murmurbooks

みれいニュース

0220|毎日新聞 好きに食べたい

 

 

みなさん、こんにちは

 

『毎日新聞』「日曜くらぶ」

服部みれいの好評連載「好きに食べたい」、

2017年の夏から毎週、続いているのですが!

 

 

今週から、こちらでも

ご紹介してまいりますね。

 

 

2月18日(日)号では、

みれいがあるドキュメンタリー映画に影響され、

白菜の漬物に挑戦するも。。。

 

 

 

 

 

記事はこちらからもご覧いただけます。

なお、東海地区では、金曜日の夕刊に掲載されています。

おたのしみいただけますとさいわいです!

 

 

 

 

 

(マーマーマガジン編集部)

 

新米社長福太郎便り

ぎっくり☆
不定期更新

 

 

そう、それは『きんいろのアファメ−ション帖』発売日直前のことでした。

全スタッフが発送や自分の仕事がたくさんある時期で

猫の手もかりたいような、そんな時です。

ぼくもその時はなかなか頑張っていました。

前の日は遅くまで仕事をして、深夜3時まで仮眠。

そのままその日の仕事の準備をすすめて、

「よっしゃー今日もばりばり仕事したるでぇ〜」と言うときに・・・

 

ぐきっ・・・・・

 

あーやっちゃったな、これは・・・・

ぐっきり腰やっ!

 

そう思ったときから、すぐに自分の仕事の引き継ぎをして

なんとか家に帰った瞬間から、歩くこともままならなくなってしまいました。

 

それから約10日間、眠り続けました笑

 

 

妻が何から何まで世話をしてくれたり、

かかりつけの鍼灸の先生が2度も来てくれたり、

鍼灸の卵が親身にしてくれたり、両親やスタッフにもたくさん支えられました。

 

 

ほんとうにご迷惑をたくさんかけてしまったのですが

まさか自分が10日間休むなんて、夢にも思わず・・・

きっと約5年前にこの会社に入ったときから

日々はジェットコースターのように過ぎていき・・・

自分でもよくわからないまま、今ここに立っていたんだと思います。

 

そしてこの10日間を境に(なにも出来ないということがほんとうによかったです)

 

「もしかしたら・・・今ジェットコースターを降りたのかも?」と

 

「あたらしいステージに今いるのかな」と思うようになりました。

 

居る場所は物理的にはなにも変わっていないのですが

精神的には”自分の足”で立つ感が、なんとなく、なんとなくですが

むくむくと出てきました。

(このことは占星術のふぇみにゃんさんにも言われたことでした!)

 

旧暦も明けて新年に突入しましたし

今年はなにが起こるのか、

どんなことが起こっても

「どんとこいじゃー!!」といえるように

しっかり丹田に力入れて、もうぎっくり腰になんかならないぞ、と

はりきって(はりきりすぎないように)ぷあぷあしてまいります!

 

(なんだかこんな宣言してばかりだなぁ・・・、みなさま既読感ありですね・・・

毎度すみません!!)

 

 

 

最近、編集部で働くことになったちょも山さんから快気祝いをいただきました。

うれしいなぁ。

なんだか、潤うわッ!!

ちょもさんありがとう!!

 

 

飛び立ったら

もう巣には戻れない

 

 

 

(福太郎)

 

小屋と畑

土脉潤い起こる

 

 

みなさま、こんにちは!

七十二候によると、今日(2月19日)から

「雪は雨になり、また雪が溶けはじめ、

土に植物が芽吹くための潤いがもたらされる時期」とのこと。

 

今日は天気も最高にいいし、一粒万倍日だし、

『土脉潤い起こる』というなんとも種を蒔くのに良さそうな日なので

朝からそわそわ。

仕事の合間をぬって、庭に植えたかった梅の木やクローバーの種を植えました。

 

 

ほんとうは藍の種、そしてレモンの木も植えたかったのですが

そこまで庭に時間を割くことができず・・・。

 

 

 

田んぼの梅の木みたいにおおきくな〜れ!

 

 

 

 

一粒万倍!

今の編集部に移ってきた年にも白クローバーをたくさん蒔いたのですが

かちかちだった土壌がすごくやわらかくなったような気がしました。

 

なので今回は道沿いなど、

主に土が硬くなっているところに蒔きました。

浜名農園さんの固定種や在来種は

小社ウェブショップや美濃の実店舗でも販売しております!

 

 

種が蒔けてうれしいのですが

待ってましたとばかりにすずめちゃんたちがたくさん

庭に降り立ってきます。

 

そして今年からは・・・・

 

 

年末にわが家にやってきた美濃柴犬のまりもちゃんも

食べ物には目がないので、たいがいの種は食べてしまいます。

それも土ごとっ!!

 

そういったいろいろなものを乗り越えて

地表に出てくる植物たち・・・・

すごいなぁ、逞しいなぁ・・・

 

今から会えることを楽しみにしているぜっ!

 

 

 

まりもちゃんは庭の池の水も飲みます。

凍っていてもおかまいなしで、ぺろぺろなめて氷をとかします。

 

 

 

 

お嬢さん!

もうすぐしたらここは緑でいっぱいになりますよ!

 

花でも咲いたら、花冠でもつくってあげたいと思いますが

きっとすぐに彼女は食べてしまうでしょうねぇ・・・・

 

 

(編集部 福太郎)

 

 

 

今日の編集部

0216|あたらしい春
毎週だいたい金曜日更新

 

みなさま、こんにちは!

 

 

 

 

いやあ、ようやく! 本当の本当に、年があけました!

今日は旧暦の元旦!

『きんいろのアファメーション帖』の発売日!

あと新月なんですって⁉︎

しょえーっ!

 

こりゃ、アファメーションするしかないですね!

 

マーマーマガジン編集部&営業部では、

『きんいろのアファメーション帖』の発送祭り(とってもよく売れています!)

わたし自身は

(まだやってるって感じですが)

この春発売の

『うつくしい自分になる本』(筑摩書房)の

最終チェックをしています。

 

『うつくしい自分になる本』ですけれど、

かれこれ半年くらい、

書いたり、ゲラのリタッチしたりしているかも……。

 

本を丸ごと書き下ろすって

すごい労力ですね。

(じゃんじゃん出している方々は、

並々ならぬ才能をおもちか、もしくは

ゴーストライターをおつかいでいらっしゃいます。

わたしもゴーストライターさんによる本を

つくろうとしたことがあるのですが、

でも、あまりにたいへんで、

その本は企画自体がなくなってしまいました。

編集のかたやライターさんには

もうしわけないことをしたのですが、

どうも、自分には向かないみたい……

ということで、出版点数が少ないのですけれど、

まあいたしかたないですね!)

 

お米だって1年に1度しかとれないんだし、

と自分を慰めております。

 

3月は!

エムエム・ブックスみのは、

「えみおわす」展が2日からスタート(たのしみすぎる!)!

 

4月は!

『うつくしい自分になる本』のトークショーが

東京などで行われる予定です。

また詳細あきらかになりましたらおしらせしますね。

 

そ、し、て!!!!!!!!

 

いよいよ!

いよいよです!!!!

 

松岡一哲写真集『マリイ』がっ!!!!!!!

4月には発売できそうです。

 

きゃあああああああああ

 

もう、いろいろな意味あいで、

きゃあああああああああ

 

なのですが、

 

写真家、松岡一哲くんはもちろんのことですが、

AD佐々木暁さんの、もう、もう、それはもう、

並々ならぬ愛情と労力で……

 

写真集……

 

たいへんなことになってるんです。

 

天才って、最近では使われなくなったことばですけれど、

天賦の才能、、という意味では

一哲くんの、もう、すさまじい才能、と、

暁さんの、アートディレクターとしての、とんでもない才能、

この天から降り注いだ才能が結集して、

ものすごい緊張感と研ぎ澄まされた世界観が

完成していて、

ほんとうにすごいです。

 

この本、ここまでこぎつけることじたいが、

もう、なんか、すべてが奇跡みたいなことの連続だったけれど、

ああ、とうとう、ここまできたかと、

この5年間を振り返って

もう、胸が張り裂けそうです。

スタッフ一同、みんな、こころをひとつに

そんなふうに思っています。

 

マーマーマガジンならびにまぁまぁマガジンの読者のかたは、

写真にふだんからすごく親しんでおられるかたもいるだろうし、

そんなに、という方もおられるかもしれない、、、

 

一哲くんの写真は、

正直「わかりやすい」写真ばかりではないです。

 

でも、写真のこと、知れば知るほど、

一哲くんの写真ってすごいです。

 

誰もこれまで撮影してこなかった「間」がそこにありますよね。

あと、愛情。やさしさ。

 

わたしじしん、たくさんの方々に

撮影をしていただきますが、

一哲くんに撮影していただくのって、

なんというかなあ、、、

もう、まったく、カメラマンの方を意識しないで

撮られるという感じです。

これは本当に稀有な体験です。

 

それは一哲くんという人が

とうめいで、そして、純粋で、そして

ほんとうにやさしいからだと

わたしはおもっています。

 

この一哲くん特有のやさしさが、

いよいよみなさまのまえに

本格的な一冊としてお目見えするわけですけれど、

静かに、やさしく、深く、

みなさまのこころに届き、

ある、あたらしい扉を開くんじゃないかなと思っています。

 

あたらしい春、ですね。

 

 

 

この写真集は、

インスタもちらりとはじまってます、

 

 

ぜひ、チェックしてみてくださいませね!

 

 

そうそう、昨日、

旧暦でいうところの大晦日ですが、

なんとはなしにこの映像観てたんです。

 

 

 

 

Rolling Stones

Around And Around: 1st Appearance on The Ed Sullivan Show

 

そ。

エド・サリバンショーに

初お目見えしたときのストーンズ。

この曲はチャック・ベリーのカバーですよね。

 

原曲を聴くと、

ベースライン(?なのかな?)が

素朴で、なんか、しびれます。

 

で、ね、ストーンズなんですが、

「ああ、はじめてエド・サリバンショーに出たときなんだな」って

思ってみると、

こう、情報が多い感じがしておもしろいんです。

 

 

きゃー、ブライアン・ジョーンズ、

そこでついにっこりしちゃうけれど大丈夫かなあ(ひやひや)とか、

ミックは、だんだん調子でてくるなあとか、

意外に、キースは緊張しているのかもなあとか……。

 

「きゃあ」といっているギャルたちと

このステージ上にいるミックたちの

みている世界の違いとか……。

 

で、まあ、そんなことはどうだっていいのですが、

いちばん感じたことは、

もう、ものすごく何年も継続をしているバンドも

はじめてのステージがあった、ということなのです。

 

もう、何千回、何万回とステージを行っている

大人気のロックバンドでも、

最初の一夜がある!

 

と、

そんなことを感じながら、

この映像を観ていました。

 

あたらしい春に、

まったくあたらしい環境に入るかた、

あたらしいとりくみをはじめようとしているかた、

勇気をだそうとしているかた、

いろいろなかたがいると思います。

 

あたらしい自分になろうとしているかた……

 

本当に本当にあたらしい第一歩がはじまる前は、

夜明け前のように

とっぷりと真っ暗だけれども、

でも、夜明けも春も、

本当に、やってくるんですね。

 

初々しいということは

尊いことなんだなあ。

 

失敗をおそれず、

何度でもトライする、

まちがったってへっちゃら!

そんなようなきもちで、

あたらしい春を

やわらかく迎えたいなと思っています。

 

 

みなさまも、どうぞどうぞ、

じんわりと

すばらしい春になりますように。

 

 

春、、、

 

 

 

春ッ!

 

 

 

春ぶるるんッ!

 

 

おかげさまで

声のメルマガも

むーーちゃくちゃ

もりあがってます!!!!

 

たちあげてよかった(涙)

 

みなさんありがとう!!

 

 

 

 

どうぞどうぞ、ますますお元気でお過ごしくださいね!

 

 

 

 

 

服部みれい、ど、え、した!

 

 

 

 

チャオだわん&にゃん

マーマーなリレーエッセイ

#39 きんいろのアファメーション帖 3
毎週木曜更新!

 

 

みなさん、こんにちは!

いよいよ明日!

2月16日は、

きんいろのアファメーション帖

(エムエム・ブックス=刊 390yen+tax)の

発売日!

 

「いや、もうフラゲした!」という方も

おられるかもですね。

さっそく使いはじめたかた、

ぜひ感想などお寄せくださいませ!

 

 

さて、第3回目となる今日のリレーエッセイでは、

「暮らし」についての

アファメーションを体験した

ふたりの例をご紹介します。

 

まずは、

マーマーなブックスアンドソックス」の発送チーム

Nさんの体験から。

「住まいと土地」についてのアファメーションから

ご紹介します!

 

どんな質問のこたえだったか

のぞいてみますと……。

 

 

 

 

 

なるほど……。

Nさん引っ越しをしたいみたいですね!

そう、Nさんは、知る人ぞ知る!

マーマーのユーストリームの

公開お見合い大会で、

はっちゃんと結婚したマーマーガールです。

八さんとどんな暮らしをするのでしょうか!

 

アファメーションものぞいてみます!

 

 

 

うーん! すてき!

こんなところ、わたしも住みたい!!(笑)

(同居しようかしらん……迷惑だってば!)

 

 

Nさんは、今回、

いちばんやりたいと思った項目をやり、

公開してくれたとのことなのですが、

「細かく質問があるので、想像しやすく、

頭のなかにイメージが浮かんで、

とてもたのしくアファメーションできました!」

とのこと。

すばらしい!!

この頭のなかに、ありありと

イメージがわいてくるというのが、

アファメーションするうえで

とっても大切な過程なのですね。

 

あと、わたしのおすすめアファメーションのページも

とても参考になったと教えてくれましたよ!

 

 

ということで、

本当に、かなり近い将来かなっていそうなアファメーションの

ご紹介でした!

Nさん、ありがとう。

 

 

さて、次は、

「自分自身について|暮らしのこと」

に挑戦した

エムエム・ブックス営業の

Mさんの

アファメーションです。

 

さっそく見てみましょう!

 

じゃん!

 

 

 

ちょっとピンボケでごめんなさい。

どんな暮らしがしたいか……かなり、

ワイルドな、自給自足的な暮らし、がイメージできますね!

『リトルフォレスト』という作品名が出てきたことも、

自分を見つめる機会になりそうです。

 

そしてアファメーションは……

 

 

 

うん、うん。すごく具体的です!

「毎週」とかじゃなくて「月1」というところがリアル(笑)。

数ヶ月後、どうなったか、

インタビューしてみたいですね!

 

ちなみにMさんは、

「質問があることで、アファメーションがとてもしやすかった!」

とのこと。

「その質問も、各ジャンルに分かれており、

自分のことを知るきっかけになると思いました」とのことです。

 

実は、はじめ、

Mさんも、このアファ帖の質問に

なかなか答えられず、愕然としたのだとか……。

でも、

 

「最初は答えられなかったことも、

もう一度、取り組んだら答えられることもあり、

じっくりと時間をかけて取り組みたいと思いました」

とのことでした。

 

「毎年このアファメーション帖が出て、取り組んだら、

自分の変化などにも気づけておもしろそうだなと思いました」

 

ですって!

 

へえ! なるほど!

確かに、年齢を重ねるごとに、

また答えやアファメーションも変わっていきそうです。

 

Mさん、ありがとう!

 

 

 

 

今日もエムエム・ブックス、スタッフのアファメーションを

チラ見いたしました!

みなさまの参考になったらうれしいです!

 

 

来週も続きます!

 

 

(服部みれい)