murmurbooks

マーマーなリレーエッセイ

#19 加藤祐里(郡上もりのこ鍼灸院・鍼灸師)

 

初夏にかけての養生法

 

みなさま、こんにちは。

第16回で「春にかけての養生法」について

お話させていただきました、

助産師&針灸師の加藤祐里です。

 

5月5日を過ぎると暦のうえでは夏です。

今回は「初夏の養生」がテーマです。

 

冷えとりをされているみなさんにとって

「絹」はとても身近な存在だと思います。

絹の原料となる5月から6月にかけて育てられる「春蚕」は

芽吹いてすぐの若い桑の葉を食べるので

とても上質な絹糸を採ることができます。

 

絹の原料である蚕は5000年ほど前に中国で飼われはじめました。

絹糸のたんぱく質は人間の皮膚の成分に近く、

傷の治癒を促したり、肌荒れの改善や

筋肉にたまった疲労物質を除去するので

心身の回復を促します。

 

「服薬」ということばは、

現代では「薬を飲む」という意味で使われていますが、

本来は「病気のときに、癒しやエネルギーを高める

効果のある衣をまとって自然治癒力を促したり、

からだの傷に薬草の汁を浸けた布をあてて、

皮膚を介して衣服で病気を治していた」

という意味で「服」という漢字が使われています。

 

 

人間は犬や猿と違い、進化の過程で「体毛」がなくなりました。

体温を保ち、外部の刺激から身を守り、危険を察知するなど

「毛」がない分、「衣服」によってその機能を補う必要があります。

人間にとって、衣服はもう一枚の皮膚であり

からだの一部であるとも言えます。

 

絹に限らず、木綿、麻、羊毛など

本物の天然の繊維を手にすると、

じわ〜と温かくなってきて、

布そのものが「生きている」と感じます。

 

わたしの治療院に通われている70代の患者さんで、

40代のころから、冬になると皮膚が乾燥して

かゆくて塗り薬が手放せない方がいました。

冷えとりをはじめて絹の下着を選ぶようにしたら、

なんと、まったく薬を塗らなくてよくなったそうです。

まわりの人からも「色白になって、肌がすべすべになった」

と褒められるようになったとか!

 

今は生まれたてのあかちゃんでも平熱が低い子がいっぱいいます。

たとえクーラーを使っていなくても、

「頭寒足熱」のバランスが崩れた状態が「冷え」ですから、

絹の腹巻を一枚着せてあげただけで便秘がよくなったり、

よく眠ってくれるようになったというケースもありました。

 

暑くなってくるとどうしても

「冷えとり」をすることが難しくなります。

一日中、クーラーの効いた部屋でパソコン業務、

冷たい飲食で胃腸も冷えている人などは

「からだの奥(内臓)が冷えて、熱が表に出てくる」

という状態になりやすいので、

足の裏がほてってきて、無意識に靴下を脱ぎたくなります。

 

まずは半身浴の時間を増やして、

その日にたまった余分な水分や一日の疲れを

しっかりと出すようにしましょう。

肌着、レギンスなどからだに一番密着する部分に

薄い絹製品を選ぶようにするだけでも、

汗をしっかり吸ってくれて、裸でいるよりも快適に過ごせます。

 

そもそも汗は体温が上がりすぎるのを防ぐためにかきます。

きちんと汗をかいて氣を発散することができれば、

逆に涼しく感じます。

 

東洋医学的には良い汗と、そうでない汗があります。

手のひらでおなかを触って、おなかのほうが

冷たく感じるような状態の時にかく汗は

実はあまり良い状態ではありません。

疲れやすく、胃腸が弱く、眠りも浅く、

のぼせやすい方が多いようです。

 

こういう方は、真夏の熱帯夜にクーラーなしで

無理に我慢して睡眠不足になって体力を消耗するより、

足元とおなかをきちんとあたためて、

快適に熟睡できる環境を優先したほうがいいようです。

 

実は、わたしは3年前から自宅で蚕を飼っています。

最初は息子たちに蚕を見せたくておそるおそるはじめたのですが、

なんとわたし自身がはまってしまって、今では糸車を使って

自分で育てた繭から糸をつくれるまでになりました。

 

この時期のわたしの頭のなかは

「桑の葉は足りるかな?」

「温度はちょうどいいかな?」

など、人間の息子たちのお世話以上に

蚕のことで頭がいっぱいになります。

 

不食の弁護士の秋山佳胤先生の

『いいかげん人生術』(エムエム・ブックス=刊)でも、

美智子妃殿下が蚕を飼っているエピソードが紹介されていましたね。

わたしは、カメムシをはじめ、ほかの虫は苦手ですが、

蚕だけはもうひとりの家族のように「癒し」を感じます。

 

養蚕をはじめ、糸を紡ぎ、染めて、織る「衣の仕事」のほとんどは、

長い長い人類の歴史のなかで

力の弱い女性や社会的に不利な立場の人でも

簡単な道具があれば自分でつくることができて、

自立できるように人々の暮らしを支えてくれました。

 

わたしにとって養蚕が一番の初夏の養生になりつつあります。

旬の決まった時期にしか食べられないものを食べたり、

地域の行事やお祭りをたのしんだり、

この日のために一年頑張ってきた甲斐がある。

そう思えるような「生きがい」も、「養生」になるのではないでしょうか。

 



加藤祐里

かとう・ゆり|愛知県出身。年間1,000件以上のお産のある総合病院にて、助産師として務めたのち、東洋医学を学びはじめる。鍼灸マッサージ専門学校卒業後、結婚、出産、FMT自然整体の勉強、ふたたびの助産師としての勤務を経て、2012年4月、「自然の豊かな場所で子育てをしたい」という思いから、岐阜県郡上八幡へ移住。移住と同時に、自宅にて「郡上もりのこ鍼灸院」を開く。地元を中心にした多くの人々の健康相談にのっている。

Web Blog

読者の広場

0518|i a i 即興制作、フォーメン3号

 

 

5月3日(水)〜14日(日)に

エムエム・ブックス みので開催した、i a i 展『春土春水』

 

その即興制作に参加してくださった、

ペンネーム、ジャスミンさんのお手紙をご紹介させていただきます。

 

即興制作のこと、

murmur magazine for men 3号』について、

とてもあたたかいご感想を本当に、ありがとうございます。

 

中島正さんの思想や、みの虫革命が

少しずつみなさんに届いていることが実感でき、

とてもうれしく、しあわせな気持ちでいっぱいです。

 

感謝の気持ちを込めて、掲載させていただきます。

 

***

 

こんにちは。

5月4日(木)の「i a i」 居相大輝さんの即興制作に

おじゃましましたペーンネーム、ジャスミンです。

 

とても心地のいい時間をありがとうございました。

居相さんのことは、インターネットなどで

つくっている衣装や京都の福知山での生活を拝見していましたが、

実際に居相さんご夫婦とお会いして、お話ししてみると

なんだかとても力強く、やさしく、感じるものがあって、

「今日、ここに来てお会いできてよかった!」

と思いました。

 

つくっていただいた服は、

とても着心地がよく、毎日着ていたい! と思うような

特別な日常着になりました。

 

エムエム・ブックス みのは、

いつも行くとこころが満たされる場所で、

そこで居相さんに服をつくっていただけて、

わたしにとってすばらしい時間でした。

とてもこころに残る日を、本当にありがとうございました。

 

4月末に発売された『murmur magazine for men 3号』

今、この革命を特集してくださり、ありがとうございます。

 

とてもこころ強い、みの虫革命。

自分で何度も読んでは考え、

家族と仲間と話すということをくり返しています。

 

今の流れを続けていくと、わたしたち人間は

生きているだけで地球を破壊していっているのでは……

でも今、一人一人が目覚めて、こころをおだやかに、

自然や土に触れて暮していったら、

本当にこれから何か変わるかもしれない。

少しずつ、田舎のことや移住、

本当の豊かさについて考えはじめていましたが、

フォーメン3号を読んで、一度立ち止まって考えて、

そしてまた動き出したいと思いました。

 

中島正さんのインタビューは、読んで涙が出ました。

魂が深くうなづいて、このすばらしい方々に習って

いよいよ動き出す時なのだ。

と言っているようでした。

感謝の気持ちでいっぱいでした。

とても大切な一冊です。

 

わたしごとになってしまうのですが、

わたしは、日々の生活の中で人のために何かをすることで

「認めてほしい、ほめられたい、自慢したい」

という気持ちがあったことに気づきました。

 

中島さんのインタビューの中でも、

「相手によろこんでもらうことの中には、

何か優越感というか、自慢に思う気持ち……

助けたよろこびというよりは自分自身へのよろこびがある」

という一文がありましたが、

まさにそうだ! と思いました。

 

人のために、人のために

とやっていて、自分はというと

食事はてきとうになってしまったり、生活が乱れていたり……

これではきっと自分は満たされていないだろうなあ、

と感じました。

 

まず、自分が元気に生活できるにはどうしたらいい?

と考えて、人と競って、比べて落ち込んで……

というのをやめることにしました。

 

まずは自分。

人や社会とのつながりもたのしんで、

少しずつ縮小していこうと思っています。

 

仕事のことや、お金のことなど、まだまだ手探りですが、

山の緑や風の肌触り、あたたかい日差しや

うつくしい自然を感じながら、

動き出していきたいと思います。

 

気づき、革命へのヒントがつまった一冊を、

本当にありがとうございました。

 

(ペンネーム ジャスミンより)

 

***

 

このほか、フォーメン3号には

たくさんの読者はがきも続々と届いています!

 

ひきつづき、

これからもみなさまからのご感想やご意見を

こころよりお待ちしています。

 

メール:info@murmurmagazine.com

お手紙は下記住所まで。

〒501-3725

岐阜県美濃市俵町2118-19

エムエム・ブックス

 

新米社長福太郎便り

54 しあわせはつづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは!!

 

今回、ご紹介したたくさんの写真は、

GWに美濃のお店で開催されたiai 個展 『春土春水』の様子です。

(iai 個展『春土春水』は明日14日まで開催しております!)

 

目に焼き付けておきたい景色ばかり。

 

ご来店のみなさまが純粋に”着ること”を

楽しんでくださっていることが素直に伝わってきました。

 

店内はなんともいえない幸福な空気に包まれて……

「服っていいなぁ」としみじみ思いました。

 

 

GW中の僕自身は午前中は畑や田んぼにいって汗を流し

(とってもいい天気でがっつり日焼けしました!)

午後からお店に行って、

お客さまが試着を楽しまれるのをただただ眺めさせていただく……。

(ときには「この服がお似合いになると思います!」とか

「この服はお客さまのためのものです!」とか

かなりしつこくお節介をしてしまったり……)

 

ほんとうにしあわせな時間でした。

 

ご来店くださったみなさま、ほんとうにありがとうございました!!

こんな幸せな時間を共有させてもらえるなんて!

ほんとうにお店を開いてよかった、と

こころから思いました!

 

 

 

GWが終わると、ぼくはたまりにたまった事務仕事を

それこそ朝から晩まで没頭してやりつづけました

(ブログを書けなかったいいわけです)。

ぼくは普段集中力がまったくないので、

1時間も席に座っていることができないのですが

このとき、集中して事務仕事をやり続けられたのは

きっとGWのこの幸せな時間があったから、だと思います。

この時間をもてたことは、自分にとってほんとうにおおきかったです。

 

 

ご来店いただいたみなさまにとっても、

これからの日常に続くような……

そんな時間だったらよいなぁ、と思います。

 

 

今日と明日もiai 個展 『春土春水』開催しております!!

 

ぜひぜひエムエム・ブックス みの にいらしてくださいね!

 

 

(福太郎)

 

 

 

 

 

小屋と畑

0512|振り返ればアスパラ

 

小屋と畑!

なかなかアップできなくてごめんなさい。

 

(畑へは行っているのですが、

ウェブのアップがなかなか両立できなくて、、、)

 

 

この春、いよいよ畑やねーと

まきまきまっきーこと、

岐阜弁マスターのまきちゃんと畑へ行って、

土をあれこれ整備していたら、

 

ららら!

 

振り向いたらアスパラちゃんが!!!!!!

 

感動で倒れ込みそうになりましたよ!!!!

 

アスパラの種をまいたのは、2015年のこと。

(しかもアナスタシア方式で口に入れてからまきました!)

 

芽がで来るまでに2年かかるんです。

なんか、正直、私、諦めてました。

 

ところが!!!!

 

出てきた出てきた!

 

しかも立派!!!!!!!

 

しかも美味しい!!!!!

 

オーーーーーーーーーッジャーーーーーーーーースッ!!!!!

(天に向かって叫ぶ!!!!!!)

 

無農薬だし、無肥料だし、

ほったらかしだったけれど、

アスパラ先生はちゃんと土の中で

育ってくださっていたのです。

 

はあ。涙が出る。

 

ありがとう、土さん

ありがとう、太陽さん

ありがとう、水さんという気持ちです。

アスパラさんも、本当に、この土地で

育ってくれて、ありがとう!!!!

 

中島正さんの「百姓がいちばんたのしい」のことばの意味を

この時本当の意味で噛みしめた気がします。

震えますよ! 2年越しに顔を出すアスパラには。

 

なお、アスパラは、この後10年くらい

とれ続けるのだそうです。

 

なんかね、じっと地中に2年、

後は10年も、芽を出し続けてくれる存在に、

ああ、なんでもそうだなと思いました。

 

長く不遇の時代がある人とか、

世の中から引きこもってるとか、

仕事を辞めているとか、全然心配ないない!

アスパラさんは、3年寝太郎です!

じっとしている時間に

きっと養分をためているのね。

 

 

にょきにょきにょき子!

 

 

 

 

はあ、こんなにたくさん。

草むらの中からほうれん草もたくさんとれました。美味しかった!

右側は、ルッコラの花です。

 

 

 

また、畑のこと、レポートしていきまーす!

 

 

 

 

(服部みれい)

今日の編集部

0512|黄金時間|これは事件だ|砂浴合宿

 

 

 

 

みなさん、こんにちは!

あっという間に、黄金週間が終わってしまい、

ところがどっこい、わたしはまだ金色(こんじき)のきらめきのなか……。

 

えー、簡単にいえば、休んでる、ってことです。

(先週もブログアップできないでいてゴメンなさい)

 

マーマーマガジンフォーメン3号を出したあと、

何年ぶりかで本格的な毒出しがあり、

かつ、3号に熱中しすぎて、放心状態を続けています。

 

黄金の中にいる理由は

 

・畑へよく行っている

・休んでいるせいで、ご近所の80代、90代の方々とよくおしゃべりしている

・iai展 (金色、、、キラキラ、、、)

・次の生活への準備をしている

 

と、いったところでしょうか。

 

あちこちから、現実的な催促(みなさん、本当にごめんなさい)も

あるのですが、

できるだけ早くお返事したいと思いながら、

放心&黄金状態が続いております。

 

いやあ、iai「春水春土」展は……3日に

エムエム・ブックスみのでスタートしたのですが、

約80点あった全て1点ものの服が、

現在、もう、20点くらい(以下かも?)しかありません。

 

このiai、そして居相大輝くんという人については、

あらためてどこかでお話しさせていただきたいのですが、

この展示は、ちょっとした事件だと思っています。

 

フォーメン3号のポップに

「やさしく静かな革命がはじまる」と書いたのだけれど

あら、もうはじまってたワ、という感じです。

 

 

簡単にいえば、ですが、iaiの服は、

「その人自身」を引き出す力がある。

着ると、「ああ、この人ってこう言う人だったんか」という

発見があるような感じ。

一見、とても個性的な服なんだけれど

ひとたび袖を通すと、その人物がくっきり見えて来る服。魔法でしょう。

 

しかも。

1点ものなのに、軽い。

服をつくるつくり手(居相くん)の自我のありようが……

なんというか、未来的なのかな、と思います。

「どや」というのが無い。

 

 

福知山の村で、そこにある自然物(土、植物など)で

染められ、つくられた服たち、

また、福知山のおばあちゃんたちの刺し子などを利用して、

さらに、その服たちを福知山の村の方々が愛用して……

とそのストーリーもさることながら、

なんでしょうか、

服としての存在感とその事件性というか、革命性にも

大きく目を見開いていたいなと感じています。

 

考えたら、人って全員違う人ですよね。

なのに服は同じ形、同じデザインの服がある。

少し前の時代は、既製品ってなかった。

服も一人一人、その人のものだった(つぎはぎして着ることも含めて)。

 

そんなことにも思いを馳せています。

 

 

ひゃあ。

 

 

そして革命といえば、中島正さんです。

 

フォーメンで特集を組むのはドキドキでしたが、

でも、おかげさまで、とてもすばらしい反響をいただいております。

みなさん、ありがとうございます。

 

中島正さんは岐阜・下呂の方ですが、

岐阜にいると、

「正さん! 知っとるよ!」

「卵のおじいさんや!」

「養鶏の世界の有名人やよ」

と、あちこちで声をかけられます。

 

正さんの卵を食べて育った、という方にも

たくさんお会いしました。

みなさん、口を揃えて、

正さんご夫妻のお人柄の穏やかさについても

必ず話してくださいます。

 

都市を滅ぼせ、も、おかげさまで、本当にすごい売れ行きです。

 

都市を滅ぼせ

 

 

(今回の特集を機に、特別増刷。

5月は、mmbsにて先行販売中です)

 

 

世界の、日本の、今、このタイミングで、

この号をつくることができて本当によかったですし、

それだけに、放心してしまう、という自分もいます。

 

 

はっ!

フォーメンといえば、

医師の稲葉俊郎先生はじめ、ユニークな治療家たちが、

あたらしい医療について話してくださっているのですが、

「快医学」の橋本俊彦先生の記事、

すばらしかったですよね。

 

実は、橋本先生、昨年、「砂浴合宿」でお会いした方で!

この砂浴についても、

マーマーガール&ボーイに

本当に詳しくお伝えしたいのですが、

(次号、まぁまぁマガジンでお届けしようと思ってます!)

実は、この5月にも合宿がありまして!

まだ若干お席があるようなのです。

 

砂浴については、東城百合子さんの

自然療法の本で読んで以来、「絶対やってみたい!」と思っていたのですが

いやあ、昨年体験して、本当に本当に感動しました。

 

まあ、ただ、砂に埋まっているだけ、のことなんですけれど、

わたしの純粋な感想でいうと、

こう、「大自然」にドボンと身体を浸して、

細胞ごと「自然」を思い出させられる体験、という感じでした。

 

砂に埋まって、青い空、あとは海の波の音を聞いているだけの時間。

 

すごいですよ、これは!!!

 

 

断食にしても何日間分に相当するとも聞いています。

(この砂浴中もソフト断食をします)

 

ちょっと急なのですが、

もし参加できるという方、

ぜひチェックしてみてください。

 

 

  • 橋本俊彦の砂浴合宿

 

日時 5月13日(土)—15日(月)

場所 静岡県浜松市

2泊3日 40000円(税込)

1泊2日 30000円(税込)

2回目以降の参加は、5000円割引

 

講師|橋本俊彦(鍼灸師)

 

砂浴とは

砂には全身の毒素を吸い出し、心身を浄化するという働きがあります。

太陽という陽性のエネルギーをいっぱいためこんだ砂を浴びることによって、

新陳代謝が活発になり、体の中にため込んだ毒素が盛んに皮膚の毛穴から

排毒されていきます。また砂浴は、汗や便、尿などの排泄機能を活発にしてくれます。肺、腎臓、腸、皮膚の4大排泄機能をフルに活性化させ、

体の中から毒素を排泄させるのに効果的な民間療法です。

 

申込先

てくてく

電話 090−2222−9601(立田)

ファックス 0265−53−5983

詳しくはこちら

 

 

 

って! もうこの土曜日じゃん!

って感じですが。

ご縁のある方がいましたら。

 

わたしは、残念ながら5月の回にはいけないのですが、

ぜひまたわたしも行きたいと思っています!

 

橋本先生のお人柄もあたたかくて

すばらしいですよ! 大ファンです。

福島を支える活動もずっとなさっています。

あたたかく大きな器の方です。

 

 

何度も同じことを書いていて申し訳ないのですが、

マーマーマガジンを立ち上げて以来、

本当の意味で休もうとなったのは、(休む休むいってましたが)

今回がはじめてなんですが、

ホント、これから、どうしよっかなーって感じです。

こないだ畑へ向かう栗林を歩きながら、

安倍政権が、わたしを畑に連れ出してくれたのかもと

そんなことも思いました。

 

 

ひとりだけ続いている黄金週間は、

前に古本屋さんで購入しておいた

トーマス・マンの日記を読もうかなと思っているところです。

それとも魔の山を登るのか……。

 

 

エムエム・ブックスみのでのiai展示は14日(日)まで!

13日(土)には、あたらしく服も追加される予定です。

ぜひいらしてくださいね。

 

 

突然ですが、今聴いていた音楽、、

 

 

透明少女

 

 

 

 

夏、、なんですよね、もう!

ライブもやりたいねってmmaのメンバーとはなしてます。

 

 

そうだ、今年は、森、道、残念ながら欠席です。

みのでの展示、これからの準備、あれこれにて。

2年続いたポエトリーリーディング、

またどこかで続けて行いたいです!

 

 

でも、いちばんやりたいのはバンドなのかしら。

ベースと。

ピアノはここへきてまた練習してます。

ピアノはわたしのたいせつなともだち。

 

 

みなさんも、新緑溢れるこの5月、

どうぞ、すこやかにお過ごしくださいませ!

 

そうだ、mmbsのメルマガも12日(金)配信です!

 

 

 

 

 

では!

 

服部みれいど、え、した!

 

 

 

チャオは、ハイジェットなのだ!