murmurbooks

ショップ&イベント最新

new 3月のみれいサロンは発達凹凸!

服部みれいとわいわいおしゃべりサロン
ずっと話したかった発達凹凸のこと
(オンライン配信)

 

2024年はじめての開催となる「みれいサロン」こと
服部みれいのわいわいおしゃべりサロン。

今回は、みれいがずっと考え続けている
「発達凹凸」について
今考えていること、感じていることをお話させていただきます。

マーマーマガジンの読者さんや、
みれいのラジオ風味の音声配信番組
「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」の
リスナーさんからいただくお便りにも、
ご自身やパートナー、まわりのかたが発達凹凸で……、
という話題が多くあります。

発達凹凸(発達障がい、神経発達症)は
脳の機能の特性といわれています。
その特徴や程度はさまざまですが、
誰もが、多かれ少なかれ、もっている特性かもしれません。
程度や場面によっては、
人とのコミュニケーションがうまくいかないなど、
特に、組織や対人関係の中で、
生きにくさを感じることが多いようです。

専門医の診断の有無とは別に、
そういった特性について知ることは、
自分や他人を理解し、
お互いがより楽にコミュニケーションしたり
助け合ったりすることにつながりそうです。

どんなふうにしたら、本人も相手も心地よくいられるのか、
ますます「個」が重視される時代、
発達凹凸をもつ人々にとってどんな世界になるのか、
みれいが直近で感じていることのシェアとともに
みなさんとお話できたらと思います。

以下、服部みれいからのメッセージです。

*****

みなさんへ、みれいより

発達凹凸についてわたしが知るようになったのは、
10年前くらいのことです。

精神科医の神田橋條治先生によれば、
「『奇妙な特徴の子』にボクが初めて出会ったのは、1980年代 です」とのこと。
「『先生が髪型を変えたら、誰だかわからない』
『履物をいつもの一段下の棚に置いたら、見つけられない』幼稚園児です。
文献上ではすでに、少数の発達障害者は気づかれていたようです。
以来今日まで、爆発的な増加一途です。
全員に共通する特徴は、『忖度ができない』です」
(ともに『精神援助技術の基礎訓練』神田橋條治=著 岩崎学術出版社=刊より抜粋)。

「忖度できない」、「共感力が乏しい」。
これらは、現代社会、
特に、忖度があることがデフォルトになっている日本社会で、
さまざまな位相での齟齬を生みだしていることは想像に難くありません。
実際、わたし自身、たくさんの方々とやりとりしていて、
自分も含めて、発達凹凸的な個性が皆無である方は
もう存在しないのではないかとさえ思っています。

医師に診断された・されない関係なく、
発達凹凸的な個性を誰もがまとっていて、
そういう人々でこの世界が構成されているように感じるのです。

ある種の生きづらさ、社会や家庭で何かうまくいかない、
さらには、人によっては、うつ、摂食障がいをはじめとする
精神疾患の原因のひとつに、
このテーマが潜んでいそうだなとも思います。
まだ本人もまわりも気づいていないというケースも
まだまだたくさんあるように感じます。

このテーマについて、ずっとみなさんとシェアリングしあったり、
お話をうかがったりしてみたいと思ってきましたが、
このたび、何か、わたし自身が感じていることで、
ある手応えのようなものを感じるようになってきていまして、
もちろん、ひとつの過程ではありますが、
そのことが、少しでも、
社会生活の中でスムーズに交流したり、理解し合うための
確かなヒントを見出すきっかけになったらという思いがあります。

これは、ひとつの挑戦で、ただ、何かおしゃべりして、
シェアリングしておしまい、となる可能性もあります。
でも、何かの扉が開いたり、何か大切な発明をすることができる、
そんな可能性も秘めているとも感じています。

発達凹凸とは、「祖の時代」で考える「障がい」「凹凸」であって、
皇(オウ)の時代には、デフォルトになるのでは、
ということへの興味関心も同時にあります。
そのことも付記しておきますね。

まずは、この場を設けてみようと思います。

*なお、わたし自身は、みなさまご存知のとおり
編集者、文筆家として活動しておりまして、
医療やセラピーの観点からのお話は
わたしからさせていただくことはありません。
あらかじめご留意ください。

このテーマにご興味のある方、
ぜひ奮ってご参加いただけましたらうれしいです。

*****
みなさんには、おもにチャットでおしゃべりにご参加いただきますが、
声やお顔を出してお話いただける場面もあるかもしれません。

体験談など、メッセージもどうぞお寄せくださいね!
(チケット購入時のフォームにお書きいただけます)

みなさまのご参加をお待ちしております!

 

(みれい☆かるちゃ~☆すく~る事務局)

_______________________________________________________________

服部みれいとわいわいおしゃべりサロン
ずっと話したかった発達凹凸のこと
(オンライン配信)

 

◎登壇者
服部みれい(マーマーマガジン編集長、文筆家)
 
 
◎日時
3月6日(水) 19時―20時30分

* お申し込みのかたすべてに見逃し配信(1か月限定)をお送りさせていただきます
 
 
◎参加費
3,000円

高校生(18歳)以下のかたには無料で配信させていただきます。
くわしくは、チケット販売ページをご覧ください。
 
 
◎定員
300名

* 定員に達しましたら、お申込み期限の前でも締切らせていただきます
 
 
◎お申込み期限
3月4日(月)まで
(コンビニ/ATM払いは3日まで)
 
 
◎お申込み先
https://mcs-milletsalon-20240306.peatix.com
 
 
◎ 登壇者プロフィール

服部みれい(はっとり・みれい)
文筆家、マーマーマガジン編集長、詩人。2008年に『マーマーマガジン』創刊。2011年より出版社エムエム・ブックスをはじめる。2015年春に東京・神宮前から、岐阜・美濃に会社ごと移住。美濃から、あたらしい時代を生き抜くための、古くてあたらしい知恵を発信し続けている。著書に、『セルフクリーニングブック あたらしい自分になる本』シリーズ(筑摩書房)、『あたらしい東京日記』シリーズ(大和書房)、『わたしらしく働く!』(マガジンハウス)、『みの日記』(扶桑社)、『好きに食べたい』(毎日新聞出版)ほか多数。近著に、『自分をたいせつにする本』(ちくまプリマー新書)。最新刊に『わたしにうれしいことが起こる。』(植原紘治さんとの共著 徳間書店=刊)。2017年秋から音声メールマガジン「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」を毎週配信。また、2022年春には、詩と即興音楽「みれい音のちいさな宇宙」の配信をスタート。2023年7月『まぁまぁマガジン』25号を発刊、12月に『増補版 うつくしい自分になる本 SELF CLEANING BOOK 3』(ちくま文庫)発刊。2024年3月からは、穂高養生園との合同企画で、参加者とともに穂高養生園の本を実際に制作するワークショップを開催予定。現地滞在型、オンライン全7回、オンライン第1回、それぞれの受講を現在募集中

 

 

________________________________________________________________

企画・運営
みれい☆かるちゃ~☆すく~る

お問い合わせ
みれい☆かるちゃ~☆すく~る事務局
担当:しだなつこ
MAIL: mmbooks.mcs@murmur-books-socks.com
TEL:050-3695-3088

みれい☆かるちゃ~☆すく~る
https://mmbooks-mcs.peatix.com/view?type=owner

みれかる インスタグラム
https://www.instagram.com/mmbooks.mcs

 

ショップ&イベント最新

new どいちなつさんトーク|会場参加も!

会場参加のご案内です!】
みれいトーク 第3回@エムエム・ブックスみの
ゲスト 料理家 どいちなつさん
こころをひらいて自然と向き合う
植物と土と風とじんわり暮らすには?

 

*こちらは会場参加のご案内です。
オンライン配信のチケットはこちらから!

 

服部みれいが、今! 気になる人とじっくりお話をする
「みれいトーク」の第3回です!

第3回目のみれいトークは
料理家のどいちなつさんをお迎えしてのトーク。
今回は、ちなつさんが美濃にお越しくださるということで、
会場でもお聴きいただけるお席を、
少しばかりですがご用意させていただきました!

いつかは自然豊かな場所へ、と
移住を考えていたちなつさん。
2011年の東日本大震災がきっかけで、
東京から故郷、淡路島へと家族で移住されました。

最初はご両親と同居しながら、
畑を借り、自然農を学び、
何年も使われていなかった小屋を改修して
「場」をつくりあげていかれたそう。

現在は、料理教室を定期的に開催するほか、
「心に風」として、
自らが育てたハーブをはじめとした
さまざまな植物を使った商品を制作、販売し、
多くのかたがその世界に魅了されています。

「わたしたちがこころを開くとき、
植物たちは必要な力を授けてくれるでしょう」
というちなつさん。

土に触れ、植物を育て、
それらを日々の暮らしに取り入れること、
育てる植物と同じように、人もその土地に根ざしていくこと、
これらの喜びやたのしみはどのようなものか、
移住した土地にどのように溶け込んでいったのか、
これからの展望は……。

聞き手は、同じく震災をきっかけに、2015年、東京から岐阜へと引っ越し、
畑でマイペースにハーブなどを育てながら出版・執筆活動をしている
服部みれいです。

お互いの最近の近況から、
50代になってからの、からだやこころの変化のこと、
大好きな料理の話、ハーブのこと、
それぞれのセルフケアのことなども交えながらお話します。

都会からより自然の多い地方へと移住を考えているかた、興味のあるかた、
土や植物(ハーブ)とともに暮らすことに興味をもっているかた
自分の手で家を直したり、場をつくることに関心のあるかた、
料理に興味のあるかた、
自然の力によるセルフケアに興味のあるかた、
40代、50代以降の、あたらしい女性の暮らしかた、生きかたを探っているかた
などに、ご覧いただけたましたらうれしいです。

 

お話の翌日は「エムエム・ブックスみの」のマルシェにて、
ちなつさんによるハーブソルトづくりワークショップを開催いたします。
ぜひ、こちらもあわせてご参加ください!
(メール1通にまとめてのお申込みでも可能です)

 

_______________________________________________________________

【会場参加】

みれいトーク 第3回
ゲスト 料理家 どいちなつさん
こころをひらいて自然と向き合う 植物と土と風とじんわり暮らすには?

 

◎ゲスト
どいちなつさん(料理家)

 

◎司会
服部みれい(マーマーマガジン編集長、文筆家)

 

◎日時
2月23日(金)19時―20時30分

 

◎定員
20名(先着順)

 

◎場所
エムエム・ブックスみの
(岐阜県美濃市俵町2118−19 電話0575−46−7091)

 

◎参加費
3000円(税込)

代金のお支払いは、当日会場にてお願いいたします。

*録画配信はついておりません。

 

◎お申込み方法

メールにてお申込みを受け付けます。

1、お名前(姓名)
2、ふりがな
3、ご住所
4、電話番号
5、メールアドレス
6、どいちなつさんへのメッセージなど(ご自由にお書きください!)

をお書きの上、
件名を「どいちなつさんトーク申込み」
として、
2月18日(日)まで、下記宛にお送りください。
(定員に達しましたら、締切り前でも受付終了とさせていただきます)

エムエム・ブックス
tanomoshi@murmur-books-socks.com
担当 しだなつこ

受け付けいたしましたら、順次、
ご参加可否のお返事をさせていただきます。

(お申込みから3日以内にお返事させていただきます。
万が一、4日経ってもお返事がない場合は
メールがお届けできていない可能性があります。
おそれいりますが、迷惑メールフォルダをご確認のうえ、
再度メールをいただくか、0575−46−7091までお電話をくださいませ)

 

◎ 登壇者プロフィール

どいちなつ
料理家。淡路島在住。山麓の休耕田を開墾した田畑で野菜やハーブを栽培し、自然農を学びながら、日々料理をする。「心に風」の名前で、自ら育てた「心と体と魂のための植物」を届けるほか、季節の風や香りを感じ、体験から得る感覚を大切にした料理教室を季節を通して開催している。著書に、『焚火かこんで、ごはんかこんで』(サウダージ・ブックス=刊)、『作っておくと安心、便利 うちの常備菜と保存食』(PHP研究所=刊)ほか。「心に風」について、くわしくは Wind for Mind Instagram @windformind

 

服部みれい(はっとり・みれい)
文筆家、マーマーマガジン編集長、詩人。2008年に『マーマーマガジン』創刊。2011年より出版社エムエム・ブックスをはじめる。2015年春に東京・神宮前から、岐阜・美濃に会社ごと移住。美濃から、あたらしい時代を生き抜くための、古くてあたらしい知恵を発信し続けている。著書に、『セルフクリーニングブック あたらしい自分になる本』シリーズ(筑摩書房)、『あたらしい東京日記』シリーズ(大和書房)、『わたしらしく働く!』(マガジンハウス)、『みの日記』(扶桑社)、『好きに食べたい』(毎日新聞出版)ほか多数。近著に、『自分をたいせつにする本』(ちくまプリマー新書)。最新刊に『わたしにうれしいことが起こる。』(植原紘治さんとの共著 徳間書店=刊)。2017年秋から音声メールマガジン「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」を毎週配信。また、2022年春には、詩と即興音楽「みれい音のちいさな宇宙」の配信をスタート。2023年7月『まぁまぁマガジン』25号を発刊、12月に『増補版 うつくしい自分になる本 SELF CLEANING BOOK 3』(ちくま文庫)発刊

 

みなさまのご参加をお待ちしています!

ショップ&イベント最新

new みれいトーク|2月ゲストはどいちなつさん

みれいトーク 第3回
ゲスト 料理家 どいちなつさん
こころをひらいて自然と向き合う
植物と土と風とじんわり暮らすには?

 

服部みれいが、今! 気になる人とじっくりお話をする
「みれいトーク」の第3回です!

第3回目のみれいトークは
料理家のどいちなつさんをお迎えします。

いつかは自然豊かな場所へ、と
移住を考えていたちなつさん。
2011年の東日本大震災がきっかけで、
東京から故郷、淡路島へと家族で移住されました。

最初はご両親と同居しながら、
畑を借り、自然農を学び、
何年も使われていなかった小屋を改修して
「場」をつくりあげていかれたそう。

現在は、料理教室を定期的に開催するほか、
「心に風」として、
自らが育てたハーブをはじめとした
さまざまな植物を使った商品を制作、販売し、
多くのかたがその世界に魅了されています。

「わたしたちがこころを開くとき、
植物たちは必要な力を授けてくれるでしょう」
というちなつさん。

土に触れ、植物を育て、
それらを日々の暮らしに取り入れること、
育てる植物と同じように、人もその土地に根ざしていくこと、
これらの喜びやたのしみはどのようなものか、
移住した土地にどのように溶け込んでいったのか、
これからの展望は……。

聞き手は、同じく震災をきっかけに、2015年、東京から岐阜へと引っ越し、
畑でマイペースにハーブなどを育てながら出版・執筆活動をしている
服部みれいです。

お互いの最近の近況から、
50代になってからの、からだやこころの変化のこと、
大好きな料理の話、ハーブのこと、
それぞれのセルフケアのことなども交えながらお話します。

都会からより自然の多い地方へと移住を考えているかた、興味のあるかた、
土や植物(ハーブ)とともに暮らすことに興味をもっているかた
自分の手で家を直したり、場をつくることに関心のあるかた、
料理に興味のあるかた、
自然の力によるセルフケアに興味のあるかた、
40代、50代以降の、あたらしい女性の暮らしかた、生きかたを探っているかた
などに、ご覧いただけたましたらうれしいです。

お話の翌日は「エムエム・ブックスみの」のマルシェにて、
ちなつさんによるハーブソルトづくりワークショップを開催予定。
(こちらの詳細は、後日発表いたします)
こちらも、トークとあわせてぜひご参加ください!
(ワークショップの配信はありません)

_______________________________________________________________

みれいトーク 第3回
ゲスト 料理家 どいちなつさん
こころをひらいて自然と向き合う 植物と土と風とじんわり暮らすには?

 

◎ゲスト
どいちなつさん(料理家)

 

◎司会
服部みれい(マーマーマガジン編集長、文筆家)

 

◎日時
2月23日(金)19時―20時30分

* お申し込みのかたすべてに、見逃し配信(1か月限定)をお送りさせていただきます

 

◎定員
500名
定員に達しましたら、お申込み期限の前でも、締切らせていただきます

 

◎ 登壇者プロフィール

どいちなつ
料理家。淡路島在住。山麓の休耕田を開墾した田畑で野菜やハーブを栽培し、自然農を学びながら、日々料理をする。「心に風」の名前で、自ら育てた「心と体と魂のための植物」を届けるほか、季節の風や香りを感じ、体験から得る感覚を大切にした料理教室を季節を通して開催している。著書に、『焚火かこんで、ごはんかこんで』(サウダージ・ブックス=刊)、『作っておくと安心、便利 うちの常備菜と保存食』(PHP研究所=刊)ほか。「心に風」について、くわしくは「Wind for Mind」kokokaze.stores.jp、Instagram @windformind

服部みれい(はっとり・みれい)
文筆家、マーマーマガジン編集長、詩人。2008年に『マーマーマガジン』創刊。2011年より出版社エムエム・ブックスをはじめる。2015年春に東京・神宮前から、岐阜・美濃に会社ごと移住。美濃から、あたらしい時代を生き抜くための、古くてあたらしい知恵を発信し続けている。著書に、『セルフクリーニングブック あたらしい自分になる本』シリーズ(筑摩書房)、『あたらしい東京日記』シリーズ(大和書房)、『わたしらしく働く!』(マガジンハウス)、『みの日記』(扶桑社)、『好きに食べたい』(毎日新聞出版)ほか多数。近著に、『自分をたいせつにする本』(ちくまプリマー新書)。最新刊に『わたしにうれしいことが起こる。』(植原紘治さんとの共著 徳間書店=刊)。2017年秋から音声メールマガジン「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」を毎週配信。また、2022年春には、詩と即興音楽「みれい音のちいさな宇宙」の配信をスタート。2023年7月『まぁまぁマガジン』25号を発刊、12月に『増補版 うつくしい自分になる本 SELF CLEANING BOOK 3』(ちくま文庫)発刊

 

◎ お申込み期限
2月21日(水)23時55分まで
(コンビニ/ATM払いは20日まで)

 

◎ お申込み先
https://mcs-millettalk3-20240223.peatix.com

 

みなさまのご参加をお待ちしています!

 

3月22日開催の
みれいトーク 第4回
ゲスト メイクアップアーティスト・植物療法士 早坂香須子さん
なぜ、今、森に暮らし、森と生きる暮らしへ?
自然とともにある、自然から受けとる本当のうつくしさとは?」

も、お申込み受付中です!
________________________________________________________________

企画・運営
みれい☆かるちゃ~☆すく~る

お問い合わせ
みれい☆かるちゃ~☆すく~る事務局
担当:しだなつこ
MAIL: mmbooks.mcs@murmur-books-socks.com
TEL:050-3695-3088

みれい☆かるちゃ~☆すく~る
https://mmbooks-mcs.peatix.com/view?type=owner

みれかる インスタグラム
https://www.instagram.com/mmbooks.mcs

ショップ&イベント最新

終了 みれいトーク|1月は伊川健一さんと

 

みれいトーク 第2回|ゲスト 健一自然農園・伊川健一さん
これからの地球を生きるキーワードはやっぱり「農」!
どうする、耕作放棄地!?
これから自分たちの手でできることとは?

 

服部みれいが、今! 気になる人とじっくりお話をする
「みれいトーク」の第2回です!
みれかるでのケルマデックさんとのこの数年のトークでも、
たびたびテーマとなっている「農」。
これからの地球で生きるための最重要キーワードと
みれかる&2024年のみれいトークでは考えています。

そんな中、今回、
奈良県の大和高原にある耕作放棄地を譲り受け、
2001年から自然栽培でお茶を育ててきた
健一自然農園の伊川健一さんを、ゲストにお迎えします。

60代~80代のかたに支えられている今の日本の農業。
それが年々支えきれなくなって耕作放棄地となり、
その先には家が建ち、道路が通ってしまうことも
少なくありません。

どうやったら、耕作放棄地を
豊かに次世代につなげられるのか?
耕作放棄地の役目は?
これからの農をどう考える?
どうやって人と人、人と農をつなげていく?
自分たちにできることは?

伊川健一さんに服部みれいが、
農園の近年の様子、これからの農への取り組みや課題、
注目していることや疑問なども含めて
ざっくばらんにお聞きします。

健一さんとのトークから
わたしたちにもできる農への一歩を
考えることができたらと思います。

「農」のことをまったく知らないというかたはもちろん、
「これからは農だ!」と思っているかた、
自然栽培に興味のあるかた、
食糧問題に興味のあるかた、
耕作放棄地について考えたいあらゆる世代のかた、
農に興味関心があるかた、
あたらしく何かをはじめたいかた、
地域起こしや農業での雇用、土地や環境の保全に興味のあるかた
などなど、
たくさんのかたのご参加をお待ちしています!

 

*伊川健一さんへのインタビュー記事を、
『マーマーマガジン』20号(エムエム・ブックス=刊)
に掲載させていただいています。
ご興味のあるかたは、ぜひこちらもお読みになってください!

_______________________________________________________________

みれいトーク 第2回|ゲスト 健一自然農園・伊川健一さん
これからの地球を生きるキーワードはやっぱり「農」!
どうする、耕作放棄地!? これから自分たちの手でできることとは?

 

◎ ゲスト
伊川健一さん(健一自然農園代表)

◎ 司会
服部みれい(マーマーマガジン編集長、文筆家)

 

◎ 日時
1月19日(金)19時―20時30分

* お申し込みのかたすべてに、見逃し配信(1か月限定)をお送りさせていただきます

 

◎ 参加費
1,500円(税込)

* 学生(25歳以下)のかたには無料で配信させていただきます。
くわしくは、チケット販売ページをお読みくださいませ

 

◎ 定員
500名
定員に達しましたら、お申込み期限の前でも、締切らせていただきます

 

◎ ゲストプロフィール
伊川健一(いかわ・けんいち)
1981年、奈良県出身。健一自然農園代表。16歳のときに観た福岡正信さんのドキュメンタリー番組に衝撃を受け、農の道に携わることを決意。高校に通いながら赤目自然農塾で自然農を学んだのち、2001年、19歳のときに何年も放棄されていた農地を借り、ほぼひとりで整地するところからお茶づくりをスタート。以後、無農薬・自然栽培の安全な大和茶づくりを行う。現在は地域の方々から受け継いだ約11haの茶畑を経営。四季を通して一年中お茶を生産し、製茶を工夫することで、お茶のもつ可能性を深く追求している。耕作放棄地を活用して、高齢化、過疎化、雇用などの問題にも取り組み、循環した地域づくりを行っている。近年は岐阜やほかの地域でもその方法を伝える活動も行っている。『マーマーマガジン』20号(エムエム・ブックス=刊)にインタビューを掲載。健一自然農園について、くわしくは https://kencha.jp

 

◎ お申込み期限
1月17日(水)23時55分まで
(コンビニ/ATM払いは16日まで)

 

◎ お申込み先
https://mcs-millettalk2-20240119.peatix.com

 

 

みなさまのご参加をお待ちしています!
________________________________________________________________

企画・運営
みれい☆かるちゃ~☆すく~る

お問い合わせ
みれい☆かるちゃ~☆すく~る事務局
担当:しだなつこ
MAIL: mmbooks.mcs@murmur-books-socks.com
TEL:050-3695-3088

みれい☆かるちゃ~☆すく~る
https://mmbooks-mcs.peatix.com/view?type=owner

みれかる インスタグラム
https://www.instagram.com/mmbooks.mcs

ショップ&イベント最新

終了 12月23日24日 マルシェ開催

エムエム・ブックスみの にて
12月23日24日 マルシェを開催!

 

エムエムブックスみの(岐阜県・美濃市)
オープンにあわせ、
12月23日(土)、24日(日) 10時―16時に、
マルシェを開催します。

 

23日(土)10時―16時には、

毎回マルシェで大人気、
自家焙煎珈琲のハンドドリップ、
オーガニックの豆ばかりを扱う、量り売りの
「珈琲こよみ」(岐阜・八百津)、
 

みそ煮とごはんのランチ
「高鷲郷土料理新聞」(岐阜・高鷲)では、
郡上の地みそ、郡上なんばん、
のみそ煮Tシャツも販売します。
 

おいしいお菓子とドリンクのセット
「sou.」(愛知・稲沢)
の出店もあります。
 

そして、鈴木杏さん、早坂香須子さんの
ガレージセール「宝物バトン〜treasure baton〜」も!!
おふたりそれぞれ大切にしてきたお洋服や靴、ジュエリーなど
宝物たちが並びます!
 
 

また、24日(日)10時―16時は、
 
豆、スパイス、ドライフルーツ、
お塩、お茶、畑で収穫したトゥルシーなど
オーガニック食材の量り売り「ai da」(愛知・春日井)、
 

「八ちゃん」でお馴染み、ランチプレートの
「はちまるきっちん」(岐阜・美濃)、
 

初出店のおやつ屋さん
「喫茶メマ」(鳥取・倉吉)、
 

出張ダンスコショップ
「dansko to… 」(愛知・名古屋)では、
ダンスコのお手入れのほか、
ご希望のかたには、
インナー・靴下選びも含めた
冷えとりスタイル提案も承ります。
 
 

そのほか、
両日ともに、服部福太郎の「張子とのみの市」の出店も!
 

 

マルシェについては、
エムエム・ブックスみののインスタグラム
https://www.instagram.com/mm.books.mino

マーマーフェス&マーマーマルシェのインスタグラム
https://www.instagram.com/murmurfes

もチェックしてみてくださいね!
 

今年最後のマーマーマルシェに
ぜひあそびにいらしてください!

 

(エムエム・ブックスみの スタッフ一同)