年こそは「それに乗ろう!」なんて思って、

この春から打ち合わせを進めていたのですが、

まさかのわたしの「5月いっぱい休むわ宣言」によって、

9月発売は、不可能に、、、。

 

ううう。

スタッフのみなさま、ごめんなさい。

でも、10月、11月ごろには、

出せるかと思います!

 

今年も、みなさまからのアンケートを元に

(ご協力くださったみなみなさまがた

本当に本当に、ありがとうございました!!!)

いいところは残しつつ、また

あらたな改訂部分を付け加えて、進化した手帖を

お届けできると思います!!(鼻息、嵐のごとく)

 

どうぞ、どうぞ、楽しみに待っていていただけたらうれしいです!

 

ちらっと来年の手帖のお話をすると、

よりローカリゼーションの考えをベースラインで流しながら、

旧暦の考えなども大切にする、そんな手帖にできたら、と思っています。

 

より個人的な手帖。

もっと「自分自身」に迫る、そこに戻っていく手帖。

うふふ、、、、いいでしょう!!!!

すごくいいと思います。

 

あともう一つ、あたらしい取り組みにトライしたいと思っていますが、

またそれは、決定したらおしらせしますね。

すごくわくわくする、アイデアなんだけれど

実現可能なのか!?!を探っています(憂鬱気質、、、)。

 

カレンダーのほうも、

たくさんの、コンシャスプランのご応募をいただきまして!

たくさん反映できたらと思っていますよ!

 

このコンシャスプランカレンダー、

思わぬところで、すごく人気があって

本当にうれしく思っています。

 

毎朝、お子さんがめくる役だよーとか。

パートナーを亡くした高齢の女性が、

毎日カレンダーをテーマに暮らして、

すごくたのしいですというお声をいただいたり。

松本に住んでいる(当時)中学生の女の子は、

びっくりするくらい隅々まで読んでいて

(13の月の暦のあった頃は、毎日のKINも

たのしみにしてくださっていました!! 感激)

日々のヒントにしていくださっていたり。

 

本当に本当にうれしい!

カレンダーをつくることにしてよかったです。

 

 

先日、わたしの大切な友人が

とてもとても重大な事故による脳の怪我から

立ち直りつつあることがわかって、

電話でお話しすることができたのですが、

毎日、このカレンダーを見てくれていると話してくれました。

本当に本当にうれしかったです。

 

どんな立場やどんな状況にいる人でも

たのしめるものをつくるって、

すごく優秀な仕事だなあと思っているのですが、

(一部の人にしかわからないものもステキだけれど、

たとえば、自然の山とか、花火とか、、、、

誰でもいつでも体感できる存在ってすごいですよね)

そういったものをこれからはもっとつくっていきたいなと思っています。

そうそう、わたしの密かな萌え〜タイムは

(ホンマセンセイに、もう都会では「萌え〜」って言ってないよ〜

とこないだ教えてもらいましたが、、、そうなの? そうなの?!?!)

美濃のお店にあるカレンダーを

美濃の町の人、ご近所さんが、立ち止まって読んでいれている時です。

 

それを陰からこっそり見ているわたし、、、、

 

 

 

……

 

 

 

家政婦は見た的に、、、、、

 

 

 

 

 

 

あ! あと、本屋さんで、マーマーマガジンを

立ち読みしている人の横にいるのも好きです。

(前は、声かけてたけれど最近は止めてます)

 

 

……

 

 

ってこわいか!

 

でも、わたしの密かなたのしみのひとつです。

 

 

さて! もうひとつ!

今、進んでいるのが、

写真集です。

 

まぁまぁマガジンに掲載された

松岡一哲くん撮影の

「マリイ」観ていただいていますか?

 

掲載後、すごくすごく反響があって!!

 

いよいよその写真集が完成できそうです。

 

泣ける! やばい! 数年越しです!!

 

マリイさんは、松岡一哲くんの妻、パートナーです。

 

この写真集のために、

もう、ずっと、こころを集中させてきました。

写真集「マリイ」、、、、、。本当にすごいです。

 

 

これまでの写真史の系譜の中に

しっかりと位置しながら、

しかし、誰もが撮っていなかった、

撮りえなかった「間」が、ある、間の瞬間が、

愛の瞬間が、(愛というと陳腐になっちゃうけど

愛以外の何物でもないわー、愛!! 愛!!)

あたらしい女性の姿が、

今が、

撮影されている。

 

センチメンタルな旅を更新しようとしています。

 

これは、あらゆる「更新」だと考えています。

 

いよいよ時代は更新されつつある。

 

意識も、関係性も、そのすべての更新がはじまりつつある。

 

 

毎日毎日、

少しずつわたしたちは「更新」を繰り返しているのですけれど、

(意識の更新とか、あれこれ)

「写真」を「更新」する

写真集になると、自負しています。

 

更新といったって、

赤が青になるようなことを更新といっているのではないです。

でも、あきらかに、更新したな、と感じる瞬間が

訪れるのだなと思っています。

 

その瞬間を味わうのはおもしろいことですね。

 

それにしても、編集者としては、

わたしはアートブックの専門の編集者ではないし

(写真集はつくったことがあるけれど、

写真家の写真集をつくったことはありません)

美術を集中して勉強してきたわけでもないから、

本当に一から手探りで行うことばかりです。

 

でも、門外漢だからこそできることがあるだろうと、、

風穴あけるマインドで、かつ謙虚な気持ちで(謙虚というか、もう、なんだろう、敬愛の気持ちで、、)

写真集に取り組んでいます。

 

 

それにしても!!!

芸術や美術に対する、援助といいますか、

支援というか理解というか、(それは経済的なものも含めて)

もっとあるといいなあと思っています。

表現者への援助というか。

 

わたしは、国民総表現者のような時代になって(インスタとか)

いろいろ思うこともあって、

国民総表現者は必然の流れだし、

お好きにどうぞ、という気持ちと、

もっと絞られた、良質な表現だけになって欲しいと思う気持ちと

両方あります。

 

(たとえば、音楽とかのリリースとか

本の出版とか、もっともっと点数が少ないほうがいいと思ってます。

一人の編集者がつくる本の冊数が多すぎる。

そのことによる業界のシステムの疲労が凄すぎです。

 

良質なものを丁寧につくる

そういう土壌づくりにもっとコミットできないのか、、、

本当、畑と一緒ですよね。

農薬使って、肥料バンバン入れて、F1種の種使って、

わーってたくさん作って、でも破棄されて。

表現の世界でも、野菜と同じことが起こってる。

 

土壌改良をしっかり長きにわたってしたら、

本当に必要なだけの生産物は取れるはずなんです。

 

人間の欲とか、思い込みとか、恐怖心とか、

そういうので、土壌を台無しにしている気がします。

 

人間の脳は本当に愚かだなと思います、、)

 

ということで、

ふだんあんまり書かないこと書いちゃいましたが、

そういうわけで、

土壌から見直す! という取り組みを

エムエム・ブックスではできる限りできるように

システムから考え直したりしています。

 

門外漢だからこそ、

写真とは何か

からつくるしかない、、、

 

 

パンクたれ、、、、、わし、、、、、

 

 

写真集、うちはクラウドファンディングというような形ではできないけれど、

経済的にも、いろいろな意味で、

松岡一哲くんの表現を支えてくださる方、

助けてくださる方を、

真摯に、募っていきます。

こういうこと、ブログで書くのもどうかと思うけれど

でも、もうやれること全部やる! わし!

 

マーマーガールのみなさま、

マーマーボーイのみなさま、

ぜひ、写真集発刊の折には、どうか、何卒、力を貸してくださいませ。

 

 

できれば全国で写真展もできたらと思っています!

写真集のお取扱いについても、またぜひ相談させてください。

 

 

数年前から、大事に大事にあたためてきた写真集の企画です。

 

 

はあ、、、、

 

 

胸いっぱい、、、、、

 

 

どうぞどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

はっ! 写真といえばホンマタカシセンセイですが、

25日に、東京の青山ブックセンター本店での

センセイのニュードキュメンタリー上映会の報告会のゲストとして

登壇させていただきます。

 

 

ホンマさんの初の長編

After10 yars(スリランカ大地震で被災したホテルの10年後を撮影したもの)

ううううううう、うなりました。

ずっとホテルの人たち掃除しているシーン。

やあ。

意味も無意味もすべてを内包する映像。

すごくすごくおもしろいです。

 

 

実は、写真や映像は、(本をつくり、本を書く)わたしにとって、

ちょい刺激が大きすぎて、瞬発力ありすぎて、

なんか、強いものなんです。強すぎる。

もちろん大好きなんだけれど、そういうわけであまり積極的にコミットしてこなかったんです。

 

本の世界のほうが、

なんというか、じわじわいけるというか(全然何言ってるかわかんないですね)、

自分のテンポにあってると言ったらいいかな。

 

たとえば、わたしは自分で写真撮ると

(こういうブログとか、自分のHPとかのために

撮りはしますが)

そりゃね、決定的に違うんです、あたりまえだけれど、

松岡一哲くんの写真とは、明らかに異種なものです。

もうどうしようも無いくらい。

 

わたしには写真への瞬発力や、写欲というものが弱いのが

自分でわかる。ものすごく甘えた「好き」程度です。

 

ただ、本やことばはもっと強いし、

自分に合ってる。

それを本当に感じています。

 

ただ、このタイミングで、

写真集をつくったりだとか、

映像を観る機会が訪れたりしていることに

とても、おもしろい波が来たなと思って、

ボディボードを小脇に抱えて、

波を見ているという感じです。

 

 

さあ、さあ、どうなっていくでしょうか!

 

 

わたし自身の表現としては、

相変わらず、「ことば」なのですが、

今、関心は「声」にも及んでいます。

 

つまり「口伝」という方法です。

 

「ラジオ」といってもいいかも。

 

話しことばでしかできない

おもしろい瞬間

思いもよらない体験について

関わっていけたらなあと思っています!!

 

 

はあ、長くなってしまいました。

 

6月25日、わたしはそういうわけで、

トークがあるのですが、

同じ日に、

TM(瞑想)を実践されている方には、

1200人の瞑想の会

http://maharishi.or.jp/1200/seminar/1200wpa/

 

があります。

わたしも、参加できる時間帯に、

遠くですが、一緒に瞑想をする予定です。

 

 

 

「1200人とは、日本人口のルート1%、日本社会全体に調和の波が行き渡り、

肯定性(進化的なこと)が増し、否定性(進化に逆行すること)が減少するその臨界点」

 

 

なのだそうです。

なかなかおもしろそうですよね。

 

 

わたしはかねてから、

例えば病気の人が居て、

その人の周りで100人くらいの人が一斉にお祈りするとか、

そういうことで治癒が進むのではないかと

考え続けているのですが(いつか実験したい、、)

この、大勢で瞑想する、というのも、

意識の波にたいへんな影響がありそうだなと感じています。

 

 

エムエム・ブックスみのでは、

6月25日(日)まで、

COSMIC WONDER 竜宮衣展、にほんくらし籠展を

行っています!!

たくさんの方にご来場いただいております。

 

深く、深く、日本や土着的な暮らしというものに迫る

COSMIC WONDERの世界。すごいです!!

 

ぜひ、美濃に、COSMIC WONDERのあたらしい服、

そして、籠の世界を観にいらしてくださいませ。

 

また今日は、mmbsのメルマガ配信日です。

月曜日にも特別号を配信させていただいたため、

短いバージョンかと思いますが、

読者の方のお便りなどをご紹介できたらと思っています。

 

どうぞどうぞよろしくお願いいたします!

 

メルマガでは、主に、わたしのおしゃべり(また!)を

配信しています。

あとは、冷えとりの体験についてや、季節の養生法、読者の方のお便りなど

ご紹介しています。

登録はこちらです。無料です。

 

 

日頃の感謝の気持ちを込めて!

mmbsでのセールも、

まだ開催しています!

ぜひのぞきにいらしてくださいね。

 

 

 

 

さて! 冒頭のエミール・クーエ、

イラストレーターの平松モモコさんから教わりました!(モモコさん、マジでありがとう!!)

自己暗示、きっと、アファメーションの世界とか、呼吸法の世界とかに入り込んでいる考え方ですが(元祖!?!)

すごくすごくおもしろいです。

これから出す本などでご紹介をしていこうと思いますが、

できる限り早くみなさんにお伝えしたくて書かせていただきました!

ピンときたら、チェックしてみてくださいね。

 

 

 

一哲くんが美濃滞在中に、

くしま食堂のくしまけんじくんとパートナーのJいちくんがいらしてびっくり!!!!

(くしまくんの本の撮影、一哲くんが担当しているんです)

 

くしまくんとの再会もうれしかった!!!

くしま食堂の味、すごいんですよーーーー。

また西荻窪に食べに行きたいなあ。今は夜のコースのみで営業中だそうです!!

 

くしまくん、Jいちくん、ありがとう!!!

 

 

 

 

それにしても美濃にて、偶然居合わせるとは、

 

 

 

 

ああ、びっくりした。

 

 

 

 

きてますね。

 

 

 

ではでは

どうぞよい週末をお過ごしください。

 

 

 

 

服部みれい、でした!

 

 

 

 

 

チャオは、ボディボードを小脇に抱えて

今日の編集部

0614|あたらしいあれこれ

 

 

みなさん、こんにちは!

きたる、今週、土曜日、

美濃で、

COSMIC WONDER前田征紀さんと

トークをします!

 

ゲストは、ランドスケープデザイナーの

西川潤さん。

 

土のこと、畑のこと……。

 

征紀さんも、わたしも、

期せずして同じような時期に、

それぞれ

京都の美山、岐阜の美濃に

移住、引越しをしました。

 

征紀さんとはいろいろなことが同期することが

ある時からなぜか多くて、

山里への引越しも、不思議と時が重なり、

征紀さんからたくさんのヒントをいただきました。

 

 

formen#3でも、折しも、

都市の問題や、現代の問題を脱する

中島正さんによる「みの虫」の思想について取り上げていますが、

さて、これからどう生きていくのか、

どう暮らしていくのか、

何を豊かだと呼ぶのか、

何を軸に生きていくのか、

そういったものが、

どんどんと更新し、あたらしく書き換わっているような気がしています。

 

 

当日にならないと

どんなお話が飛び出すかわかりません。

でも、何か、

この時を、みなさんと共有できたらなあと

思っています。

 

美濃、行ってみたかったなあ、という方、

また、COSMIC WONDERやお洋服が大好きという方、

土は畑に興味のある方、

また、みれいっちに会ってみたいなあという方、

ぜひこの機会に、美濃に足をお運びください。

 

 

詳しくは、こちらです。

 

 

お席、まだ少し、あるようです!

ぜひ、あそびにいらしてくださいませ♪

 

 

また、その1週間後は、

東京・青山ブックセンター本店にて、

写真家 ホンマタカシさんの映像上映報告会に

ゲストとしてうかがいます。

 

ホ先生とどんな話をするのかしら、、、

楽器はもっていかなくていいのかなあ、、、

 

 

詳しくは、こちらから。

 

 

 

ぜひ、この機会に、

あそびにいらしてくださいませ!

 

 

おまけですー

 

 

 

大学院生になりました!

 

 

 

 

冷えとりガールに

 

 

 

足首はない

(むしろ膨らんでますね)

 

 

 

 

ギッリの作品に一哲の霊が!!(右上)

 

 

 

 

 

すいれん展。甘いため息とともに。あと3倍くらい観たかった!!

 

 

 

 

 

 

 

 

やおら笑顔で白セージにより

おそろしい魔物を取り払う儀式に取り組みはじめる佐々木暁ックス氏

 

 

 

 

 

 

 

朝摘むのと、昼摘むのと、夜摘むのでは味が違うんだってサ

 

 

 

 

 

ホ先生の展示はPOSTにて

 

年ごとに波占いができそう、、、

 

 

 

何より

音に助けられました、、、、、

 

 

 

 

 

破壊と建築。観察と定着。勇気と鍛錬、あとは全部ゴミ

かも

 

 

 

 

 

 

木イチゴがびっくりするほど甘かったです

 

 

 

 

 

 

生徒さん手づくりのみょうがもち

おばあちゃんが好きだった味

 

 

 

 

 

 

今、平松モモコ氏から

送られてきた動画

 

 

かわいいー

 

 

 

 

 

 

 

 

マーマーマガジン編集部では、

夏以降に発売のあれこれ

スタートするあんなことこんなことの準備で

走り回っています!!

 

あたらしい取り組みたくさん。

 

 

mmaも夏にはライブやりまーす。

 

 

そして、来年は、美濃で

マーマーフェスやろうかなー、、、と!!!!!!(やばいでしょ。みんな同時に考えてたと思うよ、、、)

4年に一度は、オリンピックじゃなくてマーマーフェス!

AYAっぺが誘ってくれた

松竹谷清さんのライブで、

超ひさしぶりに塚本功さんにお会いして、

出演を依頼してしまいました!!

(松竹谷さん、エマーソンさんには音と甘酸っぱさでヤラれ、

友部正人さんには、大人の色気に当てられて、頬を紅潮させたまま後ろ180度に卒倒しそうになりました。

私の某書籍担当のIさんは、友部正人さんの担当でもあるんですが、

よくあんな色気むんむんの大人の男を相手に仕事できるなあと感心してしまった、、、とんでもない色気だった、、、たはー)

 

 

 

 

何もかも、どうぞどうぞ、たのしみにしていらしてくださいませね!

 

 

 

そうそう、美濃では最近

火事があったり、盗難の噂があったり、事故があったり、慌ただしい。

スロトベリームーンの影響が続いているんでしょうか。

こうなったら、魚とか降ってきそうだなと思っています。

 

でももう何があっても、びっくりしないですよね。

クリーニングしかもうすることがなくなってますけれど、

この国は一度破壊しないと、建設できないのかなと思えてきました。

(何もかもに呆れすぎて、生まれてはじめて亡命という行為について調べてしまいました)

 

 

 

 

 

では!

 

 

 

 

 

 

服部みれい、ど、え、した!

 

 

 

 

 

 

 

チャオは、ロックミーベイビーで完全に鍵盤によるベースに目覚めました!!!!!(夜明け!)

 

 

 

 

今日の編集部

0609|富山と白鳥

 

 

 

みなさん、こんにちは!

先週末は、富山の総曲輪で行われた

BOOK DAY とやまに参加させていただきました。

富山、および、近県からお越しのみなさま、

ありがとうございました!

北陸のマーマーガールに会えて、とってもうれしかったです!

そうだ、マーマーボーイもいました。

formenのおかげで、男性読者さんも増えてきており、、、。

 

あと、BOOK DAY とやまでは、

いつもとてもお世話になっている

ひらすま書房さんがとてもあたたかく迎えてくださったり、

古本屋さんのおじさんが、マーマーマガジンのことをよくご存知だったり

癒されました、、、

ありがとうございました!

 

岐阜に引っ越してから、「県民性」とか「地域性」みたいなことに

自然に興味が湧いてきて、

レヴィ・ストロースみたいな気分になってくるというか、

この、土地土地が創り出す、ある精神性について

本当に注目しています。

 

富山(および近隣の県)の女性たちに共通していたことは、

ほぼ100%で、握手を求めてこられたことです。

これは、他の県ではあまりないことです。

どういうことなんだろう、、、。

 

あと、責めているわけでも、願望があるわけでもなく

事実としてご紹介したいのですが、

このブログやツイッターなどを見ている人の率が低かったです。

 

(ううう 調査したいー)

 

今からなれるなら、社会学者になりたい。文化人類学者でもいいです。

フィールドワークしたい、、、。

 

岐阜の美濃に引っ越してきて、

2年とちょっと経って、

「ああ、これが、岐阜の県民性かな」とか、「美濃の土地の感じ」とかが

わかるようになってきて、

すごく興味を持っているんです。

その地域性と、言語活動の関係とか。

 

たとえばですが、美濃の人(岐阜全般?)なのかどうかはわかりませんが、

「〜せんといかん」と言います。

「〜しなくてはならない」です。

 

以前、地元のある喫茶店のおばさんをインタビューして

「どうしてこの店を続けておられるのですか」

と尋ねたら、

「やらんといかんからや」と言われました。

 

やらないといけない、ということが

行動の動機になっている。

これは、なかなかの精神性というか、意識だなというふうに感じるんです。

 

 

、、、、とこんなことばかり考えているのですが、

もっと観察して、いつか何かにまとめたいと感じています。

 

地域地域の子育ての方法とかにも興味があるんですよねー。

何か、癖があるような気がして。

 

富山では、本当にただただみなさんに親切にしていただいて!

つりやさん&ひらすまさんおすすめのお店も

最高の活気でした! 吉田類さんになった気分で、カウンターで楽しみました。

隣のおじさんが二人組みで、

わたしたちに「本当の夫婦か?」と話しかけてきて

(不倫カップルだったら話しづらいとのこと)

それが本当におもしろかった。

「女にはやさしくしてやられ」と福太郎さんはご教示を賜っていました。

アンチフェミニストフェミニストとしては、

「女は〜」とか、オエーーって思ってしまうほうですが、

でも、そのおじさん、すごくすごくやさしくて、

なんかたまらない人で、

「女にはやさしくしてやられ〜。強いこと言っとっても、弱いがゃっちゃ」みたいなこと言ってて、

なんか、その物言いに、涙ぐみそうになりました。

 

あと、富山弁で、「違う」とか「いいえ」って

「なーん」って言うんですよね。久しぶりに聞いた!

これが本当に懐かしかった!!!「なーんだよ!!!」とか。

「なーんなーんなーん」とか。ノンノンノン、みたいだと思いませんか!!!

 

そうそう、このおじさんだけでなく

父性がたっぷりな感じを男性からは感じたなあ。

男っぽい感じ。

土地が育てる人間性、おもしろいですね。

 

とにかく、水も美味しいし、景色は最高だし、人はあたたかいし、

小学生の時も、富山にはいい思い出しかありません!

本当にありがとうございました!

 

マーマーガールのみなさま、ありがとうございました!!

 

お近くのブースのみなさまもありがとうございました!

詩の出版社の方にもお会いできてうれしかったです!

 

 

各号と対応する本たち、、ふしぎ、、、

 

 

 

小学校高学年の頃は

 

 

ここでフルート吹いてました

 

 

 

ここではピアノ弾いてました

 

 

 

 

 

 

ここで泳いでました

 

 

 

 

しかし、ちいさなころ住んでいた場所へ行くと

大きさや広さの感じが違って

びっくりしますね!

 

 

 

 

 

おまけ

 

先日、岐阜の白鳥へ行く機会がありまして!

そうしたら、白鳥のほうのことばが、まるで、富山弁のようでした。

これも発見だったワー。

 

轟々と流れる水。これ、写真だと分かりづらいかもですが、ものすごいスピードなんです

 

郡上八幡とともに水の豊かさがすごい

美濃ももちろんすごいです

 

何が生えているかもきになる

 

石の間から植物が生えているのを見るフェチ

(護岸工事していない川も好きです)

 

 

 

がちゃぴん発見

 

 

 

 

 

 

この夏こそ、白鳥の徹夜おどりへ行ってみたいなあと思っています!

テンポがめちゃめちゃ早いらしい!

 

明日は、mmbs通信の配信があります!

みれいセレクトでは、夏の天然素材のインナーを特集しますよ〜♪

ぜひチェックしてください。

 

白鳥では、たくさんの気づきがあって、

何か、必要なものは、すべて「ある」のだなあという体験をしました!

(何を言ってるか意味不明でごめんなさい)

 

でも、自然は、ただただ人間に必要なものを用意しているのだなあ、、と、、、。

本当に、本当に、それを思って、

ありがたい気持ちになりました!

(いつかちゃんと何かの文章で書きますね)

 

 

 

雨の多い中、冷える日も多いですが

どうぞ、そんな折は、養生ウィークと決め込んで、

足湯をしたり、半身浴を多めにしたり、

あたたかな飲みものをたのしんだり、なさってくださいませね。

 

 

どうぞすばらしい週末をお過ごしくださいませ!

 

 

 

服部みれい、ど、え、した!

 

 

 

 

チャオ消し

 

 

 

今日の編集部

0602|四つの気質|お話会|富山へ!

 

 

みなさん、こんにちは!

おかわりありませんか?

5月はほとんどぼうっと過ごして、

そうしたら、6月1日に突然スイッチが入りました!

 

 

元気! 勇気! のん気!

 

 

いやあ、このループは、正しかった、、、。

 

元気になると

勇気を出せて

勇気を出すとしばらく忙しくてエネルギー使うから

自然と休むことになって

のん気になり、

で、のん気をしばらくやると充電されて、

元気(もとの気)がたまって、

またやろうって感じになるのでしょうか。

 

こないだ、とりためてあった録画関係をまとめて観る機会があって

宮崎駿さんのNHKかなんかのドキュメンタリー見てたんだけど、

引退宣言した駿さんが、

なんていうか、若い人といろいろやるうちに、なんか、

むくむくと元気になっていって、「やるか、やらないかだ」と言いながら

やる気満々で、結局、やるんじゃん!! みたいになっていくのが

おかしかったです。

 

そうそう、フォーメン3号に登場してくださった

稲葉俊郎さんと、大友良英さんの対談もすごくおもしろかったです。

今年の3月11日に放映された番組。

稲葉さんの、何か、こう、常に一定なんだけれど、

中身はめちゃ熱い、、、というのが

何かに似てるなあとずっと思いながら観ていました。

何だろう、、、

 

とにもかくにも、あたらしい感覚の人物があちこちに現れていて、

とてもたのしいし、勇気づけられる思いです。

formen#3の稲葉俊郎さんのインタビュー、まだお読みでない方は、ぜひに!!

 

 

 

さて、

わたしは5月、ほとんどほうけて、

来客のかたがたの相手をしたりしなかったり

ぜんぜんできていなかったりしながら、

畑と田んぼにまみれていたわけですが、

5月の発見は、ルドルフ・シュタイナーかなあ。

 

中でも4つの気質です。

 

シュタイナーの4つの気質。

みなさんご存知ですか?

わたしは20代の時に、雑誌でシュタイナーを特集した後

いっとき、のめり込んだんですけれど、

(住んでいた家も、日本で最初のシュタイナー学校が開かれた場所でした。

元シュタイナー学校の職員室で眠ってました)

その時は、ぜんぜん、四つの気質、興味なかった。

 

なんか、人をそういうのに当てはめるの、

どうなのーって頭でっかちになってて。

 

でも、今回、

50noenの五十嵐さんご夫妻と会って、

たくさん気質の話をしたら

本当に面白かったんです!

 

 

本を読むのがオススメだけれど

このあたりのブログに詳しく書いてあります。

 

四つの気質

http://biodynamy.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

 

http://izumizm.exblog.jp/9888633/

 

 

 

知らない方のブログだけれど、すみません。

 

これに、心屋先生の前者後者を組み合わせると

本当に人のことがよく分かる!!!!!

 

なあーーーーーーーーーる!!!!!!となりました。

 

わたしは、憂鬱気質の前者。

で、時に多血になる。

若い頃は、多血ぽかったです。でも多血は、後天的なものなのかな。

ベースは、憂鬱気質。

あ、でも、胆汁もある。

足りないのが、粘液。

 

でも、5月は粘液的にぼうっとしたんですよね。

そうしたら、なんか、調和がとれた気がします(気のせいか!!あはは)。

 

前者後者論では、

前者が後者っぽくしないとか、

後者が前者っぽくしないとか、

ひろこさんたちとの話でも、

前者が後者アプリ作動させてるぜ、とか、

後者が前者アプリ起動させるとサイアクとか、

そういう話をしまくっていたんですが、

(なんのことだかよくわからないかもですが、

すべて人間理解のためにしていることです。

無理やり誰かをそれにあてはめて押し込めてるわけではありません)

でも、この四つの気質は、

どうも、想像するに、

自分にない気質を演じてみる、というところに

自己訓練があるような気がしています。

 

 

おっとりしている粘液の人が、

例えばですが、ぱっぱっと、興味の対象が変わる多血のそぶりを

真似てみるとか。

 

意識の上で、何か、変化や調和が起こりそう。

 

……って、1冊本読んだだけでてきとうに自分なりの解釈で書いていますので、

間違ってたらごめんなさい!!!(とわざわざ書くのも憂鬱気質)。

 

憂鬱気質的には、出展がどこか、とかめちゃめちゃ大事で、

冷えとりとアーユルヴェーダの白湯のみが一緒になるとか

マジでありえない!!!! 分けて考えて!!!!!!と

ぎゃあああああとなります。

全部、ある程度、理路整然としていないと気持ちが悪いんですよね。

 

オリジナル、とかにも厳しい。

オリジナルなんて、基本ないじゃん!!!みたいな気持ち。

全部、どこかで見たものとか聞いたものでしょう!!! とか。

なんか几帳面なんですよね。

 

でも、こういうのってみんな同じじゃないんですよね。

 

人はみんな違うんだって、四つの気質で

よくわかるようになったし、

人への理解が進みました。

 

 

  • 四つの気質
  • 前者後者
  • 数秘

 

 

あたり組み合わせたら、

どう相手とやり取りしたらいいかとかの

すごくヒントがもらえそうだなあと思います。

 

 

もちろんそこに、さらに複雑な個性が現れていくのですけれど。

 

 

いつか何かで特集したいなと思っています!

 

 

では、お知らせです!

 

明日、6月3日(土)

BOOK DAY とやま

に、エムエム・ブックス、出店させていただきます!!

お店にたつのは、

この日、37歳のたんじょうびをむかえます、

服部福太郎、そして、わたくし服部みれいも、うかがうこととなりました!

 

富山!

ああ富山!

 

わたしは、小学校5年生から中学1年生を富山で過ごしました。

小学校の修学旅行は、立山登山でしたし、

冬の体育の授業は、スキーでした(学校にあったワ、スキー山が、、、)。

いい思い出しかない富山、、、、。

 

それにしても富山、何年ぶりでしょうか。

去年、ほかの市には行ったのですが、

富山市内はいかずじまい。総曲輪とかなつかしすぎる!!!

 

富山や近県のみなさま、

ぜひ明日は、BOOK DAYとやまに足をお運びくださいませ。

主に弊社の本をもって、うかがいます!

 

 

次!

 

6月17日(土)

コズミックワンダー主宰、現代美術家の

前田征紀さんと、わたしとで

トークショーを行います!

 

ゲストは、ランドスケープコーディネーターの

西川潤さん。

編集部の庭でも行った

矢野智徳さんの大地の再生にも関わっておられる方。

 

京都のうつくしい山里にお引越しされた前田さんと

美濃に移り住んだわたしとで、

山里での暮らしや、畑のこと、土のことをお話ししつつ、

また西川さんには、自然について

ぜひたくさんご質問をさせていただきたいなと思っています!

 

くわしくはこちらから

まだ空席あります! お早めにどうぞ。

 

 

土と共にある生活とあたらしい表現のこと、

地方や田舎でのうつくしい暮らしのこと、

前田さんと、たっぷりお話ししたいなと思っています。

 

前田さんにもうかがいたいこと、たくさんです。

 

トークや講演を今、ほとんど行っておりませんし、

ぜひ、この機会をお見逃しなく!

 

そうそう、当日は、前田さんとわたしからささやかなプレゼントもあります!

 

 

 

また、その日から、

エムエム・ブックスみのでは、

コズミックワンダーの展示「竜宮衣」もスタートします。

羽織るたびに、自らへの発見がある

コズミックワンダーの世界を、ぜひ、堪能していただきたいなと思っています。

 

にほんくらし籠展も同時開催です!

全国各地にのこる職人の技による籠がずらりと並びます。

コズミックワンダーによる、この民芸や、古い伝統の技への愛情には

いつもいつも目を見開かされます。

ぜひ、こちらも、お見逃しなく!!!

 

 

 

そうそう、展示といえば、

まぁまぁマガジンで特集した

東野翠れんさんの展示も

東京で行われています!

 

テラススクエアフォトエキシビジョン VOl.6

東野翠れん 夢路

 

すいれんさんは、本当に愛らしい、、、、

 

すいれんちゃんの写真、大好きです!

 

 

ぜひ、足をお運びくださいね。

 

 

テラススクエアフォトエキシビジョン VOl.6

東野翠れん 夢路

住所: 千代田区神田錦町3-22 テラススクエア 1F エントランスロビー

開催日時: 2017年5月29日 (月)~8月31日(木) / 8:00~20:00

休館日: 土曜・日曜・祝日

入場無料

 

 

わたしもぜひとも行きたいなと思っています!!

 

 

 

そして!

 

先日、エゴ・レモスさんのであいのさい、

知り合いになった

映像作家、澤崎賢一さんによる

フランスの庭師のドキュメンタリーも

とてもおもしろそうです!

 

「動いている庭」

 

 

この惑星を庭とみなす、、、。

何か、今は、そのことばかりに

気持ちが動いている気がします。

 

土、光、水、土、光、水、土、光、水、土、光、水……(ループ)

 

 

来週から

野草の勉強をはじめます。

ああ、たのしみでなりません。

 

 

では、ダン吉エヴァのおまけコーナです。

 

こないだ、mmbs通信がうまく配信できなくてごめんちゃい。

このブログでも紹介した、

IHプラクティショナーの松井歌織さん@美濃

 

 

 

 

……の

 

 

 

ン十年前。きゃわいい!!!!

 

 

 

 

 

自分がおじさんみたいな気持ちになってくるワ、、、。

 

 

 

 

 

本人たちはいやがるかもしれないけど(ごめん)

なんか、この二人の感じがおもしろいなあと思ってアップさせていただきました。

松井さんは、IHプラクティショナーに、

右側のやまだともみ(弊社)は、鍼灸を学び中。

美濃に養生園ができる日は近いです。

治療家、癒し手がどんどん集まってきています!!

 

 

 

……と思ったら

 

 

この方も!!!!

 

 

 

 

 

キヨズキッチン南清貴さん!!!!

きゃああああ!!!

KIYOさんも岐阜に移住されていることは、知っていて、

いつかお会いしたいと思っていたのですが、

約10年ぶりに再会しました!!!!!

 

大感激!!!

 

食について、KIYOさんからも

たくさんのインスピレーションをいただいています。

KIYOさん、すてきな再会を、ありがとうございました!!!

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

KIYOさんを結びつけてくれたmy daughter(iaiを着て。娘もまたiai世代)。

世界中に娘っこがいるのですが、そのひとり。

フィンランドから帰国中です!

うちの娘たちといったら、

ジブリの映画に出てきそうな人ばかりだなあ。

 

思わぬことだったけれど

いつの時代の誰が

どういう登場をして、またどういう働きをするか未知ですね。

自分自身に戻れば戻るほど、

バシバシバシバシバシバシーと、

役割がくっきりしてくるのかも。

 

 

 

 

 

 

ということで!

 

いろいろあるけれど、わたしは元気ですというような感じというよりは

もう少し、目覚めて元気でいる必要があると思います、というような

そんな時代になってまいりましたが、

よく見て、よく聴いて、いつも自分自身に戻って、

とにかくよく考えて考えて考えて考えて、

そうして直感、直感、直感力を高めて、耕していけたらいいなと思っています。

大事なのは、集中力と脱力していることですね。

 

 

 

 

 

 

では、どうぞどうぞお元気でお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

服部みれいでした!

 

 

 

 

 

チャオだにゃん

今日の編集部

mmbsメルマガ|新月特大特集!|公開

 

 

みなさん、こんにちは!

mmbsのメルマガを、登録してくださった方に

月2回配信しているのですが

昨日の配信がなぜか届かなかったという声が続々と届き!!!!

 

みなさん、ごめんなさい!!!

メルマガ用に、かつ、mmbsのお客さま用に書いたものですので、

ちょっと冷えとりとか、内容に偏りがあるのですが、

どなたもできるだけ早く読めるように

まずは、ここで公開させていただきますね。

(週末となってしまったため、配信は月曜日以降になるかもしれません、本当にごめんなさい!! 原因突き止めますねー)

 

届かなかったみなさま、また、

たのしみに待っていてくださったみなさま、

こころからお詫び申し上げます。

 

 

なんだか果てしなく長いですが!

どうぞおつきあいくださいませ♪

 

 

追伸*年内に、おもしろいメルマガをスタートする予定です! 今準備しています! どうぞどうぞ

おたのしみに!!!

 

 

(服部みれい)

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マーマーなブックス アンド ソックス メルマガ 38

新月特大特集!||自分自身でいるだけで|母もあたらしい自分に|読んでないのに涙|足湯ができました!|冷えとり体験談|毒出し体験&男の冷えとり|COSMIC WONDERとTHE HINOKI

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

☆☆☆CONTENTS! ☆☆☆

1、みれいのおしゃべりとたのしいおしらせ|自分自身でいるだけで
2、お客さまのひろば|母もあたらしい自分に|読んでないのに涙|足湯ができました!
3、冷えとり体験談|毒出し体験&男の冷えとり
4、mmbs 今月のおすすめ!|COSMIC WONDERとTHE HINOKI

 

 

  • **

 

みなさん、こんにちは!

 

あいかわらず、「なんとなくのおやすみ」をいただいている

服部みれいです。

 

マーマーマガジンフォーメン3号をつくって

(たくさんの反響、お便りをいただいています!ありがとうございます!!)

完全に脱力してしまい、

さらには、「さあ、これからどうしようか」と

腰をおちつけて考えたいという気持ちに

ようやくなりました。

 

そもそも、休む休むといっていて、

ぜんぜん休んでいなかったのですが、5月は休みました!

 

……って! みれい!

このメルマガ書いてるじゃん!

っていわれそうですが、

こういうメルマガ書いたりだとかは、わたしのなかでは

たのしくてしかたのないことで、あまり仕事、じゃないんです(本当に!)。

読者のみなさんとおしゃべりしている気分。

どこか自分のためにしているようなところもあります。

 

 

さて!

そんな5月ですが、休むと決めたら、

来客がすごくたくさんありました。

わたしたちはどうして岐阜・美濃に来たのかなあと思ったら、

もちろん自分たちのためでもあるけれど、

ひょっとしたら、この地や自分たちが、

誰かのエネルギーのハブみたいな役割をしているのかもしれなと思ったんです。

 

別に岐阜に移住するとか(そういう人もいると思いますが)、

ただそういうことだけではなくて、

美濃の、なんともいえない、山と川のみずみずしい空気に触れて、

その人が必要なエネルギーを得て、

また自分の場所に戻っていくとか。

あとは、自分の役割を思い出すとか。

あたらしいヒントを自分にもたらすとか。

そういう土地でもあるかもしれない、

それと出合うためのハブまたは触媒として、

美濃にいさせてもらっているのかもしれないなと

思ったり。

 

そうそう、つい先日は、松井歌織さんという

IHのプラクティショナーさんに来てもらって

スタッフや地域の方々のセッションをしてもらったのですが、

これもめちゃめちゃよかった!

 

IH(インテグレイテッドヒーリング)、わたしは、

ここ数年、横浜のSさんという女性から、受けていたのですが、

はじめて、松井さんのセッションを受けて

これまた、あたらしい感覚でおもしろかったです。

 

自分にとってとても大切なことを思い出すセッションで!

松井さんは「服部みれいでも自分のこと忘れるんだ!」と

いっていたけれど、

あはは、忘れてました……(遠い目)。

 

それにしても、誰かを癒したり、治療したり、整えたり、浄化したりするような

仕事のベースは、

あらためて、愛なんですよね。

技術がすぐれていることの中にも愛はあるし、

感度が高いとか、才能とか、

時に「見える」とか??? そういうのも大事なのかわからないけれど、

やっぱり愛なんだと思った。

 

松井さんは、プラクティショナーになってから

まだ日が浅いけれど、

ベースに、人への愛がものすごく大きくて、

もう、それは、どんな人でも愛せる!というような

大地のような愛で、

しかも、その愛を言語化する能力が高くて(無類の落語好き)

それをあらためて感じて、

ああ、この人は、プロなんだ、とあらためて思いました。

ライトワーカーなんだな、と。

 

そしてネ、やはり、

誰かを癒したり、治療したり、整えたり、浄化したりする仕事をする人、

ヨガ講師や、純粋な教師などもですが、

自分の中がクリーニングされていて、

できる限り、本来の自分になっていること、が大事ですよね。

 

松井さんは、古くからの友人でもあるのだけれど、

若い頃と比べても、松井さんは、めちゃめちゃ軽くなっている!

松井さん自身に戻っていて、

なんだろなー、解放されているというか、

葛藤が本当にほとんどないような、朗らかな状態になっているわけです。

 

もちろん人間だから完全にではないけれど(どんな場合も)

それでも、

自分自身がクリーニングされている、いや、し続けている、

または、クリーニングし続ける覚悟がある、ということが

すべてのベースだな、と感じました。

 

そしてネ、

奪うのでもなく、与えるのでもなく、

ただ、自分自身が管となって、天空からの愛を

通せる、ということが大事だと思いました。

 

 

やれ儲けるだ、やれ認められるだ、やれ愛を与えたいだ……

余計な御託は必要ないですよね。

ただ、管になって、愛を通せば、

すべてのことは、すべてなるようになっていく。

 

きっと何でもそうですね。

 

5月は、このほかに、畑や田んぼにもたくさん関わることができたのですが、

自然を目の前にしていてもそう感じました。

 

人生は、自然の如し、で、

たとえば、恋愛の経験が少ない若い時代を送れば、

ちゃんと、その人生か、ひょっとするとまた別の人生で、(未来世で)

調整が起きる。

 

ひょっとしたら、恋愛の経験が少ないのは、

前世で、たっぷり恋愛の経験をしたからかもしれない。

今生では、そういうのがない人生の体験をしに来たのかもしれない。

または、今ないと思っても、

老人ホームでめちゃめちゃモテるのかもしれません(笑)。

 

いや、マジで。

 

なんか、そういうことも思いました。

 

「ただ在る」という状態に自分をすること

「ただ在る」という世界を受け入れること

そういったこと、世界の、自然のバランスを

全体を見て、それを受け入れて愛するときに、

自分にとって、最も必要なことが起こるのですね!!

 

 

IHを受けて、また、畑や田んぼで自然と関わって、

「ただ、自分自身である」ということが

いかに大事か、そしてそれが愛であるし、

その「ただ存在する愛」に人間がなったときに、

自分も周りも満たせるような存在になるのだと

あらためて感じました!!

 

mmbsで、おすすめしている冷えとり健康法も

もちろん、そういった自分自身に戻っていく

とてもすぐれた方法です。

 

「冷え」がある、ということは、

不自然だ、ということです。

本来の人間の循環になったときに、

生きるのは楽になり、スムーズになり、リカバーが早くなります。

すべてが必然と捉えられるようになり、

喜びや楽しみで溢れるようになります。

 

この世界の甘美さを味わえるようになるのね。

 

自分自身でできる方法で、

まずは自分をクリーニングしていく。

そうして、ときにIHやその他たくさんある方法で、

自分に合ったものを見つけて、

自分自身を整えて……悪いことはなさそうです!!

 

今、世界が激動していて、変化もこれから起こっていくときに

不安な気持ちや心配な思いが

やってくることもあるかと思います。

そんな時ほど、自分のからだを整えてくださいね。

 

自分が本来の自分自身となり、

自分の中の自然(神性)が、「ここに在る」というふうになったら、

自分が何をしたらいいか、

世界で何が起こっているのか

落ち着いて捉えることができるようになります。

そうして、今、自分が何をすればいいかも

わかるようになるはずです。

 

そうそう、今日すごい新月なんですけれど、

なんでも私のもう一人のIHプラクティショナーをしている

弟子仲間のSさんが、

5月26日は、

2009年に新月が地球に

最接近した「スーパーニュームーン」以来の

「スーパーニュームーン」だって教えてくれました!

 

アファメーション日和!

ぜひ、ノートを広げてわくわくするアファメーションをしてみてくださいね!

(アファメーションの方法は、

『あたらしい自分になる本』を読んでいただくか

または、ネットなどで調べてみてください!)

 

さて、そんなアファメーションを

わたしも今日は久しぶりにしたのですが!

(アファメーションをしていると

次々とことばが出てくるのがすごく楽しいです!

ああ、自分ってこんなこと考えていたのかーってわかって!)

そこに、こんなメッセージが書いてありました。

 

わたしはヴィジョンヨガというヨガを続けているのですが、

以前、ヨガ中に、受け取ったあるメッセージです。

 

 

 

  • 地球は人間を見捨てない
  • なにもかも許されている

 

 

 

 

これは本当に、真実だと思います。

このメッセージを読むたびに、わたし自身、

こころがほっと落ち着きます。

 

 

どうぞどうぞ、安心して、

自分自身でいてくださいね。

実は、世の中でそんなに大切なことってたくさんはなくて、

自分自身で生きる以上に重要なことって

ないみたいです。

 

 

どうぞ、ご自身であり続けることを楽しんでください!

 

 

 

(服部みれい)

 

 

 

2、 お客さまの広場|母もあたらしい自分に|読んでないのに涙|足湯ができました!

 

では、さっそく、お客さまの広場です!

 

****

 

みれいさん、こんにちは。

 

メルマガを読みました!

母も冷えとりをしているので、メルマガを見せました。

すごく感激していました!

 

母は田舎で育ったのですが、

農家のお手伝いを中学生の時くらいからさせられて、

早くから体調を崩して、親や親戚も厳しく、

こころの病気になって今も病院にかかっています。

 

田舎はいいけど、あれこれ思い出して

田植えの時期なども悲しくなったりするそうです。

 

今も実家の近くに住んでいて、

冷えとりをしながら、母もあたらしい自分になる

といって、毎日半身浴をしています。

冷えとりはじめてからは、かなり変わったといってます。

 

メルマガを見せてよかったです。

今のわたしで 明るく生きていくと、

何度もうれしそうにいってます。

わたしもうれしいです。

 

みなさん、ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

 

(ペンネーム、ヒーちゃん)

 

***

 

ヒーちゃんさん、おかあさま、

こんにちは!

メルマガ、見てくださってありがとうございます!

 

先日、わたしたちスタッフ、

編集部に田んぼをもつことになって、

田植えをしたのですが、

つくづく思ったのが、

「昔の人は、すごく田植えをはじめとする

農作業いやだっただろうなー」ということです。

 

これ、自分たちは自発的にやっていて、

しかも、講師のかたが、シュタイナーなども勉強された、

なんというか、オルタナティブ界の最先端みたいな方だから

「はいー、集まってー」

「次はこれやってー」とか一切なく、

ただ、自然に、自発的に、みんなが作業するというもので、かつ、

失敗も間違いもない世界で(本当にそういうことが可能なのです)

マイペースでできたからよかったけれど……

 

いやあ、義務でやっていたら本当に辛かっただろうなと思いました。

 

おかあさまは素直な方、

そして時代を先取りしていた方だったと思います。

 

さらには、今そのことが客観的にわかるようになって、、、

もし、ホ・オポノポノのクリーニング法を知っていたら、

ぜひ、その「記憶」をクリーニングしてみていただきたいです。

 

(このお話を聞いたということで、

わたしの記憶でもありますので、わたしもクリーニングしますね!)

 

そして、「今」が変わると「過去」も変わる、ということを

ぜひおかあさまとヒーちゃんさんに

お伝えしたいです!! 熱烈に!!

 

ぜひ冷えとり、これからもたのしみながら、続けてみてくださいね。

ふだんの生活でも、インナーチャイルドの声に耳を傾けて、

いつも自分の中のほんとうの自分に従って

生きていただきたいなあと思っています!

 

お便り、本当にありがとうございました!

 

今週はもう1通、お届けします。

mmbsに届いたお便りです。

とてもユニークなお便りで、ぜひご紹介させていただきたいなと

思っていました。

 

 

****

 

 

みれいさん、スタッフのみなさまこんにちは!

mmbsのメルマガ、

先ほど読ませていただきました。

 

最近ね、「自分を大切にすること」が

わかってきました。

身体やこころを「守る」から

「大事にする」ほうへ変化する中で、

「ない」から「ある」意識へ、

ベクトルが向くようになってきています。

 

先ほどのメルマガ、

実はほとんど内容は読んでいないのです(ゴメンなさい)。

ただ、そこに載ってきたみれいさんの

エネルギーにめっちゃ涙!

しかも弁当屋で待つ間に涙!

 

わたしね、ずっとみれいさんのことが

こわかったんです。

近づきたいけど、近づくのがこわくって。

わたしの本質がきっとみえる方だから。

わたしは自分の本質に向き合うのが

こわかったんですね、きっと。

 

でもね、「ある」意識にベクトルが向いてきた今、

メルマガでみれいさんの愛に溢れたエネルギーに

触れたんです。

素直に涙した。

わたしにも愛があるんだなって

あらためて気づきました。

 

みれいさん、ありがとうございます。

とってもとってもお礼がいいたくて、

泣きながらこれを書いてます(笑)。

ああ、なんだかラブレターのよう!赤面だわー。

 

みれいさん、福太郎さん

やまださん、なかさん

スタッフのみなさま

これからもマーマーさんのたくさんの愛を受け取っていきます。

いつもありがとうございます。

 

 

(ペンネーム|Y子さんより)

 

  • **

 

Y子さん!!! すてきなラブレターをありがとう!!!!!

読まずに涙した方は、知る中でもY子さんがはじめてです(笑)!!!

ものすごく感激しました。

だって、Y子さんの感性、すごい、、、。

 

「わたしにも愛があるんだなって

あらためて気づきました」

 

あるあるあるあるあるあるあるある!!!!!!!

 

(大アリーナで、マーマーガール&ボーイが大合唱)

 

ああ、なんというすてきな気づき、

すてきなことばなのでしょうか。

 

Y子さん、こちらこそ、ありがとうございます。

 

ご自分自身の中に確かにある愛、

そして誰の中にもある愛、

それらは、すべてひとつであるというところも

この世界の甘美なところですよねえ(惚れ惚れ)。

 

昔、ある師が、読まなくても枕の下に置いているだけでいい、

そんな本を書けるといいね、と誰かにアドバイスしていて、

それを小耳に挟んだわたしは

「読まなくても、カバンの中に入れておくだけで

ワクワクしてうれしい気持ちになる雑誌をつくろう!」と

マーマーマガジンを創刊しました。

裏テーマですね。

 

マーマーマガジンではないけれど、

このメルマガでそれと近い、いやそれ以上!?!?のことが起こって

わたしも本当にうれしいです。

 

そうして、Y子さんがおっしゃる通り、

「自分を大切にする方向」「ない、ではなくて、ある方向」

にしていき自分自身に戻っていくことで

またその人自身が周りを照らす、という

仕組みになっている気がします!

 

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

 

  • ***

 

最後にもうひと方!

新月大特集ということで、

ご紹介させてください。

 

 

こんにちは!

花散らしの雨・風もおさまり晴天の東京です。

 

あの!

『日めくりッコンシャスプランカレンダー2017』(エムエム・ブックス)で

4月6日の日に、

足湯に発砲スチロールがおすすめと

イラストがありました!

 

現在子育て中なのですが、

子どもが、すーーっと眠りに入ったときに

このイラストを思い出して、やってみたのですー!

 

そうしたら、何と!

1時間もできたではありませんか!

 

うれしくて、ほんとうは

お手紙を書こうとおもっていたのですが、

うれしさのあまり、

はやく伝えたくて、

メールをすごいスピードで書いております!!

(それはもうすぐこどもが起きそうにもぞもぞしているのもあり)

 

子育て中はゆったりお風呂につかることが難しく

靴下の重ね履きはしているのですが、

食欲もすごくて腹10分目くらいの日々なので

どこか、ああ、もっと暖めたい……と思っていたので、

この方法、いや、足湯については前から知っていたのに、

やらなかっただけなのですが、

とにかくこの方法にであえて、これから先も楽しみになりました

 

日々にヒントを、ありがとうございます

 

では!

簡単ですが!

失礼いたします!

 

 

(ペンネーム|Y枝より)

 

 

わあ!! Y枝さん、こんにちは!!

とってもうれしい!

あの日めくりカレンダーのイラストに(!)

ヒントがあったなんて!

 

子育て中、半身浴ほか、なかなか

ままならないですよね、、

そうでなくてもクタクタなのに……。

(誰かのお世話をするって

本当に本当にエネルギー使うんです)

 

いや、クタクタだからこそ、

育児や介護や誰かのお世話をしている人にこそ、

ケアが必要なのですが。

 

ああよかった!!

1時間の足湯!!!

 

また、ケアをするようになると

自然と習慣になって、ケアしどき、とか、

ケアするタイミングとかもわかっていくんですよね。

さらには、

自然とケアできるようになっていく……。

 

冷えとり、たのしんでくださいね!

子育ても、ひとりで抱え込まず、

まわりのみんなに甘えたり、時にSOSを出して、助けてもらったり

してくださいね♪

 

 

ありがとうございました!!

 

引き続き、みなさまからのお便り、ご感想をお待ちしています。

お手紙で!といっていましたが、どちらでもいいです(笑)。

気が向いたら気軽にお便りくださいませ。

 

 

 

3、冷えとり体験談大特集!|毒出し体験&男の冷えとり

 

 

 

今日は、いよいよ鍼灸の学校が本格的に忙しくなってきた

やまだともみコーナーをお休みさせていただきまして!

うちの新人スタッフご夫妻による

冷えとり体験談の大特集をお届けします!

 

 

まずは、送付スタッフのN子さんの体験からどうぞ!

N子さんは、ふたりのお子さんの子育てをしながら

うちのお手伝いをしてくれています。

 

 

****

 

わたしは、冷えとりをはじめて半年ほどです。
お客さまに冷えとり商品を送る身として、

冷えとりをはじめたのはごく自然な成り行きだと思います。

 

が、正直、知るまでは

エムエム・ブックスのスタッフの分厚い靴下が

気になって気になって仕方がなく(笑)。

どうなっているんだろうと思っていました。
そんなこんなではじめてみたら、

安心感のある毎日が待っていました。

 

夏は、クーラーや扇風機の風が大の苦手だったのが、

風が足元に当たらないように意識するだけで

気にならなくなり、大変助けられました。

また、比較的大きな毒出しも経験しました。
まず、ふだんいいたいことをためがちなパートナーと

車内で怒鳴り合いの大喧嘩!

走らせた車を近所の駐車場に停めていきり立つこと数分。

 

いやー、子どもの頃に姉とけんかをして以来の

激しい怒りの感情を味わいました。

 

また、冷えとりをはじめて3か月ほどした

ある晩夏の夜のことでした。

胃が苦しくて目が覚め、トイレにかけ込むも

出る物が出ず、痛みは増すばかり……。

 

脂汗をかきながら頭をよぎるのは、

このまま倒れて運ばれたら

仕事はお休みさせてもらえるだろうが、

子どもたちはどうしようなど、先の心配ばかり。

 

そうこうするうちに、

ものすごい痛みとともにお腹を下し、

3、4回トイレにかけ込みました。

 

もぬけの殻のようになったからだは不思議と軽く、

外は忘れもしないザーザー降りの雨。

家の中は雨漏りでびしょびしょ。

夜中にぞうきんがけをしたのでした。

 

そういえば、2人目の子を出産した後から

帝王切開の傷跡の脇が時々痛くて、

生理中に腫れていることがありました。

冷えとりをはじめてからはそれも小さくなりました。

 

愛用中のレギンスは、金伴繊維の絹のレギンスと

ワンプランターの「大地の恵みレギンス」。

レギンスを履きたいといいはじめたパートナーに

プレゼントをしたらとてもよろこんでくれました。

 

しかもワンプランターのレギンスには、

手書きのメッセージがついていて、夫婦で感激しました。

JNの絹の靴下とともに、ほかの洗濯とはわけて洗い、

とても大切に使っています!

 

おかげさまで冷えとりを通して、

自分のからだを再発見する毎日です。

本当にありがとうございます!

 

***

 

大げんかも毒出しなのですよね〜。おみごと!!!

さて、このN子さんのパートナーのペンネームPeterさんも

冷えとりをスタートしたんです!

この方は、脱サラをして美濃にやってきて

今、林業について学ばれているエコ男子。

先日のiai展でぴったりの服を見つけ、

今やすっかりマーマーボーイです。

そんな、Peterさんのレポートもお届けしますネ。

 

では早速、Peterさんをお呼びしたいと思います。

 

ペーターーーーー(ハイジの声で)。

 

****

 

 

多くの男性にとっては「冷えとり=女性がすること」

というイメージがないだろうか?

わたしがそうだった。

 

昔から、「女性は下半身が冷えやすく、

出産もあるから冷やしてはいけない」

ということを聞いていたため、

男性には関係のないことだと思っていた。

 

ところが、とんでもない。

冷えとりをやってみると、その効果はすごい。

 

わたしの場合、特にからだの調子が悪い時は、

水分をとっていないのに、どんどん尿が出る。

そして出切った後は、体調が良くなっている。

次の日なんかは、とてもからだが軽い。

たぶん、からだの毒素が流れたんだと思う。

靴下が破れて、そこから毒素が出ていく人がいるが、

わたしの場合は、靴下は破れることはなく主に排尿によって。

 

こんな経験を何度もすることによって、

「冷えとり=女性がすること」という固定概念は完全になくなった。

そして周りを見ると、上半身はたくさん着込んでいるけど、

下半身はサンダルなど、軽装の人がいかに多いことか。

 

特に男性。

自分も含めて男性はからだの声を聞くのが苦手なのか……。

でも、からだで考えるから分かりにくいのであって、

「下から温める」と一般的に考えれば、

冷えとりは何も特別なことではないとわたしは思う。

 

たとえば、自分の部屋にエアコンか床暖房の

どちらかしか設置できないといわれれば、

大体の人は「床暖房」を選ぶだろう。

 

また陰陽でいえば、

ニンジンは葉が付いている方が陰、

根っこの方が陽なので、

同じく人の常態も頭の方が陰、足の方が陽と考えれば、

足下を冷やすと陰と陰でからだ全体が挟まれ、

そこには全く循環はないので、体調を崩すことになるだろう。

もっともこれは、陰陽をまだ勉強中の個人的な考えでしかないが、

当っている気がする。

 

というわけで、

まずは手軽な方法として、

眠る際の靴下の重ね履きからおすすめする。

きっと少しずつからだと向き合っていけると思う。

 

(ペンネーム、Peter)

 

  • **

 

いやあ!! おもしろい!

理論派、Peterさんならではの人参の例もおもしろいです。

「当たっている気がする」というのもたまらない!!!(胸キュン)

 

実は、このPeterさん、

本当にここ半年くらいでずいぶん印象が変わられたなあと思っていたんです。

もう見た目からして違う。

でも、こんなに冷えとりを理解し、実践されていたとは

知りませんでした。

 

なお、この後、とても大きなめんげん、さらには、

親御さんの毒出しもあったとかなかったとか……。

 

またぜひN子さん、Peterさんにはレポートをしていただきたいなと思っています!

 

男性の冷えとり実践者も増えてきたなあと思っています。

よく「彼氏がやらない」とか「夫が興味なくて」という方がいるのですが、

わたしは無理に進めないことだと思っています。

 

あとは、「やらない」という「記憶」をクリーニングすることですよね。

 

ちょっと厳しいいい方をすると、

自分の中に、何か猜疑心とか、信じられないという気持ちが

ちょっとでも残っていたり、「やるわけない」という思いがあったりすると

そういう「記憶」を見せられる気がします。

いろいろなケースがあるとは思いますが。

本当にやることといったら、

自分の中をきれいにしていくことだけなのですよね。

 

誰かを変えようなどと思わず、

まずは、自分が変わること。

そうして、変わった自分の背中を見てもらうことしか

やれることはないような気がします。

 

誰かのことが心配ならば、

まず自分が相手の分まで冷えとりをすればいいんです。

人は、深いところでつながっているから、

自分が毒出しすれば相手の毒出しにもなるんですよね。つまるところ。

 

わたしは体験からなんとなくそう感じています!(科学的根拠はないですが)

 

家族であれ、恋人であれ、夫婦であれ、きょうだいであれ、

「誰かを変えよう」なんておこがましいことなんだと思います。

変わる、というのは、その人自身が気づいて変化するほかないわけです。

 

離陸寸前の人しか、飛び立たないんですよね。

 

滑走路をぐるぐる回っている人に

飛べ! 飛べ! といっても飛ばないですよね。

 

そして、飛ぶことがいいことでも、飛ばないことが悪いことでもない。

 

自分の頭でジャッジしないことかなと思います。

 

まずは、わたしから、はじめよう。

 

とは、まあまあ早い段階のマーマーマガジンで使いはじめたコピーですが、

まんざら悪くもなかったなと思います。

 

どうぞ、ご自身を整えることから

はじめてみてくださいね!

 

では最後に、今月のおすすめ商品のお知らせです。

 

(服部みれい)

 

 

***

 

4、mmbs 今月のおすすめ!|春夏の良品が入荷しています!

 

みなさまにおなじみのCOSMIC WONDER、そして、

THE HINOKIの新商品が入荷しています!

ただのぞくだけでも、夏の気分に!

今年の夏のおしゃれ計画に、

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

〈昨日(5/26)から販売開始!〉

http://murmur-books-socks.com/?mode=cate&cbid=2018571&csid=0

 

◯COSMIC WONDER 2017S/S

・有機栽培綿のサークルシャツ

・有機栽培綿のサークルシャツドレス

 

〈今週から来週にかけて販売開始!〉

http://murmur-books-socks.com/?mode=cate&cbid=2018571&csid=0

 

◯THE HINOKI

・オーガニックコットンのノースリーブドレス

  • 高密度のコットンブドードのイージーパンツ

 

◯COSMIC WONDER 2017S/S

  • 有機栽培綿のワイドパンツ

 

 

 

 

  • **

 

では、今日はこんなところです!

そうそう、あらためて5月26日は、新月。

ぜひ、まだという方は、このスーパーニュームーンの日に、

アファメーションしてください。

新月になった瞬間から早い段階がいいようですが、

2日くらいは効力があるようですよ!

ちなみにボイドタイムは避けたほうがいいという声もありますが、

まあ、気分の問題かな、という気もします!

自分の思いがいちばん大切ですよね!!

 

 

ではどうぞステキな初夏の日々を

お過ごしくださいませ〜。

 

 

 

 

***

 

◇冷えとりの体験談はこちらから

●本
別冊マーマーマガジン body&soul3 冷えとりと女性のからだ
http://murmur-books-socks.com/?pid=87493809

●ウェブ
冷えとりガールの集い
http://murmurmagazine.com/hietorigirl/

マーマーなブックス アンド ソックス
服部みれい、スタッフ一同

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
マーマーなブックス アンド ソックス
http://murmur-books-socks.com
岐阜県美濃市俵町2118-19
(いつかお店にあそびにいらしてくださいね)
電話 0575-46-8168
ファックス 0575-46-7093
エムエム・ブックス
http://murmurmagazine.com
服部みれい公式
http://hattorimirei.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆