murmurbooks

読者の広場

murmur magazine for men3号 #4

 

みなさん、こんにちは!

発売から約3か月たっても、

おかげさまで反響が続いております!

 

読者ハガキやメールが、続々といただいていますが

その中から

いくつかご紹介させていただきます。

 

 

***

 

2002年に都会から水の湧く田舎へ移住し、

理想の暮らし(何でもつくる)をしたい!と

ワクワクして(パートナーと一緒)いたのにもかかわらず

営業好きゆえか、がんばりすぎて心身ともに大変なことになり、

パートナーと別々に暮らすことになり、

都会へ戻り

治療生活をすることになりました(神様の強制終了的に)。

 

わたしには辛い特集かもと思ったら

全然そんなことなくて、

楽しかったあれこれも思い出し、

(というよりわたしの中に生きていた)

P14、15はほほえんでしまった。

(もっと書き足したい|笑)

 

二項対立じゃないですよ。この特集。

 

ハードコアな田舎暮らしをしたわたしとしては、

ちょっとsweetすぎると思ったけど!(笑)(失礼)

とってもいいと思いました。

 

今は「都市↔︎自然の中の暮らし」の

いろいろなグラデーションがあっていいなって思っています。

 

(ヌプリ|北海道|自営業)

 

 

みれいさんがわたしに

新しい世界を教えてくれました。

みれいさんの著作、

おすすめのもの、順番に挑戦中。

murmur-formenのバックナンバーも読んでみたいです。

手帖も気になります。

中島正さんも初めて知りました。

42歳だけど知らないってことって、多いもんだ。

 

(金田一愛子|愛知県|児童館職員)

 

 

中島正特集、ありがとうございました。

 

我が家でもそれに伴う毒出しがありました。

 

私自身はワクワクするしかなくって、

本当にこの特集に喜々としていたのですが、

まさに不耕の民で描かれるような

生活を送るパートナーに見せたところ、強い反発を受けました。

こういう反応を示す方も多かったかも。

でも、必ず、出たはず。毒は出ておしまい! 

我が家もその次に統合が来ました。

しかも、その時は果てしなく思えても、トータルでなんと1時間くらい! 

スピードも上がっているのを感じます。

 

(やよひ|鹿児島県|リメイクデザイナー)

 

 

中島正さんのグラビアが素敵ですね。

おじいちゃんのような、

おばあちゃんのような、

少年のような大人なような。

(こんなお顔のおばあちゃんになりたいものです。)

何より慈愛に満ちたお顔だなと思いました。

稲葉俊郎さんの病院とは別の「養生所」というアイディア、賛成です!

町に1件あるといいな。

 

(MN|神奈川県|書店勤務ときどき畑)

 

 

formenの発売日を心待ちにしていました。

 

発売の日、手元にあるのに楽しみすぎて、

もったいなくて2日間は表紙をながめながらうきうき。

iaiさんの暮らしもステキですし、中島さんもガン‼︎ と衝撃的でした。

職業柄、ハゲと薄毛のことはお悩みなどが知れてよかったです

(なかなか聞けることではないので)

 

(SM|愛知県|美容師)

 

 

岡山ののどかな工地に暮らしながら、

いつも何かヘンだ、モヤモヤする…と感じていたことが、

この特集を読んでとても強くはっきりしてきました。

納得してしまったというか。

自分がどうしたいのかもずっと具体的にみえました。

こころが大きく揺さぶられたのも本当です。

ありがとうございます。

 

どんな風に行動できるか、ちょっとずつ動くつもりです。

本当に感じて思ったことを発信しつづけてください。

 

(MN|岡山県|主婦)

 

 

みれいさん、スタッフの皆様こんにちは。

最近、まぁまぁマガジンの存在を知り

早速まぁまぁマガジン22号とmurmur magazine for men1.3号を

買わせていただきました。とても興味深い記事ばかりで

何回も読み返しています。うまくいい表せないんですが、

ナチュラルに力強く生き抜くための

教科書のようなマガジンだなと思います。

(そういうわけで、

いいと思う文章には線を引いてよりよく読んでいます)

ウエブもまめに見ています。

ホームページの今日の編集部もなんか

濃いい感じで好きです。本当は印刷して紙にして読みたいぐらいです。

 

(けい|栃木県|田舎で小さい食堂をやっています)

 

***

 

みなさんからのお便りに、ウンウンとうなづいたり、

ジーンと励まされたり。

今日はご紹介していませんが

男性の読者さんからのお便りも増えています!

 

ぜひお便り、お待ちしています!

 

(murmur magazine for men編集部)

 

 

 

読者の広場

murmurmagazine for men 3号 #3

 

おかげさまで、『murmur magazine for men 3号』は、

4月末の発売以降、全国のお取り扱い店さんで、

ウェブショップ「マーマーなブックスアンドソックス」で、

岐阜県美濃市にある実店舗「エムエム・ブックス みの」で、

たくさんの方々にお求めいただいております!

 

今も毎日のように、ぞくぞくと、

読者のみなさまからご感想のおはがきをいただいております。

本当にありがとうございます!

 

引き続き、読者の方々からいただきましたご感想を

ご紹介いたします。

 

 

***

 

ちょうど会社をやめる時期に中島正さんの特集の記事を読み、

これから何をどうやって生きていこうか……

という探し物の方向性が示された気がしました。

つい先日2週間近く、

ほぼ都市とは無線の離島で座禅合宿に参加し、

こころが少し洗われた状態で拝読。

素直に「こういう生き方いいな」と思いました(笑)

いろいろなしがらみから自分になっていく、

ちょうどそのターニングポイントにいるのかも、とも。

気張らず、力まず、淡々とでも朗らかにたのしく、

選んで歩んでいっていいと背中を押してもらった気分です!

すてきな特集、ありがとうございます。

まずは小さなみの虫生活からチャレンジしてみます☆

 

(忍草|北海道|39歳|無職)

 

 

牧野富太郎特集をぜひ。

 

久しぶりに言いたいことを言っている

magazineを読んだ気がします。

やっぱりお金を払うなら、

言いたいことを言っているおもしろいものに

払いたいと思う。

中島正さんの『都市をほろぼせ』を読みたいと思います!

招き猫の表紙のもの(『murmur magazine for men 2号』)も

読んでみようかなあと思っています。

 

(ハンカチノキ|新潟県|28歳)

 

 

今回はじめて読みましたが、

とてもいい記事ばかりでくり返し読みました。

特に中島正さんの特集の中のイラストは

コピーして部屋に貼っています!!

ソーヤー海さんの「共感男子」もすばらしかったです。

これから毎号たのしみにしております。

お気に入りの雑誌に出合えてしあわせです!!

Tシャツほしいです!!

よろしくお願いします!!

 

(チャオ|東京都|34歳|会社員)

 

***

さらなるご感想、お待ちしております。

 

雑誌に付属しているおはがき、

お便り、

メール、

FAXなど、

どんな方法でも大歓迎です!

 

◎お便り

501-3725

岐阜県美濃市俵町2118-19

マーマーマガジン編集部宛て

 

◎メール

info@murmurmagazine.com

 

◎FAX

0575-46-7093

 

までお送りくださいませ!

 

(編集部)

 

 

 

読者の広場

murmurmagazine for men 3号 #2

 

 

大好評発売中の『murmur magazine for men 3号』。

murmur magazine for men 3号 #1」に続き、

みなさまからいただいたアンケートを、

ごく一部ですがご紹介させていただきます!

 

ご購入いただいたみなさま、

そして、たくさんのご感想を本当にありがとうございます。

 

***

 

とても大切なことを考えはじめられる特集でした。

 

すぐにどうしたらいいか、

という答えのようなものが出ることではなく、

ずっとずっと考え続けていくことなんだなと思います。

ものすごくいいきっかけになりました。

 

日々の暮らしから「本当の豊かさ」

について考え、やってみる。

もっと畑や土や水や山の中にからだを

おくことをやっていきたい。

革命が起きていきそうだと思いました。

 

(KINSEI|岐阜県|26歳|アルバイト)

 

 

マーマーマガジンはいつも

イラスト、文字、組み、写真が内容ととても合っていて、

ひとつの命を持っているように感じられます。

 

今回はさらにそれが磨かれ、

何度も読み返す度に発見があり、

感謝がこみ上げてきます。

 

勇気が出ました。

ありがとうございました。

 

(オタフクソース|東京都|32歳|会社員)

 

 

わたしごとながら、お腹の子が男の子なので

ソーヤー海さんのこころの整え方、

さまざまなマインドフルネス、

タオ(道)に興味があります

(女性目線でも学びになります!)。

 

世の中的に離婚が多く、

世界の数秘術や占星術的なこれからの動きや、

人々の出合いと別れ、成長などにも

興味をもっております。

 

(オリスチャン|東京都|31歳|会社員)

 

***

 

みなさまからの

さらなるお便りをお待ちしています!

 

メールは、

info@murmurmagazine.com

に、お送りくださいませ!

 

(編集部)

 

読者の広場

murmurmagazine for men 3号 #1

 

大好評発売中の『murmur magazine for men 3号』。

たくさんのご感想を本当に、本当にありがとうございます!

 

今回は、その中から

ごく一部ですが感想をご紹介させていただきます!

 

ご購入いただいたみなさま、

そして、たくさんのご感想を本当にありがとうございます。

 

***

 

田舎に暮らしていても

車を乗りまわし、スーパーで買い物をし、

コンビニへ行くような日々に

矛盾を感じていました。

 

中島正さんの特集を読んで、

もう一歩深くみのむし生活へ

踏み込んでみようと

勇気をもらいました。

 

できることから一歩ずつ、一歩ずつ……

なんだかワクワクしてきました!

 

(4匹のママ|山口県)

 

 

昨年、石牟礼 道子さんの『苦海浄土』等を読んで

いろいろ考えるところがありました。

福島の原発事故の深刻さが理解できないのは、

この国の多く人(自分自身も含めて)が、

人間にとって水、大地、空気というものが

いかに重要かを忘れているからでは……?

と、このごろ思うようになっていたので、

中島正さんのお話を読みながら

何度も深くうなずかずにはいられませんでした。

 

今すぐに直耕の民になるのは難しいですが、

まずは生活の規模を小さくしようと思い、

自宅の大掃除、物の整理をはじめました。

 

このようなすばらしい雑誌にめぐり会えて

とてもうれしいです。

 

(るり|愛知県)

 

 

とても読みごたえのある1冊でした。

中島さんの思想は正直、

消化するのにまだ時間がかかりそうです。

 

ただ、今の資本主義だとか民主主義だとかのシステムは

もう限界をむかえていると思います。

そして、このシステムの裏にある西洋的な価値観、

一神教的な価値観も限界をむかえているように思います。

それだけではやっていけなくなっていると思います。

 

人間は自然の一部であるという価値観が

とても重要になってきそうだなと感じています。

 

(Y.T|島根県)

 

***

 

みなさまからの

さらなるお便りをお待ちしています!

 

メールは、

info@murmurmagazine.com

に、お送りくださいませ!

 

(murmur magazine for men編集部)

 

読者の広場

0518|i a i 即興制作、フォーメン3号

 

 

5月3日(水)〜14日(日)に

エムエム・ブックス みので開催した、i a i 展『春土春水』

 

その即興制作に参加してくださった、

ペンネーム、ジャスミンさんのお手紙をご紹介させていただきます。

 

即興制作のこと、

murmur magazine for men 3号』について、

とてもあたたかいご感想を本当に、ありがとうございます。

 

中島正さんの思想や、みの虫革命が

少しずつみなさんに届いていることが実感でき、

とてもうれしく、しあわせな気持ちでいっぱいです。

 

感謝の気持ちを込めて、掲載させていただきます。

 

***

 

こんにちは。

5月4日(木)の「i a i」 居相大輝さんの即興制作に

おじゃましましたペーンネーム、ジャスミンです。

 

とても心地のいい時間をありがとうございました。

居相さんのことは、インターネットなどで

つくっている衣装や京都の福知山での生活を拝見していましたが、

実際に居相さんご夫婦とお会いして、お話ししてみると

なんだかとても力強く、やさしく、感じるものがあって、

「今日、ここに来てお会いできてよかった!」

と思いました。

 

つくっていただいた服は、

とても着心地がよく、毎日着ていたい! と思うような

特別な日常着になりました。

 

エムエム・ブックス みのは、

いつも行くとこころが満たされる場所で、

そこで居相さんに服をつくっていただけて、

わたしにとってすばらしい時間でした。

とてもこころに残る日を、本当にありがとうございました。

 

4月末に発売された『murmur magazine for men 3号』

今、この革命を特集してくださり、ありがとうございます。

 

とてもこころ強い、みの虫革命。

自分で何度も読んでは考え、

家族と仲間と話すということをくり返しています。

 

今の流れを続けていくと、わたしたち人間は

生きているだけで地球を破壊していっているのでは……

でも今、一人一人が目覚めて、こころをおだやかに、

自然や土に触れて暮していったら、

本当にこれから何か変わるかもしれない。

少しずつ、田舎のことや移住、

本当の豊かさについて考えはじめていましたが、

フォーメン3号を読んで、一度立ち止まって考えて、

そしてまた動き出したいと思いました。

 

中島正さんのインタビューは、読んで涙が出ました。

魂が深くうなづいて、このすばらしい方々に習って

いよいよ動き出す時なのだ。

と言っているようでした。

感謝の気持ちでいっぱいでした。

とても大切な一冊です。

 

わたしごとになってしまうのですが、

わたしは、日々の生活の中で人のために何かをすることで

「認めてほしい、ほめられたい、自慢したい」

という気持ちがあったことに気づきました。

 

中島さんのインタビューの中でも、

「相手によろこんでもらうことの中には、

何か優越感というか、自慢に思う気持ち……

助けたよろこびというよりは自分自身へのよろこびがある」

という一文がありましたが、

まさにそうだ! と思いました。

 

人のために、人のために

とやっていて、自分はというと

食事はてきとうになってしまったり、生活が乱れていたり……

これではきっと自分は満たされていないだろうなあ、

と感じました。

 

まず、自分が元気に生活できるにはどうしたらいい?

と考えて、人と競って、比べて落ち込んで……

というのをやめることにしました。

 

まずは自分。

人や社会とのつながりもたのしんで、

少しずつ縮小していこうと思っています。

 

仕事のことや、お金のことなど、まだまだ手探りですが、

山の緑や風の肌触り、あたたかい日差しや

うつくしい自然を感じながら、

動き出していきたいと思います。

 

気づき、革命へのヒントがつまった一冊を、

本当にありがとうございました。

 

(ペンネーム ジャスミンより)

 

***

 

このほか、フォーメン3号には

たくさんの読者はがきも続々と届いています!

 

ひきつづき、

これからもみなさまからのご感想やご意見を

こころよりお待ちしています。

 

メール:info@murmurmagazine.com

お手紙は下記住所まで。

〒501-3725

岐阜県美濃市俵町2118-19

エムエム・ブックス