murmurbooks

たのしいよみもの

0423|インチャ特集に大反響!

 

みなさん、こんにちは!

ご好評をいただいております

声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ!」

 

4/11(水)配信の「インナーチャイルド特集」

これがまた大反響!

全国のマーマーガール&ボーイから

続々とお手紙やメールが届いております!

 

本日は、そのインチャ特集へのお便りを一通

ご紹介いたします。

 

***

 

こんにちは。

 

おくればせながら、

声のメルマガ4月11日分から聴きはじめた者です。

 

驚きました、やまだともみさんの声!!

以前よりも、とてもクリアでみずみずしい!

魅力的な声になっているというか……

こころの芯がどしっと座っているようにも感じましたよ!

すごいですね!!

 

そして本題のインチャの話。

わたしも今、インチャと向き合い中なので

とても聴きごたえがありました。

泣くこと(それ以外の感情もですが)って大事ですね。

今回の配信を聴いて「泣くこと」について

思い出したことがあります。

 

わたしは中学生のころ、

学校に提出する子どもの調査票のような書類の中の、

親から見た子どもの長所短所欄に

「短所:泣き虫」と母に書かれて以来

(自分が泣き虫だという自覚も一切なく、ちょっとショックを受けた)

泣くことはダメなこと、

恥ずかしいことと思うようになっていました。

 

当時、母はわたしに対して

励まし勇気づけ、ただかたわらにいてくれるのではなく

泣くのはやめなさい、恥ずかしいと

わたしを否定し、冷ややかな態度をとりました。

 

そんなわたしは大人になっても

他人に対して比較的敏感で、とても傷つきやすく

自分でも泣きたくないのに

些細なことですぐ泣いてしまうという

まさに母にいわれた通りの

「短所:泣き虫」人間のままで、

泣きそうになるたびに

「泣いたらダメ、わたしはダメな子、最低な子」と

自己否定を繰り返していました。

母にきらわれたくなかったのです。

 

けれどこのままではいやだと

こころの中で沸々と思いはじめた二十代後半に

「泣いていいんだよ」

「泣くのやめないの、泣きたいときは泣いてOKだよ」と

肯定的な声をかけてくれる年上の女性たちと出合ってから、

わたしの中で何かが変わりはじめました。

 

最初は彼女たちにそういわれても

「そんなことはない」と

疑いの目でしか見られなかったのですが

徐々にわたしもそのことばを

受け入れてみようと思うようになり、

泣くことへの罪悪感が薄まっていくと

「自分が泣くことを許可する」状態になれました。

 

先日もあることで大泣きしたときに、

とにかく泣け泣け! 泣きたいなら泣けー! と

自分にいい聞かせていると

泣き終わったら本当にストン! と

気がらくになってスッキリしました。

 

「泣くまではネチネチしているけど、

泣いたら本当にサッパリしてるよね」と

夫にもいわれます。

「泣くことで終わる」という意味も

ものすごく共感しました。

出したら終わり、本当にそうですよね。

 

過去に蓋をしてしまった感情と向き合うのは、

そんなにたやすいことでないけれど、

羽を広げてパタパタ飛んでいるようなイメージで

もっと自由に生きたーーい! と

思えるようになった現在のわたしには、

インチャを癒やすときがきたと思っています。

(昔はそんなことすら思えなかった。

しあわせになってはいけないと思っていたのです)

 

その行為が自分があたらしくなる

(もとの純粋な自分に戻る)

ステップになると思うので、

これからわたしもインチャと向き合って

素直にまっすぐ生きていきたいです。

こつこつと。

 

いつかまた、声のメルマガで

インチャを取り上げていただけたらうれしいです。

 

追伸

これから出遅れた過去配信分を聴くのが楽しみです。

長くなりました。ありがとうございます。

 

(マリータ)

 

***

 

マリータさん

お便りをくださって、ありがとうございます!

 

マリータさんをはじめ、

リスナーのみなさまから

熱くて濃密なお声が続々!!

これは神回だ! との呼び声も高い

インチャケア特集!!

 

この配信のきっかけとなった、

インチャケアの章が大人気の

服部みれいの最新刊

『うつくしい自分になる本』(刊=筑摩書房)も

ご好評につき、たちまち増刷しており、

ようやく入荷したところです!

欠品中で待っていてくださったみなさま、

あともう少しだけお待ちください。

申し訳ございません。

 

この本のインチャケアの章も

あわせてご一読いただけましたら

さいわいです。

 

声のメルマガをまだ聴いたことがない方は

こちらから視聴できますので

おためしくださいませネ!

 

 

(マーマーマガジン編集部)

 

 

 

 

 

たのしいよみもの

0417|『いいかげん人生術』へのご感想

みなさん、こんにちは!

 

編集部には

全国のマーマーガール&ボーイから

メールやお手紙などたくさんのお便りが

毎日続々と届いております!

 

 

今日もその中から1通

ご紹介させていただきます。

不食の弁護士・秋山佳胤さんの

『秋山佳胤のいいかげん人生術』(エムエム•ブックス=刊)

へのお便りです。

 

***

 

こんにちは!

すてきな本をありがとうございました。

秋山先生のおことばにふれ

こころとからだがほぐれ

しあわせな気持ちになりました。

 

わたしは保育園の管理栄養士をしています。

給食はオリジナル献立で

(一般の保育園では、市の栄養士さんの献立を活用)

アレルギーがあっても

みんなと楽しく食べられるように

「卵・乳製品・砂糖」を使っていません。

もっとくわしくいうと、お肉も使っていません。

とてもおいしくて子どもたちも大好きな給食ですが

国のガイドラインに沿っていない部分もあるため

市の栄養監査が厳しいです。

 

秋山先生の本に

「今の栄養学は産業主義」

「1日3食はうそ」

ということが書いてあり

深く共感しました!

 

現代栄養学の功績をすべて否定したくはないですが

見直したほうがよいところがたくさんあると

日ごろ感じています。

一度、子どもの食や給食について

服部みれいさんとお話させていただけましたら

うれしいです。

(AYUMI|北海道)

 

***

 

AYUMIさん

お便りをくださいまして

どうもありがとうございました!

 

AYUMIさんがお勤めの保育園の

オリジナルの献立が

子どもたちにも人気だなんて!

すばらしいですね。

 

これまであたりまえだと思ってきたことなど

たくさんの思い込みをはずして

自由になるヒントがたっぷり詰まった

秋山弁護士の『いいかげん人生術』。

 

 

これまで読んだことがある方もない方も、

ぜひ2018年の春

あらためてページをひらいていただけたら

うれしいです!

 

なお、

映画『いただきます〜みそをつくる子どもたち』

のパンプレットでは

オオタヴィン監督と服部みれいとの

トークが掲載されています!

機会がありましたら

ぜひチェックしてみてください。

 

すてきなお便りを

どうもありがとうございました!

 

 

(マーマーマガジン編集部)

 

 

 

 

 

 

 

 

たのしいよみもの

0404|声のメルマガにお便り続々!!

 

みなさん、こんにちは!

たいへんな反響をいただいております

声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ」ですが

編集部にはお便りも続々と届いております!

 

声のメルマガを聴いてくださっているみなさまの

おたよりのすばらしいことといったら!

ありがたいことといったら!!

スタッフ一同、感動で胸をいっぱいにして

すべてのお便りを拝読させていただいております。

みなさん、どうもありがとうございます!!

 

今日はその中から一通、ご紹介させていただきます。

 

***

 

こんにちは!

もしすぎ花粉が目に見えるくらいの大きさなら

30㎝先の景色が見えないのではないかと思うほど

大量の花粉が飛んでいる今日このごろですが

みなさん、いかがお過ごしですか?

 

第16回の声のメルマガは、

春の毒出し真最中だったので、

半身浴しながら、またベッドで横になりながら

たのしく聴かせていただきました。

 

もう、今回ほど胸が熱くなった回はなかったです!

株式会社キャロルプリーストの小松なおみさん、

本当にすばらしい方ですね。

そして、キャロルプリースト生産者のキャロルさんもすてきな方ですね。

(日本ではじめて手をあげたのはあなただからと

小松さんに連絡をなさったというお話には涙しました)

 

キャロルプリーストは、

人にプレゼントをするために買ったことはあるのですが

自分のために買ったことはこれまでなかったので

今度は、わたし自身のために

キャロルプリーストを買おうと思います。

 

モモ爺さんの

「わたしがわたしをわたしする」のお話や

焼き芋屋さんの例え話など

何度聴いてもこころにしみ渡るいいお話でした。

 

みれいさんのおっしゃる通り

「わたしがわたしをわたしするのがビジネスの根本」で、

それが人の心を動かし、癒し、勇気づけるのですよね。

それが自分のしあわせにもなる。

まさに幸福は拡大していくのですよね。

 

わたしは

マーマーマガジンから拡大してきた幸福を

受け取るだけではいやになって

何か自分からも返したいという気持ちになったので

こうして毎週お手紙を書いています。

 

キャロルプリーストの小松さんのように

志のあるビジネスをされている方のお話って

いいですね。

はあ、胸がいっぱいです。

みれいさんはじめエムエム・ブックスのみなさま

毎週楽しい放送を本当にどうもありがとうございます。

 

またわたしは、みれいさんが

「ぜんぜん変わらないデザインが一番かっこいい」

といっていたのにも、激しくうなずきました。

わたしは、長く使えるものがすきです。

世の中の雰囲気は「消費するってたのしい!」という感じですが

わたしにとって消費するのは、とても疲れる行為です。

買いものが苦手だなと感じることもあります。

(もちろん、たのしいときもあります)

 

世の中の「消費のサイクル」から降りられた、やったー!

と感じたのは、生理用ナプキンを布ナプキンに替えたときでした。

「あぁ、わたしは消費することに疲れていた」

というのは最大の気づきでした。

 

毎日新聞のみれいさんの連載

「好きに食べたい」たのしく読んでいますよ!

「食べること」に対するみれいさんの距離感が好きです。

6号食に挑戦したけど、ぐだぐだだったよとか

半身浴したあとに、みんなアイス食べてるよとか

そういう話を聴くと癒されます。

声のメルマガ内でもありましたけど、

食べることを責めている人って多いですよね。

わたしもそのひとりです。

 

でもみれいさんのエッセイを読むと解放されます。

もちろん、からだによい食事をしたほうが健康になるし、

地球にもやさしいし、いいことづくめなのですけれど

まあそうはいっても

「人間だよね(©キャロルプリースト小松さん)」。

揺れますよね。

みれいさんのエッセイを読むと

揺れたっていいじゃんとか

揺れてもたのしいよって

いわれている気持ちになります。

 

あと、ただ純粋にみれいさんの表現が好きです。

コンパルのエビフライサンドを

「人をさんざん甘やかすような圧倒的なおいしさ」

って表現されているのを読むと

もう純粋に「食べたーい!!」ってなります。

はあ、おいしそう♡♡♡

 

福太郎さんがワンプレートが好きっていうお話も

おもしろかったなあ。

食について他人との違いを発見したときって

“未知との遭遇”というくらい

衝撃がはしりますよね。

食については

みれいさんとおしゃべりしたいことがまだまだありますけれど

このへんでやめておきます。

きりがなくなっちゃう……(笑)。

 

そして新聞の記事として書いていても

みれいさんはみれいさんという感じがするので

きっとマーマー読者さんも好きだと思います。

これからのみれいさんがどんなものを書くのか

わたしには想像もつかないですが

とても楽しみにしています。

 

また長くなっちゃいました。

読んでくださったのならうれしいです。

来週も楽しみにしています。

 

愛と感謝と敬意をこめて

peace of I

(だまだん|神奈川県)

 

***

 

 

だまだんさん

声のメルマガも服部みれいの毎日新聞での連載も

すみずみまで味わってくださって

ありがとうございます!

 

キャロルプリーストの小松さんのお話は

ビジネスやあたらしい時代へのヒントがたっぷりで

本当にすばらしかったですね。

 

4/4(水)配信の声のメルマガでも

豪華ゲスト登場のコーナー(アラフォー女子スピトーク)が

盛り上がっております!

こちらもおたのしみに!!

 

声のメルマガをまだ聴いたことがない方は

こちらから視聴できますので

おためしくださいませネ!

 

 

 

(声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ」編集部)

 

たのしいよみもの

高橋博の 自然が何でも教えてくれる #07
毎月1日更新!

 

第7回 頭のなかの肥毒

 

自然栽培の教えにある自然規範。そのなかにもいろいろな項目があって、うちの研修生たちはその10項目をすべて学ぶの。一年居ようと三年居ようと。面接を受けるひとたちすべてにいっているのは、「うちからは一銭もお金はでないからな」ということ。畑で何時間働こうと、お金はでないよ、って。その代わり教習料はもらわない。その条件を飲んだひとたちが研修生になるんだ。前までは住み込みもやっていたけれど、いまはもうやっていないから、研修生はみんなアパートに入ってもらうしかないんだ。そうすると、アパート代と食いっぷちは稼ぐしかないんだよ。で、どうしようかとなったわけだけど、ちょうど隣町にナチュラル・ハーモニーの宅配センターがあったから、そこで週3回のバイトをやらせてもらえるようになったわけ。

で、ひとによっては週3でなく、毎日バイトをしないと生活していけない人もいる。そうするとね、毎日働かないといけないひとが、ひがみはじめるんだよ。だから、「ひがんだってなにも生まれないんだよ」っていってやるの。もしほかの人と同じ条件でやりたいのなら、ナチュラル・ハーモニーの始業時間、9時よりも前にうちに来て、就業時間の17時のあとにうちに来るしかないだろう、と。

そうしたらさ、本当にそういう時間に通ってくるわけよ。そうして学んでいって。ここでの研修で特徴的なのは、技術は学べないというところ。そういうものはアパートで一般書でも読んでくれてたらいい。うちでそこまで教えている時間はないからね。それよりも、自然を感知する能力をひっぱりだすことに集中する。
でもさ、ある40歳くらいの男性なんかは、それまでの過去や経験が邪魔して、その力が入っていかないケースもあった。頭のなかに肥毒があるんだよ。そのひとは、なにか教えてあげると、「そうですね」って返事をするんだ。ふつうは「そうですか」でしょ。「そうですね」ってのはつまり、「自分は知っています」ってことだよね。だからもう、わたしもいわなくなっちゃって。いってもらえないというのは辛いんだよ。

そう思ったから、それからは彼には特別に力を入れて指導するようにしたんだ。そうしたら、一年目のある日から一週間、畑にでてこなくなっちゃった。二年目なんか、一か月こなくなっちゃった。家の外から呼びかけていたらようやくドアが開いて、中からでてきたその男は、もう魂が抜けたようになっているんだ。そこで怒るでもなしに、「生きてるのがわかったから、帰る」っていって、わたしも引き上げてさ。そうしたらまた畑にくるようになったけど、またみっちり指導されるわけ。でも、それからはみんな以上に耐えていたな。

そこから彼は少しずつ変わっていって、みんなにかける言葉なんかもよくなっていったね。三年目には本当に素直な男になって帰っていったよ。
肥毒が抜けたんだろうね。肩に力が入るタイプだったんだけど、素直になって、「いい人生」って感じになったな。そんな感じで、土と同じで、ひとによっても時間のかかり方が違うんだよな。

 

 

高橋博(たかはし・ひろし)

1950年千葉県生まれ。自然栽培全国普及会会長。自然農法成田生産組合技術開発部部長。1978年より、自然栽培をスタート。現在、千葉県富里市で9000坪の畑にて自然栽培で作物を育てている。自然栽培についての勉強会を開催するほか、国内外で、自然栽培の普及を精力的に努めている。高橋さんの野菜は、「ナチュラル・ハーモニーの宅配」にて買うことができる。

http://www.naturalharmony.co.jp/takuhai/

たのしいよみもの

0328|声のメルマガにお便りが続々到着!

 

みなさん、こんにちは!

 

毎週毎週、大反響をいただいております

声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ」ですが

うれしいお便りも続々ッ! 到着いたしております。

みなさま、ありがとうございます!!

 

その中から今日は1通、ご紹介させていただきたいと思います。

 

 

***

 

 

こんにちは! いつもたのしく声のメルマガを聴いています♪

みれいさんがただただしゃべる回、

とってもよかったです。

 

平松モモコさん、まきまきまっきーさんの

CUTE♡でオトメな雰囲気、

みれいさんの母なる大地のような愛とやさしさに包まれているような感じ、

たまりません。

 

毎回あたらしい発見や気づきがあり、

毎週水曜日は、当選者発表! の日のように

朝からそわそわしていて

毎分おきぐらいにメールをチェックしています。

 

声のメルマガが配信されると

当選者のように喜び、車に乗って出かけます。

わたしが声のメルマガを聴くのは車の中で

車内はHAPPYなオーラであふれます。

 

それと、声のメルマガが配信されたあとの

Twitter(♯声のメルマガ)を見るのが大・大・大好きです。

全国のマーマーガール&ボーイのツイートから

教わることが本当に多く

ツイート格言・名言を本にしてほしいくらいです。

 

みれいさんとゲストの方々との

スピリチュアルな会話もすばらしく

談話本みたいなの、できないかな!? と思ったり(笑)。

 

わたしは屋久島で実家暮らし。

スピリチュアルな世界はとても身近だし

スピリチュアルなお話をしたり聞いたりするのは

大好きなのですが、実際できるのは母しかいません。

だから、みれいさんの声のメルマガを聴いていると

わたしもこのスピリチュアルな座談会に

参加しているような気分になり、うれしいです。

 

島暮らしは、文明もある程度必要なので、

バランスをとりながら自覚した上で、

(スピリチュアル的な世界のことを)使っていけばいいのだ!!

と思えるようになりました。

(まきまきまっきーさんの床で寝る話を聴きながら)

 

この不便さをたのしさに変えて

日々暮らしていきたいです。

今年も美濃のお店に行きます☆

長くなってしまいましたが、

今後の配信もたのしみにしています。

 

屋久島の精霊たちと

愛を込めて。

(M.K.|鹿児島県)

 

 

***

 

 

Kさん、心のこもったお便りを

どうもありがとうございます。

配信のある水曜日には毎週

当選者気分だなんて!

パフパフッ!

編集部もうれいしいお声に大興奮!!

 

Kさんのお便りにもあったように

ツイッターもたいへん盛り上がっております。

まだチェックしていない方もぜひ

♯声のメルマガ で検索してみてくださいね。

 

なお声のメルマガ

こちらから視聴できます!

 

 

(声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ」編集部)