murmurbooks

編集部便り

new!1212|声のメルマガ♯52配信ッ

 

 

みなさま、こんにちは!

声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ!」

12月12日(水)配信 vol.52トピックスです。

 

12 月第2週目。

今週もゲストのコーナーが続きます!

お招きしたのは、『PUENTE』(プエンテ)

落合裕梨(ゆり)さん。

『PUENTE』は、南米の良質なアルパカを使った

身体をあたためる服や小物のブランド。

mmbsでも大人気の商品です。

一度身につけたら、離せなくなる『PUENTE』の魅力について

落合さんにうかがいました。

 

ボリビアやペルーの方々の生活に触発され、

自給自足の生活を求めて、岡山に移住した落合さん。

そこでであったパートナーのお話ほか

ユニークなお話でいっぱい!

 

どんどん引き込まれる落合さんのトーク、

どうぞお楽しみくださいませ。

 

 

****

 

本日のトピックス

 

0:00〜
▼忘年会間近! 気分はストリート!?  HIPHOPダンスの練習中!|お便りご紹介その1(マッシュポテトさん|岐阜市在住)|宇宙にあるすべての存在の目的は「成長すること」|”どう踊るか” 明確なビジョンをもつ|普段の生活でも「自分はこうやる!」と決める大切さ|目の前に起きていることは、すべて自分の記憶にあること|他人と比べてしまったら、それを通して何をみせてくれてるのかを考えてみる機会に

 

56:10〜
▼今週のゲストは『PUENTE』落合裕梨さん|マーマーガール&ボーイの必須アイテム! 身体をあたためるためにつくられた『PUENTE』の商品たち|標高4000-4500メートルで育ったアルパカの毛を使用|それを、ボリビアとペルーの現地の人が手編みで手づくりしています|人と人を繋げることが好き。現地スタッフ100名以上をまとめる落合さん|国際協力活動をしながら抱いた疑問「援助ってなに?」|「援助」ではないつき合いを、ボリビアで実践したい|品質レベル世界一の日本で勝負する大変さ|現地のおばさんの生きぬく姿に刺激! 自給自足の生活を求め岡山に移住|そんな中であったパートナーは28歳差|岡山に移住して本当によかった。自宅はセルフビルド中|今いちばん興味あることは「遺伝子組換え飼料」|理想はみんなが自分の畑をもつこと

 

2:12:50〜
▼エムエム・ブックスみのイベント情報|作陶家タナカシゲオさん展示会、はじまります!

 

 

****

 

 

みれいももう何年も愛用中! 『PUENTE』のレッグウォーマー! あたたかい!

 

今回新調した靴下。ふわふわ、ポカポカです。

 

 

左が『PUENTE』落合裕梨さん。右・服部みれいがきているセーター、キャップも

『PUENTE』です。落合さんは、『PUENTE』を主宰&ふたりの子どものお母さんでもあります。

落合さん、たくさんのお話、ありがとうございました!!!!

 

 

****

 

◇おしらせ その1|声のメルマガ【3か月パック10〜12月】発売中!

 

声のメルマガ【3か月パック10〜12月】がこちらよりご購入いただけます。

9月までの契約の方、12月までぜひお付き合いくださいませ!

 

 

****

 

◇おしらせ その2|タナカシゲオ「いわいの器」展

 

 

日時: 12月15日(土)〜12月24日(月・祝)

平日・土日ともに12:00〜17:00

作家在廊日 12月15日(土)

会期中のお休み 12月18日(火)

場所:エムエム・ブックス みの

 

詳細はこちらご覧ください。

 

****

 

声のメルマガ、トピックスバックナンバー(一覧)を作成いたしました!

もう一度聴きたい回が一目でわかる!購入するときの目安にも。

こちらからご覧ください!

 

ひきつづき、

2018年7〜9月の3か月パック

2018年7〜12月の6か月パック

の2つのパックが絶賛発売中です!

 

過去の放送も聴けて、特典つきでお得な

2018年1〜12月の1年パック

ももちろんおすすめです!

 

すでに

【2018年4月〜6月の3か月パック】

をご購入くださった方が

【2018年4〜12月の9か月パック】

に移行できるよう

対応もさせていただいております。

 

また、

1回分をまるっと聴くことができる、試聴もご用意しています!

雰囲気を知りたい方は、どうぞお試しくださいませ。

 

声のメルマガFAQよくある質問

というページもできましたので

チェックしてみてくださいね。

 

お申し込みはこちらからどうぞ!

 

 

(声のメルマガ編集部)

 

たのしいよみもの

1207 |vol9. わたきん手帖体験レポ

 

こんにちは!

『わたしのきんいろ手帖』の編集を担当している野田りえです。

いよいよ12月に突入しましたね。

 

まだ発売してから1か月もたっていないのですが……なんと、

わたしのきんいろ手帖 2019』のリッチゴールドは完売間近!

手帖のシャンパンゴールドと

365日 日めくりッ ラブ2019カレンダー』も

在庫が残り少なくなってきました。

ぜひお早めに、お取扱店へお越しください。

 

なお、お取扱店により、また時期により、品切れになるケースがあります。

確実にご購入いただくには、

お取扱店に直接お電話などでお問い合わせいただくと安心かと思います。

お近くにお取扱店がない場合は、mmbsでの

ご注文もご検討ください。

 

さて、今日は、『わたしのきんいろ手帖』のメインコンテンツである

質問→イメージ→マイ肯定文の部分の体験談をお届けします。

じつは、手帖の発売に先駆けて、

エムエム・ブックスのスタッフに実際にやってみてもらったのです!

 

(手帖の完成品ができる前だったため、

紙の色などは実際の商品とは違っていますがご了承ください)

 

 

◎「手帖タイムを自分と向き合う機会に」

 

まずひとりめは、Hさん。

エムエム・ブックスで発送チームの一員として活躍されているHさんは、

2人の子どもを育てるお母さん。

そしてピアノの先生でもあります。

 

 

Hさんはまず、1月の「あたらしい夢や目標」にトライしてくれました。

最初は、「質問」のページから。

 

 

やってみたいことがいっぱい!

余白にもはみ出すくらい夢があふれていて、

Hさんのワクワクする気持ちまで伝わってきそうですね。

 

やりたいことはもちろん、それを叶えるためにできることも

ひとつひとつ具体的にリストアップされていて、

いますぐにも実行できそう。

 

このページに続き、Hさんが「イメージ」のページに

チャレンジしてみたのがこちらです。

 

 

なんて、あかるくて伸びやかな世界……!

 

「質問」ページの5で、Hさんは自分の夢が実現したときの気持ちを

◯世界がひらける感じ

◯ゆったりとして豊かな気持ちになる

◯細胞のひとつひとつが喜んでいる

 

と書いていましたが、

まさにそのイメージを表しているような絵ですね。

 

そして、質問、イメージを経てHさんが綴った「マイ肯定文」がこちらです。

 

 

すごく具体的!

詳細に説明されているだけでなく、

そのときの感情までしっかりと描かれていて

まるで実際に起きたことを語っているかのよう。

年のはじめに、ここまで夢や目標が見えていたら、

あとはもうタイミングだけ、という感じがしますよね。

 

次にHさんが取り組んでみたのが、2月のテーマ「わたしについて」。

 

 

このページもまた、びっしり!

Hさんがさまざまな角度から自分を見つめて、感じたことが

事細かに書かれています。

ふだんはHさんは手帖のスペースに書ききれない場合は

わたしノート』(エムエム・ブックス)に書いたりするそうです。

 

そしてHさんの2月のイメージは、こちら。

 

 

降り注ぐ太陽の光と、どっしりとした大地。

Hさんの質問ページの回答には

「土台」「根本」「基礎」といったことばが見られますが、

それがHさんのイメージにもしっかり刻まれていることが伝わってきます。

 

そして2月のマイ肯定文では、Hさんの決意が書かれています。

 

 

家族との問題と向き合うことが

あらたな人間関係を築く上での「土台」づくりとなる。

そんなHさんの気づきが反映された肯定文となっています。

 

Hさんは子育て中ということもあり、

これまでじっくりと自分と向き合う時間が

なかなか取れなかったといいます。

でも、今回のマイ肯定文づくりを通して、

自分でその時間をつくらなければ、一生その時間はできない、

ということを感じたそうです。

 

また、Hさんは、ふだん絵を描いたり

色を塗ったりすることはなかったとか。

今回、イメージのページでトライしてみて、

自分が描いたものから、あらたな発見がたくさんあって

本当にびっくりしたといいます。

 

「このワークを1年通してしっかりと取り組んだら、

ものすごいことが起きる!!!と確信しています」

と話してくれたHさん。

また1年後の感想も聞いてみたいですね。

 

 

◎「じっくり自分を見つめる時間に」

 

次なる挑戦者は、Wさん。

エムエム・ブックスでは営業担当として

元気いっぱいに働くほがらかガールです。

 

 

Wさんは、4月のテーマ「わたしを知る」に取り組んでみてくれました。

「質問」「イメージ」「マイ肯定文」まで、一気にお見せしますね。

 

どん!

 

 

どどん!

 

 

どどどん!

 

 

いかがでしょうか?

Wさんと会ったことがなくても

おひさまのようなあたたかい雰囲気が伝わってきますよね。

(そしておいしいものが好きなことも……笑)

なにより、質問に回答する時点で、

自分のもち味を理解し、しかも肯定できている様子が伺えます。

だから、マイ肯定文にも矛盾や葛藤がなく、

叶っているイメージがすっと浮かぶ文章になっているのかな、と感じました。

 

逆に、もし質問のページの時点で、

自分を肯定することばがあまり浮かばなければ

そのときは無理にマイ肯定文を書かず、

自分のいい部分を、時間をかけて考えてみてもいいかもしれませんね。

 

続いて6月のテーマ「豊かさについて」について、

Wさんの質問のページをご覧ください。

 

 

Wさんの回答に頻繁に出てくるワードは「自然」「緑」。

4月の質問ページをもう一度見てみると、やっぱり「自然」が出てきます!

6月に戻って、Wさんのイメージを見てみましょう。

 

 

すごく素敵な写真!!

川島小鳥さんが撮影された『未来ちゃん』の写真を

コピーして貼ったものだそう。

自然に囲まれて、無邪気にワクワクしながら暮らすという、

Wさんの思い描いている「豊かさ」のイメージが、一瞬で見えてきます。

 

そしてWさんの6月のマイ肯定文はこちら。

 

 

とっても素直で、地に足の着いたマイ肯定文ですよね。

Wさんが仲間と一緒にわいわいと食卓を囲んでいる絵まで、

目の前にありありと浮かんできます。

 

Wさんは、ポケマーの『きんいろのアファメーション帖』も

トライしていたのですが、

わたしのきんいろ手帖』は、それよりも、

より自分の深い場所にアクセスできるような気がしたそう。

Wさんは、次のように感想を話してくれました。

 

「この手帖を使うことで、必然的に自分と向き合うことができました。

あらためて自分の意志がまだまとまっていないことも発見できましたし、

以前との変化を感じることもできました。

過去のことを思い出すところが苦労しましたが、

きっとそこにもヒントがある気がするので、

これからもじっくり時間をかけてやってみたいです!」

 

***

 

HさんとWさんの体験談、いかがでしたでしょうか?

 

この手帖では毎月さまざまなテーマが用意されていますが、

違うテーマであっても、一貫した「その人らしさ」が

強く出てくるものだな、と感じました。

 

毎月、無心で質問やワーク、マイ肯定文に取り組んでいるだけで、

あとから見直したときに、自分の核となる部分が

発見できるかもしれません。

みなさんもぜひ、時々ふりかえりの機会を持って、

見返してみてくださいね。

 

(野田りえ)

 

 

編集部便り

1205|声のメルマガ♯51配信ッ

 

 

みなさま、こんにちは!

声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ!」

12月5日(水)配信 vol.51トピックスです。

 

 

あっという間に12月。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

声のメルマガ最後の月、

いよいよ、ゲストは、お待ちかね、

エムエム・ブックス経理担当イソガワさん。

 

 

エムエム・ブックスに入った経緯、

入社して冷えとりを知り、体質が改善したこと、

その後起こった人間関係のめんげんの話、などなど、

笑あり涙ありの収録となりました。

 

 

 

最後までどうぞお聴き逃しなく!!

 

 

****

 

本日のトピックス

 

0:00

手帖で書いたことはすっかり忘れてしまい……|お便りご紹介その1(のりこさん|大阪府在住)|騎士団役福太郎のエピローグに涙|街の暮らしと融合。未来の魔女像がすばらしい|お便りご紹介その2(ルピナスさん|大阪府在住)|はせくらみゆきさんの「未来の自分からメッセージをもらえる」ワークショプに参加してみて|お便りご紹介その3(あらきたかえさん)|結婚ってそんなに必要なこと? 独身でとってもしあわせです!

 

36:50

お便りご紹介その4(だまだんさん|神奈川県)|毎週欠かさずお便りをくださるだまだんさん。本当にありがとうございます!|執着をやめて自分にフォーカス。その結果自分でも驚きの展開に|人生の体験が過酷であればあるほど、感じることや学びが深い|そしてそれは乗り越えられるというのがセットになっている

 

1:01:10

みれいのものまねですっかりおなじみ。エムエム・ブックス経理担当イソガワさん、ついに登場!|おいしくない味噌汁からはじまった。反骨心で料理の腕もどんどん上達|エムエム・ブックスで働き始めて……(その1)眉間のシワがなくなった|(その2)アレルギーの薬ともおさらば|(その3)『うつくしい自分になる本』(服部みれい=著 ちくま書房=刊)に感動! 人間関係をクリーニングが。45年間の確執に終止符|イソガワさんの仕事術|イソガワさんの元気の源に

 

2:01:30

▼ここからはサプライズがあれこれ! 聴いてのお楽しみでございます!

 

****

 

◎こちらは資料写真です。聴きながら観てください(配信を聴かないとこの写真の意味がわからなそうです)

 

****

 

◇おしらせ その1|声のメルマガ【3か月パック10〜12月】発売中!

 

声のメルマガ【3か月パック10〜12月】がこちらよりご購入いただけます。

9月までの契約の方、12月までぜひお付き合いくださいませ!

 

 

****

 

◇おしらせ その2|タナカシゲオ「いわいの器」展

 

 

日時: 12月15日(土)〜12月24日(月・祝)

平日・土日ともに12:00〜17:00

作家在廊日 12月15日(土)

会期中のお休み 12月18日(火)

場所:エムエム・ブックス みの

 

詳細はこちらご覧ください。

 

****

 

声のメルマガ、トピックスバックナンバー(一覧)を作成いたしました!

もう一度聴きたい回が一目でわかる!購入するときの目安にも。

こちらからご覧ください!

 

ひきつづき、

2018年7〜9月の3か月パック

2018年7〜12月の6か月パック

の2つのパックが絶賛発売中です!

 

過去の放送も聴けて、特典つきでお得な

2018年1〜12月の1年パック

ももちろんおすすめです!

 

すでに

【2018年4月〜6月の3か月パック】

をご購入くださった方が

【2018年4〜12月の9か月パック】

に移行できるよう

対応もさせていただいております。

 

また、

1回分をまるっと聴くことができる、試聴もご用意しています!

雰囲気を知りたい方は、どうぞお試しくださいませ。

 

声のメルマガFAQよくある質問

というページもできましたので

チェックしてみてくださいね。

 

お申し込みはこちらからどうぞ!

 

 

(声のメルマガ編集部)

 

ショップ&イベント最新

1204|タナカシゲオ「いわいの器」展

 

タナカシゲオさんは、

奈良県明日香村にある築280年の古民家にて

古くてあたらしい暮らしを営む作陶家。

 

その静かな日々の中、

四季折々の山谷に築いた

穴窯・李渓窯と倒炎式焚窯にて

古来の技法を探求し、創作活動を続けています。

 

エムエム・ブックス みの」での初展示となる本展示会では、

ゆく年とくる年を祝う慶賀な作品を中心に、人気の翡翠や白瓷の器、

「エムエム・ブックス みの」にちなんだ茜色の器を発表。

 

清浄な空気に満たされる冬の美濃に、

すべての人の中に眠る神性と霊性を高める

そんな、うつくしい作用を願う器の数々が並びます。

 

スタッフ一同、みなさまのご来場をこころからお待ちもうしあげております。

 

【展示】

日時: 12月15日(土)〜12月24日(月・祝)

平日・土日ともに12:00〜17:00

作家在廊日 12月15日(土)

会期中のお休み 12月18日(火)

場所:エムエム・ブックス みの

岐阜県美濃市俵町2118−19

TEL:0575−46−8168

 

たのしいよみもの

農家サイトから新規農家さんのご紹介!

 

みなさん、こんにちは!

マーマーな農家サイト ボランティアスタッフのなかむらです。

 

12月になりましたね!

今年ももう残り1か月、走りぬけたいと思います!

 

……とそのまえに、

マーマーな農家サイトプレゼンツのクリスマス会がありますよ!

湯川潮音さんのキャロル、アディナーダさんのミニライブもあります!!

どうぞみなさん、こちらもチェックしてみてくださいね。

 

**********

 

さてさて、先週に続きまして、

マーマーな農家「さがしたい」に、あたらしい農家さん情報が掲載になりました。

 

愛知県のBio Garden Withさん。

 

人と自然の共生をテーマに掲げ、

生態系を破壊しない中での農業という立ち位置を貫いております。

 

2017年からは学びをメインとされていて、

主に小学生を対象とした環境学習塾「Edu. Nature 必要なのは自然をみる力」を開かれています。

 

Facebookページで活動報告をされているのですが、

参加されている子どもたちの笑顔がとてもいいんです!!

 

 

とある日の「草・昆虫コース」では手作業で餅米の脱穀をしていました。

はたまた別の日には、お芋を観察して学習したあとに、

みんなで蒸かして食べる!

 

 

わたしが子どもだったらどのコースに申し込んでたかな?

なんて考えながら、レポートを読みふけってしまいました。

 

環境学習塾以外にも、ビオトープの設計などもされていますので、

詳しくはホームページをご覧くださいませ。

 

************

 

マーマーな農家サイトでは、農家さん情報、お取り寄せレポートなど、

みなさまからのお便りをお待ちしております!

詳しくはこちらをご覧下さいね!

 

(マーマーな農家サイト なかむら)