murmurbooks

読者の広場

1002|裸で踊る仕事
毎週月・水曜更新!

みなさま、こんにちは!

11月11(土)に発売予定の
わたしの手帖 2018
日めくりッコンシャスプランカレンダー2018
両方とも早速たくさんの予約をいただいております!
ありがとうございます!

 

引き続き、読者の方からいただいたお便りを
ご紹介させていただきますネ!

____________

 

***

 

エムエム・ブックスみののみなさまへ

 

今年の4月にはじめて、
エムエム・ブックスみの」へ行きました。
スタッフの方はとても親切に接してくださり、
よい買い物ができました。
冷えとりスパッツは、この夏大活躍してます!

 

わたしが冷えとりを始めたのは、
もう3年くらい前になります。
以前から靴下だけはもっていたのですが、
寒いときだけは、はくという感じでした。

 

ある日、本屋さんで、
目に飛び込んできたのが、
みれいさんの『あたらしい自分になる本』でした。
みれいさんのことは、知らなかったのですが、
パラパラと立ち読みしてみて、
中のかわいいイラストや、
わかりやすい文章、
帯の東野翠れんさんの言葉と、
チャーミングなみれいさん本人の写真が
決め手となり何か面白そうだなぁと思い、
買って帰りました。

 

それからわたしの生活が、
いろいろガラリと変わってゆきました。

 

冷えとり(半身浴)を毎日はじめてみたり、
着るもの、
食べるもの、
住むところ、
考えかた……
それまで仕事に対してばかり必死になっていた自分が、
はじめて「生活すると」や、
自分自身と向き合うことに対して、
真剣に取り組みはじめることになりました。

 

マーマーガールになり、
あたらしい出合いもありました。
とあるバーの写真展をきっかけで、
偶然知り合った方が松岡一哲さんでした。
マリイさんにもお会いすることができ、
お二人の写真集が出版されるとのことで
本当にたのしみです。

 

わたしの仕事は、
ストリッパーなのですが、
(もちろん、裸で踊るやつです)
踊っていないときは仕事中も、
冷えとり靴下をはいています。
「それ何?」とか、
「冷え性がすごいんだね!」とか、
まわりからいろいろと、
不思議がられたりもしますが、
まーまーマガジンを知っている先輩から、
「冷えとりしてるんだね」と
声をかけてもらえて仲よくなりました。

 

毎日が裸祭りのような状態で、
冷えとりをするのも、
なんだか矛盾しているような気もしますが、
わたしはこのお仕事が、
とても好きで、愛しています。
裸で踊るのは気持ちでいいです。
だからこそ、いつも元気でいるために、
自然の力を必要としています。

 

みれいさんの本に出合ってから、
わたしは少しずつ強くなっていると思います。

 

自分の足で立っているというか……
自分を好きになりはじめました。
大変だと思うあらゆるできごとも、
「毒出ししてるぞ!」と、
気持ちを切り替えて、
何でも勉強にしてゆきたいです。

 

また美濃へ行きたいです。

 

美しい山と、川と、
空気と、人と、
触れ合える日をたのしみにしています。

 

これからの、
エムエムブックスのみなさまの活躍を応援しております。

 

(ましろ|東京都)

 

***

 

ましろさま、ありがとうございます!

みなさんからのお便りを読んで、
感動したり、共感したり、
あたらしい発見がたくさんあります。

 

ぜひ、お便りお待ちしております!

 

◎お便りはこちらまで

501-3725

岐阜県美濃市俵町2118-19

マーマーマガジン編集部宛て

 

◎メールはこちらへ

info@murmurmagazine.com

 

◎FAXはこちらへどうぞ

0575-46-7093

 

(編集部)