murmurbooks

今日の編集部

new!1117|島根と鳥取
毎週金曜更新!

 

「こちら側の生命はあちら側の生命と並存している、とスウェーデンボルグは言う。

だから、われわれの意志は霊に影響をあたえるし、

霊の願望はわれわれに影響する。

われわれが触れるものはすべて、あちら側の世界に共鳴する。

すべての動作は、あちら側の動作と連関する。神のすべての王国と

そのように結びついていることに気づくには、

世俗的な自我を捨てるだけでいい。自己愛、自己嫌悪、内省➖➖➖

それらすべてが、一種の盲目状態を、不透明な壁を作り出してわれわれの視界をふさぐのだ」

 

 

『幽霊を捕まえようとした科学者たち』(デボラ・ブラム=著 鈴木恵=訳 文春文庫)より抜粋

 

 

 

 

みなさま、こんにちは!

お変わりありませんか?

美濃は、どんどん冬に突入しています!

寒い! ドドドドドンと寒い!

でも気持ちい!!

冬ってきりりとした大人の男性みたいで、

すっきりしていて気持ちがいいですよね。

あるいは、とても掃除がいきとどいたお部屋のような……。

きりりと澄み渡った空気を感じ

気持ちよく暮らしています!

 

ぜんぜん畑へ行けないのが

気になっていますが……。

 

そう!

どうして畑へなかなか行けていないかというと!

 

わたしの手帖!(最初、わたすの手帖って書いちゃった。わたすの手帖もほのぼのとしていていいですね。

昨夜、安保徹さんの発言についての記事を読んでいたら、

安保先生、「わたすがもし、、」と言っている場面があってうつってしまいました!)

日めくりカレンダーが!

 

とてもとてもとてもとても

よく売れているからです。

みなさんありがとうございます!

 

それにプラスして、

今、手帖に入れていただく

『きんいろのアファメーション帖』の制作、

また春に出る、松岡一哲写真集『マリイ』、

わたしの春に出る新刊の制作、で

大いにバタバタしています。

 

でも、

充実……(薬師丸ひろ子の「カイカン」の発音で)……。

 

(古くて知らない方も多いかもですねえ)

 

 

えっと!

そんな中!

先週は、島根と鳥取に

足を運んで参りました!

 

島根県立石見美術館にて行われている

「コズミックワンダー 充溢する光」展

 

 

の展示を見に、

また、

オープニングトークを聞きにいってきたのです!

 

 

こ、れ、が!!!!!!

 

本当に本当にすばらしかった。

 

コズミックワンダーの回顧展、なんですが、

マーマーマガジン21号 あたらしい服の話

 

コズミックワンダー主宰の

前田征紀さんのインタビューを掲載させていただいたのですが、

あの号に掲載させていただいた作品の数々を

生で! 見ることができて!

しかも一気に!!!

 

うーん、本当に、感慨深く、また、

たくさん考えることがありました。

 

林央子さんと前田征紀さんのトークも

本当に本当に、すばらしかったっです。

90年代を振り返り、コズミックワンダーが何であるのか、

またあたらしく登場してきたブランド、作品が何を表現しているのか、

などなど、

また何かでわたしも思ったことなどを書かせていただきたいなと思っていますが、

「はあ、この視点が、こんな風に表現されて溜飲が下がる!!」というひとことでした。

 

わたし個人的には、

メインストリームに、

自分が好きだなあ、ほっとするなあ、おもしろいなあという

表現を見つけられずにいるほうで、

(だいたいテレビも見ないし、ラジオも聞かないですし)

本当に、ある部分、社会とは遠く離れた場所で

表現活動を行うものですが、

でも、世界には、こう、気持ちが「わわっ!」とうれしくなる

ほのかに自分のこころに灯がともるような、

そんな表現、(服であったり、出版物であったり)があって、

それが何なのかを、

央子さんが、明文化してくださって(すごい熱量で!)、

それに本当に感動しました。

 

自分にとって、好きな読み物がとても少ない、ということから

自分で雑誌をつくったりしている、という側面もあるんですけれど

でも、もちろん、読み手や受け手として

楽しみたい自分もいて、

おもしろい表現を見ることは

本当にたのしいことです(日本語が変だけど)。

 

いやあ、刺激を受けました!

 

 

央子さんが本当に、パリコレとかいろいろなところでの

紙ものを保存していてくださっていて、

それを見るだけでも、ものすごく刺激を受けた!

 

わたしは紙の読み物をつくるのが

本当に好きなんだなあ、と思いましたし。

いうまでもないことですが。

 

個人的にも

本当にたくさんの刺激を受け取った

島根でのひとときでした!

 

みなさんも、ぜひ、観に行ってご覧になってくださいませね。

1月8日まで展示されています。

 

 

帰りに、鳥取のみなさまにもお会いしてきましたよ!

 

 

 

 

 

あをんさんは、残念! 不在でおられまして、、nabikaさん、今井書店さん(青杏プラスさん)、

あわ屋さん、そして丸瀬屋さん

 

丸瀬さんご夫妻は、

あの2014年のマーマーなフェスでお知り合いになり(お見合いではなくて、)

パートナーとなられました!

CWのあの作品を見た直後にお二人にあって

なんだか胸がいっぱいになっちゃった!!!

 

鳥取のみなさま

ありがとうございました!!!

 

 

2014年、あの森は楽園みたいでした。

 

 

2018年もフェスやりたいなあ。

まぁまぁなフェス。

今度は美濃で。

 

どうでしょう。

 

そうそう、

11月18日盛岡 kasi-friendly、福太郎

 

11月23日福岡、MINOU BOOKS AND CAFE  、福太郎

11月26日京都 ホホホ座、みれい

 

 

12月3日大阪 梅田蔦屋書店(満員御礼)、みれい

(間に合わなかった方、キャンセルされる方もいるかもですよ!?)

 

 

という予定で、出張ショップやトークショー、サイン会など

させていただきます!

 

ぜひあそびにいらしてくださいませね!

 

 

 

ほんでは♪

 

 

 

服部みれいがお届けしました!

 

 

声のメルマガもめちゃんこ盛り上がってます!

 

登録、やってみるとそんなに大変じゃないです!

楽しんでいただける……ハズ……!!!!!!

どうぞどうぞお楽しみに!!

 

 

 

 

チャオ風味

新米社長福太郎便り

new!106 どんぐりの音に耳をたてる
不定期更新

 

 

みなさま、こんにちは!

美濃では灯油ストーブが大活躍する季節になりました。

 

今年こそ薪ストーブ!! と

もう中古の薪ストーブも手に入れて、

ぜったいに今年の冬に間に合わせるつもりだったのに・・・

 

とりあえず年内は間に合わなそうです・・・

うーん、

まぁ気長にやろうッ!

 

さて、こちらは気長に構えていたら

あっというまに今週末!

11月18日(土)に岩手県盛岡のお取り扱い店さん

kasi-friendlyさんに遊びに行かせていただきます!

 

 

 

盛岡のみなさま、盛岡近隣にお住まいのみなさま

お越しいただければさいわいです!

 

 

前回盛岡に行ったのは何年前!?

東京に編集部があったときに、やはりkasi-friendlyの下山久美さんに

よんでいただき、服部みれいのトークショーと詩の朗読会もやらさせて

いただきました。

その時の会社のメンバーほぼ全員で行かせていただき・・・。

盛岡、ほんとうに素晴らしい場所で、大好きです!

 

はぁー楽しみです。

 

きっと盛岡は、美濃よりも寒いんでしょうね!

あたたかくして、そしてあたたまるもの色々お持ちいたします!

 

 

 

 

大人気! 鎌田芳朗さんの佐原張り子もすこしお持ちいたしますよッ!

 

 

こんな行商スタイルで行かせていただくかも!?

 

 

 

 

みれいさんを籠にいれて・・・・はいきません。

すみません、今回は僕一人です!

 

 

なにはともあれ18日(土)、よろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

 

 

 

この季節、編集部はどんぐりが地面に落ちる音を聞きながら、なのです。

 

去年は気づきませんでした。

どんぐりが落ちる音が聞こえるほど(耳に)余裕がなかったのかな、と思います。

 

去年は聞こえなかった音が、今年は聞こえるようになる

 

そんなことがあるんだなぁ、と思います。

 

出張から戻ってきたら、もうどんぐりは全部地面に落ちていて

もうこの音を聞くのは来年かな?  と思っています。

 

聞きおさめ・・・

風が吹いたら耳をたてよう。

 

はたして来年は来年で聞こえるのかな?

 

(福太郎)

 

 

マーマーなリレーエッセイ

new!#32 わたしの手帖インタビュー4
毎週木曜更新!

2018年の手帖のテーマについて

 

『わたしの手帖2018』、11月11日より、いよいよ発売となりました!!

 

 

「到着しました」の声も、続々届いております!

おかげさまで手帖も、そして姉妹品の日めくりカレンダーも好評で、

早くも売り切れが出ているお店もあるとか。

お待ちくださっていた方がいらっしゃると思うと、本当にうれしいです。

 

実際に手帖を見てご検討したい方は、

手帖、日めくりッカレンダー お取扱店」で

早めにご覧いただけると安心かもしれません。

 

さて、『わたしの手帖2018』インタビューもいよいよ佳境、

ぐっと深いお話に入っていきます。

 

***

 

◎2018年のカギを握るのは、創造性

 

 

服部 手づくりカバーの話で盛り上がりましたが、これは、実は今年の手帖のエッセイで伝えたいこととも関わっているんです。

 

野田 今年の大テーマ、「創造性」ですね。

 

服部 はい。手帖のカバーの色のときにもお話しましたが、2018年は大きな変わり目の最中で、きっと大変だなと感じることもあるだろうな、と思うんです。そんな2018年を元気に生きていくためには、「創造性」が大きなポイントになる気がしています。自分の手帖カバーを自分で縫う、といったこともそのひとつで、ものづくりに関わるとか、今までなかったような発想で、創造的にものごとを行うとか、「消費するより生産する」ということ。それに一生懸命取り組んでいたら、きつい時期も乗り越えられると考えています。

 

野田 創造性については、手帖の冒頭のエッセイ「わたしの手帖2018のこと」にも書かれていましたね。確かに、うまく言えないですけど、やっぱり社会全体にも、個人にも、疲弊感のようなものは広がっている気がします。

 

服部 ある側面を見れば大変な時代だと思います。経済的なことだけでなく、社会全体に閉塞感があって……。正直、思想統制、言論の自由への妨害もはっきりあると感じられるような場面もある。何かあるとバッシングが酷いですし、みんながどこか意地悪な視点になっているというか……。思い切った大胆なことをしづらい感じもします。

 

野田 ああ、それはすごくわかります。自分には直接関係ないことでも、制裁を加える傾向というか……まあ、昔は井戸端会議で話していたようなことを、SNSなどで発信すると目立って見える、ということなのかもしれませんけど。

 

服部 たぶん、今、自分が不安定だったり、先が見えなかったりすることを、何かを批判することで紛らわせる、という風潮はあるのかもしれませんね。もちろん、誰しもそういうもやもやした気分になることはありますよね。でも、そういうときにひとりひとりがクリエイティブな方向に向かったらすてきだな、と思うんです。「なんかつまんないな」とか「大変だな」とか、閉塞感を覚えたときに、自分の内なる創造性に向かうのが健全な気がする。

 

野田 今は、絶対的な安定なんてないですから、先が見えない状態っていうのは、多かれ少なかれ、みんな感じていることかもしれませんね。

 

服部 たとえば、フリーランスで働いていて、仕事が全然ないとしても、そのときに愚痴るとか、焦るだけじゃなくて、たとえばですが絵を描きはじめるとか、自分の小説を書きはじめるとか、そういう方向に向かうといいのかな、と思うんです。ガーデニングにトライするとか、料理に凝ってみるとか、何か自分が喜ぶようなことをするのもいいですよね。

 

野田 「クリエイティブ」って聞くと、「わたしは才能がないから……」みたいに思ってしまいがちですけど、身近なことでもいいんですね。

 

服部 そうです、そうです! 仕事や家事を自分らしく工夫するのだって、クリエイティブなことですよね。育児だってクリエイティビティにあふれていますよね。

 

野田 みれいさんは、2018年、どんなことをしたいですか?

 

服部 わたしは最近、絵を描こうかなって思いはじめているんです。一度山の絵を描いたらすごくたのしくて、びっくりして。岐阜は山がいっぱいあるから、スケッチしに行こうかなって。あとクラシックピアノも続けています。バッハをひたすら練習したり……。でも、そういう時間が、来年は誰にとっても、大事になる気がしています。

 

 

◎わたしたち、なんでこんなに余裕がないんだろう問題

 

 

野田 聞いているとわくわくして、「すごくたのしそう!」って思うんですけど、じゃあ、わたし自身はなんで今、そういう創造的なことができないんだろう、って考え込んでしまいます。時間がない、というか……。

 

服部 余裕がない、ということかしら?

 

野田 そうですね……気持ちに余裕がないんだと思います。ちょっと余談になりますが、この前、わたし、フランスのパリに行ってきたんですけど、パリって、とっても閉店時間に厳しいんですよ。日本だと、閉店時間でもお店にお客さんがいると「ごゆっくりお買い物くださいね」と言ってもらえたりしますよね。

 

服部 フランスは違う、ということですか?

 

野田 スーツ姿の男性が出てきて、「早くお帰りください」的なムードになって……。ほかにも便利じゃないことはけっこうあるんです。日曜の朝にオーガニック系のスーパーに行って、「今日は何時に閉まりますか?」って聞いたら「お昼には閉店する」って言われました。「え? スーパーなのに?」って思ったんですけど、でも、逆に働いている人の立場で考えてみると、これはいいことなんだろうな、とも思ったんです。

 

服部 実は、そうなんですよね。

 

野田 自分の何か大事なものを守るために、境界線をつくっているのかなあ、と。

 

服部 フランスの人はそういうことがきっととても上手ですよね。実は、わたしが住んでいる美濃の人もうまいんです。うちの近くに、野菜を売っているお店があるんですけど、そこはなんと、午後の3時半に閉店なんですよ。

 

野田 え! 早い(笑)。せめて夕方までやってほしい、と思ってしまいそう。

 

服部 しかもまだ間に合うだろうと思って、閉店ギリギリの3時15分に行くと、もう閉まっていたりします(笑)。中に店員さんがいるのが見えて、外から「入れて!」といっても入れてもらえない(笑)。ここはパリなんです。日曜日休みのお店もいっぱいあります。

 

野田 確かにパリっぽい(笑)。

 

服部 でしょ(笑)。食事する場所だと「できないメニュー」がたくさんあったりネ。東京とか、都市だとどうしても「お客さん本位」でやるっていうことにみんなが慣れすぎていますよね。そうなると、休みを取れるときに休む、ということになる。美濃の人たちは、まず自分の生活と自分の家族があって、その上でやれることをやり、そこで儲けたもので満足する。そういう印象を受けて、わたしはすごく新鮮だったんです。

 

野田 そういうふうにしないと、いつまでたっても働いちゃいますよね……。

 

服部 そうなんです。その速度が、都市ではコントロールできなくなっている気がします。どんどんどんどんやっちゃう、みたいな感じ。その中でみんながすごく疲れているような気がします。

 

野田 果てのない便利さを求めて、結局、自分の首を絞めちゃう、みたいな。

 

服部 それで、誰も立ち止まれなくなっているのかも。

 

野田 もっと自分個人とか、家族とか、身の回りのことを大切にしていかないと、自分のクリエイティビティを発揮する余裕はなくなっちゃいますね。

 

服部 でも、卵が先か、鶏が先かわからないですけどね。たとえば、絵を描くようになったら、もっと時間の使い方が変わるのかもしれないし。

 

野田 ああ……! 確かに。

 

服部 楽器を習うことにして、平日の夜にその予定を入れることで残業しなくなるとか、先に創造性を軸に行動してみると、自分らしく生きるきっかけにもなるかもしれないですよね。

 

野田 自分で「できない」って思い込みすぎているのかもしれませんね。夜に楽器をひける! と思ったら、昼間の仕事は工夫して終わらせよう、という気にもなるし、そうやって仕事のやり方を見直すのも、創造的なことなのかも。

 

服部 「他人軸で動くのをちょっとやめてみない?」ということですね。そこから予想もしていなかったいいことが、どんどん起こるかもしれないですし。美濃化、本気でおすすめです(笑)。

 

 

◎不便さが自分を守る

 

 

野田 このお話、実は、手帖に収録している「毎月のエッセイ」やワークの話ともつながっている気がします。今回、情報断食やデジタルデトックスをする、というワークが出てきますよね。

 

服部 わたし自身、最近、携帯を持つのをやめましたけど、それは自分のペースを守ることにもつながっているんですよね。

 

野田 携帯をやめて、不便なことってありますか?

 

服部 何もないですね。約束したときに、みなさんが遅れずに来てくださるようになりました(笑)。

 

野田 なるほど(笑)。たしかに連絡手段がないと、ちゃんと間に合うように行こうって意識が働きますね。

 

服部 この不便さが、けっこう、自分を守ってくれたりするんですよね。

 

野田 この2018年版には、「自分をよく知る」ためのワークと、周囲に対するアクションが両方入っている印象があるんです。自分を知って、かつ、まわりとの境界線をうまく引きつつ、でも、孤立せずに生きる、という印象を受けました。

 

服部 そうかもしれないですね。ただ境界線を引くのではなく、その結果、生まれた時間で、どんな創造的なことができるか、自分と向きあう時間をつくれるか、大切な人と過ごすことができるか、そういうことを意識しています。「毎月のエッセイ」に関しては、1年間通してやってもらったら、絶対にパワフルになれると思います!

 

野田 そうですね。1年を通して自分のことをよく理解して、周囲とのつきあい方も含め、自分をどう表現するか、じっくり考えることができると思います。

 

服部 もっと自分に集中して、自分が幸福であることに力を注いでいいと思うんですよね。忙しい人ほど特に。そのためには、ある程度、自分を守るための線引きも必要になってくるんだと思います。この手帖のエッセイやワークが、そのことを考えるきっかけになってくれたら、いいですよね。

 

***

 

余談が余談じゃなくなる、そんな今回のお話でした。

来週以降も、このような感じで、

『わたしの手帖』の裏話を続けていきます。

 

わたしたちをとりまく社会のありかたや、

どことなく感じている不安。

そういったものを乗り越えて、生き抜く知恵が

『わたしの手帖』は詰まっています。

 

すでに『わたしの手帖』がお手元に届いた方の中には、

エッセイやワークの部分を

読みはじめている方もいらっしゃるでしょうか?

 

「わたし」を知り、

「わたし」を表現し、

内なる創造性を目覚めさせる。

そんな体験を、この手帖を通して

重ねていただければと思います!

(野田りえ)



新米社長福太郎便り

105 オハイオの空
不定期更新

 

みなさま、こんにちは!

不定期になって一気に気が楽になった福太郎です!

 

自分で勝手に「ほぼ毎日更新」と決めて

自分で勝手に苦しんで・・・

そして勝手ながら「不定期更新」にして

勝手に楽になっています・・・

 

昨日の夜、隣に住むおばあさま(86歳のほう)と

ばったり会ってお話ししたときに、おばあさまがおっしゃった

「(自分に起こることは)すべて自分で放った球を受け取っているだけ」

という言葉をただただ噛みしめています。

 

 

さらに今回の不定期更新を喜んでくれたアメリカに住む友人からも

(こちらも80代の女性ですが、少女のようなかた!)

 

「勇気・元気・のんき、ですね。

のんきってのんびりというようにいわれているけれど

一に構えるという意味もある。」や

「これからの季節、内に向かいそして復活の季節に備える、

思っただけでもワクワクしませんか?

一途で、まじめ、すぎ、遊びましょ。

勇気をもって 社長業はちょっと置いてね、

弓が弦を休ませるように。」といったお言葉もいただきました。

 

いやー、すごい! このお言葉の力!

一気に気持ちがゆるみました。

いただいた言葉は、すでに2018年の『わたしの手帖』に書き込みました!

 

 

それから一緒に雄大で神々しさもかんじるオハイオの空の写真を

たくさん送ってくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日一日、オハイオの空のように!

れいこさん、ありがとう!

 

(福太郎)

 

 

読者の広場

ベストオブコンシャスプラン発表です!

 

 

 

みなさま、こんにちは!

 

 

おかげさまで、

11月11日(土)

日めくりッ コンシャスプランカレンダー2018が

発売の運びとなりました!

 

2018年版へもたくさんのコンシャスプランのご応募を!

本当に本当にありがとうございました!

 

2018年版

ベストオブコンシャスプランは!

厳正なる選考の結果、

この3名の方に決定いたしました!!!

 

 

 

****

 

2月7日(水)

弱点は天からの贈りもの

 

ひなぎくさん|東京都|会社員

 

 

3月10日(土)

思いっきりジャンプ!

 

 

ゆゆさん|山形県|職人

 

 

5月11日(金)

いつもこころにナウシカを

 

ミルクココアさん|福岡県|介護士

 

 

 

***

 

 

わあ!!!

パフパフパフパフ!!!!

 

ひなぎくさん、思いっきりジャンプ!さん、ゆゆさん、

おめでとうございます!!!

 

くわしい内容は、

ぜひ、コンシャスプランカレンダー2018を

ご覧になってくださいね。

 

 

2019年版も早速応募がはじまっているのですが

(すでにプランが届きはじめています! 早い!!)

ぜひ、みなさん、

次回も、ご応募くださいませ。

 

 

 

掲載されるプランの特徴は、

 

 

  • 自分らしいプランである

(いかにもコンシャスプランふう、みれいふうは、掲載されない可能性が)

  • 弾けたプランである
  • わらえるプランである
  • 脱力するプランである

 

 

 

です。

 

ぜひ参考にしていただいて

ふるってご応募くださいませ。

 

今回ベストオブに選ばれた3名の方には、

マーマーなブックス アンド ソックスから

約10000円相当のアルパカのレッグウオーマーを

プレゼントさせていただきました!

 

足元をあたためていただけましたら

さいわいです。

 

 

(服部みれい)