murmurbooks

読者の広場

0209|冷えとりお茶会 atつくば

みなさま、こんにちは!

 

つくばに住む読者さんから、冷えとりお茶会のお知らせです。

かねてから冷えとりお茶会を開催したいと思っておられた

主催者の居在家純子さん。

迷っているより行動しよう!と満を持して開催されます!

 

きっと近くにも、マーマーガール&ボーイがいるはず!いう思いで開催されます

冷えとり茶話会、ピンときたかたはぜひ!

***
冷えとりお茶会@つくばカピオ和室2

 

はじめまして。冷えとり歴7年ほどのお世話人です。

このたび、ふだん暮らしているつくばでも、仲間に会えたらいいな、と思いお茶会をすることにしました。

先生やえらいひとはいません。

「この冬はこう乗り切った!」「このレギンス使えるよ」などと、みんなでわいわい情報交換しませんか。お会いできるのを楽しみにしています。

 

◎とき:2018年2月24日 13時15分〜14時45分

◎ところ:つくばカピオ4階和室2(つくば市竹園1-10-1)

◎参加費:500円(お茶、お茶うけつき)

◎定員:10名さま

◎お申込み:tsukuba.pokapoka@gmail.comまで、以下をお知らせください。

お問い合わせもお気軽にどうぞ

・お名前

・お電話番号

・参加人数

・冷えとり歴

 

主催者:居在家純子

 

***

 

わいわいと冷えとりのことをお話する集まり、たのしそうです!

ご応募は、直接、居在家純子さん(tsukuba.pokapoka@gmail.com)まで

よろしくお願いいたします。

 

 

(mmbs やまだともみ)

読者の広場

ベストオブコンシャスプラン発表です!

 

 

 

みなさま、こんにちは!

 

 

おかげさまで、

11月11日(土)

日めくりッ コンシャスプランカレンダー2018が

発売の運びとなりました!

 

2018年版へもたくさんのコンシャスプランのご応募を!

本当に本当にありがとうございました!

 

2018年版

ベストオブコンシャスプランは!

厳正なる選考の結果、

この3名の方に決定いたしました!!!

 

 

 

****

 

2月7日(水)

弱点は天からの贈りもの

 

ひなぎくさん|東京都|会社員

 

 

3月10日(土)

思いっきりジャンプ!

 

 

ゆゆさん|山形県|職人

 

 

5月11日(金)

いつもこころにナウシカを

 

ミルクココアさん|福岡県|介護士

 

 

 

***

 

 

わあ!!!

パフパフパフパフ!!!!

 

ひなぎくさん、思いっきりジャンプ!さん、ゆゆさん、

おめでとうございます!!!

 

くわしい内容は、

ぜひ、コンシャスプランカレンダー2018を

ご覧になってくださいね。

 

 

2019年版も早速応募がはじまっているのですが

(すでにプランが届きはじめています! 早い!!)

ぜひ、みなさん、

次回も、ご応募くださいませ。

 

 

 

掲載されるプランの特徴は、

 

 

  • 自分らしいプランである

(いかにもコンシャスプランふう、みれいふうは、掲載されない可能性が)

  • 弾けたプランである
  • わらえるプランである
  • 脱力するプランである

 

 

 

です。

 

ぜひ参考にしていただいて

ふるってご応募くださいませ。

 

今回ベストオブに選ばれた3名の方には、

マーマーなブックス アンド ソックスから

約10000円相当のアルパカのレッグウオーマーを

プレゼントさせていただきました!

 

足元をあたためていただけましたら

さいわいです。

 

 

(服部みれい)

読者の広場

1030|手紙を書こう!

 

 

みなさま、こんにちは!

 

 

今回、「日めくりッ コンシャスプランカレンダー」の

コンシャスプランを見て、

お便りを送ってくださった、

お二人の方のお便りをご紹介させていただきます!

 

 

***

 

 

 

こんにちは。

 

今日、10月5日の日めくりカレンダーが、

「手紙を書こう!」なので、

みれいさんとエムエム・ブックスの皆様に、

お手紙を書きます!

 

暑い夏が終わり、

秋がやってきました。

 

夜の湯たんぽが、

心地よくなりました。

 

わたしは、夏の終わりに、

ヘアドネーションで、

35cm髪を切りました。

 

今40歳なので、

45歳まで伸ばして、

また寄付しようと計画しました。

5年ごとに、生まれ変わる感じです。

 

来年の手帖とカレンダーも予約しました。

あたらしい仲間と、

すてきな1年になれる気がします!

 

 

 

 

しぜんと共に、

すてきな秋をお過ごしくださいね。

 

 

(てるてるちゃん|大阪府)

 

 

 

 

 

ずっとずっと、

お手紙を出したいと思っていましたが、

なかなか書けず……。

でも、今日(10月5日)のコンシャスプランが、

「手紙を書こう!」だったので、

思い切って書いてみました。

 

わたしは、テラスモール湘南の

「みれいさんの本棚」をきっかけに、

5年くらいマーマーガールですが、

昨年の12月にルミネ横浜の

トークショーに&サイン会ではじめて、

みれいさんにお会いしました。

 

思っていたより、

親近感を感じたのを覚えています。

(すごくおげんきで、

もっと遠い人のように思っていました)

 

当時、わたしは妊娠していたのですが、

福太郎さんとみれいさんに、

「おめでとうございます」

と声をかけてもらって、

とてもうれしかったのを覚えています。

 

冷えとりも、できる範囲で続けていて、

(今思うと、足がすごくほてって、

脱ぎたくなるようなことも多かったのですが)

出産予定が4月でしたので、

げんきな赤ちゃんが産まれるのを待っていました。

 

 

 

 

 

ところが、2月末に、

胎児に脳腫瘍が、あることがわかりました。

産める病院が決まるまでも、

時間がかかったし、

産後も心配ごとが多くて、

毎日ジェットコースターに乗っているようでした。

 

まさか自分に、

こんなことが起こるとは思わなかったし、

「足がほてっても、

靴下を履いてればよかった」とか、

思いました。

 

でも、日々それでも落ち着いて、

大切なときに決断できたのは、

冷えとり、マーマーマガジン、日記、

ホ・オポノポノ、メルマガなど……

これまで読んできたみれいさんの本や、

紹介してくださった知恵のおかげかと思います。

 

頼りきるわけではなく、

わたしの中に息づいてると思っています。

 

「murmur magazine for men」の、

秋山佳胤先生のコラムもすごくよかったです。

タイムリーでしたし、

暖かなパワーが溢れていて、

思わず泣いてしまいました。

本当に暖かいパワーを感じたんです。

 

娘は(本当にかわいい女の子でした!)は、

13の月の暦の「黄色い太陽の種」に産まれて、

時間を外した日に亡くなりました。

 

最後は、19日ほど自宅で、

一緒に過ごすこともできたし、

病院や応診の先生、スタッフのみなさんにも、

本当によくしてもらって、

よい時間を過ごすことができました。

ひとつの季節が過ぎたようでした。

 

以前、みれいさんがメルマガで、

最近「亡くなる人が多い。

辛い別れをする人が多い」

というようなことを、

述べられていたかと思いますが、

本当にわたしもそうです。

 

亡くなってしまって本当に悲しいし、

赤ちゃんを見ると、

まだまだ辛いけど、

死との世界との隔たりが、

なくなったというか、

「わたしは大丈夫なんだ、

見守ってもらえているんだ」

ということに気づけた気がします。

 

他にも、世界は愛でできているんだなと、

思うことがしばしばありました。

きっと娘が、わたしのために、

見せてくれたんだと思います。

 

そう思えたり、

そう気づけたのも、

みれいさんの本のことばたちや、

紹介してくださった知恵を、

取り入れたからだと思います。

 

手帖も予約させていただきました。

いつもはシャンパンゴールドに、

しそうだったけれど、

パワーをもらえるように、

リッチゴールドにしました。

(娘のことも感じられるように。

黄色がとても似合っていたので)

 

リッチゴールド……

昨日の中秋の名月の色みたいですね。

こちらでは見えたり隠れたり……でしたが、

光が強く美しいお月さまでした。

 

いろいろなシンクロも重なり、

いつも励まされています。

 

みれいさんのことば、好きです。

 

わたしもこれからは、

間に合う人になれるよう、

精神していきたいです。

 

今は呼吸法をして、

ハーブをベランダで育てたいと思っています。

 

長文、失礼いたしました。

ありがとうございます!

 

 

(のんちま|神奈川県)

 

 

***

 

 

てるてるちゃんさん、

のんちまさん、

「手紙を書こう」の日に

本当に、しかも、

編集部宛に(!)お手紙をくださって、

ありがとうございました!

 

大感激しました!

 

てるてるちゃんさん、

ヘアドネーションのお話、

すばらしいですね!

すてきなお話を

シェアしてくださって光栄でした。

ありがとうございました!

(今年も予約してくださったとのこと、

ありがとうございます!

また2018年もよろしくお願い申しあげます)

 

そして、

のんちまさん。

 

のんちまさんのお手紙を、

郵便局の方から受け取って

立ったまますぐに読んで

(こんなことも珍しいのですが)

ただただ、涙がこぼれました。

 

世の中には、

本当に本当に、

いろいろな苦難があるけれど、

のんちまさんの体験を、

どう捉えたらいいのかと……。

 

マーマーマガジンの読者さんから、

出産にまつわる

たくさんの体験のお話をうかがいます。

 

流産の経験、

うまれてきた子の疾患、

また子どもができないという体験……。

 

死産のお話も聞きます。

 

福島で事故があった時に

妊娠しておられて、

死産を経験した方もおられます。

その方がどんなに苦しまれたか。

(なお、その後、その方は、数年後に

妊娠されて、あかちゃんを無事出産されました)

 

あかちゃんが生まれてハッピー!という体験も

もちろん、たくさんうかがっていて、

とてもとてもうれしい!

でも、一方で、

たくさんの、大変な体験があるのも事実です。

 

(本当に、あたりまえなことって、あたりまえじゃないんだなあ、

いのちがこうして在る、ということは

奇跡のようなことなんだなあと思わされます)

 

 

まさんの体験、

そして、のんちまさんが、この体験を

このように受け止め、乗り越えようとなさっていること、

 

ただただ胸がいっぱいになりました。

 

尊いお便りを

本当に、本当に、

ありがとうございました。

 

どうぞどうぞ、

冷えとりやそのほかの知恵、

たのしんで続けていただけたらうれしいです!

 

 

 

(服部みれい)

 

 

 

 

***

 

 

読者のみなさまのおたよりに、

編集部一同、励まされたり、勇気づけられたり、

うんうん、と共感したり、

たくさんの思いをやりとりさせていただいております。

 

ご返信できないものも多いですが、

気軽にお便りやメールをいただけたら

うれしいです。

 

◎お便りはこちらまで

501-3725

岐阜県美濃市俵町2118-19

マーマーマガジン編集部宛て

 

◎メールはこちらまで

info@murmurmagazine.com

 

 

 

 

(編集部)

 

 

 

 

 

読者の広場

1023|声のメルマガのお便り

みなさん、こんにちは!

 

声のメルマガ「服部のすきにいわせてッ」の

ご感想をたくさんいただいております!

 

その中からいくつかご紹介させていただきますね。

 

 

***

 

メルマガ聞きました。

大好きなみれいさんの声が聴けて、

うれしかったです。

土地柄(?)なのか、

みれいさんと会ったことがある方々がいて、

すてきな女性とみなさんおっしゃってました。

メルマガからも素敵ぷりが伝わってきます。

次回も楽しみです。

多忙だと思いますが、

からだにご自愛して活躍してください。

 

(青空|長野県)

 

 

いつも楽しいコンテンツを出版、

配信していただいて、

ありがとうございます。

 

第一回「服部みれいのすきにいわせてッ」の配信を、

たのしく拝聴させていいただきます。

 

よいですね、声のメルマガ。

 

映像で、みれいさんのお話をお聴きするのも、

もちろん楽しいですが、

音声だけだと、余分なものがないぶん、

話されている方のお人柄や、

その時の空気感が、

そのままダイレクトに感じられて、

お話もより一層おもしろく感じました。

 

まだ始まったばかりということで、

バックグランドの音楽もなかったり、

すごくシンプルな演出でしたが、

私には逆にそれがすごく心地よかったです。

シンプルにお話を聴けたなぁ、と。

 

ちょもやまさんのお話のくだりでは、

なんだかお会いしたこともない方なのに、

声の響き方から彼の感情も伝わり、

すごく我がことのように、うれしく感じたり。

 

みれいさんの声のメルマガは、

なんだか温かいなぁと感じました。

 

これからもどんどんこの声のメルマガが、

続いていくことを、切に願います!

 

ところで、話はずれてしまいますが、

みれいさんは、

トランスフォーメーションゲーム」って、

されたことありますか?

 

スピ版人生ゲームといわれているのですが、

これがすごくって。

 

ちょもやまさんの、

ボードゲームのお話がでた時に、

ふとみなさんも一緒に、

ゲームされたらおもしろそうだなと、

勝手に想像してしまいました。

 

わたしは個人的な趣味の範囲で、

このゲームを家族や友人と

一緒にプレイしたりする程度なのですが、

ほんとにすごいゲームだなぁ、と。

 

ぜひ、ちょもやまさんにおすすめしたい。(笑)

 

と、話が脱線してしまいまいたが、

次回からの配信もこころよりたのしみにしています。

 

まだ美濃のショップには、

お伺いしたことがないですが、

いつか遊びに行きますね。

 

これからどんどん寒くなりますが、

みれいさま、スタッフの方々みなさん、

お体ご自愛くださいませ。

 

(ミラクルガール)

 

***

 

青空さま、ミラクルガールさま、

ありがとうございます!

 

まだ声のメルマガを、

聞いていない方がいらっしゃいましたら、

ぜひ一度視聴してみてくださいませ。

 

こちらからできます!

 

(編集部)

読者の広場

1018|『いいかげん人生術』はがき #4

 

大好評発売中の『秋山佳胤のいいかげん人生術

 

読者はがきがたくさん、届いております!

みなさま、ほんとうにありがとうございます!

 

引き続き、その中からいくつかご紹介させていただきます。

 

 

***

 

今回もすてきな本を届けてくださいまして、

どうもありがとうございます!

 

今まで、「自分ってちょっと変なのかな〜」と、

思っていたことがありました。

ですが、この本を読んで、

「あ、よかったんだ、自分のままで」と、

すごく楽になりました。

より自由になれた気がします。

 

今、また最初から線を引きながら、

読み直しています。

 

 

(のんびりっ子|35|宮崎県)

 

 

人間は自分の喜び、

たのしみに素直であってよいのだと知り、

こころが自由になった。

 

愛というのは、

自分より他人のしあわせを、

願わなくてはいけないのではなく、

自分自身がしあわせでいること!

(なんてステキ)

 

この本に感謝。

 

(ひじき|48|石川県)

 

 

秋山佳胤先生のご著書を拝読するのは、

はじめてですが、YouTubeの動画を見て、

とても気になっていました。

 

秋山先生の考え方、

こころの在り方が見えたような気持ちです。

 

特におもしろかったのは、

「第2章 いいかげんな健康術の予防接種」のことです。

 

その章以外もサクサク読めて、

とてもおもしろく、

テーブルに置いていたこの本を、

夫も手に取って読んでいました。

 

また第2弾をたのしみにしています。

 

今度はこのテーマをもっと、

つっこんでいただけたら楽しそうです。

秋山先生に出合えたみれいさん、

マーマーマガジンのみなさまが、

よりしあわせになりますように。

 

愛を込めて

 

(tomomilk|33|栃木県)

 

 

「これが正しい」という人への、

アレルギー反応が、

最高潮であるタイミングの購入でした。

 

まず前置きに、

自分の自由を拡大するものであれば、

受け入れてみてもいいとあり、

わたしが信じたいスタンスはこれではないかと……。

 

アレルギーがある理由は、

反応する自分がしばっているものだと実感しました。

 

murmur magazineをはじめ、

常識らしきものから、

少しずつ意識を拡大させつつも、

現実の社会生活は、

たまに近しい家族の常識への反応に、

まだまだ敏感で、

それに思い悩んでいるのではないかと思う始末。

 

たぶんそれも練習のようなもので、

こころの中はもっと寛容でいていいような、

気持ちにさせてくれる本です。

 

(内に秘め、誰のことも否定せず、

まだまだ足りないといわず、

いい加減にヒラヒラしつつ、

やってゆければと思います)

 

(あやへ|32|宮崎県)

 

 

みなさま、ありがとうございます!

 

秋山佳胤さんの本は読むと、

自分らしく、より自由に、

なっていきます!

 

まだ読んでいない方がいたら、

ぜひチェックしてみてくださいませ。

 

秋山佳胤『いいかげん人生術 

 

(編集部)