murmurbooks

たのしいよみもの

松本・栞日で写真展&イベント

 

11月2日(土)から18日(月)に、

松本・栞日写真集『マリイ』の写真展が開催されます。

 

初日2日(土)には写真家・松岡一哲さん、山内悠さん、

栞日店主・菊地徹さんとのスペシャルトークイベントも行われます。

 

服部みれいは司会・進行で参加いたします!

 

ぜひお立ち寄りくださいませ!

 

 

**********

 

松岡一哲写真展『マリイ』

◎2019.11.2(土)~18(月)7:00〜20:00(水曜定休)

 

【スペシャルトークショー】

◎2019.11.2(土)19:00~20:30(18:30開場)

 

「写真家、本屋店主、版元とさまざまな視点から考える」

松岡一哲×山内悠(写真家・長野県在住)×菊地徹(栞日店主)

司会・進行 服部みれい(マーマーマガジン編集長・文筆家)

 

出店:よはく酒店 *トークショー終了後も会場にて飲食いただけます

参加費:1,500円+ワンドリンクオーダー

定員:30名

 

ご予約・お問い合わせは栞日(店頭・メール・電話)まで

 

 

栞日

〒390−0815

長野県松本市深志3-7-8

0263-50-5967

info@sioribi.jp

7:00〜20:00(平日/土日祝共通)水曜定休

 

(マーマーマガジン編集部)

たのしいよみもの

メディアコスモスにて


 
みなさん、こんにちは!

11月9日(土)

岐阜・メディアコスモスで行われる

トークイベントに出演いたします!

 

岐阜市立図書館艦長の吉成信夫さんのお誘いで、

ブック・コーディネーターの内沼晋太郎さん、

高橋博之さん(日本食べる通信リーグ代表理事、ポケットマルシェCEO)

蒲勇介さん(NPO法人ORGAN理事長)、とお話します。

 

地域地域で暮らすなかの

たいせつな知恵や知識を

どう得て、どう伝達していったらいいのか

というようなお話になるのかな、と。

 

吉成さん、お会いしたとき

Whole earth catalogの話されていたから、

岐阜版のカタログつくろうなんて話になったりして!?
(もちろんわたしも、マーマーマガジンをつくるときに

その態度や姿勢を参考にしました)

 

メディアコスモス、建築物もすばらしいです!

ぜひあそびにいらしてください。

どなたでも聴きにいらしていただけます!

お申込みは下記から。

 

 

 

トークイベント

ぼくらの時代。

ぼくらの知の広場をつくろう

 

日 時:令和元年11月9日(土)午後1時~3時30分

場 所:みんなの森ぎふメディアコスモス 1階 みんなのホール

定 員:200名

出演者:

高橋博之さん(日本食べる通信リーグ代表理事、ポケットマルシェCEO)

内沼晋太郎さん(ブック・コーディネーター、numabooks代表)

蒲勇介さん(NPO法人ORGAN理事長)

吉成信夫さん(岐阜市立図書館長)

服部みれい(文筆家、『マーマーマガジン』編集長、詩人)

 

申込み:中央図書館の窓口または電話・Eメールにて受付。

問合せ:中央図書館
TEL/058-262-2924
Eメール/moushikomi@gifu-lib.jp

 

たのしいよみもの

わたしのきんいろ手帖 2020

 

みなさん、こんにちは!

たいへん長らくお待たせしました!

『わたしのきんいろ手帖 2020』

(服部みれい=著 エムエム・ブックス=刊)

 

今年も、いよいよ、発売です!

 

今年はなんと、金と銀!

 

力強く福を招く「リッチゴールド」
あたらしい自分が目覚める「クリアリングシルバー」

 

でございますよ!

 

 

しかも星が!

 

ゆる星!

 

きゃわいい!!

 

 

ぜひ、お好きなほうをお選びくださいませね。

 

 

もちろん内容につきましては、

昨年同様、

 

 

 

(じゃーん!)

 

 

特徴その1

1年を通して、自分と向き合い、

イメージを膨らませ、願望を成就する。

大好評の3ステップのワークのほか、

「誰かから言われてうれしかったことは?」などの新ワークもご用意。

 

 

さらにさらに!!

 

 

特徴その2

さらに今年は、付属の付録編を大リニューアル。

冷えとり健康法から「統合ワーク」まで

服部みれい厳選の心身の浄化法を一冊にまとめた

「超セルフケア読本」をお届けします!

良質な知恵で自分を整えることも、

きんいろに輝いて生きる、本来の自分に戻る近道です。

 

 

全48 ページです! これはもう1冊の本!

ブックリストも最新のものになっています。

すごく細かいところまで改訂を加えましたよ!

 

並木良和さんの統合ワークも

あれ、忘れちゃった、というようなときに

外出先などでも振り返ることができます!

ひまし湯湿布など

服部みれいがハマった最新の浄化法が満載です。

 

さらにさらにさらに!

 

◎特別豪華付録

平松モモコさんのイラストがキュートな「おまもりシール」

愛のローズ&純潔のユニコーンが、

あなたの毎日を守り、浄化してくれます。

 

 

きらめく手帖が外からも、

内からも自分を輝かせてくれますヨ!

 

激動のあたらしい時代の変化をおともする

わたしのきんいろ手帖。

 

お守り感がさらにアップしている感じです!!

 

毎年、発売すると年内に完売する

大人気商品。

 

11月中旬発売予定です!

ぜひ、お早めにお求めくださいませね!

 

 

わたしのきんいろ手帖 2020

服部みれい=著 エムエム・ブックス=刊

2020年にちなみ

2020円(税込2222円)

 

2019年11月中旬発売!

 

本体 240 ページ|付録48ぺージ|タテ15×ヨコ9.2cm

2019年12月はじまり|月曜はじまり|月間予定表:ブロック式 週間予定表:見開き1週間|しおりひも2本つき

 

 

(服部みれい)

たのしいよみもの

10.29 冷えとりスタイルブック発売

 

みなさん、こんにちは!

 

『マーマーマガジン』で

はじめて「冷えとり健康法」に触れたのは、

実は、フジコ・ヘミングさんの特集をした

創刊号(2008年)のことでした。

(この号をご存知のマーマーガール&ボーイは

なかなかのツウですね!)

 

「春のデトックス」特集で、

冷えとりソックスをご紹介したのです。

その後、『マーマーマガジン』5号で、

「冷えとり」の特集をさせていただきました。

 

最初は、実は、5号は別の特集の予定でした。

 

でも、当時、版元であった、

フレームワークのCEOのKさんが、

「服部さんにしかできないことをしては?」っていってくださって、

「冷えとりをとりあげたら」といってくださったのです。

 

わたしは腕組みしましたね。

こんなマニアックなもの、

大勢のかたに紹介してわかるかな? と。

 

でも、まあ、版元さんがいいっていってくださってるのなら

いっちょやってみるか!と

勇気を出して

「冷えとり特集」を組んだのです(レモンの表紙)。

 

 

そうしたら、

とにかく売れたのです。

5号は何度増刷したか忘れてしまったほどです。

 

 

さらに、『暮らしのおへそ』9号(主婦と生活社=刊)で

インタビューをしていただき、

さらにさらに、そこで出合った

アマミヤアンナさん(当時主婦生の社員さんだった)が

「冷えとり」にハマり!

そうしてつくったのが

冷えとりガールのスタイルブック』(主婦と生活社=刊)でした。

 

(ぜいぜい|古代史から遡って

説明してしまっている感じですが

もう少しおつきあいください)

 

 

忘れもしない

表参道ヒルズの裏にあった

マーマーマガジン編集部の窓際の席で、

アマミヤさんと、ライターの一田憲子さんに

「冷えとりガール」の本のラフの説明していたとき

3人の口から

「これは売れる!!!」と興奮の声がもれました。

 

本として、すごくおもしろいものになる!

とラフの段階で確信したのです。

でも、正直

あんなに売れるとは思いませんでした。

 

と! そのちょうど数か月ほど前くらいだったか、

とても不思議なことなのですが、

うちの編集部で

冷えとりソックスをネットで売りはじめたのです。

商売のことは頭にありませんでした。

 

あるときから

直接、編集部に買いに来るお客さんが出現し、

わたしが買いだめしたものを

買っていただくことが続いていたんです。

もちろん卸しの値段ではないし、

その数が増えていったことから

冷えとりソックスを扱ってはどうかと

提案を受けました。

 

それでも、在庫をもつ商売が好きじゃないわたしは

半年くらい、渋っていたと思います。

 

ところが、やっぱり、本当にふしぎなことに

売ることになってしまったのです。

 

(ここからテープ早送り|きゅるきゅるきゅるきゅる)

 

で!

 

「エムエムソックス」(mmbsの一番最初のサイト)は、生まれました。

 

そして、その8か月後くらいに、

『冷えとりガールのスタイルブッック』は完成し、

売れました。

靴下も、信じられないほど売れました。

工場もおいつかないくらいで

毎日1000人待ちという状況になりました。

 

 

 

あれから9年(綾小路きみまろさんの声で)。

 

 

 

なんとなんと

たくさんの方々が冷えとりを

習慣にされたことでしょうか。

 

いや、途中でやめてしまった、とか

今は、休んでいます、という方も多いかもしれません。

 

でもネ、わたしは、まずは

「冷えとり」っていう存在を知っている、というだけで

いいかなと思っているんです。

(もちろん、すぐにやっていただくのもすてきですが)

 

人生のなかで、まさかの坂がやってきたとき、

たとえば、病院でもうどうしても治らないと

医者から見放されたりするようなことが

あったようなときに、

そういったときに、もう、最後の最後でもいいから、

(できればその前にはじめていていただきたいのは山々ですが)

でも、

そういうときに「あ」って思い出していただきたいなと思って

本をつくっています。

 

「冷えとり」ってあったな、と。

 

 

自分が本当に、目を醒まさなければ、と思っているときに

冷えとりのことを知るのと、

ぼんやりと知るのとでは、少々反応が違う気がします。

 

喉がからっからに渇いているときに飲む岩清水と

たぷたぷに水を飲んでいんだあとに

「ほれ、水飲みな」と言われる水と

比べたらいいでしょうか。

 

でも、水の出口さえ知っていれば、

水がなくなったときに

飲みに行けますものね。

 

「冷えとり」もそんな感じなんです。

 

だから、まず、基礎の知恵を知っておいていただきたい。

 

で、ご縁があれば、(本当に、ご縁があれば)

しっかり、進藤義晴先生のご著書を読み、

冷えとりに取り組んでみていただきたいと思うのです。

 

冷えとりを知った恩恵ははかりしれないのですが、

不調がなくなる=健康っていうような

低いレベルの健康ではなくて、

高いレベルでの健康について

知れたし、部分的には体験しはじめていることは大きいです。

 

そのメカニズムは、冷えとりを知るとわかっていきます。

 

心身一如。

からだが変わるとこころが変わり、

こころが変わると人生も変わる、というのは、

本当に理にかなっていると感じます。

 

で!

 

9年ぶりの『冷えとりスタイルブック』です。

いまや、ボーイだってたくさんやってるから

「ガール」は省きました。

 

ガールがとれたぶん

一見地味っぽかも。でも、

ファッションページは更新され、

内容は大充実となりました!

 

冷えとりスタイルとは、

その、『マーマーマガジン』5号で生み出されたことばです。

冷えとりと、ファッションをかけあわせて、

たのしく冷えとりをしよう、という提案です。

 

からだやこころにいいことをする、というのが

ダサいんじゃなくて、

すごくかっこよくてすてきなことと

ちゃんと結びついている、ということをいいたかった。

 

服の着方で、ちゃんと

セルフケアできるのだということを、

いいたかったんですね。

 

今回の本でもその思いは変わりません。

さらに、わたし自身が、冷えとりを12 年間休まずつくったことが、

表面的には、特になにか影響はないかもしれないのですが、

じんわりじわじわ、

誌面に、9年前よりは、冷えがとれた感覚が

載っかっているかなと思っています。

 

 

冷えがとれた感覚とは、

愛の状態のことだと思っています。

 

 

 

スタイリストは岡尾美代子さん、

鈴木えりこさん、轟木節子さん

(みなさん、冷えとりを熟知&続けていらっしゃいます)

さらには、

TOROの山口郁子さんに、ヴィンテージクローズで

冷えとりコーディネートをしていただいたり、

女優の吉田羊さんのインタビュー、

写真家の川島小鳥さん、東野翠れんさんら、

8人のリアル・冷えとりスタイルと体験談、

ほか、とにかく、充実の内容です!!

 

たのしく、冷えとりを知るきっかけになる本です。

 

読んでいるだけで、元気になっていくと思います。

毎日、自分をケアすること、

冷えとりすることが

なんて、甘やかで確かで安心なことか

きっと伝わるかと思います。

 

ぜひ、冷えとりする・しないに関わらず、

おしゃれの参考としても

見てみていただきたいです!

 

自信作です!

 

発売は、10月29日。

 

マーマーなブックス アンド ソックスでは、

先行予約もスタートしていますよ!

 

 

本当に、本当に、かわいいです!

 

ぜひご注目ください!

 

 

冷えとりスタイルブック

マーマーマガジン=編 エムエム・ブックス=刊

10月29日発売 2000円+tax

 

 

そうそう、これまた宇宙タイミングなのですが

10月25日発売の『天然生活』も

冷えとり特集です。

進藤幸恵さんのインタビューのほか、わたしの

冷えとり生活も取材していただきました。

 

ぜひご注目ください。

 

(服部みれい)

 

 

 

たのしいよみもの

10月のみれいイベント

写真=川島小鳥

みなさま、こんにちは!

10月、服部みれいイベント情報です。

どちらも岐阜県内でのイベントですが、

無料で足をお運びいただけます!

ぜひ秋の景色うつくしい岐阜に

あそびにいらしてくださいませ。

 

◎その1

10月11日(金)

岐阜市内で行われる(10月11日—14日)

「古着屋+α」に古着を出店させていただきます!

どどん、と、わたくしの服を放出いたします。

ご愛用いただけたらとてもうれしいです。

 

出店者

horo brocanteさん  フランスロワール地方の1800年—1900年代初手王の日常着(13日在店)

河合悠さん ヨーロッパヴィンテージほか

岩水ゆきゑさん 古着、アクセサリー

菅澤明男さん ヨーロッパヴィンテージ(12、13日在店)

堀口一子さん 茶着(11日在店)

服部みれい 愛用の古着(11日のみ在店)

 

「古着屋+α」

時間 11時—18時

場所 長良川手仕事町家casa(岐阜市湊町29)

アクセス 岐阜バス長良橋から徒歩3分

駐車場は岐阜公園駐車場、岐阜公園第三駐車場をご利用ください

イベント自体は、11日—14日(月・祝)まで行われています

 

お問い合わせ instagram naginoki_yukie または、y.iwamizu@gmail.com

 

◎その2

10月26日(土)13時—16時

青少年健全育成「市民のつどい2019」

「輝け!美濃の子どもたち —地域でつなぐこころの和—」

講演会 13時半—(約1時間)

あたらしい時代を自分らしく生きる

あたらしい人 おもしろい人のはなし

服部みれい

 

「市民のつどい2019」で講師として

講演をさせていただきます。

『マーマーマガジン』誕生のお話から、

小誌で取り上げる、ユニークな方々のお話などを

1時間ほどさせていただきます。

 

美濃市在住のかたでなくても

自由にお入りいただけます。

最後は、おたのしみ抽選会もあるそうです!

(自転車や、ブルーベリーの苗木があたるそうですよ!)

 

美濃や岐阜のご旅行がてら

あそびにいらしてください。

 

青少年健全育成「市民のつどい2019」

「輝け!美濃の子どもたち —地域でつなぐこころの和—」

日時 10月26日13時—16時

(講演は、13時半くらいからです)

場所 美濃市文化会館 大ホール

アクセス https://ticket.st/places/gifu-2223

 

お問い合わせ 教育委員会人づくり団体推進室

(中央公民館内 0575−33−1102)

 

ふだん、読者のかたやファンのかたむけに

お話することが多く、わたしのことを

知らないかたに、さあ、どんなお話をすることができるのか!

 

「わっちはなも」*精神で

たのしくお話したいと思います。

 

  • 岐阜弁(美濃弁?)で、「わたしはネ」という意味です。

 

 

11月、12月もトークショー

わっしょいわっしょい

続きます!

ぜひぜひご注目ください。

 

(服部みれい)