murmurbooks

小屋と畑

いちごの愛

 

みなさま、こんにちは!

 

前回の「小屋と畑」で、服部みれいより

「編集部でも、今もっとも畑に熱い村井ふみちゃん」

とご紹介いただきました村井ふみが

みなさまに一番にお伝えしたいと思っていた野菜、

そして、いちごについて、レポートさせていただきます!

 

 

このいちごさん、

収穫しても次々と花を咲かせ、

真っ赤な実をたくさんつけてくれます。

そのひたむきさには愛情しか感じられません。

 

畑へ行く回数が増え、野菜を見る機会が増えてから、

ああ、野菜にもそれぞれ性格があるんだな〜

と思うようになりました(この話もまたレポートさせていただきます!)。

 

その中でもいちごは、まるで無邪気な少女のように、

「がんばって実をつけたよ!」

「この真っ赤な実を見て!」

「食べて食べて!」

と、かわいい声が聞こえてきそうなくらい、

自分を必死にアピールしています。

 

5月下旬から収穫をはじめ、

なんと、今(6月下旬)になってもまだ、

花を咲かせ、実をつけてくれています!

なんということ……

なんという、愛。

 

今回いちごを育ててみて、

ふだん食べているだけではわからないような

いちごの愛にとても癒されました。

 

いちごさん、とても貴重な経験をありがとう。

 

次回は、収穫祭りに近づいている

つやつやべっぴんの、夏野菜のみなさんについて。

 

これからも畑レポートを、

どうぞ、よろしくお願いいたします!

 

(村井ふみ)

 

小屋と畑

いきなり中学生

 

 

みなさん、こんにちは!

美濃に来て3年目となる今年、

ようやく畑に、ぐっと気持ちが向かうように、

身体も畑へ動くようになってきました。

 

この土地や、畑をやるという行為になれるのに

これくらい時間がかかるのかも……と思っています。

 

今思うといきなりやろうとしすぎたな、と。

 

都会モードと

畑モード、かなりモードや周波数が違う気がする。

少しずつ少しずつ、

畑に周波数が合ってきたような気がします!

 

さて!

今年もあれこれたくさん植えたのですが、

なんかもう、晴れて雨が降って、そうすると

めちゃめちゃ大きくなっていて。

ともだちの子どもみたい。

 

(ともだちの子どもって、

なんか、突然大きくなっていないですか!?!?)

 

「こないだ幼稚園生だったのに

え、もう中学生なの」みたいな

畑へ行って、作物たちを見ると

そんな驚きでいっぱいになります。

 

急成長しているのは、豆っ子さんたちと、

かぼちゃおじさん、アマランサス夫人、

ハーブ青年団、でしょうか……。

やばいぜみんな。

 

ということで!

編集部でも、今もっとも畑に熱い

村井ふみちゃんに、今後は加わってもらって、

畑レポートをしていきたいと思っています。

 

小屋レポートは……福太郎んさんからぜひに……。

 

(そうそう、小屋は今、壁も屋根も全部取っ払われて、

骨組みだけになってます)

 

さてどうなることやら!!!

 

どうぞ、畑レポート

おたのしみに!

 

(服部みれい)

 

小屋と畑

0512|振り返ればアスパラ

 

小屋と畑!

なかなかアップできなくてごめんなさい。

 

(畑へは行っているのですが、

ウェブのアップがなかなか両立できなくて、、、)

 

 

この春、いよいよ畑やねーと

まきまきまっきーこと、

岐阜弁マスターのまきちゃんと畑へ行って、

土をあれこれ整備していたら、

 

ららら!

 

振り向いたらアスパラちゃんが!!!!!!

 

感動で倒れ込みそうになりましたよ!!!!

 

アスパラの種をまいたのは、2015年のこと。

(しかもアナスタシア方式で口に入れてからまきました!)

 

芽がで来るまでに2年かかるんです。

なんか、正直、私、諦めてました。

 

ところが!!!!

 

出てきた出てきた!

 

しかも立派!!!!!!!

 

しかも美味しい!!!!!

 

オーーーーーーーーーッジャーーーーーーーーースッ!!!!!

(天に向かって叫ぶ!!!!!!)

 

無農薬だし、無肥料だし、

ほったらかしだったけれど、

アスパラ先生はちゃんと土の中で

育ってくださっていたのです。

 

はあ。涙が出る。

 

ありがとう、土さん

ありがとう、太陽さん

ありがとう、水さんという気持ちです。

アスパラさんも、本当に、この土地で

育ってくれて、ありがとう!!!!

 

中島正さんの「百姓がいちばんたのしい」のことばの意味を

この時本当の意味で噛みしめた気がします。

震えますよ! 2年越しに顔を出すアスパラには。

 

なお、アスパラは、この後10年くらい

とれ続けるのだそうです。

 

なんかね、じっと地中に2年、

後は10年も、芽を出し続けてくれる存在に、

ああ、なんでもそうだなと思いました。

 

長く不遇の時代がある人とか、

世の中から引きこもってるとか、

仕事を辞めているとか、全然心配ないない!

アスパラさんは、3年寝太郎です!

じっとしている時間に

きっと養分をためているのね。

 

 

にょきにょきにょき子!

 

 

 

 

はあ、こんなにたくさん。

草むらの中からほうれん草もたくさんとれました。美味しかった!

右側は、ルッコラの花です。

 

 

 

また、畑のこと、レポートしていきまーす!

 

 

 

 

(服部みれい)

小屋と畑

編集部の畑の今 #3|春まきの種

 

 

こんにちは!

 

定期的に畑のことをお伝えします!

と、前回のブログで張り切って言いましたが、

それから一か月以上もすぎてしまいました……

 

これからは、

もっと畑に行く回数を増やしたり、

(本当は毎日行きたい!)

少しずつ本を読んで勉強しようと思っています。

その様子を少しでもみなさまにお伝えしたいと思っています。

 

これからどんどん充実していく予定の「小屋と畑」を、

どうぞ、よろしくお願いいたします!

 

さて、先日は畑の整理に行き、

収穫をしたり、草を抜いたりと、

春の種まきに向けての準備をしてきました。

 

久しぶりに触る土、匂い、空気。

畑にはすごいエネルギーが満ちあふれていることを

あらためて実感しました。

収穫でからだを動かしたのに、

なせか逆にパワーをもらったような、

充実した気持ちと、すがすがしさがありました。

 

毎日、畑に行くようになったら……

自分が一体どうなってしまうのか……

(大げさかもしれませんが!)

でも、そんなパワーが、畑にはあると感じました!

 

今回、収穫したのは

春菊や白菜、人参など。

 

いちごは花を咲かせていました! か、かわいい〜!

 

畑で収穫する野菜は、

スーパーなどで売っている野菜と比べると

形が本当に不格好で……

どの野菜か見分けがつかないものもあります。

 

しかし、きっとそれが本当の野菜の姿なのかもしれません。

いつもスーパーなどで見かける野菜は、

誰もが手にとりたくなるような見た目になるように、

肥料や農薬などを与えているのでしょうか、

(もちろん、そうでないものもあると思います!)

極端に大きく、形もきれいで、色も鮮やか……

そんな野菜が自分の中でもあたり前になっていました。

 

その場で、収穫した野菜の葉っぱを少しかじったら……

とっても甘い!

その味とパワーに、本当にびっくりです。

 

形や色などの見た目は不格好でも、

自然に育った野菜はとても素直だな、

と思いました。

 

春まきの種の話から、畑のことまで……

少し長くなってしまいました。

これから編集部の畑がどうなっていくのか、

また少しずつ、お伝えさせていただきます。

 

次回をぜひ、おたのしみにお待ちくださいませ◎

 

さて、商売っけを出すわけではありませんが、

mmbsでは先日、春まきの種がどんと入荷しました!

(「春まき」と聞くと、食べ物の「春巻き」を

いつも思いだしてしまいます……)

 

春まきの種は、秋まきの種よりもさらに!

種類が充実しています!!

個人的に気になっているものもたくさん……

それだけでわくわくします!

 

簡単に種類を説明しますと、

トマト、ゴーヤ、スイカ、にんじん

などの定番のものから、

千石豆、四角豆、刀豆、エンドウ

などの豆類、

モロヘイヤ、空心菜、つるむらさき、

などの暑さに強い葉物、

ゴマ、アマランサスなどの穀物類、

三ツ葉、青しそ、パセリ、パクチー、バジル

などの香草・ハーブまで。

 

畑がさらに

にぎやかになりそうなほどの充実感です。

 

編集部にもこういった古来種、在来種の種を

畑にまいていきたいと思っています!

 

こちらはmmbsと、

岐阜・美濃のエムエム・ブックス みの

購入していただけます!

 

ぜひぜひ、ご利用くださいませ◎

 

(村井ふみ)

 

小屋と畑

0214|編集部の畑の今 #2

 

こんにちは!

 

前回のブログで、

編集部の畑に久しぶりに行きました!

という報告をさせていただきましたが、

今回は、収穫した野菜でつくったご飯を

ご紹介させていただきます。

 

まだまだ、料理を勉強中のわたしは、

(編集部ランチで鍛えています!)

 

とりあえず、お味噌汁に入れたり(葉も全部!)、

ゆでた葉を、ご飯とまぜたり、

オリーブオイルで焼いて、

たかはしよしこさんのエジプト塩をかけたり、

IMG_1144

 

と、こんな感じでおいしくいただきました!

 

少し小さいものもあり、

それは土を流したあとにそのまま生で食べたのですが、

 

 

これが……

 

 

……お、おいしい!!

 

 

もしかしたら、

生で食べるのが一番いいのかもしれません。

 

そのままの野菜というのは、

なんでこんなに甘いのでしょう!

 

エネルギーがあふれているというか、

愛があふれているというか、

本当に純度の高い食べ物だな……

と、とても感動しました!

 

まだまだ、収穫待ちの野菜がありますが、

今回の体験でさらに収穫が待ち遠しく、

さらにたのしみになりました!

 

「小屋と畑」では、

これからも定期的に編集部の畑のことを

ご報告させていただきたいと思います。

 

ぜひ、次回をおたのしみにお待ちください◎

 

(村井ふみ)