murmurbooks

マーマーなリレーエッセイ

#31 わたしの手帖インタビュー3
毎週木曜更新!

『わたしの手帖2018』カバーの裏ばなし3

 

 

2018年版の『わたしの手帖』、無事に完成しました!!!

 

 

できあがった手帖を見ると、

あらためてかわいいなーとニヤニヤしてしまいます(親バカ)。

 

11月11日の発売日に向けて、ご予約くださったお客さまや、

本屋さんにお届けしてまいりますので、

ぜひ、お手にとってご覧くださいね。

 

「2018年版の手帖って、どんな感じ?」と気になって

この「マーマーなリレーエッセイ」を見に来てくださった方は、

ぜひ「#25 わたしの手帖2018 第2回」くらいまで

さかのぼってみていただければと思います。

 

そして、今週も手帖インタビューの続編をお届けします。

まだまだ、カバーの裏話があったのです。

 

 

◎幻の「カバーなし」案があった!

 

野田 こうして完成したカバーを見ると、2種類のゴールドにしてよかった〜、としみじみ思うんですが、実は、「カバーをなくす」という案もあったんですよね。今だから話せる裏話ですが。

 

服部 『マーマーマガジン フォーメン』で中島正さん特集をやって以来、わたしの中で「自分のものは自分でつくる」ブームが盛り上がっていたんですよね。だから手帖のカバーもなしにして、全員につくってもらったらどうかと思って。

 

野田 斬新なアイデアでしたよね……。

 

服部 案としてはよかったんですけどね。ただ、現実問題として、お忙しい方も多いですし、いきなり手づくりだとハードルが高いという方もいらっしゃるんじゃないか、という話になり、途中で方向転換して、いまのカバーになったんです。

 

野田 そのかわり、作家さんに手づくりカバーをお願いしているんですよね。

 

服部 はい。『フォーメン』の「裁縫的」というコーナーで、お裁縫の指導をしていただいたクラフト作家のomotoさんに、カバーをお願いしていて。少量ですけど「エムエム・ブックスみの」で販売する予定です。あとは、手づくりカバーのワークショップをちょっとずつやっていきたいなと思っていて。

 

 

野田 自作のカバーで手帖の模様替えもできる、ということですね。それもたのしそう!

 

服部 これまでお話したように、思いを込めてゴールドを選んだので、それはそれでたのしんでいただきたいんですが、ちょっと気分を変えたくなったりしたら、自分でカバーをつくるという方法もある、というのはお伝えしていきたいです。

 

野田 手帖のカバーの色からメッセージを受け取る、というたのしみ方もあるし、オリジナルのカバーをつくるというたのしみ方もある。そういうふうに手帖で自由にあそんでもらえたら、うれしいですね。

 

 

 

◎自分のものを自分でつくる、ということ

 

服部 いずれにしてもこれからは、自分のものは自分でつくるということを、もっと盛り上げていきたいなと思っているんです。今後トライしてみたいことなんですが、もし下着を自分でつくったら、市販されているものとは、全然違う感覚のものができるのでは? と思ったりしていて。

 

野田 締めつけ感のない、肌触りのよいものができそうですね。デザインも好みのものにできたら素敵!

 

服部 ですよね。買ったものではなく、自分でつくったものを身につけたり食べたりすることって、自分の意識や存在にとって、とてもとても大事だと思うんです。わたしは美濃に行ってから野菜をつくるようになり、今年からはお米づくりもはじめたんですが、もうすぐ、はじめて収穫したお米を食べられるんです!

 

野田 それ、すごいごちそう!

 

服部 ね! とってもたのしみにしていて。ここ1〜2年、自分の畑でとれたものを自分で食べる、ということを続けているんですが、やっぱりそれって、「メチャクチャいい」ものなんです。有無をいわさずパワフルというか。

 

野田 個人的な実感として「いい」という意味ですか?

 

服部 そうです。エコロジーの観点からいいとか、味がおいしいとか、そういうレベルを超えているものだと思います。自分がつくった食べものを自分が食べるとか、自分で服のほつれをかわいく直すというのは、自分自身の意識により深く関わることですよね。

 

野田 たしかに、外食するのもたのしいですけど、自分でつくるほうが、「あー、私、こういうものが食べたかったんだ!」って、ぴたっときたりしますね。

 

服部 はい。そういった体験の裏には意識の世界が深くかかわっている気がしていて……。からだのケアなどもそうですが、やっぱり、自分に深く関わる行為って、自分を元気にしてくれるものなんだと思うんです。毎日使う手帖だって、自分が手づくりしたもので覆われていたら、うれしくなりませんか?

 

野田 そうですね。愛着がわくと思います。

 

服部 『わたしの手帖』の前身の『あたらしい自分になる手帖』のときには、カスタマイズが流行りましたよね。ビニールカバーの中に好きな絵を入れるとか。

 

野田 読者のみなさん、たのしんでいらっしゃいましたね。

 

服部 今もステッカーを貼ったり、シールを貼ったり、ペンホルダーをつけたり、いろんな工夫をしている方がいらっしゃると思うんですけど。いずれは、手帖のカバー自体を、みんなが自分で縫いはじめて自分で使う、というムーブメントをぜひ起こせたらいいな、と思っています。

 

◎気楽につくるほうが、かわいくできる!

 

野田 手づくりというと、大変そうなイメージがありますが、手縫いでいける範囲なら、気軽にできるかもしれませんね。わたし、ふだんはボタン付けくらいしかしてないんですけど、昔、ブックカバーを手縫いでつくったのを思い出しました

 

服部 へえ、すごい! どんな布でつくったんですか?

 

野田 リバティの布です。生地屋さんで端切れを見つけて、かわいいな〜と思って衝動買いして。せっかく買ったし何かつくろうかな、と思ったのがきっかけですね。

 

服部 それくらい、軽い気持ちではじめられるといいですよね。

 

野田 そういえば、今日、懐かしいものを見つけてもってきたんです。

 

 

服部 わー、これ、中身は『あたらしい自分になる手帖』ですね!

 

野田 そう、そのときに自分で手帖カバーをつくっていたんです。ミシン持っていなんで、やっぱり手縫いで。付箋を入れるポケットや、ペンホルダーなど、自分があるといいな、と思うものを盛り込んだりして、おもしろかったです。縫い目はガタガタで、1年使ったらほつれてきちゃったんですが、愛着があるので捨てられなくて。ふだん縫い物をしないわたしができたということは、みなさんもできる気がします(笑)。

 

服部 できますよね。好きな布を選ぶところからはじめるのも、たのしいと思う!

 

野田 それこそ自分の服でつくってもいいですもんね

 

服部 あっ、いいですね。思い出の服とかね。わたしも母の形見をどうするか考えていて。母が使っていたかばんをリメイクしてみようかな、と思ったりしているんです。

 

野田 そういう昔の素材を、今風のセンスでリメイクされる方も出てきそうですよね。

 

服部 そうだ、今からみんなに準備しておいてもらいましょう。手帖カバーコンテストをやってもいいですね、来年は。みなさんがどんなカバーをつくるか、見せてもらいたい。

 

野田 それ、おもしろそう!

 

服部 読者の方も、気軽にたのしんでくださるといいな、と思います。ワクワクしませんか? 来年こんなカバーをつくろう、とか考えるのって。手帖カバーづくりが、自分のものを自分でつくるという機会のひとつになったらおもしろいですよね。

 

野田 きれいにつくろう、とか思わないでたのしむのがポイントですよね。

 

服部 そうそう。ちなみにうちの営業兼社長をやっている福太郎さんは、刺し子にハマっているんです。夜、何をやっているのかな? と思うと、無心で刺し子をやっていたりして。

 

野田 すごい! 刺し子男子だ。

 

服部 omotoさんのワークショップに行って、刺し子に目覚めたみたいで。水筒のボトルカバーに刺し子をしたり、Tシャツに刺し子をしたりしていますよ。もちろん、縫い目は粗かったりもするけど、すごくかわいいです。あと、リュックサックに布を張り付けて、自分でポケットをつくったり。

 

 

野田 大胆なアイデア! でもいいですね。

 

服部 ものが入ればいい、というくらいの気持ちでやっているから、寸法をきっちり測ったりしているわけではないと思うんですけど、それでもかわいい。

 

野田 大胆にやってしまうほうが、かわいく見えたりしますよね。

 

服部 そうそう。完成度の高いものを目指すよりは、好きな布を取っておいて、「手帖カバーに使おう」くらいの気分で取り組むのがたのしいですよね。だからみなさん、2019年に向けて布をぜひ取っておいてください。わたしもやってみたくなってきちゃった。レースとか使っても、かわいいですよね!

 

***

 

カバーだけで、ここまで話が広がるとは!

でも、この「つくる」というお話は、

実は2018年版の手帖のテーマとも、深くつながっているのです。

それについては、また来週に。

 

インタビュー中に出てきたomotoさん作の手帖カバーや、

手づくりカバーのワークショップについては、

何か決まったらまた、お知らせしていきますね。

(野田りえ)



みれいニュース

1110|声のメルマガ#3配信ッ

 

 

 

みなさんこんにちは!

目の前にみれいがいるみたい!

と(?)

大好評の声のメルマガですが、

早くも第3回目! (うれしい!)

 

美濃・マーマーマガジン和室畳スタジオから

お届けしています、

声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ」ですが、

マイクの性能がすごいんですね、、。

まだ、テスト段階の部分もあるのですが、

プロの方がいなくても、

こんな放送と配信ができるなんて!

すごい時代!

と感激してます!

 

今回も、電車のなかで、お布団の中で、家事をしながら、

半身浴しながら、、たのしんでいただけたらうれしいです!

 

あいかわらず、しょうもない話しかしていないですが

たのしんでいただけたら!!!

 

今回も、うふふ、、、、おもしろいです!!!!

恋愛の話が、、、(思い出し笑い)。

 

パートナーがいる方は、別のことに置き換えて

実践していただけたら!

 

 

ではどうぞ10日(金)の配信、

たのしんでいただけたらさいわいです!

 

***

 

第3回トピックスッ!

 

  • 00:00~ | たくさんのお便りありがとうございます!|リスナーのおたより紹介|

スピリチュアルに開化した友人とのつき合いかた|日々の行為が大事

 

▼ 10:30~ | みれいのプチ朗読タイム|『シルバー・バーチの霊訓』

宇宙法則は完璧!

 

▼ 18:10~ | 服部福太郎の「お・す・す・めですッ」

絵本『ノーム』紹介(ヴィル・ヒュイゲン=著 遠藤周作=訳 サンリオ=刊)

 

▼ 23:20~ | 小屋をつくるのはだれ?

エンジェルカードのこたえは…!?

 

▼ 25:50~ | 本日のゲストコーナー|イラストレーター 平松モモコさんと服部福太郎さん 男性目線からの恋愛指南

逆ナンはあり? なし? | 女性はアグレッシブじゃないほうがよい!? | 自分をよい状態にする | ボディタッチは有効!? | 好意は出しおしみしない

 

▼ 54:50~ | 福太郎のプチ朗読タイム|『マーフィー眠りながら成功する』

理想的なパートナーを引きつける法

 

***

 

 

声のメルマガについて、くわしくはこちらへどうぞ

 

この収録の後、福太郎さんは発熱しました。

この写真は、発熱前の写真、、。なるほど、、、。もう熱がではじめていたのかも、、。

 

 

今日の編集部

1108|いよいよ発売

 

 

 

みなさま、こんにちは!

 

 

先週の金曜日はアップできなくてゴメンなさい!

ちょいと編集部、いま、バタバタしておりまして

先週と今週の間ということで

今日、合同でアップさせていただきます!

 

岐阜・美濃にあります

マーマーマガジン編集部は、

今、

 

11月11日(土)全国書店さん&お取扱店さんにて発売します

 

・わたしの手帖2018

・日めくりッ コンシャスプランカレンダー2018

 

の発送祭りフィバり大会フェスマルシェ

 

みたいになってて、

(え? 最後はマルシェなの、みたいな感じ)

 

いやああ、

取次を通さない出版社として、

2011年に立ち上がった

エムエム・ブックスでございますが、

本当に、会社全体に、

田植えは稲刈りの時と同じ匂いが……。

「スタッフ総出でワッセワッセ感」が

半端ないです。

早くも師走感でいっぱいといいますか。

 

そんな中、わたしは、

 

12月発売の手帖付録

ポケマー

『きんいろのアファメーション帖』の制作、

(タイトルようやく決まりました!

手帖のカバーが2色の金ということで

アファメーション帖もきんいろに!!)

 

来春

エムエム・ブックスから発売の

 

・松岡一哲写真集『マリイ』の準備、

(もう、もう、大変な、とんでもない写真集なんです!! 涙!!

オールカラー500ページです。ハード面もですが、とにかく中身が、、、、、、

5年の月日を経て、ようやく春にみなさまの元に届けられる予定です!!

やや興奮気味です。また詳細おしらせしていきます!)

 

と! 同じく来春

筑摩書房から発売の

 

『あたらしい自分になる本』の事実上の完結編ともなる

・『うつくしい自分になる本』(仮)の執筆、

 

などなどを行っています。

こちらも、しみじみ、完結編ですよ、、。

 

そのほかですね、

電力自由化に伴うユニークな動きにまつわる美濃でのお仕事

やっぱり美濃でのフリースクール関連のお仕事などにも

ワクワクして取り組んでいます!

 

11月26日京都ホホホ座で公開質問会

(公開と聞くと、処刑、と思ってしまうのは、

フランスか何かの前世の記憶でしょうか)

12月3日大阪梅田蔦屋書店でトーク&サイン会などなどありまーす!

 

12月9日は美濃でコズミックワンダー主宰の

前田征紀さん、有機農業を営み、

いま星の物語を紡いでおられる

星の坊主さまとのトークショーもございます! うほ!

(これはもう絶対にお聞き逃しなく!)

 

 

あと、

久しぶりにこのページをご覧になった方に、

あたらしいニュース

 

インスタはじめました!

 

 

  • 声のメルマガ(ラジオ風味120% 君は1000%!)もスタートしてます!

10−12月はテスト放送段階で、現状月2回ですが、

1月からは正式のかたちになりまして、

毎週になる予定です!

 

君は1000%はこれ

 

 

歌ってる様子

 

こういうキーボードの立ち方は、ルーツを辿れば

クラフトワークがつくったものなのかしら、、

 

 

  • あと!mmbsでも月2回メルマガを配信しています。

こちらから登録できます!

こころとからだと魂の健康について、浄化、冷えとり、その他、ワイワイおしゃべりしてます! お客さまのお便りコーナーが特に盛り上がってます!

 

 

宣伝ついでに!

 

 

◎服部みれい個人の連載は、天然生活「みのむしダイアリー」(月1)、毎日新聞日曜くらぶ「好きに食べたい」(週1)です。毎日新聞の方は、ネットでも読めますー。

 

いやあ、

それにしても

インスタは、すごいメディアだなあと思います。

写真がこれほどまでに生産され消費させる時代はあったか、

このスピード感、情報量、数ではっきりする世界。

すごいですよね。

 

わたしは、編集者としては写真を扱うのですが、

自分で撮影する写真には本当に自信がなく

(たくさんいい写真を観る機会があるから

自分の実力が本当にいやなほどわかるんです)

こういうブログとかでも、まあ、仕方がない、という感じで

アップしてるんですけれど、

インスタやっている人たちって

すごい写真上手でございましょう!(中村天風さんの声で)

 

現代人のさまざまな腕のよさには

感心するばかりです。

いろいろなことができて

本当にすごいなあって思います。

 

なんか、でも、これ、インスタでも書いたけれど、

インスタとか器用じゃない人も

わたしは好きだなあ。

ツイッターとかも。

こういうの、得意でもいいけれど

得意じゃなくていいと思う。

 

なんか、口のうまい人、手先の器用な人、調子いい人ばかりが

うまくいく!みたいな感じがして……(ちょっと辛辣ですか)

 

サイン会やトークショーでも、

ものすごく話しかけてくださる方も

もちろん、ものすごくうれしんですけれど、

話しかけるのあんまり得意じゃないんです、、という方の

存在をいつもひしひしと感じていて、

(自分もどちらかというとそうなんです)

ガツガツいけない人のためのメディアってないかしらって

考えています。

 

ガツガツいけない人のメディア、それは、

手紙、でしょうかねえ。

 

何でしょうか。

 

昔のパンクのzineとかも、そういうメディアだった気がします。

 

もちろん、インスタやツイッターを

上手に駆使している方々でも

もごもご系の方も多いかもしれないんですけれど、

この世の中、写真とことばがうまくないと

表現もできないのかなと思うと、それも、ねえ、どうなんですかねえ、、、。

弱気すぎでしょうか。

 

 

  • **

 

個人的には、

インナーチャイルドが

とにかく盛り上がってます。

 

自分のインチャがウキウキしてるって意味ではなくて

(いや、それも正しいのですが、、

わたしのウニヒピリ=インナーチャイルドは、

とにかく陽気で、元気いっぱいって感じの

ガーリーおばあちゃんみたいな人です)

インナーチャイルドの話題がもりあがっているというか。

 

先日、

非二元論にまつわる映像作品を観て、

その中で、

 

罪という言葉の元をたどっていくと、

「的外れ」という意味だ、とあって、

悔い改めるとは、

「視点をずらす」ということだという表現がありました!

 

ナヌーーーーーーー!!ってなりました。

 

すごい当たってる!!と!!

 

罪なんてないし、罪悪感も幻なんだけれど、

わたしたちが「罪よのう」と思うとき、

的外れ、なんですね! なーる。

 

そして、悔い改める、というのは

抜本的に、視点がずれる、、、程度のことなんですよね。

 

たったこれだけのことができなくて

人間がどれだけ苦しんでいるか。

 

的にしっかり当てるのも、

視点をずらすことも、

本当は簡単だと思います。

 

ただ、邪魔をするのは、

ケアされていないインナーチャイルドの存在なんですよね。

 

インナーチャイルドが傷ついていると、

とにかく何かを見たときに

「傷」から見てしまう。

「どうせわたしなんか」

「わたしが悪いから」

もちろん、人を責めるパターンもあるけれど、

どうあるにせよ、

自己卑下という土地から世界を見たら、

それはネ、それなりだと思うんですよね。

 

でも、その

傷ついた土地、

傷ついた自己を、

大人になったわたしたちは、自分でケアできる。

 

自分でケアできない範囲のものは、

専門家の力を借りて、ケアできる。

 

もちろん、

旅にでたり、夢中になって仕事をしたり、

人間関係の中で、自然にこれらの傷がケアされる、

という場合もあると思います。

 

でも、やはり、

人生のどこかで、

自分自身を立ち返る、

そういう時が必要なのではないかなあ、、、

 

傷だらけの人どうしが、

傷に塩をすり込みあうようなことばかりを

しているような気も……。

 

傷のないところには、

塩もないですからね!

 

 

と思っています!

 

でも視点をずらせば!

そう、

視点をずらしたら!

世界は広く、自分は自由、かもしれないですよね。

 

ほんの数ミリのことなのかもしないと思います。

 

からだと同じで

こころもケアできる、

というのが、

インナーチャイルドケアの大切な

考えかただそうですが、

こころって「目に見えない」だけに、

放置しやすいですが、

でも、やっぱりちゃんと振り返って、

共感して、受け入れて、という一連のケアが

必要なんですよね。

 

とそんなことを

よく考えたりしています!

 

 

なんだか、

本当に、

あっという間に2017年も

終わってしまいそうですが、

とにかく、悔いのないように、

「ああ、あんなこともすればよかったな」と思う、

「あんなこと」にぜひ着手しはじめる、

準備をはじめる、

やるチャンスがある人は、やる、

そういう時なような気もしています。

 

ではでは!

11月11日(土)、

手帖とカレンダー、

ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

 

これまでで最高の出来なんです!

 

 

 

 

おまけ

 

エムエム・ブックスみのでは、

10日からいよいよ「えみおわす展」です!!

たのしみすぎです!!!!!!!!

 

お店といえば・・・・・

 

染め直しを行った

エムエム・ブックスみのののれん。

天然繊維は、色落ちがすごくて!

でも、また染め直して使えるこの喜び!

 

 

 

裏から見るとこんな感じ。

うちのスタッフなかちゃんは

もともとプロの縫い子さん(しかも凄腕)でして、

なかちゃんを先生に、スタッフみんなで繕って使わせていただいております! うつくしいです!

 

そののれんのなかでは、

イラストレーターの平松モモコさんが似顔絵屋さんをやったり……

(この日は、メイクでしたが! モモコさん、メイクもお上手なんです1)

べっぴんママがもっとべっぴんママになってました!

 

 

突然ですが

わたしの好きな近所の畑。

すべての人間に畑を! 一人にひとつの畑を! (シュプレヒコール!)

 

 

 

これくらいの大きさでもいいから、、、

 

 

 

と、、今日はこんなところで、、、

 

 

 

大根のつまみ菜、つまみたてサラダを

読者のみなさんに

振る舞いたい

服部みれい、

お届けしました!!

 

 

本当は昼間やりたいけれど

時間の関係で

今夜、モモコさんと一緒に

干し柿づくりをします! 終わるかしら、、、。

 

 

 

 

 

 

みなさんも、すばらしい秋の日々をお過ごしください!

 

 

 

 

 

 

チャオチャオマガジン♪

 

みれいニュース

1107|1203大阪・梅田 蔦屋書店

 

みなさん、こんにちは!

 

 

11月26日(日)京都・ホホホ座での公開質問会の後、

12月3日(日)大阪・梅田 蔦屋書店にて、

わたしの手帖2018と日めくりッコンシャスプランカレンダー2018発売記念

トークショー&サイン会を行います!

 

くわしくはこちらから!

 

最近、まーまーやみれい本をよみ始めたよ!というかたから、

ベテランマーマーガールまで!

ぜひぜひあそびにいらしてくださいませね!

 

みなさまとお会いできること、

こころから

たのしみにしております!

 

 

 

poi

みれい

 

 

 

 

新米社長福太郎便り

104 きらきらの金
不定期更新

 

 

 

みなさま、こんにちは!

 

なんと久しぶりに発熱と嘔吐という、おおきな毒出しをしておりました福太郎です。

いつもは1日寝込めば治るのですが、3日間まったく家から外に出られず・・・

ただただ半身浴→足湯→妻に湯たんぽを作ってもらい

ベッドで寝続ける、というサイクルでした。

 

今回の半身浴の最長時間は4時間・・・

その間に、

読んだ本が絵本4冊、写真集1冊、小説1冊、スピ本1冊。

練習した口笛の曲は、「ふるさと」「おぼろ月夜」

(この2曲、今検索したら作詞と作曲同じ人なんですね!)

それにオザケンの「いちょう並木のセレナーデ」も。

その後、気分が盛り上がって3曲即興で曲を作成、

すぐにiPhoneにレコーディング。

あとはささたくやさんの真似ごとでホーミーを少々・・・。

 

つくづく「なにもしない」ということができないなぁと

いろいろとやりすぎて逆に体調が悪化したような・・・

 

それからは半身浴中はなにもせず、ずっとボーッとするようにしました。

その時間がほんとうによかったです。

 

「なにもしない」というのはなによりの充電だなぁとあらためて思い知りました。

 

ぼくの調子が悪いことをみれいさんがアメリカに住む友人に伝えると

「どおりで、最近の福太郎のブログは肩肘はっていると思った・・・」と

いわれたそうです。

・・・・・

うはっ! なんでもお見通し・・・・

(れいこさん、いつもありがとうございますっ!!)

 

無理せず、楽しい空気をそのままお届けできるようにいたします!

 

 

 

さて、今朝『わたしの手帖 2018』が届きましたッ!!!

シャンパンゴールドもリッチゴールドも、ほんとうにいい感じの色ですよ!

みなさまの金色に輝く2018年の相棒にぜひしてくださいね!!

 

 

 

mmbsでご予約いただいた方、またはお取り扱い店さまのご予約分に関しましては

『およろこびさまカード』というコンシャスプランと年間カレンダーが表裏になった

スペシャルなカードが付いてきます!

『およろこびさまカード』の種類は全4種類です!

どのカードが入っているかはおたのしみです!!

 

 

 

うっふん!

おいらも充電しっかりして、きらきらに輝く金の空気をお届けするですッ!

 

 

(こっそり不定期更新に変更した福太郎でした)