murmurbooks

ショップ&イベント最新

NEW アーカイブ販売決定!

 

 

 

みなさま、こんにちは!

 

9/15(水)に開催しました

「緊急対談! ケルマデックさん×服部みれい

マーマーな農家サイト・祝リオープン記念 オンライントーク!

『シュナの旅』から考える、食のこと、農のこと、種のこと」、

おかげさまで、たくさんの人におたのしみいただくことができました。

 

今回、大変なご反響をいただき、

アーカイブ配信を、期間限定で販売することとなりました!

 

ご希望の方は、下記詳細をご覧いただき、

メールにてお申し込みください。

 

◎アーカイブ動画視聴料
2000円

 

◎アーカイブ販売受付期間

2021年9月17日(金)〜9月20日(月)の4日間

 

◎アーカイブ視聴期間

2021年9月21日(火)〜9月30日(木)

 

◎お申込み方法

下記5点をご記入の上、みれかる事務局(mmbooks.milecul@gmail.com)

まで、メールでお申込みください。

 

1、お名前(よみがな)

2、ご住所

3、電話番号

4、メールアドレス

5、お名前とお振込み名義が違う場合、お振込み名義をご記入ください

 

*みれかる事務局 mmbooks.milecul@gmail.com からのメールを

受信できるように設定してください

*メールアドレスの間違いが大変多いです! メールをお送りいただく前に、

よくご確認ください

*アーカイブ販売のお申込み受付完了メールは、宇宙タイミングでお送りします。

ゆったりとお待ちいただけたらさいわいです

 

 

+++++++++++++++++++++++++++

エムエム・ブックス みれかる事務局

メール担当:はなわまこと、秋道ひとみ

エムエム・ブックスみの

0575-46-7091

 

 

 

ショップ&イベント最新

終了 9/15 ケルマデックさんと緊急対談!

 

******

 

緊急対談!
ケルマデックさん×服部みれい

マーマーな農家サイト・祝リオープン記念

オンライントーク!

『シュナの旅』から考える、食のこと、農のこと、種のこと 

 

*****

 

多次元干渉、異次元や宇宙の話といった超常トークやユニークなワーク、そしてセッションが大人気の、おなじみ、『地球統合計画NEO』の著者ケルマデックさん。そんなケルマデックさん、最近の講座やワークでは、『シュナの旅』(宮崎駿=著 徳間書店=刊)についてお話されることがとても多いそうです。

 

一方、服部みれいは、東日本大震災後、自然農との出合いをきっかけに立ち上げた「マーマーな農家サイト」http://murmur-farm.com

の活動に再び力を入れはじめています。また自身も2015年春に、東京・神宮前から会社ごと山間のちいさな町へ移住。ちいさな畑を耕しながら、「民族皆農」や「小農」にあらためて思いを馳せる日々を送っています。

 

昨春からの世界的な感染症の騒動のなか、昨年は種がたくさん売られ、畑をはじめる方も一気に増えたと聞きます。同時に食糧自給率の低い日本で、食糧危機についても現実味を帯びて語られるようになりました。多くの人が、自分たちの食べものについて遠くの見知らぬ誰かに依存する現代。同時に、種は失われ、土地は急速に力を失いつつあります。

 

世界の大転換期の今、とても気になる、食のこと、農の問題、種の話。

『シュナの旅』で描かれている世界の話とともに、これからの世界がどうなっていくのか。自分たちに何ができるのか。どんなことが起こるのか。じっくり語り合います。

 

『シュナの旅』は、宮崎駿さんがチベットの民話をもとに、オールカラーで描いた絵物語です(1983年初版)。『シュナの旅』を読んだことがないかたでもわかる内容ですが、読んでおくとよりおもしろさが増すかもしれません。

 

 

谷あいの貧しい小国の後継者シュナは、

実りの種をたずさえて、

はるか西方にあるという豊饟の地をめざす。

その地には、人々の飢えを除く黄金の穀物が

美しく輝いているというのだ。

 

 

『シュナの旅』(宮崎駿=著 徳間書店=刊)より抜粋

 

 

食、農、種について、あたらしい切り口から迫る緊急トーク。ケルマデックさん曰く、「農と食の未来について、シュナの旅に関する多次元相互干渉からカタカムナからフィンドホーンからハチミツからおすすめのアニメまで、いろいろ出てきそうです」。服部みれい個人的には、「不食」や「少食」の実践者も確実に増えているということにも注目をしています。人は、自然は、地球は、どう進化していくのでしょうか? いずれにしても、たのしみながら、今とこれから、そして食や農に思いをはせるスペシャルな1時間半になりそうです。

 

マーマーな農家サイト・祝リオープン記念とともに、この秋開講の「みれい☆かるちゃ〜☆すく〜る」こけらおとし企画として、開催させていただきます。

2021年秋分直前、いよいよ世界が大きく変わる今、ぜひ、お見逃しなくご注目ください!

 

マーマーマガジン編集長

服部みれい

 

※このトークの収益の一部は、「マーマーな農家サイト」の運営費につかわせていただく予定です

 

▼イベントの詳細はこちらから
============================================
 
緊急対談!

ケルマデックさん×服部みれいマーマーな農家サイト・祝リオープン記念オンライントーク!

『シュナの旅』から考える、食のこと、農のこと、種のこと
 
============================================

 

日時:2021年9月15日(水)夜19時—20時半

参加方法:オンライン配信

参加費:2000円(税込)

 

☆お申し込みのかた全員に2週間限定でアーカイブを配信させていただきます。

☆定員になりしだい、締め切らせていただきます。

☆おかげさまで、おしらせから2日で定員に達しまして、熟慮の結果、

今回特別に申し込み枠を増量させていただきました。

たくさんの方々にご参加いただけたらと思っております。

 

______________________________________________________________________________________

◎登壇者プロフィール

ケルマデック

自分自身で確認しなければわからないという信条のもと、誰もが人生の可能性を拡げるための独自のセッションやワークショップを30年以上にわたって開催。多くの人々が「自分自身で奇跡を起こす」ためのサポートをしている。超常オタク。中2病。最終学歴自動車学校卒。著書に『超常戦士ケルマデック』(M.A.P.出版=刊)、ありえない方法で日常が変わる 異次元とつながる本 (総合法令出版=刊)では服部みれいとの対談も収録。近著に『地球統合計画NEO』(エムエム・ブックス=刊)、『すばらしきUFO・銀河連合・アセンションのひみつ 新しい世界に向かう本』(徳間書店=刊)がある。9/16には、『スイさん、私、人生変えたいんです 過去と未来があっさり変化する物語』(大和出版=刊)、9/25には『超常教室ケルマデック』(マキノ出版=刊)が発売予定

 

 

服部みれい

文筆家、マーマーマガジン編集長、詩人。2008年に『マーマーマガジン』創刊。2011年より出版社エムエム・ブックスをはじめる。マーマーマガジンのセレクトショップ「マーマーなブックスアンドソックス」主宰。2015年春に東京・神宮前から、岐阜・美濃に会社ごと移住。美濃から、あたらしい時代を生き抜くための、古くてあたらしい知恵を発信し続けている。著書に、『セルフクリーニングブック あたらしい自分になる本』シリーズ(筑摩書房)、『あたらしい東京日記』シリーズ(大和書房)、『わたしらしく働く!』(マガジンハウス)、『みの日記』(扶桑社)、『好きに食べたい』(毎日新聞)ほか多数。近著に、『自分をたいせつにする本』(ちくまプリマー新書)

______________________________________________________________________________________

 

◎みれい☆かるちゃ〜☆すく〜るとは?

2021年秋開講の、マーマーマガジン発、オンライン&リアルスクール。

マーマーマガジン&まぁまぁマガジン、服部みれいの著作などに関連する、たのしい講座やサロン、ワークショップなどを企画し、「自分をたいせつにすることがまわりのひとや自然をたいせつにすることにつながる」をモットーに、みなさんおひとりおひとりとともに学びを深めていく場です

 

◎マーマーな農家サイトとは?

マーマーマガジン発の全国の無農薬農家さんのウェブによるイエローページ。マーマーマガジンの読者さんが代々自主運営をしています。

マーマーな農家サイト

http://murmur-farm.com

 

 

▼お申し込み方法
1、こちらのフォームよりお申し込みください

https://forms.gle/o5dopYkZpQJzff7n9

 

2、お支払いは、9月13日(月)までに、2000円を、以下の口座にお願いいたします

______________________________________________

十六銀行 美濃支店 普通 1464681

株式会社服部事務所|カブシキガイシャハットリジムショ

______________________________________________

※振り込み手数料は、もうしわけありませんが、ご負担ください

 

3、みれかる事務局からのメールアドレス①(mmbooks.milecul@gmail.com)、

メールアドレス② (mmbooks.mcs@murmur-books-socks.com )を受信できるように設定をおねがいします

※ イベントの配信URLは②のアドレスから、お送りさせていただきます

 

4、開催日の2日前までにZoom招待URLが届かない場合は、

みれかる事務局

mmbooks.milecul@gmail.com

までお問い合わせください

 

 

*****

マーマーな農家サイト|みれい・カルチャー・スクール|エムエム・ブックス

 

マーマーな農家サイト yattokame@murmur-farm.com

しもやまくみ

 

みれかる事務局 mmbooks.milecul@gmail.com

秋道ひとみ、はなわまこと、アマミヤアンナ

 

エムエム・ブックス

服部福太郎、服部みれい

 

エムエム・ブックスみの 久保田桃子

0575-46-7091

 

 

 

ショップ&イベント最新

終了 7/9 朝カルオンライン講座!

 
<終了しました>

7/8(木)発売のプリマー新書『自分をたいせつにする本』(服部みれい=著 筑摩書房=刊)の刊行イベントが、7/9(金)夜、朝日カルチャー横浜教室のオンライン講座で行われます。

いよいよ、あたらしい時代。
自分のほんとうの気持ちに気づいて、楽になる。心地よく変わる。
皆さんの声や質問に答えながら、これからの生き方を見つめる双方向型オンライン講座です。

_________________________________

『自分をたいせつにする本』刊行記念 オンライン講座
あたらしい時代、自分の本心に気づいて心地よく変わる

7月9日(金)夜
19:00〜20:30

◎主催:朝日カルチャーセンター横浜校

_________________________________

お申し込みはこちらから
https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/e9d2e011-d559-7fe4-55dc-60b8696041a0

(マーマーマガジン編集部)

ショップ&イベント最新

終了 0618-22 佐々琢哉展<オンライン展示>


 
<終了しました>

☆6月18日―22日オンライン開催の佐々琢哉展ではたくさんのかたがたにご来場、ご購入いただき 誠にありがとうございました。
23日以降、絵をご覧になりたいというかたは、
下記、佐々琢哉さんブログからご覧ください(本展示で売れてしまったものに関しては販売できません。個別にご質問くださいませ)

◎佐々琢哉さんブログ
tabi-kutu.namaste.jp

◎絵についてのお申し込み、お問い合わせは、佐々琢哉さんへおねがいします
tabi.booking@gmail.com
 
 
 

佐々琢哉展
四万十の暮らしとその絵画と道具から

 

「大いなる自然に抱かれたい」と

世界60か国以上、自然との共生の智慧を守り続けてきた先住民を訪ね、

ローフードレストラン「TABI食堂」をはじめ、

自然とともにある暮らしの発信を続ける佐々琢哉さん。

 

さすらいの旅から定住の暮らしへ。

高知・四万十、山間の古民家で、

自給自足の暮らしをはじめて今年で8年経ちました。

 

今回の展示では、

手づくりの暮らしを味わい尽くす先に見えた

「暮らし」を超える、自然と自己への静謐なまなざしを

2020年から描きはじめた「暮らしの絵」と

「暮らしの道具」を通して迫ります。

 

人間の根源的な営み、自然とのひびきあい、

暮らしそのもののもつ美、そしてその豊かさとは?

 

「こうあるべき」ではなく、「こうでなくても生きられる」。

 

あたらしい時代に入ったいま、

こころが自由になり、あたらしい豊かさに溢れる

佐々さんならではの本質的でうつくしい提案を

ぜひのぞいてみませんか?

 

 

*******

 

 

 

木々に囲まれた一族の土地で、家族で寄り添い、

その土地の恩恵から日々の糧を得て質素に暮らすその姿、

それは、こころの深いところから美しいと感じるものでした。

そして、その「美しさ」は、「豊かさ」と「強さ」をも内包したものであったのです。

ぼくが旅先でお世話になった、

四世代で電気も石油にも頼らず自給自足の暮らしを営む家族のおとうさんが、

1日の畑仕事が終わった夕暮れに話してくれたことを、

ときどき思い出します。

「わたしたちの暮らしは、外の世界で何があっても変わらない強さがあるのだよ」。

そして、彼らの緑の大地を見渡して教えてくれたのです。

「ごらん、これこそが、わたしたちの祖父母が、子どもたちのために

何よりも残していきたいと思った『豊かさ』なのだ」と。

 

『ささたくや サラダの本』(エムエム・ブックス=刊)より抜粋

 

 

 

*******

 

佐々琢哉展

四万十の暮らしとその絵画と道具から

 

 

高知・四万十での自給自足の暮らしを

「暮らしの絵」と「暮らしの道具」を通してご紹介する展示です。

手づくりの「暮らし」を味わい尽くす先に見えた

「暮らし」を超える、自然と自己への静謐なまなざし。

あたらしい時代に入ったいま、

人間の根源的な営み、自然とのひびきあい、

暮らしそのもののもつ美、そしてその豊かさに迫ります。

 

展示期間 2021年6月18日(金)〜22日(火)全5日間

場所 オンライン&エムエム・ブックスみの(岐阜県美濃市俵町2118-19)

 

お問い合わせ 0575-46-7091|メールyattokame@murmurmagazine.coom

主催:エムエム・ブックス、マーマーマガジン編集部

 

 

◎オンライン展 佐々琢哉展 四万十の暮らしとその絵画と道具から

会期中毎日生配信|9時半—10時 インスタライブ

・毎日暮らしの絵と道具を解説つきでおみせします

(アーカイブあり)

・絵は佐々さんお手製の額とともに販売させていただきます

・暮らしの道具は展示のみです

18,19,20,22生配信|17時半—19時 インスタライブ
佐々琢哉さん、服部福太郎、服部みれいフリートーク

 

 

◎オンライン展 ワークショップ企画 佐々琢哉の暮らしの哲学問答集

6月18日、19日、20日開催|10時半—12時

・佐々琢哉の暮らしの哲学問答集。

毎日1時間半程度、3〜4組のかたと

佐々琢哉とみなさんのフリートーク。

質問からさあ、何が生まれるか?

くわしくはこちらへ。

 

 

 

<決定しました!>
◎6月21日(月)夏至の夜! 19時半—21時 佐々琢哉展スペシャルトーク 4人ぞれぞれの暮らしのはなし

佐々琢哉さん、
佐々さんがその暮らしぶりに共感する3人、
佐々くんの古い友人である「えみおわす」阿部直樹さん、
淡路島で料理家として活動されている「Wind for Mind」のどいちなつさん、
服部みれいが、それぞれの暮らしの実践について語り合います。

4人それぞれの暮らしの実践にまつわる話をベースに、
あたらしい時代の暮らしのこと、農的な暮らしのこと、
ローカリティ、自分をたいせつに暮らすということ、自立するとは?
経済のこと、仕事のこと、ひとりで生きること、家族と生きること、などなど、
いまきになるトピックスをたっぷりお話しできたら。
みなさんからのご質問ももちろんうけつけたいと思っています。

あたらしい時代、自分らしく、
ほんらいの自分で生きるにはどうしたらいいかのヒントが
満載になりそうです。

こちらは、zoomで、100名限定の宇宙料金で
開催させていただきます。

生でこのスペシャルトークを聞きたいかた、
またこの時間をともにし、
夏至という宇宙タイミングで、
より自分自身をアップトゥデイとしたいかた、
ご応募ください!
先着順で、受付をさせていただきます。

◎6月21日 佐々琢哉展 夏至スペシャルトークライブ

1、 お名前
2、 ご住所
3、 電話番号(zoomがつながらない場合などに連絡とらせていただくかもしれないため、よくつながる番号をおしえてください)
4、 メールアドレス(zoom招待のURLをお送りします)
5、 登壇者にメッセージなどありましたら!

をご記入のうえ、

エムエム・ブックスみれかる事務局
mmbooks.milecul@gmail.com

にメールをください。
6月21日(月)正午を締め切りとさせていただきます。

こちら、6月17日(木)午後におかげさまで
満席となりました。
なお、アーカイブ(21日から1週間配信)を
宇宙料金で配信します。
こちらも同じメールに、同じようにお申し込みください。

アーカイブ配信のお申し込み締め切りは6月22日正午を締め切りとさせていただきます

お支払いは、トークイベントをきいていただき
受け取った分を、メールでご返信のさいにお伝えする口座にお振り込みいただけましたらさいわいです。

くわしくは、このページの参加費GIFTについて、をお読みいただけたらうれしいです。

【ささたくや】1979年、東京うまれ。世界60カ国以上の旅の生活から、料理、音楽、靴づくりなど、さまざまなことを学ぶ。2013年より、高知県四万十川のほとりのだんだん畑の上に建つ古民家に移住し、より土地に根ざした自給自足を志す暮らしをはじめる。移動式ローフードレストラン「TABI食堂」が全国各地で話題に。TABIは、中米を1年間旅した馬の名前から

くわしくはtabi-kutu.namaste.jp/ へ

 

(マーマーマガジン編集部 服部みれい)

ショップ&イベント最新

<中止>0501日本みつばちWS

こちらのイベントは中止となりました。
コロナのこと、天候のことで、直前まで開催について講師の白金さんやスタッフと検討させていただいておりました。
たのしみにしていただいたみなさま、ほんとうに申し訳ございません。

 

日本みつばちのお話会&巣箱づくりミニワークショップを行います!

ゲスト 広田奈津子(カンタティモール監督)
小向サダム(シンガーソングライター)

※エムエムブックスで飼っている日本みつばちの見学をしたり、
みつばちを飼うための巣箱を参加者全員でつくります

*** ***

5月1日 (土) 10時から15時

場所 : 美濃市エムエム・ブックス 小屋
美濃市街

料金 : 2500縁 ミニライブは投げ銭

持ち物 :
作業用手袋(ニトリルグローブがおすすめ)

お昼ご飯一品持ち寄り
(参加人数に関係なく、自分が食べてちょうどいい量をもってきてください)

*** ***

◎スケジュール

10時から12時
エムエムブックスで飼育する日本みつばちの巣箱をみんなでつくります
(簡単なワークショップ、電動インパクトドライバーを使いますが
初心者の方もサポートしますのでお気軽に参加ください)

12時から13時
ポットラック&交流会

13時から14時
日本みつばちプレゼンテーション
日本みつばちの生態や、今起きてる問題についてお話しします

14時から14時半
質疑応答

14時半から15時
小向サダムミニライブ (投げ銭)
※東ティモール水害の寄付にさせていただきます

*** ***

ご参加申し込みは
tanomoshi@murmur-books-socks.comまで
①代表者お名前
②ご連絡先
③複数の場合は同行参加者様お名前を明記の上、
メールいただければさいわいです!!
当日の会場の詳細は参加者様のみにお伝えいたします。

(エムエム・ブックス みの)