murmurbooks

murmur magazine

よむ 声のメルマガ 2021年9月

 

声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ」の文字起こし版。
各月の配信内容(月4回毎週木曜日、各約1時間の配信)が
1冊の本にまとまり、さらに読みやすくなりました。
ぜひ、お手元に「よむ」を置き、半身浴や移動のお供にしませんか?

 

◎ よむ9月の読みどころ!

9月第1週は、8月第4週につづき、
kaiさん(セラピスト)&くしまけんじさん(料理家)が登場!

出生星のおはなしの続き。
ひとりが癒されると、関わる人すべてが癒される。

くしまさんによるヒーリング法や、
音や音楽とのご縁が深い、みれいの出身星とは?
kaiさんがある方とのチャネリングで聴いた驚きの地底人の役割など。

服部みれいのおすすめ本から見えてきた
しあわせ、よろこび、リラックスのバイブレーションが今最も大切なわけ。

思わず、感涙……
くしまさん、kaiさんの出合いのきっかけは、マーマーマガジンだった!?

くしまさんがkaiさんと出合う前に取り組んだ浄化体験。
自分が浄化をはじめると、たまねぎの皮を剥いでいくように、
出合うべき人に出合い、知るべき情報が入るプロセスのこと。

かたちや名前ではなく絆でつながる関係性のうつくしさ。
kaiさん、くしまさんのパートナーシップの秘訣や、
kaiさんによる、大転換期のメッセージも必読です。

9月第2週のゲストは、ふぇみにゃんさん!

福太郎の自然教室の体験談、
みれいのダスカロスブーム、
ふと出てきた電球磨きの話さえも、
星の動きでひもといていく様子が、ほんとうにお見事!

誰かの星座をうらやましがらずに、
いよいよ、自分の星座を生きるとき。

太陽星座 ふたご座の福太郎は、”メッセンジャー”!?
福太郎の11次元発送業務から見えてきた、
太陽星座を生きるヒントのこと。

シンクロがすごい!?
2022年の声のメルマガを聴いてくださっているみなさまは、
約半年後の乙女座満月に収録された、
2022年3月第4週の声のメルマガの配信回とあわせて聴くと
なお、いっそう面白いです。

9月第3週は、みれいと福太郎のしゃべりまくりの回!

みれいが感動したというkaiさんのチャクラ講座(動画)のおはなし。

ここ数日、福太郎と心が通い合わない……!? by みれい
恒例の夫婦の公開話し合いタイムから見えてきたこと。
パートナーを100%自分の鏡として向き合ってみると起こることとは?

読者さんからのお便りコーナーでは、
0歳児のお子さんを育てるお母さんが感じた罪悪感、
新型コロナウイルスにかかった読者さんが感じた罪悪感など、
罪悪感にまつわるお便りや
やるべき仕事がまだできていないかもしれない?
天職、魂職を探す読者さんのお便りなどを取り上げています。

9月第4週は、ケルマデックさんとのオンライン対談をふりかえり、
湧き上がる、さまざまな気づきのこと。

対立を統合し、さらなる解を生み出す「アウフヘーベン」(止揚)とは?
みれいと父。異なる見解が尊重され融和するまでのおはなしは、
二項対立にとらわれないためにも、今こそおすすめです。

****

これは、ラジオ風味の「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」という月4回&1時間番組の文字起こし本です。もともとは耳の不自由なかた にもたのしんでいただけるようにとスタートしたものですが、読むことであらためて気づくことがあったり、深く振り返ったりすることができて、わたしもとっても気に入っています。ということで読むほうが得意、読むのが大好き、というかたにもご愛読いただけたらとてもうれしいです。なお、実際 のおしゃべりのムードをそのままに、極力、発言に手を加えず、お届けしています。少しまどろっこしいところもあるかもしれませんが、どうかおつきあいください。リスナーの方々とともに、文章講座やワークショップを行いながらこの本づくりをしていることもとてもうれしく誇らしく思っています。

(服部みれい)

****

 

◎よむ 声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ 2021年9月号

□内容
第1週 宇宙人のお話大放出!
起こることは全部いいことなのダッ の巻
ゲスト:kaiさん(セラピスト)&くしまけんじさん(料理家)後編
第2週 水瓶座の時代は、自分の星座を生きるとき の巻
ゲスト:ふぇみにゃんさん
第3週 秋の必聴回!
あせらず、自分らしく、オージャスをあげて過ごすために
子育ても、仕事も、たいせつなのはその「質」かも の巻
第4週 違いを受け入れると、あらたな可能性が開く⁉︎
今こそ見えない首輪を外すのだッ の巻

□スタッフ
著者
服部みれい

文字起こしと調査
榎本かおり

校正
榎本かおり

表紙絵・写真
服部福太郎

デザイン
中島基文

発行人
服部みれい

□出版社
エムエム・ブックス

□発行日
2022年3月30日 1刷発行

□ページ数
76ページ
※すべてモノクロ

□サイズ
182×257mm(B5)

□本書について
本書は、「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」(月4回毎週木曜日、 各 約 1 時 間 配 信 の9月第 1週(9月2日)、第2週(9月9日)、第3週(9月16日)、第4週(9月30日)配信分を、テープ起こしし、加筆・訂正したものです

murmur magazine

よむ 声のメルマガ 2021年8月

 

声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ」の文字起こし版。
各月の配信内容(月4回毎週木曜日、各約1時間の配信)が
1冊の本にまとまり、さらに読みやすくなりました。
ぜひ、お手元に「よむ」を置き、半身浴や移動のお供にしませんか?

 

◎ よむ8月の読みどころ!

8月第1週の読みどころは、思わず、読みながら手に汗を握る⁉︎
服部みれい・福太郎の愛猫あたりちゃんの脱走劇「あたり事変」。

真夏に大量の汗を流して大奮闘する福太郎と、
スピの知恵の限りを尽くし(!)捜索する、みれい。

愛猫の脱走により、憔悴し、疲労困憊から、夫婦げんかに発展。
感情を大放出した先に見つけた
夫婦のあらたな関係性や動物とのつながりのこと。

ケルマデックさん、ふぇみにゃんさん、
それぞれに見てもらった「易」の結果から見えたこと。
あたりちゃんが、まったく捕まえられなかった、その理由とは⁉︎

8月第2週&3週は、
服部福太郎の夏休みの自由研究からはじまった空前の“ 落合博満 “ブーム。
福太郎が熱をもって語り、みれいが深く掘り下げる!
落合&ノムさん(野村克也さん)の生き様は、皇の時代を生きるヒントが満載だった⁉︎

「長嶋・王」をスター、特別な人として崇めていた時代から、
みんなが個を生きる「落合&ノム」になる時代へ。

メディアのイメージとはまた違う、落合さんの純粋性についてのおはなし、
落合博満さんのパートナー、信子夫人に注目した「おっかぁ論」も必読です。

読者さんからのお便りコーナーでは、
あるできごとがきっかけで蘇った、こころの奥底に蓋をしていた子どもの頃の記憶。
読者さんの勇気あるシェアをきっかけに第1〜3週にわたり、
記憶のクリーニングや統合、気づきの連鎖が起こりました。

8月第4週のゲストは、kaiさん(セラピスト)&くしまけんじさん(料理家)
服部みれいの著書『自分をたいせつにする本』から
kaiさんが受け取ったメッセージ。

世の中の変化を予測したわけでもなく、
kaiさん、くしまさんが自らダウンサイジングを選んだ理由とは?

西荻窪「食堂くしま」をクローズするまでの秘話や、
仕事のスタイルを大きく軌道修正して、ふたりが鎌倉で同居するまで。

kaiさんが語る、服部みれいが美濃から発信する必然性とは。
美濃の岩陰遺跡を訪れkaiさんが、チャネリングしたみれいへのメッセージもシェアしてくださっています。

前世がズタボロ!?
Kaiさんによるくしまさんへのヒーリングのおはなしや、
疑似体験を通したヒーリング法、
過去世のカルマとトラウマについて、
出生星のおはなし、などなど……。

スピリチュアルを現実に活かすヒントが満載な、よむ8月号です。

kaiさんとくしまけんじさんのゲスト回は
『よむ 声のメルマガ 2021年9月』第1週につづきます。

****

これは、ラジオ風味の「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」という月4回&1時間番組の文字起こし本です。もともとは耳の不自由なかた にもたのしんでいただけるようにとスタートしたものですが、読むことであらためて気づくことがあったり、深く振り返ったりすることができて、わたしもとっても気に入っています。ということで読むほうが得意、読むのが大好き、というかたにもご愛読いただけたらとてもうれしいです。なお、実際 のおしゃべりのムードをそのままに、極力、発言に手を加えず、お届けしています。少しまどろっこしいところもあるかもしれませんが、どうかおつきあいください。リスナーの方々とともに、文章講座やワークショップを行いながらこの本づくりをしていることもとてもうれしく誇らしく思っています。

(服部みれい)

****

 

◎よむ 声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ 2021年8月号

□内容
第1週 「職員会議より生徒たちに手を振ればよかった」
人生でここぞという体験の話、そして自分に眠る感情体験の大クリーニング! の巻
第2週 おっかあ爆誕ッ⁉︎
皇の時代は、落合&ノムさん的に生きるのが正解⁉︎? の巻
第3週 祖と皇の話、「ポニョ」の話、
おっかと母親論、ことばの話 の巻
第4週 あたらしい地球のことをワイワイおしゃべりッ!
ゲスト:kaiさん(セラピスト)&くしまけんじさん(料理家)前編

□スタッフ
著者
服部みれい

文字起こしと調査
市原奈穂子、小玉よう子 、真澄、志田夏湖、さやまなな、藤原千晶、澄川ちか、あんどうりな

校正
秋道ひとみ、澄川ちか、小玉よう子

表紙絵・写真
服部福太郎

デザイン
中島基文

発行人
服部みれい

□出版社
エムエム・ブックス

□発行日
2022年3月30日 1刷発行

□ページ数
86ページ
※すべてモノクロ

□サイズ
182×257mm(B5)

□本書について
本書は、「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」(月4回毎週木曜日、 各約1時間配信の8月第1週(8月5日)、第2週(8月12日)、第3週(8月19日)、第4週(8月26日)配信分をテープ起こしし、加筆・訂正したものです

murmur magazine

よむ 声のメルマガ 2021年7月

 

声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ」の文字起こし版。
各月の配信内容(月4回毎週木曜日、各約1時間の配信)が
1冊の本にまとまり、さらに読みやすくなりました。
ぜひ、お手元に「よむ」を置き、半身浴や移動のお供にしませんか?

 

◎よむ7月の読みどころ!

からだの不調はメッセージ!
服部福太郎がからだの不調(口内炎)から気づいたこと。
「妖精画」の無有無さんにもらったヒントとは⁉︎

強豪校ラグビー部の経験をもつ、
服部福太郎が語るスポーツ界のスピに注目したおはなし。

2021年7月に発売した新刊2冊の話題。
『自分をたいせつにする本』(服部みれい=著、筑摩書房=刊)に込めた思いや、
『いよいよはじまる、皇の時代』(エムエム・ブックス=刊)の白熱解説と、
発刊するまでのミラクルいっぱいの誕生秘話。

ゲスト回は、2021年当時、声のメルマガ編集部員であり、
セラピストとして活躍されている榎本かおりさん。

同年代である榎本かおりさんと服部みれいが繰り広げる
爆笑トーク「五十路あるある」にはじまり、
今の社会状況をとりあげ、同調圧力にどう対応するか?、
意見が違うひとと調和的に生きるには?などなど……強火トークが炸裂しています。

自分軸をたいせつに、あたらしい時代を生きるヒントが満載の7月号です。

****

これは、ラジオ風味の「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」という月4回&1時間番組の文字起こし本です。もともとは耳の不自由なかた にもたのしんでいただけるようにとスタートしたものですが、読むことであらためて気づくことがあったり、深く振り返ったりすることができて、わたしもとっても気に入っています。ということで読むほうが得意、読むのが大好き、というかたにもご愛読いただけたらとてもうれしいです。なお、実際 のおしゃべりのムードをそのままに、極力、発言に手を加えず、お届けしています。少しまどろっこしいところもあるかもしれませんが、どうかおつきあいください。リスナーの方々とともに、文章講座やワークショップを行いながらこの本づくりをしていることもとてもうれしく誇らしく思っています。

(服部みれい)

****

 

◎よむ 声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ 2021年7月

□内容
第1週 時代の大転換期。
ひとりひとりが自分の足で目的地へ進む時代へ の巻
第2週 魅力磁場ムハッ大作戦! 無理も我慢もなくすべてが整う 皇の時代的な生きかたへ の巻
第3週 おもいっきり強火回 ゲスト 榎本かおりさん
「自分の本心と直観を信じて、今こそ勇気を」 みれいがいよいよ語るアノ話 の巻
第4週 時代はスポリチュアル!? あたらしいジェンダー感覚が男性にもはじまっている!?

□スタッフ
著者
服部みれい

文字起こしと調査
吉本博子、澄川ちか、真澄、蓮月聖子、市原奈穂子、さやまなな、直原華、なかいあやこ、藤原千晶、あんどうりな、小谷愛、小玉よう子

校正
澄川ちか、小玉よう子 小谷愛、市原奈穂子

表紙絵・写真
服部福太郎

デザイン
中島基文

発行人
服部みれい

□出版社
エムエム・ブックス

□発行日
2022年2月22日 1刷発行

□ページ数
88ページ
※すべてモノクロ

□サイズ
182×257mm (B5)

□本書について
本書は、「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」月4回毎週木曜日、 各約1時間配信の7月第1週(7月1日)、第2週(7月8日)、第3週(7月15日)、第4週(7月22日)配信分を、テープ起こしし、加筆・訂正したものです

murmur magazine

よむ 声のメルマガ 2021年6月

 

声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ」の文字起こし版。
各月の配信内容(月4回毎週木曜日、各約1時間の配信)が
1冊の本にまとまり、さらに読みやすくなりました。
ぜひ、お手元に「よむ」を置き、半身浴や移動のお供にしませんか?

 

◎よむ6月の読みどころ!

第1週では、服部みれいと福太郎が、
田んぼの先生(50noenの五十嵐武志さん・ひろこさんご夫妻)を訪ねて
南房総まで弾丸ツアーについてお話します。

旅の道中で振り返った、服部みれいと福太郎、それぞれの若き日のエピソードから、
サンクチュアリ(聖域)のような棚田で受け取ったギフトの数々。
マーマーガール 五十嵐ひろこさんが、パートナーを「鏡」として気づいたこと。

第3週のゲスト回は、佐々琢哉さん。
佐々さんが絵を描きはじめた理由や、絵を描くことでもたらされる内的な副産物のこと。
料理も音楽も絵も独学でやってきた「習わないからこそ、たのしい気持ちだけで続けられる」という気づき。
住まい、道具、食事。お金をほとんど使わずとも豊かに循環する、佐々さんの最先端の暮らしぶりも必読です!

表現イヤー2022年にこそ、読んでいただきたい内容です。

リスナーさんからのお便り特集は、「子どものシャンプーきらい問題」や、
職場の人間関係から、親との関係がひもとかれるおはなしなど。

自分を理解して、特性をより発揮していくためのヒントが満載。
1冊全体が「表現イヤー」のガイドブックとも言えそうです。

****

これは、ラジオ風味の「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」という月4回&1時間番組の文字起こし本です。もともとは耳の不自由なかた にもたのしんでいただけるようにとスタートしたものですが、読むことであらためて気づくことがあったり、深く振り返ったりすることができて、わたしもとっても気に入っています。ということで読むほうが得意、読むのが大好き、というかたにもご愛読いただけたらとてもうれしいです。なお、実際 のおしゃべりのムードをそのままに、極力、発言に手を加えず、お届けしています。少しまどろっこしいところもあるかもしれませんが、どうかおつきあいください。リスナーの方々とともに、文章講座やワークショップを行いながらこの本づくりをしていることもとてもうれしく誇らしく思っています。

(服部みれい)

****

 

◎よむ 声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ 2021年6月

□内容
第1週 まさにサンクチュアリ!
千葉50noen・不耕起の棚田で受けとった最高のギフト の巻
第2週 あたらしい時代の経済とは? の巻
第3週 自由で豊かでうつくしい暮らし、あたらしい表現をはじめるための大ヒント集!
ゲスト・佐々琢哉さん の巻
第4週 髪の毛はもう洗わなくていい⁉︎
今こそ自分の特性を発揮して、 変人を極めるのだッ の巻

□スタッフ
著者
服部みれい

文字起こしと調査
吉本博子、志田夏湖、市原奈穂子、あんどうりな、澄川ちか、小谷愛、藤原千晶、小玉よう子、さやまなな、直原華

校正
ミズノユキナ、小谷愛、吉本博子、志田夏湖、市原奈穂子

表紙絵・写真
服部福太郎

デザイン
中島基文

発行人
服部みれい

□出版社
エムエム・ブックス

□発行日
2022年2月22日 1刷発行

□ページ数
80ページ
※すべてモノクロ

□サイズ
182×257mm (B5)

□本書について
本書は、「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」月4回毎週木曜日、 各約1時間配信の6月第1週(6月3日)、第2週(6月10日)、第3週(6月17日)、 第4週(6月24日)配信分を、テープ起こしし、加筆・訂正したものです

murmur magazine

よむ 声のメルマガ 2021年5月

 

声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ」の文字起こし版。
各月の配信内容(月4回毎週木曜日、各約1時間の配信)が
1冊の本にまとまり、さらに読みやすくなりました。
ぜひ、お手元に「よむ」を置き、半身浴や移動のお供にしませんか?

 

◎よむ5月の読みどころ!

2021年の春におこなったmmbooksの大幅ダウンサイジングや
「消費」についてお話ししています。

第1週・第2週のゲスト回は、
服部みれいが “ 働くことや暮らすことをとことん考え尽くしている方 ”と紹介する、
『20代で隠居週休5日の快適生活』(K&Bパブリッシャーズ=刊)、
murmur magazine for men 4号のインタビュー などで
お馴染みの大原扁理さん(隠居生活者・著述家)。
そして、大原さんのご友人のYo Hardingさん(ボイスアーティスト)。

隠居生活10年目を迎えた大原さんのおはなし、
台湾での暮らしやマイノリティライフのこと。
歴史的な名誉にも執着しない、Yoさんの軽やかな生き方や
ニューヨークでの驚きの体験(!)まで。

おふたりの究極の手放し体験には、
あたらしい時代のあたらしい生き方・暮らし方の大ヒントが満載です。

そのほかには、40代のリスナーさんのお便りをもとにした
クリーニング大特集も読みどころのひとつ。

今までありそうでなかったかもしれない、服部みれいが時事ネタを深く語るおはなしも。
大転換期を生きるヒントが満載です。

****

これは、ラジオ風味の「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」という月4回&1時間番組の文字起こし本です。もともとは耳の不自由なかた にもたのしんでいただけるようにとスタートしたものですが、読むことであらためて気づくことがあったり、深く振り返ったりすることができて、わたしもとっても気に入っています。ということで読むほうが得意、読むのが大好き、というかたにもご愛読いただけたらとてもうれしいです。なお、実際 のおしゃべりのムードをそのままに、極力、発言に手を加えず、お届けしています。少しまどろっこしいところもあるかもしれませんが、どうかおつきあいください。リスナーの方々とともに、文章講座やワークショップを行いながらこの本づくりをしていることもとてもうれしく誇らしく思っています。

(服部みれい)

****

 

◎よむ 声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ 2021年5月

□内容
第1週 ゲスト 大原扁理さん(隠居生活者・著述家)/Yo Hardingさん(ボイスアーティスト)前編
不安を手放し、自由に生きるための智慧をわいわい語る! の巻
第2週 ゲスト 大原扁理さん(隠居生活者・著述家)/Yo Hardingさん(ボイスアーティスト)後編
究極の手放し体験者が語る「手放し上手はもらい上手!」の巻
第3週 共依存からの脱出&意思決定をもう外に渡さない!
アラフォー大クリーニング大会ッ の巻
第4週 みれい時事ネタを語る|社会の混乱。無視はしないが意識しすぎず、
今こそおよろこびさま周波数にチャンネルを合わせるのダッ の巻

□スタッフ
著者
服部みれい

文字起こしと調査
ミズノユキナ、小玉よう子、市原奈穂子、志田夏湖、小谷愛、真澄、さやまなな、藤原千晶、吉本博子、あんどうりな、蓮月聖子、直原華、澄川ちか

校正
なかいあやこ、市原奈穂子、ミズノユキナ、小玉よう子

表紙絵・写真
服部福太郎

デザイン
中島基文

発行人
服部みれい

□出版社
エムエム・ブックス

□発行日
2022年2月22日 1刷発行

□ページ数
96ページ
※すべてモノクロ

□サイズ
182×257mm (B5)

□本書について
本書は、「声のメルマガ  服部みれいのすきにいわせてッ」月4回毎週木曜日、 各約1時間配信の5月第1週(5月6日)、第2週(5月13日)、第3週(5月20日)、 第4週(5月27日)配信分を、テープ起こしし、加筆・訂正したものです