murmurbooks

たのしいよみもの

0910|あたためる、秋の養生|加藤祐里

 

みなさま、こんにちは。

郡上もりのこ針灸院の加藤祐里です。

 

わたしは美濃市のお隣の郡上八幡に住んでいます。

夏は避暑地として、清らかな川を楽しむ人が多く訪れるのですが、

なんと今年は連日の猛暑!

まさか、郡上八幡がお盆の徹夜踊りでなく、

「最高気温」で全国ニュースをにぎわすような時代がこようとは!

 

もりのこ針灸院に通われている80歳代の患者さんが、

毎年、キュウリ、トマト、ナスなどの夏野菜を

困るくらいたくさんわけてくださるのですが

「暑すぎて、畑で育てているナスの花が枯れてしまったなんて、

人生はじめて」とおっしゃるくらいの異常気象でした。

 

そんな夏を過ぎて、

これからくる秋を乗り切る養生が

今日のテーマです。

 

からだの奥まであたたまる、こんにゃく湿布

秋の養生といっても、わたしが言えることは

「冷えとりしてください」

ということだけです。

 

今年の夏は特に暑かったから、

冷やしすぎてしまった人もいると思いますが、

今からでも遅くありません。

 

‘ズボラ冷えとりさん’におすすめしたいのが

「こんにゃく湿布」です。

 

おなかや腰など気になるところにあてるだけ。

(編集部注*『うつくしい自分になる本』服部みれい=著 筑摩書房=刊に

くわしく掲載されています)

 

人のからだは7割以上が水分です。

こんにゃくのように水分を多く含むものの熱で

からだをあたためてあげると、熱が浸透しやすいので、

胃腸や子宮など、からだの奥にある臓器まであたためてくれます。

 

ホッカイロのような乾いた熱だと、

皮膚の表面はあたためられても、

からだの奥の臓器の血流があがるほどまでは

あたためられません。

 

こんにゃく湿布は、針灸師の資格をとる前の、

何の道具も腕もないときから続けてきました。

 

助産師として病院で働いていたころは、

妊婦さんはもちろん、産む直前の産婦さんにもおすすめしていました。

あかちゃんの頭が見え隠れしてきたような時期に

おまたを温めてあげると、

陣痛が緩和され、産道の筋肉がゆるみ、

産後の出血が少なくなる、という効果がありました。

 

毎月の生理のたび、痛みがひどくて

救急車を呼んでいたような30代のある女性は、

毎朝、ゆでたこんにゃくをジップロックにいれて、

車通勤の際に服の上からおなかをあたためていました。

 

その方は、パソコン業務中心のデスクワークだったため、

勤務中もおなかをあたためながら働いて、

お昼の休憩時間にまたあたため直してと、

寝ている時も働いている時も、一日中あたためていたら、

一か月くらいで救急車を呼ぶことはなくなったそうです。

 

お灸もよく効くのですが、火を使いますし、

煙が出るので部屋に臭いがついたり、

ツボを覚えるのが難しいといわれたり。

足湯は、お湯を運ぶのが重たいし、

片づけるのが面倒臭いということも……。

 

でも、こんにゃく湿布なら寝たままでもできます。

一度使ったこんにゃくは、使い終わったあと、

水を入れたタッパーに入れて冷蔵庫に入れておけば、

2~3回は繰り返し使えます(くれぐれも食べないでください)。

 

おなかをあたためると

特にあたためてほしいのが「おなか」です。

 

おなかは、食べたものを消化・吸収して、

全身の血や肉に変える胃腸のある場所。

ふだん、いくらからだによいものを食べていても、

おなかが冷えて上手く働かなければ

よい栄養をつくることができません。

 

おなかが硬く冷えていると、

自分で病気を治そうとする力が弱くなります。

そういう方は、ケガも風邪も治りにくいですし、

たいてい眠りが浅く、メンタルも不安定です。

 

胃腸の調子が悪くない人でも、

たとえば足を捻挫したとき、おなかをあたためて眠ると

とても回復が早いです。

おなかをあたためると神経が鎮静化し、筋肉がゆるんで、

全身の細胞の再生や修復を促す副交感神経がよく働くため、

ケガや疲労の回復を促します。

 

自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立っています。

 

交感神経の働きは、「怒っている猫」を想像してください。

毛が逆立ち、目は吊り上がって、頭に血が昇った状態です。

相手を攻撃するために全身の筋肉に力が入り、

食べ物を消化するためのエネルギーを極力抑えるため、

内臓にはほとんど血流が行き渡りません。

 

一方、副交感神経は「眠る直前のウトウトしている猫」。

毛が寝て、筋肉がゆるみ、表情もトローンとしています。

副交感神経が優位になると、胃腸や内臓への血流も増加します。

おなかや腰周辺の血流をよくすると、副交感神経の働きを促します。

 

ふだんから「怒った猫」、もしくは

「ライオンに狙われ続けて、いつも何かに追われ怯える子鹿」

のようにがんばり続けていると、自律神経のバランスが崩れてきます。

 

硬い子宮、やわらかい子宮

子宮は筋肉ですから、冷えはもちろん、

精神的な緊張や疲労などでも硬くなります。

 

わたしは10年以上、助産師として働いてきました。

お産のときは、「内診」と呼ばれる触診で、

子宮の状態を観察します。

 

ふだんの正常な子宮の位置は、

膣から指を入れても届くか届かないくらいの深いところ、

硬くぎゅっと閉じていて、後ろを向くような場所にあります。

お産が近づいてくると、まるで硬いつぼみが開いて花が咲くように、

やわらかく薄くなって、前を向いて下がってきます。

 

子宮が硬いとお産がなかなか進みません。

先ほど言ったように、冷えや緊張、怒り、不安、恐怖などで

交感神経が優位な状態だと、特に子宮は硬くなります。

同じ陣痛でも、子宮が硬いと痛みを強く感じます。

 

もともとの性格によっても陣痛の感じ方は違いますし、

誰だって初めてのお産はとても不安です。

慣れない産院、見知らぬ医療スタッフに囲まれ、

入院してすぐにリラックスできる人もいません。

 

子宮が硬くなったり、やわらかくなったりすることは、

妊娠していない人、生理がある若い人だけでなく、

更年期を過ぎた女性にも起こります。

 

「肝っ玉母ちゃん」とは、

肝臓(内臓)にしっかり血液が満たされて、

焦らず慌てず、周りを信頼して、肚が座っていて、

多少のことでは動じない女性のこと。

 

性格はなかなか簡単には治せませんが、

冷えとりしてからだをあたためることで、

こころの冷えをとっていくことは可能です。

 

また、長くお風呂に入れない人は「せっかち」な人が多いです。

 

あれやこれやと何かに追われるように過ごしていて、

誰も「早くやれ」なんて言ってないのに、

いつも慌てていて落ち着きがない。

お茶すらゆっくり座って飲めない。

ご飯をゆっくり噛んで食べないから、

胃腸も悪くて、肚でなくて頭に血が昇りやすい。

 

そういう人が半身浴を30分でもできるようになると、

本当に顔つきもことば遣いも、人生も変わってきます。

 
 

加藤祐里

かとう・ゆり|愛知県出身。年間1,000件以上のお産のある総合病院にて、助産師として務めたのち、東洋医学を学びはじめる。鍼灸マッサージ専門学校卒業後、結婚、出産、FMT自然整体の勉強、ふたたびの助産師としての勤務を経て、2012年4月、「自然の豊かな場所で子育てをしたい」という思いから、岐阜県郡上八幡へ移住。移住と同時に、自宅にて「郡上もりのこ鍼灸院」を開く。地元を中心にした多くの人々の健康相談にのっている。

Web Blog

たのしいよみもの

高橋博の 自然が何でも教えてくれる #12
毎月1日更新!

 

第12回 突いてばかりいるだけじゃなく、引いてみる

 

農業も、あるときを境に、一気に変わらないといけない。そんな転換点がいつかくるかと思うよ。世の中が太陰暦から太陽暦に変わったように、ガラッと変わるんじゃないかってね。あれも本当は一気にではなく、徐々に変わっていったんだけどね。
心理学的な勉強をしたときに、突引き(つきひき)っていう言葉を知ったんだ。今まではたいてい「突きっこ」なんだよ。上の人が下の人に付いて(突いて)あげている。先生も生徒の数に対して少ないでしょう。
昔は太陰暦で月(突)の時代だったけれど、太陽暦になってからは、陽(引き)の時代だろ? なのに、その変化に対応できずに昔のやり方でやっているから、うまくいかないんだよ。突いてばかりいるだけじゃなく、引いてみると、意外とうまくいくんだ。そういう時代にはいっているんだから、そうすべきなんだ。

いつも突いているやつが引いてみな。あまり引かれると、突かれているほうも、「ちょっと待って」となってしまうから(笑)。世の中はそういう時代になっているんだからね。そういう「突引き」の考え方は、いろいろな世界で使えるよね。わたしはそれを農業に活かしただけで、そのほかの分野……、たとえばお医者さんの分野でも、政治の世界でも、学校でもつかえると思うよ。

わたしがたまたま小学校のPTA会長をやることになったときに、「PTAってなにをやってんだろう」と思ったわけだよ。「かあちゃんたちは先生を超える集まりか?」なんてふうにね。それで自然農法の原理原則でこのあり方を少し変えてみたら、うまくいった。自然農法の原理原則は、人間関係や組織にも使えるんだよね。だから河名(秀郎 ナチュラル・ハーモニー創業者)さんは、それをナチュラル・ハーモニーの経営に活かしているわけだ。

世の中のひとはみんな、人との付き合い方、教え方でひっかかっているよね。いまも元研修生が研修生を預かっているんだけど、「高橋さん、参っちゃうよ〜」っていってくるわけ。だから、「お前、なに勉強したの?」って。「あなたはいつでもなんとかしたい、なんとかしたい、って自分でやっていっちゃうタイプだろ? それじゃ相手が引くよ。今度はしばらく言葉をかけなかったらどう?」って。それで向こうから「なんとかしてください」って来たときがチャンスだ。そうしたら、今度は聞いてもらえる。相手も聞く体勢になっているからね。

だけど、それはいくら勉強していても、いざ現場にはいってみると使えなかったりするんだよね。それはすごくわかる。新規就農でやってきた子がいるんだけど、その子は悩むと青白い顔してうちにくるわけだ。「今年の作物はオバケみたいになってしまって……」って。だからやっぱりそこでも、毒抜きの重要性を説くわけだ。30何年間、同じようなことを続けているよ。

 

 

高橋博(たかはし・ひろし)

1950年千葉県生まれ。自然栽培全国普及会会長。自然農法成田生産組合技術開発部部長。1978年より、自然栽培をスタート。現在、千葉県富里市で9000坪の畑にて自然栽培で作物を育てている。自然栽培についての勉強会を開催するほか、国内外で、自然栽培の普及を精力的に努めている。高橋さんの野菜は、「ナチュラル・ハーモニーの宅配」にて買うことができる。

http://www.naturalharmony.co.jp/takuhai/

たのしいよみもの

高橋博の 自然が何でも教えてくれる #11
毎月1日更新!

 

第11回 破壊のあとには必ず建設が待っている

 

人間の不安って、3つしかないんだよ。まず、病気の不安。それから、お金の不安。そして、争いの不安。この3つに絞られるんだ。
いろいろな人から相談を受けるんだけど、大抵ここに収束するんだ。そして、この3つがそれぞれ「掛ける2」になってる。たとえば病気だったら、身体の病気と精神的な病気。お金だったら、本当にお金がないのと、こころの貧乏。争いは、本当の争いと、こころの争い。不安っていうのは、この6パターンでできていると思うんだよね。それがなくなったら本当にいいなぁ、と思う。わたしたちにもこういった不安はやって来るんだけど、それを不安として受け止めていないから、大丈夫でいられる。わたしたちが6か月間の塾でやっていることも、そういったことなんだよ。

セミナーでは、一番最初に「破壊と建設の法則」について教えるんだ。これはいろいろなときに使えるからね。破壊だけだと、なにか人生って不安じゃない? だけど、“破壊ごと”はいっぱいあるわな。その破壊だけ見ているといやになっちゃう。でも、破壊のあとには必ず建設が待っている。その原理を知ると、不安なく生きられるんだよ。
土についてもそう。自ら肥毒を破壊しないと生産できない。自然農法も過去の清算をしなくちゃいけない。じゃないと自然農法が成り立たないからね。この清算こそが、破壊。だから、建設をしたかったら、破壊しなくちゃならない。
人間も同じだよ。人間を建設させるには、過去をとってやらないといけない。その過去を捨てられるか捨てられないかだよね。見栄とか、我とか、執着がとれたときは楽なんだ。あれは仏教の世界と同じだね。修行ってそんなことするようだもんね。夫婦間で争いが起こったとしても、この破壊だけだとまずいと思うけれども、必ずその後には建設が生まれているんだ。もう同時に準備されているんだ。

研修生の卒業式のときにも「世の中にでていろいろな困難にぶつかるだろうけど、これを知っていると強いよ」っていってやったよ。破壊みたいなことが起こっても、そのあとには必ず建設があるから、乗り越えていけるよな、って。「そのとおりでした」って年賀状に書いて送ってきてくれた卒業生もいたんだ。
人間世界を超えて自然の世界に到達するには、ちょっと苦しまないとしょうがないよ。しかしこの世界を知ってしまったら、ついもう一歩、もう一歩と超えてみたくなっちゃうんだよ。それがいまのわたしの状態だな。

 

 

高橋博(たかはし・ひろし)

1950年千葉県生まれ。自然栽培全国普及会会長。自然農法成田生産組合技術開発部部長。1978年より、自然栽培をスタート。現在、千葉県富里市で9000坪の畑にて自然栽培で作物を育てている。自然栽培についての勉強会を開催するほか、国内外で、自然栽培の普及を精力的に努めている。高橋さんの野菜は、「ナチュラル・ハーモニーの宅配」にて買うことができる。

http://www.naturalharmony.co.jp/takuhai/

たのしいよみもの

0726|写真集『マリイ』へのご感想

 

写真集『マリイ』発刊後、

編集部にはアツイお便りが続々と届いています。

 

今回は、スイス在住のハイジさんが、

写真集から引き出された、写真にまつわる記憶や体験を

シェアしてくださいました。

 

ただいま『マリイ』展は京都・恵文社一乗寺店にて開催中。

このあと、東京、香川、愛知ほか、各地を巡回する予定です。

お近くの『マリイ』展へ、ぜひお立ち寄りくださいね。

 

***

 

mm booksのみなさま、みれいさん、ちょも山さん、こんにちは。

このたびは、お便りコーナーで当方のメールを

お読みいただきありがとうございました。

写真集『Marii』が今年の9月より前に完売の暁には、

わたしに1冊取り置きしておいてくださるというみれいさんからのご提案、

ありがたく受けさせていただきます。

 

写真の話題で、余談ではありますが、90年代に渋谷のパルコで

写真家ダイアン・アーバスの小規模な展覧会に行ったことを思い出しました。

 

会期中、アーティストの生前の親しい友人で、

彼女亡き後、著作権に関わるすべての企画をマネージングしている

マーヴィン・イズラエルのコンフェランスがあり、聴講する事ができました。

 

この頃の日本はまだミーハーで表面的な文化が主流だったせいなのか、

質疑応答である若者から

「アーバスは、何故、自殺したのでしょうか」

との場違いな発言があり、イズラエル氏は

「なんでそんなことが知りたいんだ、そんな平たい関心を示すのか」

と苦言を呈したことを思い出しました。

 

彼女は写真を撮り続けるあまり、多くの写真家がそうであるように、

被写体を飛び越えて(透明人間のように)、ある種の見えない世界に魅せられて、

見える世界との境界線にある深い崖っぷちに立ち、足元を奪われてしまったのかもしれない。

 

1970年にダイアン・アーバスが行ったマスター・クラスに写真家の奈良原一高が参加したと、

作家ドゥーン・アーバスが興味深い発言をした映像があります。

 

 

先に行われたカンヌ映画祭で最新作『イメージ・ブック』を発表した、

ジャン=リュック・ゴダールが(Face Timeからの異例の)記者会見で、

「映画の役割とは、一般がやらないことを見せること、

一般がやらないこととは、(たとえば)フェイス・ブックとかで見られないこと、

一般に見えないことを見せて、人に考えさせること」

と繰り返し言及していました。

 

これは映画だけではなくすべての写真、映像芸術の存在理由に通ずる提言でしょう。

90年代以降、難解な作品が多くなったと一般(!)からは倦厭されている

今年87才の大御所の彼は、スーザン・ソンタグの『写真論』でも

ロラン・バルトの本でも引用されているのですから、

大変おそれおおい存在(彼はスイス在住)です。

 

それでは、みなさまのますますのご活躍をお祈りしております。

 

スイスのハイジより

 

(マーマーマガジン編集部)

たのしいよみもの

高橋博の 自然が何でも教えてくれる #10
毎月1日更新!

 

第10回 大きな目標より目先のことから積み上げていくとうまくいく

 

普段から「仕事と作業は違う」ということを意識しながら仕事ができているか。そうしないと輝いていられないだろうね。たとえば、編集部のみなさんがやっていることでも、いまここに来て取材することが目的になってしまったら、この時間はいやなものになってしまう。だけどその先に、読者に喜んでもらいたいという目的をもっているから、がんばって続けられる。それが仕事だよね。
わたしたちも、畑に入ることが仕事だと思うと、いやになっちゃうんだ。真っ黒になるわ、汗かくわ、腰痛くなるわ。これが一生の仕事だと思うと、それだけですごく疲れてしまう。だけど、その作業をやらなければ、その先にある目標・仕事にいけない。みなさんの元へ野菜を届けることが本来の目標で仕事なんだ。

あるおじいさんが、「わたしはいま東京で定年を迎えて、福島に土地を設けて、そこで自然栽培をやろうと思っています。老後はスローライフを送りたいと思っています。いまもう72歳なんですけど、高橋さん、これからでもまだ間に合いますか?」って質問をしてくれたときも、わたしは「間に合う!」って言っちゃった。
そのひとは理屈で生きるようなタイプで、最初にいろいろな構想を考えて持ってくる。それで、なかなかうまくいかない、と悩んでいる。わたしがそこでいったのは、まず目先のことからやらなくてはいけないということ。そこから積み上げていくとスピードがついてくる。大きなところを目指すのはいいことだけど、逆に物事はうまくいかなくなるものなんだよ。そういうことを辛抱づよく伝えていった。他の研修生も「わたしもいろいろ経験してきたけど、やっぱり、一歩からやることが一番早い道ですよ」ってアドバイスしてくれて、しまいには「高橋さん、いまやるべきことをやればいいんですよね」って、わかってくれた。
「間に合う!」っていってしまった手前、どうしようかと思っていたから「よし!やった!」って思ったよ(笑)。小さな実行が大切というのは、わたしの理屈ではなくて、自然界がそういっているの。自然規範、自然順応、自然尊重のなかの自然規範と呼ばれているもので、自然から学ぶべき部分なんだ。

それからそのひとの72歳以降の人生をどういうものにするか、死ぬまでの間の計画を練ったよ。そしたらね、彼はひとつの小さな種を育ててみたいという希望を持っていた。その種は荒れ地でも育つから、まずそこから取り組んでみようと思ったの。この種を育てると、いい油がとれる。それをさらに続けると、いい繊維がとれる。そこでまず、目標を油をとることにおいて、死ぬまでにそれだけは達成できるようにしようと話し合った。自分では続けられなさそうになったら、若者に託そう、と。こういう計画をたてたんだ。
そりゃ、燃えるでしょう? 目標を達成するためには死んでなんていられないんだから。それからはイキイキしはじめちゃって、こちらが「もういいでしょ?」ってなるくらい(笑)。お年寄りはどのように死のうかって、そんなことばかり考えているけど、彼みたいに自分の仕事がある人は死んでいられないからイキイキしているよ。

 

 

高橋博(たかはし・ひろし)

1950年千葉県生まれ。自然栽培全国普及会会長。自然農法成田生産組合技術開発部部長。1978年より、自然栽培をスタート。現在、千葉県富里市で9000坪の畑にて自然栽培で作物を育てている。自然栽培についての勉強会を開催するほか、国内外で、自然栽培の普及を精力的に努めている。高橋さんの野菜は、「ナチュラル・ハーモニーの宅配」にて買うことができる。

http://www.naturalharmony.co.jp/takuhai/