murmurbooks

読者の広場

1018|『いいかげん人生術』はがき #4

 

大好評発売中の『秋山佳胤のいいかげん人生術

 

読者はがきがたくさん、届いております!

みなさま、ほんとうにありがとうございます!

 

引き続き、その中からいくつかご紹介させていただきます。

 

 

***

 

今回もすてきな本を届けてくださいまして、

どうもありがとうございます!

 

今まで、「自分ってちょっと変なのかな〜」と、

思っていたことがありました。

ですが、この本を読んで、

「あ、よかったんだ、自分のままで」と、

すごく楽になりました。

より自由になれた気がします。

 

今、また最初から線を引きながら、

読み直しています。

 

 

(のんびりっ子|35|宮崎県)

 

 

人間は自分の喜び、

たのしみに素直であってよいのだと知り、

こころが自由になった。

 

愛というのは、

自分より他人のしあわせを、

願わなくてはいけないのではなく、

自分自身がしあわせでいること!

(なんてステキ)

 

この本に感謝。

 

(ひじき|48|石川県)

 

 

秋山佳胤先生のご著書を拝読するのは、

はじめてですが、YouTubeの動画を見て、

とても気になっていました。

 

秋山先生の考え方、

こころの在り方が見えたような気持ちです。

 

特におもしろかったのは、

「第2章 いいかげんな健康術の予防接種」のことです。

 

その章以外もサクサク読めて、

とてもおもしろく、

テーブルに置いていたこの本を、

夫も手に取って読んでいました。

 

また第2弾をたのしみにしています。

 

今度はこのテーマをもっと、

つっこんでいただけたら楽しそうです。

秋山先生に出合えたみれいさん、

マーマーマガジンのみなさまが、

よりしあわせになりますように。

 

愛を込めて

 

(tomomilk|33|栃木県)

 

 

「これが正しい」という人への、

アレルギー反応が、

最高潮であるタイミングの購入でした。

 

まず前置きに、

自分の自由を拡大するものであれば、

受け入れてみてもいいとあり、

わたしが信じたいスタンスはこれではないかと……。

 

アレルギーがある理由は、

反応する自分がしばっているものだと実感しました。

 

murmur magazineをはじめ、

常識らしきものから、

少しずつ意識を拡大させつつも、

現実の社会生活は、

たまに近しい家族の常識への反応に、

まだまだ敏感で、

それに思い悩んでいるのではないかと思う始末。

 

たぶんそれも練習のようなもので、

こころの中はもっと寛容でいていいような、

気持ちにさせてくれる本です。

 

(内に秘め、誰のことも否定せず、

まだまだ足りないといわず、

いい加減にヒラヒラしつつ、

やってゆければと思います)

 

(あやへ|32|宮崎県)

 

 

みなさま、ありがとうございます!

 

秋山佳胤さんの本は読むと、

自分らしく、より自由に、

なっていきます!

 

まだ読んでいない方がいたら、

ぜひチェックしてみてくださいませ。

 

秋山佳胤『いいかげん人生術 

 

(編集部)