murmurbooks

編集部便り

アーカイブご予約6/30まで!!

 

【アーカイブ視聴ご予約】

kaiさん×服部みれい 自分の人生を生きる!
しっかりと「自分軸」をつくる第3チャクラトーク(全3回) 

 

 

ただいま開催中の、kaiさんの第3チャクラ講座。
おかげさまで、締切り前に満員御礼となりました。

「やっぱりぜひ見たい!」「自分に必要そうです!」というかたへ向け、
アーカイブ配信のご予約の受付を開始させていただきました。

配信期間は7月1日から、たっぷり2か月間です。

どうぞお見逃しなく!

 

また、2022年配信の「第2チャクラトーク」のアーカイブも
同時に再販させていただいております!
https://mcs-2chakra-arc23-2.peatix.com

 

 

以下は、リアルタイム配信時のご案内文です。
________________________________________________________________

昨年6月から8月にかけて開催された
kaiさんとみれいの第2チャクラトーク。

それまでの講座では、
7つのチャクラの中で最後にお話していたという
「ラスボス」的存在の第2チャクラを
濃密すぎる内容でお届けしたこのトークには、
それはそれは大きな反響が鳴りやまず、
こころやからだに明らかな反応が起こったという声が
たくさん届き続けています。

今回は、第2チャクラに続いて重要な
「第3チャクラ」にスポットをあてて
kaiさんにお話しいただこうということになりました!

チャクラというのは、
どんな人にも存在している、「魂のツボ」、
「魂のエネルギーセンター」のようなものだそうです。
宇宙からの氣(プラーナ)の出入り口であり、
目には見えませんが、氣を循環させるために、人間にとってとてもたいせつな場所。

主要な7つのチャクラを植物でたとえると、
第1チャクラが根っこ
第2チャクラが最初に地上に芽を出す若葉
そして、第3チャクラは幹の部分を表します。
幹=自分軸、ともいえます。

それぞれのチャクラにはテーマがあって、
第3チャクラのテーマは
「自分に自信をもつこと」、「自分の意見をもつこと」、
「お金を稼ぐこと」、「自分の見た目や容姿を愛すること」なのだそう。

それから、
運動機能や筋肉を司るチャクラでもあり、
「怒り」の感情をコントロールしているのも、第3チャクラです。

第3チャクラが閉じる(=うまく活性化していない)と、
何をやっても自分に自信がもてない、自分の意見がない、
お金を稼げない、自分の見た目や容姿を否定する、
そのほか、
まわりをイラつかせる、
人を怒らせないかいつも心配、
怒っている人に対して強い恐怖心を感じる、
「わたしがいけない」、「わたしが悪い」と自分を責める、
「ごめんなさい」や「すみません」が口癖で、自分が悪くなくてもすぐに謝る、
男性が苦手で、男性とうまく話せず緊張をしてしまう、
というようになってしまうそうです。

また、体調面でも
体力もなく、体を動かすことが苦手で、
体もすごく冷えやすいといった状態になるようです。

反対に、第3チャクラが開きすぎてしまう(過剰にはたらいてしまう)と
まわりに対していつもイライラしていて、
口が悪く、威圧的で、態度も大きく、
自分が一番正しいと思い込み、
まわりの人を支配して、服従させようとしていきます。

これは、
12歳ごろ〜21歳ごろまでの、思春期の10年間の過ごしかたが、
大きく影響するのだそうです。
この時期は、「わたしの幹(自分軸)」を太くして、
「わたし」という個の自分を確立していく時期だからです。

そして、父親や兄弟、男性とのネガティブな体験や記憶も、
第3チャクラに大きく影響を与えます。

今こそ大事なのは「自分軸」。
自分軸をしっかり太くして、自分の意見をもち、
自分を愛し、自分の人生を生きるための講座です。

今、たくさんの方に必要な叡智が満載です。
どうぞどうぞ、この機会をお見逃しなく!

 

***

みなさんへ、みれいより

 

昨年の第2チャクラ講座の余韻がいまだ冷めやらぬ!
といったところですが、
このたび、kaiさんに、第3チャクラ講座をお願いすることとなりました。

といいますのも、第2チャクラ講座を主催させていただいたわたし自身、
昨年、第2チャクラにまつわる壮大な浄化が起こりまして、
(わたしのまわりでもです!)
そうしたら自然に、第3チャクラの課題が浮き彫りになってきたのです。

自信をもつということ。
怒りの感情にまつわるあれこれ。
何より、このあたらしい風の時代を生きていく上で不可欠な
「自分軸」を構築する上で、
とてもとても大切である第3チャクラについて、
ぜひ取り組みたくなりました。

2023年の初夏、みなさまと共に、このもうひとつの
とても大事なチャクラである第3チャクラについて、
知り、感じ、考え、取り組めたらと思っています。

第2チャクラが母親との関係性が深いチャクラ、
第3チャクラが父親との関係性が深いチャクラ、と聞いています。
次の時代への移行期に、このふたつのチャクラの整えが
ますます大事になってきているとも感じます。

kaiさんは、チャクラにまつわるYouTubeチャンネルもスタートされ
ますますチャクラへの造詣を深めておられます。
kaiさんのユニークな視点、語り口、やさしさにも
ぜひたくさんの方に出合っていただきたいです。

ぜひこの機会をお見逃しなく、受講いただけましたらさいわいです!

 

(服部みれい)

***

_______________________________________________________________

【アーカイブ視聴ご予約】kaiさん×服部みれい 自分の人生を生きる!
しっかりと「自分軸」をつくる第3チャクラトーク(全3回)

(オンライン配信)

 

◎登壇者
kai(アーティスト、セラピスト)
服部みれい(文筆家、マーマーマガジン編集長)

 

◎アーカイブ視聴期間
7月1日(土)から8月31日(木)まで

*期間中は何度でもご視聴いただけます

 

◎視聴料
12,000円(税込)

 

◎お申込み期限
6月30日(土)23:55まで
(コンビニ/ATM払いは29日まで)

 

◎お申込みページURL
https://mcs-3chakra-archive.peatix.com

 

◎ 登壇者プロフィール

kai(かい)
アーティスト、セラピスト。2012〜2020年までスピリチュアルカウンセラーとして活動後、現在はアートワークやヒーリングワーク、講演、執筆などを通し、あたらしい時代の生き方について伝える活動を行う。2021年夏より、鎌倉の海沿いにあるアトリエを借りてkai’s shopを不定期で営む。パートナーと愛犬2匹と鎌倉暮らし。2021年12月、初のライトノベルzine『Peaceful pluot pie(ピースフル・プルオット・パイ)』を発表。瞬く間に増刷するほど注目を集める。2022年には、スピリチュアリックなドローイングや詩、写真をまとめた作品集『Earth on the sky』を上梓。現在は、エムエム・ブックスより発売予定のチャクラの書籍出版に向け、執筆中

 

服部みれい(はっとり・みれい)
文筆家、マーマーマガジン編集長、詩人。2008年に『マーマーマガジン』創刊。2011年より出版社エムエム・ブックスをはじめる。2015年春に東京・神宮前から、岐阜・美濃に会社ごと移住。美濃から、あたらしい時代を生き抜くための、古くてあたらしい知恵を発信し続けている。著書に、『セルフクリーニングブック あたらしい自分になる本』シリーズ(筑摩書房)、『あたらしい東京日記』シリーズ(大和書房)、『わたしらしく働く!』(マガジンハウス)、『みの日記』(扶桑社)、『好きに食べたい』(毎日新聞出版)ほか多数。近著に、『自分をたいせつにする本』(ちくまプリマー新書)。最新刊に『わたしにうれしいことが起こる。』(植原紘治さんとの共著 徳間書店=刊)。2017年秋から音声メールマガジン「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」を毎週配信。また、2022年春には、詩と即興音楽「みれい音のちいさな宇宙」の配信をスタート。2022年11月に『まぁまぁマガジン』24号を発刊。2023年7月末、25号を発刊予定

________________________________________________________________

企画・運営
みれい☆かるちゃ~☆すく~る

 

みれい☆かるちゃ~☆すく~る事務局
担当:しだなつこ
MAIL:mmbooks.mcs@murmur-books-socks.com
TEL:050-3695-3088

 

みれい☆かるちゃ~☆すく~る
https://mmbooks-mcs.peatix.com/view?type=owner

みれかるインスタグラム
https://www.instagram.com/mmbooks.mcs

編集部便り

終了 ケルマデックさんトーク アーカイブ販売!

 

【アーカイブ視聴】

ゴールデンウィークスペシャル企画
みれいサロン特別編! おはなし&演奏会
2023年 世界はどうなっている!? どうなっていく!?
ケルマデックさんと服部みれい 春の設定オン祭り‼︎ 

 

黄金週間の5月5日、ケルマデックさんが美濃に来てくださり、
みれいとのトーク、演奏を生配信でお届けいたしました。

この内容があまりにもすばらしいという声が広まり、
開催後、ぜひ観たいというリクエストを
大変多くいただきまして、
このたび、アーカイブを販売させていただくことにいたしました!

「今、お話する時期が来た」と、
ケルマデックさんが開示してくださった
ある神話の世界につながる「マーマーガール」の秘密は、
これまでみなさんがセルフケアをしたり、こころの毒出しをしたり、
ひとつひとつ向き合ってきたこと、また感じてきたことと
深い部分で符合することが満載だと思います。

そのお話の中で、ケルマデックさんがみれいに名づけてくださった
「シャイニングはっとり」の本当の由来もいよいよ明らかに!

今、揺らぎの中で、
大きな変化にとまどったり、
激しい感情が出てきてつらい思いをされたりしている方も、
きっと励まされる、元気がわいてくるお話がいっぱいです!
ケルマ楽団in美濃 の演奏もぜひご堪能ください。

約3時間(20分の休憩含む)にわたる、
トーク、演奏会、そしてアフタートークと
もりだくさんの内容を
存分におたのしみいただけたらうれしいです。

________________________________________________________________

【アーカイブ視聴】ゴールデンウィークスペシャル企画
みれいサロン特別編! おはなし&演奏会
2023年 世界はどうなっている!? どうなっていく!?
ケルマデックさんと服部みれい 春の設定オン祭り‼︎

 

◎登壇者
ケルマデック(『地球統合計画NEO』著者)
聞き手 服部みれい(文筆家、マーマーマガジン編集長)

 

◎アーカイブ視聴期間
ご購入時から6月11日(日)まで

 

◎視聴料
3,000円(税込)

 

◎お申込み期限
6月10日(土)まで
(コンビニ/ATM払いは9日まで)

 

◎お申込みページURL
https://mcs-setteion-0505-arc.peatix.com

 

◎登壇者プロフィール

ケルマデック
自分自身で確認しなければわからないという信条のもと、誰もが人生の可能性を拡げるための独自のセッションやワークショップを30年以上にわたって開催。多くの人々が「自分自身で奇跡を起こす」ためのサポートをしている。超常オタク。中2病。最終学歴自動車学校卒。著書に『超常戦士ケルマデック』(M.A.P.出版=刊)、ありえない方法で日常が変わる 異次元とつながる本 (総合法令出版=刊)では服部みれいとの対談も収録。近著に『地球統合計画NEO』(エムエム・ブックス=刊)、『すばらしきUFO・銀河連合・アセンションのひみつ 新しい世界に向かう本』(徳間書店=刊)、『スイさん、私、人生変えたいんです 過去と未来があっさり変化する物語』(大和出版=刊)、『超常教室ケルマデック』(マキノ出版=刊)

 

服部みれい(はっとり・みれい)
文筆家、マーマーマガジン編集長、詩人。2008年に『マーマーマガジン』創刊。2011年より出版社エムエム・ブックスをはじめる。2015年春に東京・神宮前から、岐阜・美濃に会社ごと移住。美濃から、あたらしい時代を生き抜くための、古くてあたらしい知恵を発信し続けている。著書に、『セルフクリーニングブック あたらしい自分になる本』シリーズ(筑摩書房)、『あたらしい東京日記』シリーズ(大和書房)、『わたしらしく働く!』(マガジンハウス)、『みの日記』(扶桑社)、『好きに食べたい』(毎日新聞出版)ほか多数。近著に、『自分をたいせつにする本』(ちくまプリマー新書)。最新刊に『わたしにうれしいことが起こる。』(植原紘治さんとの共著 徳間書店=刊)。2017年秋から音声メールマガジン「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」を毎週配信。また、2022年には、詩と即興音楽「みれい音のちいさな宇宙」を配信。2022年11月に『まぁまぁマガジン』24号を発刊

 

以下は、リアルタイム配信時のご案内文です。
________________________________________________________________
5月の「みれいサロン」は
ゴールデンウィーク特別企画として、
『地球統合計画NEO』(エムエム・ブックス=刊)が大人気の
超常戦士ケルマデックさんをゲストにお招きしてお届けいたします!

3月の春分を過ぎ、冥王星の水瓶座移動が終わった今、
この世界がはたしてどうなっているのか、どうなっていくのか?
「アレ」は一体どうなっちゃっているのかッ!?
今、みれいが最も気になっている、
世界のこと、地球のこと、人の意識の話、そして「アレ」のこと……
たっぷりお話をおうかがいします!

また会の後半では、
ケルマデックさんと服部みれいによる
演奏会も行う予定です。
あたらしい時代に向けて、あたらしいご自身=ほんらいのご自身を設定オン!する
とてもたのしい時間になることまちがいなし!

2021年、2022年に行われた「シュナの旅」にまつわるトーク、
2022年秋のマーマーフェスでのトークの記憶もあたらしい
ケルマデックさんの、おもしろくて、たのしくて、ワクワクする
今と未来のお話を存分に味わっていただき、
これからのご自身のヒントにしていただきたいです。

ケルマデックさんのお話をはじめて聞く!
という方にもたのしんでいただける内容です。

*今回の収益は一部、トルコ・シリア地震へ寄付させていただきます

たくさんのみなさまとご一緒できますことを
こころからたのしみにいたしております!

 

(服部みれい)
________________________________________________________________

企画・運営
みれい☆かるちゃ~☆すく~る

 

みれい☆かるちゃ~☆すく~る事務局
担当:しだなつこ
MAIL:mmbooks.mcs@murmur-books-socks.com
TEL:050-3695-3088

 

みれい☆かるちゃ~☆すく~る
https://mmbooks-mcs.peatix.com/view?type=owner

みれかるインスタグラム
https://www.instagram.com/mmbooks.mcs

編集部便り

終了 小山内洋子さんと皇の時代おはなし会

 

お誕生日お祝い記念! 小山内洋子さん×服部みれい
ますます皇(オウ)の時代へ2023 

 

5月に迎える小山内洋子さんのお誕生日をお祝いさせていただきながら、
「皇の時代」に関する、読者さんからの質問をもとに、
洋子さんとみれいがたのしくおしゃべりする会です。

いよいよあたらしい時代の到来を感じる2023年。
ますます「皇の時代」の考えかたから、
次の時代を生きるためのヒントを得ませんか?

小山内洋子さんから最新の知恵や情報が聞ける貴重な機会。
理論書改訂版についても触れていただきながら、
「皇の時代」の考えかたがより深まり、より楽にたのしく、
自分らしく輝いて生きるヒントが満載の会です。

_______________________________________________________________

お誕生日お祝い記念! 小山内洋子さん×服部みれい
ますます皇(オウ)の時代へ2023 小山内洋子さんおはなし会

(オンライン配信)

 

◎登壇者
小山内洋子(天繩文理論研究家)
服部みれい(文筆家、マーマーマガジン編集長)

 

◎日時
5月27日(土) 13時ー15時
(1か月の見逃し配信あり)

 

◎お申込みの条件
『いよいよはじまる、皇の時代』(エムエム・ブックス=刊)、
あるいは『改訂版 大転換期の後 皇の時代』(コスモ21=刊)、
『改訂版 これから二五〇〇年続く皇・繩文時代 天繩文理論』(コスモ21=刊)のうち
少なくとも1冊は読んだ方

『いよいよはじまる、皇の時代』のご購入はこちらから!

 

*小山内洋子さんへのご質問を、申込みフォームのメッセージ欄にご記入ください。
5月15日お申込み分までのご質問は、おはなし会開催前に洋子さんにお届けいたします。
おはなし会の中でご紹介させていただくことがあります
(時間の都合で、すべてのご質問にお答えできない可能性があります。あらかじめご了承くださいませ)

 

◎参加費
通常価格:4,000円(税込)

 

◎お申込み期限
5月25日(木)23:55まで
(コンビニ/ATM払いは24日まで)

 

 

◎お申込みページURL
https://mcs-ohnojidai-20230527.peatix.com

 

*2021年に開催されたお話会のアーカイブも販売中です!(5月25日(木)まで受付)

小山内洋子さん×服部みれい
ますます、ゆったり、自由に、軽やかになる! 皇の時代のお話会

<第1回>皇の時代ってなあに?
https://mcs-ohnojidai-01-arc23.peatix.com
<第2回>魂職(こんしょく)に出合うには?
https://mcs-ohnojidai-02-arc23.peatix.com
<第3回>皇の時代のパートナーシップ
https://mcs-ohnojidai-03-arc23.peatix.com

 

◎ 登壇者プロフィール

小山内洋子(おさない・ようこ)
天繩文理論研究家。神奈川県横浜市出身。出版社勤務などを経て現職へ。1994年から16年間、宇宙物理研究家の故・笠原慎吾さんに師事する。2022年6月から、依頼を受けて全国で交流会を開催。著書に『改訂版 大転換期の後 皇の時代』(コスモ21)、『いよいよはじまる、皇の時代 天繩文理論はどのように生まれたのか』(エムエム・ブックス)。2013年発刊の理論書にあたらしく1章が加わった『改訂版 これから二五〇〇年続く皇・繩文時代 天繩文理論』(コスモ21)を2023年2月に発刊。戦略思想研究所でオンライン講座「天縄文理論 理論継承・進可編」を配信中。インスタグラム【進可】皇の時代サロン(@ouno_jidaisalon)では最新情報を発信している

 

服部みれい(はっとり・みれい)
文筆家、マーマーマガジン編集長、詩人。2008年に『マーマーマガジン』創刊。2011年より出版社エムエム・ブックスをはじめる。2015年春に東京・神宮前から、岐阜・美濃に会社ごと移住。美濃から、あたらしい時代を生き抜くための、古くてあたらしい知恵を発信し続けている。著書に、『セルフクリーニングブック あたらしい自分になる本』シリーズ(筑摩書房)、『あたらしい東京日記』シリーズ(大和書房)、『わたしらしく働く!』(マガジンハウス)、『みの日記』(扶桑社)、『好きに食べたい』(毎日新聞出版)ほか多数。近著に、『自分をたいせつにする本』(ちくまプリマー新書)。最新刊に『わたしにうれしいことが起こる。』(植原紘治さんとの共著 徳間書店=刊)。2017年秋から音声メールマガジン「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」を毎週配信。また、2022年春には、詩と即興音楽「みれい音のちいさな宇宙」の配信をスタート。2022年11月に『まぁまぁマガジン』24号を発刊

________________________________________________________________

企画・運営
みれい☆かるちゃ~☆すく~る

 

みれい☆かるちゃ~☆すく~る事務局
担当:しだなつこ
MAIL:mmbooks.mcs@murmur-books-socks.com
TEL:050-3695-3088

みれかるインスタグラム
https://www.instagram.com/mmbooks.mcs

編集部便り

『IN/SECTS』インタビュー掲載!

 

『IN/SECTS』に

mmbooksについてのインタビューが掲載!

 

 

雑誌『IN/SECTS』(インセクツ)vol.16

特集「本をつくる」の号にて、

エムエム・ブックスを取材していただきました。

 

https://insects.stores.jp/items/641a6c4e1886eb0028818f2c

 

「地方発がおもしろい

本をつくるローカルパブリッシャーをたずねて」

という特集で、

2011年にエムエム・ブックスを立ち上げた経緯から、

岐阜・美濃に移り、

声のメルマガ(ラジオ)をはじめたり、フェスを開催したりする中で

読者さんとの関係性を深めていった体験など、

『マーマーマガジン』創刊時から今にいたるまでのことを

編集長の服部みれいがお話しさせていただきました。

 

小さなチームや個人で本をつくる活動をしている

多様なあり方が紹介されていて、

本が大好きな方はもちろん、

小商いをはじめたい方や、小さく自由な活動をしたいと思っている方にも

ヒントが満載の号です!!

お手にとって読んでいただけたらうれしいです!

 

 

(マーマーマガジン編集部)

編集部便り

インタビュー掲載!

 

「ヨガジャーナルオンライン」にて

「更年期」をテーマにしたインタビューが掲載

 

 

みなさん、こんにちは!

 

雑誌『ヨガージャナル』のオンラインメディア

「ヨガジャーナルオンライン」にて

服部みれいのロングインタビューが掲載されました。

 

 

心と体が大きく変化することから

「第二の思春期」とも言われている”更年期”。

 

その変化をどう受け入れ、

どのように付き合っているのかについて、

 

心身ともに不調だった20〜30代から、

50代を迎えた今までの変化を振り返りながら、

 

セルフケアをとおして、

自分自身のからだと対話すること、

 

50歳からの人生や働き方などについて、

おはなしをさせていただきました。

 

 

記事は「前編」「中編」「後編」に分けて公開されています。

 

 

「OVER50 降っても晴れても機嫌よく」

 

前編 更年期は“ありがたい時期”なんだと思う

https://yogajournal.jp/16757

 

中編 セルフケアは確かな平和活動になると考える理由

https://yogajournal.jp/16985

 

後編 肉体の死を考え、やり残しがないか“点検”をした

https://yogajournal.jp/16763

 

 

服部みれいの日々のセルフケアの様子や

いま感じていることを余すところなく、

記事にしていただきました。

 

「更年期」と今まさに向き合っている方はもちろん、

これから「更年期」を迎える方、

「更年期」を迎えたパートナーがいらっしゃる方……など、

 

年齢を重ね「変化と向き合う」ことについて、

なにかヒントを知りたいという方に、

ぜひ、読んでいただきたいです。

 

 

 

(マーマーマガジン編集部)