murmurbooks

みれいニュース

0404|声のメルマガ#19配信ッ

 

 

みなさん、こんにちは!

 

おかげさまで、大好評をいただいております

声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ!」

4月4日(水)配信 vol.19 トピックスです。

 

あっという間にもう4月!!

声のメルマガ、まだ聴いていないけれど気になる!!という方!

4月ー6月の3ヶ月がおすすめです。

 

今回の放送も

服部福太郎の「お・す・す・めですッ」や

豪華ゲスト登場のコーナー(アラフォー女子スピトーク)など

内容がもりだくさん!

 

ここでしか聴けない、こころ躍る泉ミーティングを

どうぞおたのしみくださいませ。

 

 

****

 

 

本日のトピックス

 

▼浄化ラッパー!? 福太郎が久しぶりに登場! みれいとちょも山とおしゃべりします│卵むきたてつるつるお肌の福太郎!│大爆笑! みれいの会ったことのない人のモノマネシリーズ・姓名判断ネモト先生│目上の人にもの申せないちょも山に、共感するリスナーさんが続出│……と思いきや! ブッコミまくりの新人ちょも山驚愕のブッコミ話とは……│朝ドラで「服部みれい物語」があったなら│みれいのハートをわしづかみ! 65歳注目の新人、マーマー経理のイソガワさん│おたよりのご紹介その1:ご出演のご感想(vol.18リスナーゲスト・晴香さん)│おたよりのご紹介その2:退職したあと貯金ゼロからどのようにあたらしい人生をつくり上げたのか、福太郎さんのお話をきかせてください(春メロンパンさん)│社長になるまでの福太郎物語│セーフティネットを切ってみたら?

 

▼リスナーさんに大人気! 服部福太郎の「お・す・す・めですッ」│『富と成功をもたらす7つの法則』(ディーパック・チョプラ=著 角川文庫=刊)│チョプラ博士の教えがこの1冊にぎゅっと凝縮!│真の成功をもたらす2つの問いとは? みれい&福太郎の答えやいかに?│就職することが仕事じゃなくて、だれかの役に立つことが仕事なんだ!│マーマーな温泉旅館計画!?│子どもやインチャずたぼろのアダルトチルドレンにヒット必至! 寝る直前のみれいが聞かせる奇想天外なでたらめ物語

 

▼本日のゲストはおもしろ3人娘!│イラストレーター・平澤まりこさん、ダンスコのブランドディレクター・荒井博子さん、元マーマーマガジン編集部員で呼吸ラボラトリー、手編み靴下amine主宰・アマミヤアンナさんがみれいとにぎやかトーク!│輝きが大増量! 今のA嬢ができるまで│おえ~ッ気持ち悪い! という感情と性的な興奮は紙一重!?byみれい│福太郎は半身浴しながら漫画『浦安鉄筋家族』で大爆笑│福太郎は「白砂糖づけ低体温男」!? みれいにやってきたののしりブーム│平澤さんのフラワーレメディーの体験談│困ったときは「ミーちゃんお願い」!? 荒井博子さんをいつも助けるエンジェル・ミカエルのお話│寿司職人になりきって突然渡米! ダンスコを輸入するまでの荒井夫婦の物語│平澤さんがイラストレーターになるまで│やっぱりドーパミンが気になる! みんなの診断結果あれこれ│ダンスコにはサンダルなど春夏の靴が続々入荷│平澤さんの展示が、4/7~4/24 岡山「ピエニ」にて・4/16~5/5銀座「月のはなれ」にてあります│アマミヤさんは呼吸のレッスンを定期的に開催。平澤さんとのフラワーレメディーの本をつくりたい!

 

▼みれい&福太郎のエンディングトーク!│荒井さんはパートナーのことばを聞き流す天才!│最初の3年が肝!│夫婦を長くやるには、忍耐はいらない!│『うつくしい自分になる本』3/30から全国書店にて発売しています│『きんいろのアファメーション帖』は増刷分も売り切れ間近!│銀座・森岡書店の森岡督行さんに「ここ数年間で見た写真集で一番いい」といわしめた松岡一哲写真集『マリイ』がいよいよ4/26発売!

 

 

 

 

服部福太郎の「お・す・す・めですッ」で紹介された

『富と成功をもたらす7つの法則』(ディーパック・チョプラ=著 角川文庫=刊)

 

 

 

 

 

今回のゲストのおもしろ3人娘と一緒にパチリ!

左から荒井博子さん、平澤まりこさん、アマミヤアンナさん。

笑って笑って笑いました!! ミーちゃん(最高)!!!

 

たのしいおしゃべりを

どうもありがとうございました!

 

 

これからあらたに聴いてみたい! という方は

2018年4〜6月の3か月パック

過去の放送も聴けて、特典つきでお得な

2018年1月〜12月の1年パック

ももちろんおすすめです!

 

 

1回分をまるっと聴くことができる、試聴もご用意しています!

雰囲気を知りたい方は、どうぞお試しくださいませ。

 

声のメルマガFAQよくある質問

というページもできましたので

チェックしてみてくださいね。

お申し込みはこちらからどうぞ!

 

 

それでは、今週の配信もどうぞおたのしみください。

 

 

(声のメルマガ編集部)

 

 

 

 

小屋と畑

高橋博の 自然が何でも教えてくれる #07
毎月1日更新!

 

第7回 頭のなかの肥毒

 

自然栽培の教えにある自然規範。そのなかにもいろいろな項目があって、うちの研修生たちはその10項目をすべて学ぶの。一年居ようと三年居ようと。面接を受けるひとたちすべてにいっているのは、「うちからは一銭もお金はでないからな」ということ。畑で何時間働こうと、お金はでないよ、って。その代わり教習料はもらわない。その条件を飲んだひとたちが研修生になるんだ。前までは住み込みもやっていたけれど、いまはもうやっていないから、研修生はみんなアパートに入ってもらうしかないんだ。そうすると、アパート代と食いっぷちは稼ぐしかないんだよ。で、どうしようかとなったわけだけど、ちょうど隣町にナチュラル・ハーモニーの宅配センターがあったから、そこで週3回のバイトをやらせてもらえるようになったわけ。

で、ひとによっては週3でなく、毎日バイトをしないと生活していけない人もいる。そうするとね、毎日働かないといけないひとが、ひがみはじめるんだよ。だから、「ひがんだってなにも生まれないんだよ」っていってやるの。もしほかの人と同じ条件でやりたいのなら、ナチュラル・ハーモニーの始業時間、9時よりも前にうちに来て、就業時間の17時のあとにうちに来るしかないだろう、と。

そうしたらさ、本当にそういう時間に通ってくるわけよ。そうして学んでいって。ここでの研修で特徴的なのは、技術は学べないというところ。そういうものはアパートで一般書でも読んでくれてたらいい。うちでそこまで教えている時間はないからね。それよりも、自然を感知する能力をひっぱりだすことに集中する。
でもさ、ある40歳くらいの男性なんかは、それまでの過去や経験が邪魔して、その力が入っていかないケースもあった。頭のなかに肥毒があるんだよ。そのひとは、なにか教えてあげると、「そうですね」って返事をするんだ。ふつうは「そうですか」でしょ。「そうですね」ってのはつまり、「自分は知っています」ってことだよね。だからもう、わたしもいわなくなっちゃって。いってもらえないというのは辛いんだよ。

そう思ったから、それからは彼には特別に力を入れて指導するようにしたんだ。そうしたら、一年目のある日から一週間、畑にでてこなくなっちゃった。二年目なんか、一か月こなくなっちゃった。家の外から呼びかけていたらようやくドアが開いて、中からでてきたその男は、もう魂が抜けたようになっているんだ。そこで怒るでもなしに、「生きてるのがわかったから、帰る」っていって、わたしも引き上げてさ。そうしたらまた畑にくるようになったけど、またみっちり指導されるわけ。でも、それからはみんな以上に耐えていたな。

そこから彼は少しずつ変わっていって、みんなにかける言葉なんかもよくなっていったね。三年目には本当に素直な男になって帰っていったよ。
肥毒が抜けたんだろうね。肩に力が入るタイプだったんだけど、素直になって、「いい人生」って感じになったな。そんな感じで、土と同じで、ひとによっても時間のかかり方が違うんだよな。

 

 

高橋博(たかはし・ひろし)

1950年千葉県生まれ。自然栽培全国普及会会長。自然農法成田生産組合技術開発部部長。1978年より、自然栽培をスタート。現在、千葉県富里市で9000坪の畑にて自然栽培で作物を育てている。自然栽培についての勉強会を開催するほか、国内外で、自然栽培の普及を精力的に努めている。高橋さんの野菜は、「ナチュラル・ハーモニーの宅配」にて買うことができる。

http://www.naturalharmony.co.jp/takuhai/

今日の編集部

0330|水を先生に

 

 

「堅いリーダーは水に似ている。

水とは何か。水は分け隔ても判断することもなく、

あらゆる生き物を浄化し、活気をあたえる。

水は自由に、恐れることなく、あらゆるものの表面から奥深くにまで浸透していく。

水は流動し、敏感に反応する。水は軽やかに法則にしたがう。

 

リーダーとはなにか。堅いリーダーはいかなる場においていも不平をいわず、

いかなる人とともに手を携え、いかなる問題からも逃げずに動く。

リーダーは全員の利益のために行動し、報酬の多寡を問わずによく奉仕する。

リーダーは簡潔かつ正直なことばで語り、光を注ぎ、

調和を生み出すために問題に介入する。

 

堅いリーダーは、水の動きを見つめることによって、行動においてはタイミングがすべてであることを学ぶ。

堅いリーダーは、水のように、圧力に対して柔軟である。リーダーが無理強いしなければ、

グループは恨みもせず、抵抗もしない」

 

『タオのリーダー学』(ジョン・ハイダー=著 上野圭一=訳 春秋社=刊)

 

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは!

今日は、『うつくしい自分になる本』(筑摩書房)の発売日です。

2011年の初頭に発売した『あたらしい自分になる本』(アスペクト|現在ちくま文庫)シリーズの第3弾!

ずっと書きたいなと思っていた本で、

ようやくしあがりました。

 

本当に、自分のことや環境のことって、

頭で「こうだ」「ああだ」と考えていても、

自分なんかの想像を超えていくものだなあと思っています。

 

以前、ホ・オポノポノの関係者のかたに、

「願望というものが、本来の場所へ連れて行ってくれる」というようなお話を

教えていただいたことがあるのですけれど、

たとえば、ランチにイタリアンを食べようとイタリアンレストランに向かったとする(これ、願望)。

でも、そのイタリアンは満員で、

お蕎麦屋さんに急遽変更する。

そうしたら、そのお蕎麦屋さんで、会いたかった人と遭遇できた、とか。

これこそが人生かなと思います。

 

今、水星が思いっきり逆行しているらしく、

過去の振り返りが起きやすいのですけれど、

先日も、あるかたの歓迎会をしようと

Aというお店へいったらお休み、

Bというお店へいったら満席、

じゃあ、Cへという流れで、

Cというお店へ行ったら、

思ってもみない方と再会して、ビックリ!!!!となりました!!

いかにも水星逆行という出来事でしたし、

Aというお店へ行こうと思ったことが、

この流れを導いたなあと思うのです。

(意味伝わるかしらん、、)

 

だから、何か、自分のなかに願望が湧き出るというのは、

その「願望」に向かって達成することが、善とわたしたちは思い込んでいるけれど、

わたしは、そうではないと本当に感じるようになってまして、

「願望」が、真の道へ導く、、、その道しるべのひとつにすぎない、

という感じがしています。

願望を超えていくというか、

想像を超える世界こそが、人生というか。

 

人間のもつ「願望」なんて、本当に、

ランドマーク程度、

目印程度のことなのかなというふうに感じるようになっています。

 

 

本を書く作業というのも、実はそれに似ていて、、、、

この『うつくしい自分になる本』も、

「こんなこと書こう」「あんなこと書こう」と

まあ、ざっと頭の中で考えたりするのですけれど、

でも、書き出すと、どんどん違うことがでてくる。

(これが、書くということのたのしみにほかならないのですが)

 

その波にどんどん乗って、書いていくと、

自分でも思ってもみなかった世界が広がる。

書くという行為は、

こう、自分自身がぐいぐいコントロールして進んでいくという側面も

なきにしもあらずですが、それよりも

書き手としておもしろいなと思うのは、

筆が勝手に進む、書いている自分も書いた内容に驚くというか、

自動筆記とまではいかないけれど、

でも、執筆するという行為には、どこかそういうような側面が

隠されていて、それこそが魅力なんだというふうに感じています。

 

人間の頭で、「こうだ」「こうするべきだ」というようなことなんて

ものすごくちっぽけなことなのかもしれないですよね。

宇宙はもっと愛に溢れていて壮大で、

おもしろい幸福が隠されている。

それにブレーキをかけたり、勝手に恐れを抱くのが人間(「頭」というか)なのかなと、、。

 

うまくいえないのですけれど、

この宇宙とか地球、というか自然は、

どんどんと変化していくという性質があって、

また、循環していると調子がいいという特徴があるから、

ひとつのことに固執したり、執着するという態度は、

その流れを止めてしまう、、自然じゃない状態だといえると思います。

 

自分の「願望」に固執したり、

「こうであるべき」ということに執着するというのは

「止まる」ということだし、

人にとっては、実は、「止まっている」ということは

なかなかにしんどいことなのかなあと、思ったりしています。

 

と、、、そういうわけで、

この本も、流れに身をまかせてできた本だし、

書きおわったあとの自分の変化も、

想像を超えるものでした。

(けっこう放心しています、、、あはは)

 

 

何が起こるかわからないというのは、

不安なことかもしれないけれど、

でも、物語を読むときを想像すればわかるけれど

何もかも全部わかっていたら、物語を読む必要ないですものね。

先がわからないから、わくわくしてすごせる。

まあ、なにか、自分たちは

とんでもない遊園地のようなところに

肉体をおろされて、わいわいたのしんでいるだけなのかなと思ったりします。

 

苦しんだり悲しんだりしているのも

どうやらアトラクションらしいけれど、、、

でも、なんか、あたらしい時代は、

ちょっとこれまでの古い価値観ではなくて、

目を向けるところを少し変えるだけで、

めちゃんこおもしろい遊園地だったんじゃん!と

たくさんの人たちがわかるような

そういう時代になるのではないかなあと、勝手に思っています!

 

この本についてのイベントは、

4月10日 東京・青山ブックセンター本店 (ゲスト=女優の太田莉菜さん)満席

4月11日 東京・HMV HIBIYA (ゲスト=大野百合子さん)電話受付終了|店頭販売お席あるそうです

4月29日 岐阜・山なんや(種とカレーのイベントにてトークしま−す)

6月22日ー24日 長野・穂高養生園 うつくしい自分になるワークショップ 満席&キャンセル待ち

 

と執り行われる予定です!!

岐阜の山なんやは、当日ふらっとくれば入れると思いますが、、、、

とーーーーーんでもない山の中です(爆)。たいていたどり着けない、、、。

 

あんな山の中で、おいしい食事を食べることができたり、

お酒を飲んだりできるって、楽園だなーって思う、、、。

世界は進化してますね。

 

個人的には、春の種まきのこと、美濃柴犬の大会のこと、ハーブについて学びをはじめること、

ガルシア・マルケスのことなどなどで頭がいっぱいまるけの春を過ごしています!

学び欲と今までとぜんぜん違うことしたい欲がむんむんの春でーす♪♪♪

 

どうぞみなさんも

おもしろい春をお過ごしくださいね。

 

ちいさな勇気、ほんの思いがけない一歩が、

大冒険のはじまりかもしれませんー(わちゃー)!

 

思う存分堪能してくださいませ。

 

 

『うつくしい自分になる本』も、

たくさんの方々にたのしんでいただけたら

とてもとてもうれしいです。

 

 

おまけ

 

長野・佐久にて。

有機農業を営む星の坊主さまこと、こじょうゆうやさんと。

宇宙や魂のシナリオのすばらしさや

地球の声についてたくさんのことを教えてくださるかたです。なんといい時代!! 坊主さまに多謝!!!!

水のストーリーにも注目していますぞえー♪

 

 

 

こちらは、愛知県知多半島で自然農を営む&主夫の

白金丈英さんからいただいたビーハウス!!! きゃわいい!!

ハナバチの観察をするんでーす。たのしみ。蜂って、すごく、興味あります。

白金さんは、種のお話から、ミツバチの世界に興味をもち、

蜂の世界から、植物全体への関心へとつながると、

お話してくださいました。(シェアシードの活動もされています)

白金さんは、マーマー別冊B&Sで、冷えとり健康法で、統合失調症の治癒された経験を

語ってくださったかたでもあります!!

また、エムエム・ブックスみのでもワークショップなどできたら。

 

日本全国にニューボーイがどんどんたちあらわれていて、

ものすごく頼もしいし、

すごく勇気がでます!!!!  白金さんも、いつも、ありがとうございます!!!

 

 

 

 

 

 

ではー

 

 

 

 

 

服部みれい、ど、え、した!

 

 

 

 

チャオ水

 

 

みれいニュース

0330|毎日新聞 好きに食べたい

 

みなさん、こんにちは!

『毎日新聞』「日曜くらぶ」

服部みれいの「好きに食べたい」

 

3月25日(日)号は

味噌は魔法〈後編〉です。

 

この春、服部みれいが仕込んだ味噌は

大豆と麹と塩で、合計なんと38.4㎏!

 

この大量の味噌づくりに

からだとこころをかたむけた3日間!

味噌づくりを味わい尽くしたその様子を

どうぞお楽しみください。

 

 

記事はこちらからもご覧いただくことができます。

 

なお、東海地区では、金曜日の夕刊に掲載されています。

4月からは三重県を含めた東海3県で

火曜日夕刊に掲載されることとなりました。

(あらたに三重県の方々にも読んでいただけるようになりました!)

おたのしみいただけますとさいわいです!

 

 

(マーマーマガジン編集部)

 

 

読者の広場

0328|声のメルマガにお便りが続々到着!

 

みなさん、こんにちは!

 

毎週毎週、大反響をいただいております

声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ」ですが

うれしいお便りも続々ッ! 到着いたしております。

みなさま、ありがとうございます!!

 

その中から今日は1通、ご紹介させていただきたいと思います。

 

 

***

 

 

こんにちは! いつもたのしく声のメルマガを聴いています♪

みれいさんがただただしゃべる回、

とってもよかったです。

 

平松モモコさん、まきまきまっきーさんの

CUTE♡でオトメな雰囲気、

みれいさんの母なる大地のような愛とやさしさに包まれているような感じ、

たまりません。

 

毎回あたらしい発見や気づきがあり、

毎週水曜日は、当選者発表! の日のように

朝からそわそわしていて

毎分おきぐらいにメールをチェックしています。

 

声のメルマガが配信されると

当選者のように喜び、車に乗って出かけます。

わたしが声のメルマガを聴くのは車の中で

車内はHAPPYなオーラであふれます。

 

それと、声のメルマガが配信されたあとの

Twitter(♯声のメルマガ)を見るのが大・大・大好きです。

全国のマーマーガール&ボーイのツイートから

教わることが本当に多く

ツイート格言・名言を本にしてほしいくらいです。

 

みれいさんとゲストの方々との

スピリチュアルな会話もすばらしく

談話本みたいなの、できないかな!? と思ったり(笑)。

 

わたしは屋久島で実家暮らし。

スピリチュアルな世界はとても身近だし

スピリチュアルなお話をしたり聞いたりするのは

大好きなのですが、実際できるのは母しかいません。

だから、みれいさんの声のメルマガを聴いていると

わたしもこのスピリチュアルな座談会に

参加しているような気分になり、うれしいです。

 

島暮らしは、文明もある程度必要なので、

バランスをとりながら自覚した上で、

(スピリチュアル的な世界のことを)使っていけばいいのだ!!

と思えるようになりました。

(まきまきまっきーさんの床で寝る話を聴きながら)

 

この不便さをたのしさに変えて

日々暮らしていきたいです。

今年も美濃のお店に行きます☆

長くなってしまいましたが、

今後の配信もたのしみにしています。

 

屋久島の精霊たちと

愛を込めて。

(M.K.|鹿児島県)

 

 

***

 

 

Kさん、心のこもったお便りを

どうもありがとうございます。

配信のある水曜日には毎週

当選者気分だなんて!

パフパフッ!

編集部もうれいしいお声に大興奮!!

 

Kさんのお便りにもあったように

ツイッターもたいへん盛り上がっております。

まだチェックしていない方もぜひ

♯声のメルマガ で検索してみてくださいね。

 

なお声のメルマガ

こちらから視聴できます!

 

 

(声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ」編集部)