murmurbooks

たのしいよみもの

高橋博の 自然が何でも教えてくれる #11
毎月1日更新!

 

第11回 破壊のあとには必ず建設が待っている

 

人間の不安って、3つしかないんだよ。まず、病気の不安。それから、お金の不安。そして、争いの不安。この3つに絞られるんだ。
いろいろな人から相談を受けるんだけど、大抵ここに収束するんだ。そして、この3つがそれぞれ「掛ける2」になってる。たとえば病気だったら、身体の病気と精神的な病気。お金だったら、本当にお金がないのと、こころの貧乏。争いは、本当の争いと、こころの争い。不安っていうのは、この6パターンでできていると思うんだよね。それがなくなったら本当にいいなぁ、と思う。わたしたちにもこういった不安はやって来るんだけど、それを不安として受け止めていないから、大丈夫でいられる。わたしたちが6か月間の塾でやっていることも、そういったことなんだよ。

セミナーでは、一番最初に「破壊と建設の法則」について教えるんだ。これはいろいろなときに使えるからね。破壊だけだと、なにか人生って不安じゃない? だけど、“破壊ごと”はいっぱいあるわな。その破壊だけ見ているといやになっちゃう。でも、破壊のあとには必ず建設が待っている。その原理を知ると、不安なく生きられるんだよ。
土についてもそう。自ら肥毒を破壊しないと生産できない。自然農法も過去の清算をしなくちゃいけない。じゃないと自然農法が成り立たないからね。この清算こそが、破壊。だから、建設をしたかったら、破壊しなくちゃならない。
人間も同じだよ。人間を建設させるには、過去をとってやらないといけない。その過去を捨てられるか捨てられないかだよね。見栄とか、我とか、執着がとれたときは楽なんだ。あれは仏教の世界と同じだね。修行ってそんなことするようだもんね。夫婦間で争いが起こったとしても、この破壊だけだとまずいと思うけれども、必ずその後には建設が生まれているんだ。もう同時に準備されているんだ。

研修生の卒業式のときにも「世の中にでていろいろな困難にぶつかるだろうけど、これを知っていると強いよ」っていってやったよ。破壊みたいなことが起こっても、そのあとには必ず建設があるから、乗り越えていけるよな、って。「そのとおりでした」って年賀状に書いて送ってきてくれた卒業生もいたんだ。
人間世界を超えて自然の世界に到達するには、ちょっと苦しまないとしょうがないよ。しかしこの世界を知ってしまったら、ついもう一歩、もう一歩と超えてみたくなっちゃうんだよ。それがいまのわたしの状態だな。

 

 

高橋博(たかはし・ひろし)

1950年千葉県生まれ。自然栽培全国普及会会長。自然農法成田生産組合技術開発部部長。1978年より、自然栽培をスタート。現在、千葉県富里市で9000坪の畑にて自然栽培で作物を育てている。自然栽培についての勉強会を開催するほか、国内外で、自然栽培の普及を精力的に努めている。高橋さんの野菜は、「ナチュラル・ハーモニーの宅配」にて買うことができる。

http://www.naturalharmony.co.jp/takuhai/

ショップ&イベント最新

0720|8月、ひるねこBOOKSへ!

 

mmbs出張リアルショップ&

冷えとり茶話会&

平松モモコさんの似顔絵とメイクアップの会

inひるねこBOOKS(東京・谷中)のご案内です!!!

 

***

 

みなさま、こんにちは!

マーマーなブックスアンドソックスのやまだともみです。

 

今年で3年目ッ!

毎年恒例となってまいりました

「ひるねこBOOKS(東京・谷中)」さんでの、

冷えとり茶話会&出張ショップ、今夏も開催いたします!

 

今年は、恒例の茶話会&ショップに加え、

イラストレーターの平松モモコさんの、

「似顔絵&ポイントメイク屋さんとちいさな展示会」も

開催が決定いたしました!

 

今年の夏は、猛暑が続いていたり、

相変わらず、建物の中と外の温度差が激しかったり、

暑さも、その温度差もからだに響いてくる……ということを

感じていらっしゃる方も多いと思います。

 

そんなときに冷えとりは、その暑さも温度差にも

左右されないからだをつくってくれる、

本当にこころ強い味方になってくれますネ

(今年の夏は、本当に暑くて、このことを実感しております)♪

 

「冷えとり、夏はちょっと……」というみなさまも、

夏も変わらず、がっつり冷えとりをされているみなさまも、

初心者だけれど、話を聞いてみたいワというみなさまも、

ぜひぜひ、冷えとりのこと、お話しませんか?

今年もぜひ、みなさまの冷えとり体験談のお話をお聞かせくださいませ!

 

詳細は下記よりご確認ください。

※お支払いはすべて、レジにて現金のみのお支払いとなります。

 あらかじめご了承くださいませ。

 

 

出張ショップでは、下記の時間帯で開店しております。

ぜひぜひ、気になるアイテムを見に、触れに、

いらしてくださいませ!

もちろん、お話だけでも、ごあいさつだけ

ひるねこBOOKSさんの本たちを立ち読みに来られるだけ……、

どんな方も大歓迎ですッ!!!

 

ぜひ、あそびにいらしてくださいませ!

 

***

 

そして、今年はさらに!

「平松モモコさんの似顔絵とメイクアップの会」も同時開催ッ!

 

じゃん!

昨年、今年も、美濃や名古屋で開催した折に

大好評いただきました、「似顔絵&メイクアップ屋さん」です!

 

平松モモコさんといえば、

服部みれいのロングセラーシリーズ3部作、

『SELF CLEANING BOOK あたらしい|自由な|うつくしい自分になる本』、

『スモール・ストロベリー・ジュース・フォーエバー(ポケマー)』など、

数々の書籍のイラストや、

このページのアイコンにもなっているイラストも描いてくださった

人気のイラストレーターさん☆

 

モモコさんは、実はメイクも大好き!

「絵を描くときに、一番好きなのは、

女の子のほっぺたと唇に色を塗る時!」というモモコさん。

誰かの顔を見るたびに、頭の中で、

その人にどんな色のほっぺと唇が似合いそうか考えているほど!

服部みれいやエムエム・ブックスのスタッフにも

「あたらしい自分の魅力に気づける!」と大好評!

モモコさんの絵の中の女の子のような、

愛らしさと、その人の内側から滲み出る魅力を引き出すような

似顔絵とポイントメイク、ぜひご体験ください。

(ちなみに、このモモコさんのポイントメイクは、

眉毛の描きかたや、ベースメイクなどをご伝授するものではなく、

頰の色、口紅の色、アイシャドウの色、マスカラの色などなど……

その人に似合う色を見つける

イラストレーターさんならではの、ポイントメイクです!)

 

さらに今回は、モモコさんの原画の展示と

オリジナルグッズの販売もあります◎

 

ぜひ、あわせておたのしみくださいませ!

 

お申し込み詳細は、下記よりご確認ください。

 

***

 

<イベント詳細>

 

◎8月18日(土):

15:00〜18:00 出張ショップ&モモコさん似顔絵会
18:00〜19:30 冷えとり茶話会

 

◎8月19日(日):
11:00〜12:30 冷えとり茶話会
12:30〜17:00 出張ショップ&モモコさん似顔絵会

 

場所:東京・谷中の「ひるねこBOOKS

<東京都台東区谷中2-1-14-101 TEL:070-3107-6169

店主 小張隆(こばりたかし)さん>

 

***

 

◆冷えとり茶話会

1)8月18日(土)18:00〜19:30 満員御礼

2)8月19日(日)11:00〜12:30  満員御礼!

ご参加費:1,000円(お茶とお菓子つき)

定員:各回10名さま

※冷えとり茶話会の時間帯は、貸切となります。

 

 

「冷えとり茶話会」にご参加をご希望の方は、

下記のようにメールでお申込みください。

※先着順となります

※満員になりましたら、キャンセル待ちを承ります

 

◆メール送信先:event@murmurmagazine.com(担当:やまだともみ)

◆ご記入いただきたいこと

件名:冷えとり茶話会

本文:

・お名前(ふりがな)

・生年月日

・ご住所

・お電話番号

・メールアドレス

・冷えとり歴

・ご参加ご希望の日

 

***

 

◆平松モモコの似顔絵とメイクアップの会

 

8月18日(土) 満員御礼!

15:00〜15:2015:30〜15:5016:00〜16:2016:30〜16:5017:00〜17:2017:30〜17:50

 

8月19日(日) 満員御礼!

12:30〜12:5013:00〜13:2013:30〜13:5014:00〜14:2014:30〜14:5015:00〜15:2015:30〜15:5016:00〜16:2016:30〜16:50

 

※キャンセル待ちを承っております

※所要時間は1名さまにつき約20分(上記、1枠分)、

似顔絵とポイントメイク両方をご希望の方は約40分

(上記の時間より連続で2枠お選びください)となります

 

似顔絵のみ→おひとりさま3,800円

似顔絵+ポイントメイク→おひとりさま6,300円

 

「平松モモコの似顔絵&ポイントメイク屋さん」に

ご参加をご希望の方は、下記のようにメールでお申込みください。

※先着順となります

※満員になりましたら、キャンセル待ちを承ります

 

◆メール送信先:event@murmurmagazine.com(担当:やまだともみ)

◆ご記入いただきたいこと

件名:平松モモコの似顔絵&メイク

・お名前(ふりがな)

・生年月日

・ご住所

・お電話番号

・メールアドレス

・ご参加希望の日時

なるべく多くご参加可能な回を

ご希望いただけますと、予約をとりやすくなります

※ポイントメイクご希望の方は「ポイントメイク希望」と

お書き添えくださいませ

 

***

 

みなさまにお会いできますこと、

こころからたのしみにしています!

 

 

(mmbs やまだともみ)

編集部便り

0727|夏の大妄想

 

「失敗したときに、誰かのせいにできるという誘惑は、

人生を主体的に生きるということから、

自分を遠ざけてしまいます。

何が正しくて、何が間違っているのかを、

私が背負ってあげまっせ、という人や社会が出てきたら要注意。

本当にそれでいいのか、手遅れになる前に、

よく考えて見る必要があります」

『なるべく働きたくない人のためのお金の話』「まずはつらい場所から抜け出す」(大原扁理=著 百万年書房=刊)より抜粋

 

 

みなさん、こんにちは!

夏ですね……。

今週は、台湾から大原扁理さんが、

エムエム・ブックスにあそびにきてくださいました!

声のメルマガ(8月1日配信予定)に出演していただくためだったのですが……。

 

いやあ、本当に本当に

いろいろなことを考えさせられました!!!

 

大原さんは、上記で紹介している本のほかに、

 

◎週休5日の快適生活 20代で隠居

◎年収90万円で東京ハッピーライフ

 

といった本も書いておられるのですが、

さて、自分は本当に週休何日ほしいのかって

あらためて考えることってないですよね?!?!?!!

 

たいてい、月にお金がいくら必要かとか、

仕事がこれくらい入っているからやらなければ、とか、

会社の規定に合わせて、とか、、、

休みから逆算することって

本当にないなあってあらためて思いました。

 

でもネ!!

会社づとめしているかたには、いつかは定年というものがくるのですし。

また、これからの経済状況いかんによっては、

また世界の情勢とか、いろいろなことによっては、

何年か先(何十年か、何百年かはわからないですけれど)

本当に、週のうち1日か2日だけ働けば充分、となる可能性は

充分にあるなあと思うのです。

 

もちろん、仕事がない!という状況も考えられる。

 

そのときに、人は、自分は、さて、何をするのか、と思うのです。

 

少し前にこのブログで

あることを書いて、ある一文だけ(部分的に)抜き取られて、

誤解が誤解を招いたことがあったのですけれど、

 

でも、わたしがいつもいつも、

ここのところ考えているのは、

この、

 

・主体的に働くにはどうしたらいいか。

・いやな仕事ってもうしなくていいんじゃないか。

・「お金」という存在に負けないで生きるにはどうしたらいいか。

 

ということです。

よくよくよくよく、立ち止まって

目を凝らして考えてみれば、、、

宇宙規模の視点で地球を眺めてみたならば、です。

 

・どうして自分は働かなくてはならないのか

 

よいタイミングで考えてみるのは、

これからも同じ仕事をするにせよ、無職にせよ、主婦業をするにせよ、何をするにせよ、

転職するにせよ、すごくいいヒントをもたらすようなきがしています。

 

そしてそして、

この大原扁理さんという存在は、

本当に、やわらかい革命家というか(革命家なんていったら、扁理さん、ちがうーーー!!っていいそうですが)

扁理さんは、ただやりたくないことやってないだけなんだけれど(かつ、ものすごく考え尽くして、それを行動にうつしたかた、ということなんだけれど)

これからのちの、未来の世界に

大きなヒントを与えつづけるにちがいないって思っています。

時間とお金の先駆者。

わたしは勝手に革命を感じました……。

 

もう、もう、もう、もう、

自分のからだもこころも頭も意識も

なにもかも

これまでの社会通念で完全に染まりきっていて、

そうじゃない、というアイデアを考えづらいのですけれど、

でも、この天候不順、社会情勢、世界の動き、

考えたら、いよいよこの枠を出ないと!って

そんなタイミングなきがしています。

 

そしていつもいつも

たいせつなヒントは、自分自身をたいせつにするということだし、

自分を愛するということがスタートのようなきがします!

めぐりめぐって。

 

愛ってすごいんだワン。

 

 

大原扁理さん、ブログもあります!

(さっそくのご紹介ありがとうございます!)

 

詳しくは、8月1日配信の声のメルマガをおたのしみください!

年内発売予定のフォーメンでも、

このお金や時間についての特集を企画していますよ!

 

どうぞどうぞ

おたのしみに!!!!!!!!

 

 

 

あはは

われた

 

 

エムエム・ブックスみのでは、

松田純子さんのアロマ講座がはじまりました!!!!

この講座すごいんです。

わたしも参加させていただいたことがありますが、

本当に、動きます、自分が。

まだ残席ある日もあります。

美濃の小旅行とあわせましてぜひご参加くださいませ!

くわしくはこちらから。

 

 

さらに!

写真集マリイ、いよいよ

東京・学芸大学 古本遊戯流浪堂にて

展示、イベントがあります!

こちらもぜひぜひご注目ください!

8月5日にはわたしもトークさせていただきます!

 

 

さらにさらに!!! ににににに!

 

営業部まきまきまっきーの九州ぐるりと一周

およろこびさまツアーも

いよいよはじまります!

くわしくはこちらから!!

 

東京では、

ひるねこブックスさんでの

リアルショップもあります!!

くわしくはこちらから!!

(茶話会、似顔絵の会は満席です!)

 

 

人類は(っていうと話が大きいですけれど)

なにか

まったくあたらしい地球に生きることになるきがしてならないのは

わたしだけ……っていうか暑さのための妄想なのでしょうか……

 

あはは 妄想か……

 

では! 仕事に戻ります!

 

みなさま、どうぞ、どうぞ、

おからだご自愛ください!!!

 

それでは!

 

服部みれい、ど、え、した!

 

 

 

チャオ割

 

 

 

たのしいよみもの

0726|写真集『マリイ』へのご感想

 

写真集『マリイ』発刊後、

編集部にはアツイお便りが続々と届いています。

 

今回は、スイス在住のハイジさんが、

写真集から引き出された、写真にまつわる記憶や体験を

シェアしてくださいました。

 

ただいま『マリイ』展は京都・恵文社一乗寺店にて開催中。

このあと、東京、香川、愛知ほか、各地を巡回する予定です。

お近くの『マリイ』展へ、ぜひお立ち寄りくださいね。

 

***

 

mm booksのみなさま、みれいさん、ちょも山さん、こんにちは。

このたびは、お便りコーナーで当方のメールを

お読みいただきありがとうございました。

写真集『Marii』が今年の9月より前に完売の暁には、

わたしに1冊取り置きしておいてくださるというみれいさんからのご提案、

ありがたく受けさせていただきます。

 

写真の話題で、余談ではありますが、90年代に渋谷のパルコで

写真家ダイアン・アーバスの小規模な展覧会に行ったことを思い出しました。

 

会期中、アーティストの生前の親しい友人で、

彼女亡き後、著作権に関わるすべての企画をマネージングしている

マーヴィン・イズラエルのコンフェランスがあり、聴講する事ができました。

 

この頃の日本はまだミーハーで表面的な文化が主流だったせいなのか、

質疑応答である若者から

「アーバスは、何故、自殺したのでしょうか」

との場違いな発言があり、イズラエル氏は

「なんでそんなことが知りたいんだ、そんな平たい関心を示すのか」

と苦言を呈したことを思い出しました。

 

彼女は写真を撮り続けるあまり、多くの写真家がそうであるように、

被写体を飛び越えて(透明人間のように)、ある種の見えない世界に魅せられて、

見える世界との境界線にある深い崖っぷちに立ち、足元を奪われてしまったのかもしれない。

 

1970年にダイアン・アーバスが行ったマスター・クラスに写真家の奈良原一高が参加したと、

作家ドゥーン・アーバスが興味深い発言をした映像があります。

 

 

先に行われたカンヌ映画祭で最新作『イメージ・ブック』を発表した、

ジャン=リュック・ゴダールが(Face Timeからの異例の)記者会見で、

「映画の役割とは、一般がやらないことを見せること、

一般がやらないこととは、(たとえば)フェイス・ブックとかで見られないこと、

一般に見えないことを見せて、人に考えさせること」

と繰り返し言及していました。

 

これは映画だけではなくすべての写真、映像芸術の存在理由に通ずる提言でしょう。

90年代以降、難解な作品が多くなったと一般(!)からは倦厭されている

今年87才の大御所の彼は、スーザン・ソンタグの『写真論』でも

ロラン・バルトの本でも引用されているのですから、

大変おそれおおい存在(彼はスイス在住)です。

 

それでは、みなさまのますますのご活躍をお祈りしております。

 

スイスのハイジより

 

(マーマーマガジン編集部)

編集部便り

0726|流浪堂で写真展&トークイベント満員御礼

 

8/4(土)〜14(火)、松岡一哲写真展『マリイ』が再び、

東京・学芸大学にて開催されます。

 

場所は古書店流浪堂の奥の小さなスペース、流浪堂トーチカ。

隠れ家のような小部屋で、厳選された作品を眺めながら、

マリイの世界観をじっくりとおたのしみいただけます。

 

8/5(日)にはトークイベントを開催。

 

松岡一哲、服部みれいとふだんから親交のある、

流浪堂店主の二見彰さんが司会をつとめてくださり、

ひそやかで濃密な、極私的対談が繰り広げられます。

 

みなさまのご参加をお待ちしています!

 

 

<イベント日時>

8/5(日)15:00〜17:00

「極私的対談」 松岡一哲×服部みれい(司会:流浪堂店主 二見彰)

*この時間、お店は閉店させていただきます

 

<定員>

10〜15名 満員御礼!

 

<参加費>

1500円

 

<ご予約・お問い合わせ>

流浪堂  東京都目黒区鷹番3-6-9-103

☎︎03-3792-3082 info@ruroudou.com

平日12:00〜23:00 日・祝12:00〜22:00 木曜定休

*こちらのイベントは定員に達したため締め切らせていただきました
 

 

(マーマーマガジン編集部)