murmurbooks

たのしいよみもの

高橋博の 自然が何でも教えてくれる #11
毎月1日更新!

 

第11回 破壊のあとには必ず建設が待っている

 

人間の不安って、3つしかないんだよ。まず、病気の不安。それから、お金の不安。そして、争いの不安。この3つに絞られるんだ。
いろいろな人から相談を受けるんだけど、大抵ここに収束するんだ。そして、この3つがそれぞれ「掛ける2」になってる。たとえば病気だったら、身体の病気と精神的な病気。お金だったら、本当にお金がないのと、こころの貧乏。争いは、本当の争いと、こころの争い。不安っていうのは、この6パターンでできていると思うんだよね。それがなくなったら本当にいいなぁ、と思う。わたしたちにもこういった不安はやって来るんだけど、それを不安として受け止めていないから、大丈夫でいられる。わたしたちが6か月間の塾でやっていることも、そういったことなんだよ。

セミナーでは、一番最初に「破壊と建設の法則」について教えるんだ。これはいろいろなときに使えるからね。破壊だけだと、なにか人生って不安じゃない? だけど、“破壊ごと”はいっぱいあるわな。その破壊だけ見ているといやになっちゃう。でも、破壊のあとには必ず建設が待っている。その原理を知ると、不安なく生きられるんだよ。
土についてもそう。自ら肥毒を破壊しないと生産できない。自然農法も過去の清算をしなくちゃいけない。じゃないと自然農法が成り立たないからね。この清算こそが、破壊。だから、建設をしたかったら、破壊しなくちゃならない。
人間も同じだよ。人間を建設させるには、過去をとってやらないといけない。その過去を捨てられるか捨てられないかだよね。見栄とか、我とか、執着がとれたときは楽なんだ。あれは仏教の世界と同じだね。修行ってそんなことするようだもんね。夫婦間で争いが起こったとしても、この破壊だけだとまずいと思うけれども、必ずその後には建設が生まれているんだ。もう同時に準備されているんだ。

研修生の卒業式のときにも「世の中にでていろいろな困難にぶつかるだろうけど、これを知っていると強いよ」っていってやったよ。破壊みたいなことが起こっても、そのあとには必ず建設があるから、乗り越えていけるよな、って。「そのとおりでした」って年賀状に書いて送ってきてくれた卒業生もいたんだ。
人間世界を超えて自然の世界に到達するには、ちょっと苦しまないとしょうがないよ。しかしこの世界を知ってしまったら、ついもう一歩、もう一歩と超えてみたくなっちゃうんだよ。それがいまのわたしの状態だな。

 

 

高橋博(たかはし・ひろし)

1950年千葉県生まれ。自然栽培全国普及会会長。自然農法成田生産組合技術開発部部長。1978年より、自然栽培をスタート。現在、千葉県富里市で9000坪の畑にて自然栽培で作物を育てている。自然栽培についての勉強会を開催するほか、国内外で、自然栽培の普及を精力的に努めている。高橋さんの野菜は、「ナチュラル・ハーモニーの宅配」にて買うことができる。

http://www.naturalharmony.co.jp/takuhai/

たのしいよみもの

0726|写真集『マリイ』へのご感想

 

写真集『マリイ』発刊後、

編集部にはアツイお便りが続々と届いています。

 

今回は、スイス在住のハイジさんが、

写真集から引き出された、写真にまつわる記憶や体験を

シェアしてくださいました。

 

ただいま『マリイ』展は京都・恵文社一乗寺店にて開催中。

このあと、東京、香川、愛知ほか、各地を巡回する予定です。

お近くの『マリイ』展へ、ぜひお立ち寄りくださいね。

 

***

 

mm booksのみなさま、みれいさん、ちょも山さん、こんにちは。

このたびは、お便りコーナーで当方のメールを

お読みいただきありがとうございました。

写真集『Marii』が今年の9月より前に完売の暁には、

わたしに1冊取り置きしておいてくださるというみれいさんからのご提案、

ありがたく受けさせていただきます。

 

写真の話題で、余談ではありますが、90年代に渋谷のパルコで

写真家ダイアン・アーバスの小規模な展覧会に行ったことを思い出しました。

 

会期中、アーティストの生前の親しい友人で、

彼女亡き後、著作権に関わるすべての企画をマネージングしている

マーヴィン・イズラエルのコンフェランスがあり、聴講する事ができました。

 

この頃の日本はまだミーハーで表面的な文化が主流だったせいなのか、

質疑応答である若者から

「アーバスは、何故、自殺したのでしょうか」

との場違いな発言があり、イズラエル氏は

「なんでそんなことが知りたいんだ、そんな平たい関心を示すのか」

と苦言を呈したことを思い出しました。

 

彼女は写真を撮り続けるあまり、多くの写真家がそうであるように、

被写体を飛び越えて(透明人間のように)、ある種の見えない世界に魅せられて、

見える世界との境界線にある深い崖っぷちに立ち、足元を奪われてしまったのかもしれない。

 

1970年にダイアン・アーバスが行ったマスター・クラスに写真家の奈良原一高が参加したと、

作家ドゥーン・アーバスが興味深い発言をした映像があります。

 

 

先に行われたカンヌ映画祭で最新作『イメージ・ブック』を発表した、

ジャン=リュック・ゴダールが(Face Timeからの異例の)記者会見で、

「映画の役割とは、一般がやらないことを見せること、

一般がやらないこととは、(たとえば)フェイス・ブックとかで見られないこと、

一般に見えないことを見せて、人に考えさせること」

と繰り返し言及していました。

 

これは映画だけではなくすべての写真、映像芸術の存在理由に通ずる提言でしょう。

90年代以降、難解な作品が多くなったと一般(!)からは倦厭されている

今年87才の大御所の彼は、スーザン・ソンタグの『写真論』でも

ロラン・バルトの本でも引用されているのですから、

大変おそれおおい存在(彼はスイス在住)です。

 

それでは、みなさまのますますのご活躍をお祈りしております。

 

スイスのハイジより

 

(マーマーマガジン編集部)

たのしいよみもの

高橋博の 自然が何でも教えてくれる #10
毎月1日更新!

 

第10回 大きな目標より目先のことから積み上げていくとうまくいく

 

普段から「仕事と作業は違う」ということを意識しながら仕事ができているか。そうしないと輝いていられないだろうね。たとえば、編集部のみなさんがやっていることでも、いまここに来て取材することが目的になってしまったら、この時間はいやなものになってしまう。だけどその先に、読者に喜んでもらいたいという目的をもっているから、がんばって続けられる。それが仕事だよね。
わたしたちも、畑に入ることが仕事だと思うと、いやになっちゃうんだ。真っ黒になるわ、汗かくわ、腰痛くなるわ。これが一生の仕事だと思うと、それだけですごく疲れてしまう。だけど、その作業をやらなければ、その先にある目標・仕事にいけない。みなさんの元へ野菜を届けることが本来の目標で仕事なんだ。

あるおじいさんが、「わたしはいま東京で定年を迎えて、福島に土地を設けて、そこで自然栽培をやろうと思っています。老後はスローライフを送りたいと思っています。いまもう72歳なんですけど、高橋さん、これからでもまだ間に合いますか?」って質問をしてくれたときも、わたしは「間に合う!」って言っちゃった。
そのひとは理屈で生きるようなタイプで、最初にいろいろな構想を考えて持ってくる。それで、なかなかうまくいかない、と悩んでいる。わたしがそこでいったのは、まず目先のことからやらなくてはいけないということ。そこから積み上げていくとスピードがついてくる。大きなところを目指すのはいいことだけど、逆に物事はうまくいかなくなるものなんだよ。そういうことを辛抱づよく伝えていった。他の研修生も「わたしもいろいろ経験してきたけど、やっぱり、一歩からやることが一番早い道ですよ」ってアドバイスしてくれて、しまいには「高橋さん、いまやるべきことをやればいいんですよね」って、わかってくれた。
「間に合う!」っていってしまった手前、どうしようかと思っていたから「よし!やった!」って思ったよ(笑)。小さな実行が大切というのは、わたしの理屈ではなくて、自然界がそういっているの。自然規範、自然順応、自然尊重のなかの自然規範と呼ばれているもので、自然から学ぶべき部分なんだ。

それからそのひとの72歳以降の人生をどういうものにするか、死ぬまでの間の計画を練ったよ。そしたらね、彼はひとつの小さな種を育ててみたいという希望を持っていた。その種は荒れ地でも育つから、まずそこから取り組んでみようと思ったの。この種を育てると、いい油がとれる。それをさらに続けると、いい繊維がとれる。そこでまず、目標を油をとることにおいて、死ぬまでにそれだけは達成できるようにしようと話し合った。自分では続けられなさそうになったら、若者に託そう、と。こういう計画をたてたんだ。
そりゃ、燃えるでしょう? 目標を達成するためには死んでなんていられないんだから。それからはイキイキしはじめちゃって、こちらが「もういいでしょ?」ってなるくらい(笑)。お年寄りはどのように死のうかって、そんなことばかり考えているけど、彼みたいに自分の仕事がある人は死んでいられないからイキイキしているよ。

 

 

高橋博(たかはし・ひろし)

1950年千葉県生まれ。自然栽培全国普及会会長。自然農法成田生産組合技術開発部部長。1978年より、自然栽培をスタート。現在、千葉県富里市で9000坪の畑にて自然栽培で作物を育てている。自然栽培についての勉強会を開催するほか、国内外で、自然栽培の普及を精力的に努めている。高橋さんの野菜は、「ナチュラル・ハーモニーの宅配」にて買うことができる。

http://www.naturalharmony.co.jp/takuhai/

たのしいよみもの

0625|続・太田莉菜さんとトーク!

 

Web ちくまのサイトで、2018年4月10日に青山ブックセンター本店で行われた、

『うつくしい自分になる本 SELF CLEANING BOOK 3』の刊行記念対談、

服部みれい×太田莉菜 うつくしい自分になるには?<後編>

がアップされました。

 

インナーチャイルドのこと、莉菜さん自身の子育てや家事のこと、

ふたりがこれからしたいこと……。

 

ご自身を客観的にとらえ、飾らないことばで語ってくれた

莉菜さんのお話には、共感ポイントがいっぱいです!

 

どうぞおたのしみくださいね。

 

(マーマーマガジン編集部)

 



たのしいよみもの

0614|太田莉菜さんとトーク!

 

こちらのリレーエッセイ、しばらく更新が滞っておりまして、

たのしみにしてくださっている方には本当に申し訳ありません。

 

そのかわりといってはなんですが、

ぜひお読みいただきたい対談をご紹介します!

 

Web ちくまのサイトで、2018年4月10日に青山ブックセンター本店で行われた、

『うつくしい自分になる本 SELF CLEANING BOOK 3』の刊行記念対談、

服部みれい×太田莉菜 うつくしい自分になるには?<前編>

がアップされました。

 

女優の太田莉菜さんをお迎えして、服部みれいが岐阜・美濃から携えてきた

さまざまなものを公開プレゼント、そして自然療法の話へ……。

 

参加できなかった方はもちろん、

参加された方も、文字で読むとまた違う発見があるはず!

 

どうぞおたのしみください。

 

(マーマーマガジン編集部)