murmurbooks

読者の広場

1011|murmur magazine for men3号 #5
毎週月・水曜更新!

 

みなさま、こんにちは!

 

「murmur magazine for men 3号」発売から

約6か月経ちますが、

お便りをたくさんいただいております!

ありがとうございます!

 

引き続き、読者の方々から

いただいたご感想をご紹介します。

 

 

***

 

マーマーマガジンの最初のころから読んでいます。

 

今回の中島正さんの特集は、

素直に言ってとても刺激が強くて、

読みはじめてすぐに閉じてしまいました。

わたしの中で、

「都市的な暮らし」に感じる違和感と、

まっすぐ向き合わなければならなくなる、

そう思って躊躇したのだと思います。

 

読んでいても、田舎暮らしなのに、

不耕の民として生きている自分を、

情けなく思ったり……。

 

でも、時間をかけて何度も読んで、

自分なりに咀嚼して落とし込んで、

明るい光を感じています。

 

ありがとうございます。

これを機に、自分で自分用の服をつくったり、

畑をはじめたりしています!

 

(あつこ|アロマセラピスト|三重県)

 

 

毎回貴誌の内容には、

学びと共感を強く感じていますが、

特に今号は、すばらしい内容でした。

 

大事なことはそれらを実行すること。

そしてじわじわと身近な方や社会、

また地球によい波動を伝えていきたい。

 

居相大樹さんの展示会は、

初日と後半に二度伺い、

わたしに合う一着に、

巡り会うことができました。

貴社がこれから何にfocusし、

読者に届けてくださるか、楽しみにしています。

 

(さぴり|会社員|岐阜県)

 

 

みれいさんはじめ、

マーマーなこざっぱり女子のみなさんが、

そのときいちばんわくわくすることを、

特集して教えてほしいです!

 

あと、ねぼけ男子が本領発揮できるように、

いつも挑発して、刺激をください!

 

マーマーマガジンを読んでから、

確実に世界が広がりました。

ありがとう。

 

(にしやん|整体師|東京都)

 

 

murmur magazine for menを、

読めば読むほど、

自分の中の女性らしさが、

芽生える気がします。

男性用、女性用という、

ただの人間であるという垣根をなくし、

よりニュートラルに、

ただの人間であることを実感し、

感謝させられます。

 

(篠原佳奈|某事務局勤務|石川県)

 

***

 

たくさんのお便り、ありがとうございます!

 

ぜひ、今後もお便りお待ちしています。

 

また、10月13日(金)スタートの

声のメルマガ「服部みれいのすきにいわせてッ

でも、読者の方からの

お便り、お悩み相談を募集しています。

(読者の方にゲストで登場していただく

…みれいと生トークしていただくコーナーも

あるようですよ!)

 

ぜひ、気軽にお便りください。

 

メールでのお便りはこちらから。

info@murmurmagazine.com

 

(編集部)