murmurbooks

ショップ&イベント最新

new! 第2回 綿棒立体図形アートWS

 

秋山佳胤さん

第2回 綿棒立体図形アートワークショップ inエムエム・ブックスみの

 

みなさま、こんにちは!

今夏、綿棒を使い神聖幾何学立体図形を

制作するワークショップ第2回目を

エムエム・ブックスみのにて開催するはこびとなりました。

 

綿棒立体ワークは、

平面意識から立体意識への覚醒変容を促します。

 

素材は綿棒ですが、

扱うのは神聖幾何学であり、

この図形が、宇宙の仕組み、

宇宙の法則そのもので、宇宙の真理と向き合うことになるからです。

ワークで創作するベクトル平衡体(シードオブライフ)は、

生命波動の形靈(かただま)であるため、

取り組みことで生命力が活性化し元気になります。

 

また、綿棒ワークは深い瞑想そのもので、

自分の内面と向き合い、自分自身の魂の本質を見出し、

表現していきます。

そのため、自分の在り方、

生き方に本質的に作用していくことになります。

たとえば、押し込めていた感情などはどんどん表に出てきて、

解放と浄化のプロセスになることもあります。

 

肉体(手作業)を通じて、

宇宙真理の世界やエネルギーを実体験する中で、

叡智を思い出す、自分の魂のうつしい本質を見出し、

表現していくきっかけ疑似体験とも言われています。

 

このたび、

秋山佳胤のいいかげん人生術』(エムエム・ブックス=刊)が

大人気の秋山佳胤先生とともに、

綿棒ワークをつくるひとときをご一緒します。

 

内容については、

参加者のみなさまがたのリクエストに応じて、

個別に行いたいと思っていますが、

秋山先生から、このような内容もご提示いただいています。

参考にしていただき、参加当日に

リクエストいただけますとさいわいです。

 

 

1、初参加の方

シード(ベクトル平衡体)とマカバの制作。神聖幾何学が宇宙根源の真理を顕す形であること、

シードとマカバは生命波動を生み出す形靈(かただま)であること、シードとマカバの関係性についてのお話。

綿棒で神聖幾何学立体図形を制作することによる意識の覚醒、変容について、深い瞑想そのものであること、

自然治癒力増幅のメカニズムなどお話しいたします

 

2、2回目以降の方

シードとマカバの組子、プラトン立体の入れ子、五角形ベース立体、そのほかご要望に応じて制作していただきます

 

秋山佳胤先生との貴重なお時間、

おしゃべりもたのしみながら、

このすばらしい形靈(かただま)体験を

ご一緒できますとさいわいです!

 

 

日時 2019年8月5日(月) 14時―16時(13時半開場・受付スタート)

場所 美濃市某所

(エムエム・ブックスみの近隣の会場です。お申し込みのかたにおしらせいたします)

料金 8000円

定員 30名

※材料はこちらでご用意いたします

 

◎ご応募方法

①お名前 ②ご連絡先電話番号 ③住所 ④ご参加人数 を明記の上、

件名を「綿棒立体図形アートワークショップ参加希望」としていただき

event@murmurmagazine.comまでメールをお願いいたします。

もしくは0575-46-8168までお電話にて上記お申しつけくださいませ

 

 

エムエム・ブックス
担当 渡辺まき

ショップ&イベント最新

noteはじまりました!

 

7月3日(水)から

noteスタートしました!
 

https://note.mu/murmur_magazine
 

ぜひみなさん、あそびにいらしてください!

ご参加いただき、

2019年下半期、

わいわいたのしんでまいりたいです!

 

(服部みれい)

ショップ&イベント最新

終了しました!東京アートブックフェア

 

みなさん、こんにちは!

7月12日(金)—15日(月)

東京・東京都現代美術館で開かれる

TOKYO ART BOOK FAIR2019

エムエム・ブックス

出展させていただくことになりました!

(わたしも12日−15日、

ブースにいるか、会場をウロウロしている予定です!)

 

なお

15日は午後、

写真集『マリイ』でおなじみ、

写真家・松岡一哲さんによるサイン会も行われます!!

こちらのサイン会、当日ご購入ではなく、

以前にご購入いただいた『マリイ』にもサインをさせていただきます!

ぜひ『マリイ』ご持参で遊びにいらしてくださいね!

 

さらにさらに!!

松岡一哲さんご自身が部数限定で自費でつくられた

『マリイ』の続きのzineも登場します!!(興奮)

希少なzineです!! ぜひ『マリイ』ファンのみなさま

ゲトしにいらしてくださいませね!!

 

ぜひぜひ、あそびにいらしてくださいませね!!

 

出展ブース:A
松岡一哲さんのサイン会を15日(祝)13:00〜15:00
とさせていただいております!

 

TOKYO ART BOOK FAIR 2019

日時:
2019年7月12日(金) 15:00 – 21:00 (プレビュー)
7月13日(土)、14日(日)、15日(月・祝) 11:00 – 19:00

会場:
東京都現代美術館 東京都江東区三好4 -1- 1 [ MAP ]

料金:
入場無料 ※12日のみプレビュー参加費として1,000円 [税込] (小学生以下無料) ※トークイベントは一部有料

詳しくはこちらから
https://tokyoartbookfair.com

 

(服部みれい)

ショップ&イベント最新

終了しました! 野原作品展 土かほる花草

 

 

 

 

※6月14日(金)は作品展準備のため臨時休業させていただきます。

※野原のおふたりは全日ご在店予定です。

 

 

一枚の葉っぱをよくよく観察し、

葉の緑と透明との間を流れる光と水とみなもとの力を感じたとき

ちいさな昆虫をよくよく観察し、

その命の鼓動を爆音で聞いてしまったとき

 

そこにおおきな宇宙の存在をみることがあります。

 

野原の作品にはじめて出合ったとき

やはり同じように宇宙を感じました。

 

この感じ、この存在を小宇宙(こすも)というのかもしれません。

 

 

約150点ほどの野原の欠片、野原に佇む宇宙が並びます。

 

 

今回の展示、

小宇宙旅行に出かけるような気持ちでお越しいただけたら

より一層楽しんでいただけるんじゃないかな、と思います。

 

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

(エムエム・ブックス みの  服部福太郎)

 

 

————————————————————

 

 

土かほる花草

暖かい風が頬をなでる

土は香り 花草はのびやのびや朗らかに

動物たちは鳴きや走りやねんねして

いのちはつぎつぎへと繋がって

草花の色を織物に映し

天に広がるひかりを編みや刺しや

野原の欠片を紡ぎました

今回の作品展では春に仕込んだ桜と冬の間に溜まった木灰、

天然藍に柿渋などの草木染めを主に

日々使用する鞄や割烹着、革財布に刺繍のお守り、手帳カバーなど

エムエム・ブックスさんに沿ったものを製作させて頂きました

野に佇む全てのいきものたちと一緒に

皆さま方をお待ちしています

 

 

 

————————————————————

 

野原

長野県の高原に佇む小さな古民家に拠点を置き、

野山の恵みや人々から着想を得て、さまざまな土地で出会った織物、

大切につくられた革を用いて日々の道具や飾りものを製作する

 

 

————————————————————

 

展示期間:6月15日(土)ー23日(日)

場所:エムエム・ブックス みの

営業時間:12時ー17時

期間中店休日:6月18日(火)

お問い合わせ: 電話 0575-46-8168

メール shop@mmbooks.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショップ&イベント最新

iai個展『日日のふく』

 

 

 

マーマーマガジン  for men 第3号で特集させていただいて以来

京都の山村で暮らす iaiの暮らしぶり、在り方にわたしたちは感動し続けています。

 

そんな彼らの福々しい日日を通してつくられた衣をみて、さわって

袖を通して、みなさまの日日の福々につながることができたなら

これほどうれしいことはありません。

 

約2年ぶりの美濃での個展です。

みなさまのお越しをスタッフ一同こころよりお待ちしております。

                          (服部福太郎)

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

山村に暮らし四年

 

わたしたちの衣生活は、自家製(iai)が主となりました

 

他に頼りたくないということではなく

自らの手で生みだすものに包まれる幸福を覚えたからです

 

そして、今展ではわたしたちの福々しい生活から紡がれた

日常着、畑着、寝間着、働着らの“日日のふく”が並びます

 

土からでる旬を喰らうことのように

常に今の旬のからだが求める心地よさを着るということ

 

ハレをケで着ることもあるのは

生活の汚れを美しいと受けとるこころがあること

 

みなさまにとっての皮膚のような一衣が見つかりましたら幸いです

 

そして、自家製へのきっかけとなれば万々歳です

 

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

 

iai個展「日日のふく」

 

5月18日(土)− 26日(日) 12:00ー17:00

(個展中の店休日は5月21日(火)のみとなります)

エムエム・ブックスみの 岐阜県美濃市俵町2118−19

電話0575−46−8168

 

※5月18日はiaiの居相大輝さん・愛さんが在店されます

※5月18・19・20日の3日間は、エムエム・ブックスみのから徒歩5分の

エムエム・ブックス小屋「くわのは」で展示が開催されます。

一度お店にお越しいただいてから、おひとりおひとりにご案内させていただきます。

 

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

iai

ちいさな山村で生活し

山の恩恵を受けながら

自然に還すことのできる古今の自然布を用い

パターンを用いず直感的に衣を制作。

季をうつすように

村の草木、鉱物で布を染め

村人による刺し子や

自ら手縫いや刺繍を施し

手仕事が活きる衣を制作している。