murmurbooks

newアーカイブ販売!マーマーなトーク2022

 

\アーカイブ販売スタート! /
声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ! 生トーク
声のメルマガスペシャル マーマーなトーク2022

 

このたび、岐阜県美濃市で開催されたマーマーフェス2022では、
マーマーマルシェ、シアターワーク発表会(13日)に加え、
声のメルマガトークショーを14日に開催しました。

今回、お申込みそびれてしまった方からのお問い合わせが多く、
アーカイブをお届けすることになりました!

声のメルマガでおなじみの、
みれい&福太郎トークを生でお届けしながら、
超スペシャルなゲストのみなさんとトークをしました。

シアターワーク の発表会(11月13日に開催)を終えた、
小木戸利光さんにインタビューのほか、

『地球統合計画NEO』の著者
超常戦士ケルマデックさんによるトーク。
ケルマ楽団”美濃”による演奏もあります。

さらには、
『いよいよはじまる、皇の時代』の著者
小山内洋子さんを招いて、貴重な皇の時代トークとQ&A大会。

声のメルマガにゲスト登場したある方々が、
飛び入りで登場する場面も!

たっぷり6時間、おしゃべりや音楽をおたのしみください!

 

_______________________________________________________________

生トーク! 声のメルマガスペシャル マーマーなトーク2022

◎出演者

【出演】
服部みれい(文筆家、マーマーマガジン編集長、詩人)
服部福太郎(妖精おじさん、エムエム・ブックス代表)

【ゲスト】
ケルマデックさん、小山内洋子さん、小木戸利光さん
無有無さん(てらいひさしさん、てらいひろみさん)、山下りかさん(ライアー)、小木戸寛さん(ピアノ)、井上博斗さん(朗詠)ほか

◎内容

□司会進行&時々聞き手
服部みれい、服部福太郎

□メイントーク
ケルマデックさん(超常戦士。『地球統合計画NEO』著者)
「地球統合計画2022 ど根性(ルートチャクラ)の覚醒」

小木戸利光さん(シアターワーク創始者、アーティスト)
「表現イヤー、そしてあたらしい時代へ レムリアの響きを感じながら」

小山内洋子さん(『いよいよはじまる、皇の時代』著者)
「いよいよはじまっている!? 皇の時代 Q&A大会」

□ちいさな音楽コーナーゲスト
井上博斗さん(朗詠)、山下りかさん(ライアー)、小木戸寛さん(ピアノ)ほか

□ちいさなおしゃべりコーナーゲスト
無有無(てらいひさしさん、ひろみさん)、そのほか

 

<お申し込み>

チケットのご購入はこちらから
https://murmurfes2022talk-1114-arc2.peatix.com

お申込み期間:
11月17日(木)~12月10日(土)
 
アーカイブ視聴期間:
お申し込み時 ~ 1月5日(木)23:55まで

 

価格:
一般8000円、リスナーさん5000円

 

 

 

<出演>

服部みれい【はっとり・みれい】
文筆家、マーマーマガジン編集長、詩人。2008年に『マーマーマガジン』創刊。2011年より出版社エムエム・ブックスをはじめる。2015年春に東京・神宮前から、岐阜・美濃に会社ごと移住。美濃から、あたらしい時代を生き抜くための、古くてあたらしい知恵を発信し続けている。著書に、『セルフクリーニングブック あたらしい自分になる本』シリーズ(筑摩書房)、『あたらしい東京日記』シリーズ(大和書房)、『わたしらしく働く!』(マガジンハウス)、『みの日記』(扶桑社)、『好きに食べたい』(毎日新聞)ほか多数。近著に、『自分をたいせつにする本』(ちくまプリマー新書)。最新刊に『わたしにうれしいことが起こる。』(植原紘治さんとの共著 徳間書店=刊)。2017年秋から音声メールマガジン「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」を毎週配信。また、2022年春からは、詩と即興音楽「みれい音のちいさな宇宙」の配信をスタート。11月30日に『まぁまぁマガジン』24号を発刊予定


服部福太郎【はっとり・ふくたろう】
服部みれいのパートナー。積極的にローカリゼーションを実践する会社としてみれいと共に「エムエム・ブックス」を主宰・あたらしい暮らしかた、働きかたを実践。小屋づくり、米・田んぼづくりにいそしんでいる。妖精おじさん。2022年、自費出版絵本『ここはおひるねできるほし』、『めからあふれるもの これなんだっけ』(ffbooks=刊)を刊行


ケルマデック 【けるまでっく】
自分自身で確認しなければわからないという信条のもと、誰もが人生の可能性を拡げるための独自のセッションやワークショップを30年以上にわたって開催。多くの人々が「自分自身で奇跡を起こす」ためのサポートをしている。超常オタク。中2病。最終学歴自動車学校卒。著書に『超常戦士ケルマデック』(M.A.P.出版=刊)、ありえない方法で日常が変わる 異次元とつながる本 (総合法令出版=刊)では服部みれいとの対談も収録。近著に『地球統合計画NEO』(エムエム・ブックス=刊)、『すばらしきUFO・銀河連合・アセンションのひみつ 新しい世界に向かう本』(徳間書店=刊)、『スイさん、私、人生変えたいんです 過去と未来があっさり変化する物語』(大和出版=刊)、『超常教室ケルマデック』(マキノ出版=刊)


小山内洋子【おさない・ようこ】
天縄文理論研究家。神奈川県出身。出版社勤務などを経て現職へ。1994年から16年間、故宇宙物理研究家・小笠原慎吾さんに師事する。著書に『改訂版 大転換期の後 皇の時代 これからは「繩文人」しか生きられない!』(コスモトゥーワン)、近著に『いよいよはじまる皇の時代 天縄文理論はどのように生まれたのか』(エムエム・ブックス)。2013年発刊の理論書にあたらしく1章が加わった『改訂版 天縄文理論 これから2500年続く皇の時代』(コスモトゥーワン)を年内販売予定。インスタグラムで皇の時代サロン(@ohnojidaisalon)、戦略思想研究所でオンライン講座「天縄文理論 理論継承・進可編」を配信中。2022年6月から、依頼を受けて全国で交流会を開催


小木戸利光【こきど・としみつ】
福岡県出身。アーティスト、Centre of Distant Theatre代表、シアターワーク 創始者。逗子葉山を拠点に、芸術療法としてのシアターワーク を施すほか、国内外の教育機関、企業、民間において、芸術表現手法をもとにしたワークショップ、研修、講演を行う。主な出演作に、NHKドラマ『あんとき』主演、映画『菊とギロチン』大杉栄役、TBS『報道特集』密着ドキュメンタリー、インド オディシャビエンナーレ2019舞台公演「Borderline」などがある。tokyo blue weepsの歌い手として3枚のアルバムを発表。著者に『表現と息をしている』(而立書房=刊)

※天候などの理由により、内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ

 

(声のメルマガ編集部)