murmurbooks

編集部便り

声のメルマガ♯121配信ッ

 

みなさんこんにちは!

 

声のメルマガ

服部みれいのすきにいわせてッ

 

おまちかねの11月の配信がはじまりました。

 

今回配信のVol.121は

みれいさんならではの話題と知恵が

縦横無尽に広がるような、

 

まさに「服部みれいのすきにいわせてッ」

という内容の配信回です。

 

おなかの底から「おもしろかった!」と

つぶやいてしまうような、

充実と爆笑のトピックスはこちらでご覧いただけます。

 

どうぞおたのしみください!

 

 

*声のメルマガをこれからご購入の方はこちらへどうぞ!

1ヶ月パック 11月

おとくな1年パック

 

*最新回のご試聴はこちら

 

YouTubeマーマーチャンネルでは

「声のメルマガちょっとだけ」として、

声のメルマガのイントロ部分を

たっぷりおたのしみいただけます。

 

 

(声のメルマガ編集部)

編集部便り

声のメルマガ♯120配信ッ

 

みなさんこんにちは!

 

声のメルマガ

服部みれいのすきにいわせてッ

 

いつもどのようにおたのしみいただいているでしょうか。

 

10月最後の声のメルマガ

Vol.120が配信となりました!

 

声のメルマガではすっかりおなじみの

イラストレーターの平松モモコさんをゲストに

いつにも増してわいわいお届けしています。

 

大反響をいただいています

「月反転ファッション」についての続報もたっぷり!

みれい、モモコ、ちょも山

それぞれの変身っぷりにもどうぞご注目くださいね。

 

今回の配信では

「およろこびさまメール講座|平松モモコさん編」も。

マーマーチャンネルでもテーマとなった

フリーランスの金額交渉について

これ以上ないほどの実践編となっています!

 

実際に現実を動かすことにもなった、

みれいからのアドバイスは

声のメルマガ史に残るほどの必聴ポイントです。

どうぞおたのしみくださいませ!

 

*声のメルマガをこれからお求めの方はこちらへどうぞ

1か月パック 11月

販売スタートしました!

 

おとくな1年パック

時代の大転換期のおともに!

 

*この回のトピックスはこちらでご覧いただけます

 

*ご試聴はこちらです。

 

YouTubeマーマーチャンネルでは

「声のメルマガちょっとだけ」として

声のメルマガイントロ部分を

たっぷりおたのしみいただけます!

 

noteみれいサロンでは

声のメルマガの配信毎に

みれいさんのブログがアップされます。

コメント欄の泉ミーティングも盛りあがっています!

配信と合わせてどうぞおたのしみくださいませ。

 

 

 

(声のメルマガ編集部)

たのしいよみもの

天然生活12月号で

みなさま、こんにちは!

編集部のある美濃では、
あっという間に、
秋を通り越して、
冬のような空気になってまいりました。
(とても寒いです)

そんな冬の準備やたのしみについて
たっぷり特集した
『天然生活』12月号で、
からだとこころを温める方法を
記事にしていただきました。

冷えとり健康法はもちろん、
わたしがふだん行っている方法を
紹介していただいています!

何か、みなさんの冬の暮らしの参考になったら
とてもうれしいです。

(服部みれい)

編集部便り

声のメルマガ♯119配信ッ

 

みなさんこんにちは!

 

声のメルマガ

服部みれいのすきにいわせてッ

 

10月第2回目の配信

Vol.119のおしらせです。

 

宇宙タイミングで満ちたイベントとなった

アイリッシュミュージックパーティーの

すばらしい裏話などたっぷりお伝えしています。

 

大反響をいただいている

「月の欠損」をおぎなうファッションのお話の続編も!

 

声のメルマガならではの

たのしいトークはもちろん、

今という激動のときを

波乗りのようにたのしんでいくための

ヒントが満載の配信回となっています。

 

ピンチをチャンスとしていく知恵に満ちた

みれいさんのメッセージを

声のメルマガでぜひキャッチしてくださいね!

 

*この回のトピックスはこちらでご覧いただけます。

 

*声のメルマガをこれからお求めのかたはこちらへどうぞ!

おとくな一年パック

1か月パック 10月

 

(声のメルマガ編集部)

ショップ&イベント最新

21年手帖&カレンダーのこと

みなさん、こんにちは!

あっという間に10月も半ばを過ぎ、

いよいよ2020年も

やんわりと年末ムードになってまいりました。

 

……と!

毎年ですと

ここで

エムエム・ブックスから発売の

手帖やカレンダーのおしらせをさせていただくところなのですが、

来年は、手帖もカレンダーも発売いたしません。

 

ご愛用いただき、たのしみにしていただいているかたには

本当に本当にもうしわけありません。

こころからのお詫びとしまして、

この経緯につきまして

お話させていただけたらと思っています。

 

声のメルマガなどでは、

触れさせていただいているかもしれないのですが、

まず、発売をやめた大きなきっかけは、

今年の疾病騒動があります。

 

毎年、手帖やカレンダーをつくるとき、

年始から春にかけて、

入念に打ち合わせをさせていただいています。

 

ところが、今年は、とてもそんなムードではなくなり……

 

もちろん、ネットをつかって

オンラインで会議もできたかもしれないのですが、

わたしは、手帖やカレンダーの

いちばんたいせつな打ち合わせを

オンライン会議する気になれず……

 

その間考えていたんですね、

 

20202021年、どうなるかなあって。

2020年、2021……

2020年、2021……

2020年、2021……

2020年、2021……

2020年、2021……

 

 

わからない!!!!!!!!!!!

となりました。

 

いやね、毎年、翌年のことがわかっていたかといわれると

どこまでわかっていたか、という話になるんですけれど、

それでも、その中で、

わたしなりに確かなインスピレーションがあったんです。

 

そのインスピレーションに基づき、

手帖やカレンダーを企画し、

つくらせていただいていました。

 

でも、今回は、

もちろん疾病騒動の最中、ということもありましたけれども、

とにかく「まったくわからない」というのが

正直な気持ちだったんです。

まったくあたらしい世界になるかもしれない、といったらいいか。

 

そんな、わからない気持ちのまま

手帖やカレンダーをつくるのは

なにかとても、不自然だし、

読者の方々にもしつれいだと感じました。

(あたらしい世界に相応しい手帖やカレンダーが

きっとあると思うのですが、

その世界になってみないとわからないな、という感覚がありました)

 

『皇の時代』(小山内洋子=著)という本を読んだこともあるかもしれません。

 

なにかね、世界が、宇宙タイミングがすべてになって、

何かを計画したり、

3か月後にあれをしてこれをして、なんていう世界じゃ

なくなっていくんじゃないかな、とか。

 

いや、『皇の時代』によれば

500年かけて、変化していくそうですから、

何も来年いきなり手帖もカレンダーも不要な世界になる!という

つもりも毛頭ないのですが。

いずれにしても、これが、わたしの身に正直に起こったことであり、

またわたし自身、

手帖やカレンダーに費やしていたエネルギーを

4年出していなかった『まぁまぁマガジン』や、

そのほかの著作の編集、執筆に費やしたい、

岐阜・美濃での「みの虫暮らし」(土とともに暮らす暮らし)を

充実させたい、

より自分自身の表現をしていきたいと思ったことも

ベースにあります。

 

今、ありがたいことに

たくさんおといあわせもいただいているのですが、

できれば、手帖で行っていた

「月のワーク」などは動画などでもできるかもしれませんし、

別のかたちで、よりブラッシュアッップして

お届けできるかも、なんて思ったりもしています。

2021年以降は、その時、その時のひらめきで

行っていく感じになるんでしょうか。どうでしょうか。

 

くりかえしになりますが、

手帖、カレンダーに費やしていたエネルギーを

あたらしい著作、表現、本に

昇華していけたらと思っています!

 

いま、たくさん、すばらしい

手帖やカレンダーが発売になっています。

ぜひあたらしい出合いを

たのしんでいただけたらと思います。

 

また2022年は気が変わるかもしれませんが、

今年はこんな気分でした。

自分の気持ちに忠実でいることが、

表現の上で、とても大事にしていることです。

めぐりめぐって、

みなさまに、伝わっていくと思っています。

 

どうかご理解いただけましたらさいわいです。

 

手帖・カレンダー著者|マーマーマガジン編集長

服部みれいより